NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年07月01日 更新 | 9,697 views

二重になったら幸せになれるのか。病気を患った私が思うこと[体験談]

プチ整形をすることで思い通りの二重を手に入れた私。見た目が変わった私は自分に自信がつき、婚活をし、ついには婚活で出会った男性と結婚までこぎつけました。ところが、これからを楽しむつもりが私は難病にかかってしまいます。そして、病気をする事で、私はとても大事なことに気づかされることになるのです。

一点を見つめている女性の横顔出典:Weheartit

私は10代のころは自分の性格にコンプレックスがありましたが、20代になったら性格に加えて見た目のコンプレックスも強くなってきました。

もしかしたら、この暗い性格は見た目のせいなのでは?特にこの目つきがよくないのかもしれない、と考えるようになったのです。

私は決して自分の外見が悪いとは思っていなかったし、かわいいと言ってくれる人もいました。

オシャレに敏感になってきた年頃には、メイク、髪型、ファションを工夫していたので、「かわいいね」「オシャレだね」と女友達から言われることもあったのです。

しかしどんなにオシャレをがんばっても、私のイメージしているかわいい女の子に近づくことができない気がしました。

それは腫れぼったい一重まぶたのせいだと思っていて、この目をなんとかしたい、そうすればもっとかわいい女の子に近づくと思ったのです。

大学生になり、周りはぱっちりの目のかわいらしい女の子が多いなと感じるようになりました。

一重でも、私みたいに腫れぼったい子は見当たらない気がしました。

目のぱっちりした子と自分を比べては落ち込んでしまっていたのです。

一重のときに言われた数々の言葉

好きな人に振られてしまって泣いている女性出典:Weheartit

普通にしているのに、友達に言われた何気ない一言で傷ついたことが何度かあります。

「目腫れてる?」

「眠いの?」

「昨日飲みすぎた?」

「怒ってる??」

高校生くらいまではあまり気にしなかったのに、大学生になって周りに、特に男の子に言われると結構傷ついてしまっていました。

私はネットで情報をいろいろ調べて二重でぱっちりした目になる努力をすることにしたのです。

二重になるにはやっぱりアイプチ

ぱっちり二重でまつ毛の長い青い瞳の女性出典:Weheartit

以前から気になっていたアイプチ。

中高生のころプチプラでアイプチを試したことはありましたが、のりがまぶたから見えてしまいますし、うまく二重にならずに諦めていました。

もっといいアイプチなら上手にできるかもしれない、と思っていましたが、高いアイプチはおこづかいも少なくてなかなか試すことができませんでした。

大学生になってアルバイトをしてようやく欲しかった高いアイプチを買ったのです。早速試してみました。

やっぱり安いものと違い、高いアイプチはのりがすぐに乾いて、まぶたに白いあとが残りません。

強力なので私の分厚いまぶたもぐっと持ちあがり、感激したことを覚えています。

安いアイプチよりも二重のあとがしっかりついてとてもうれしかったです。

しかし最初は良くても、時間とともにどんどんもとに戻っていきました。

朝はばっちりでも、夕方帰宅するころにはほとんど戻っているのです。

ほんとうに分厚いまぶたなので後もくっきりと残りにくいのです。

それでも、印象はだいぶ変わってくるので毎朝のアイプチは欠かせませんでした。

私は右、左目のまぶたで少し厚さが違うようでした。

右目のほうが若干腫れぼったく、左目は奥二重でまぶたもちょっと薄めのようでした。

何度かアイプチをしているうちに、左はやりやすいのに右はやりにくいということに気が付いたのです。

アイプチをしていないときはがんばってクセづけ

イルミネーション用のライトを体に巻き付けようとしている女性出典:Weheartit

あるサイトで、一重から二重になった人のブログを発見しました。

その人も長年一重に悩んでいたのですが、毎日二重のラインをクセ付けしていたら、うっすらと線ができてきて、さらに根気強く続けていたら二重になったというのです。

長くかかるかもしれませんが、整形せずに二重になるのなら頑張って続けようと思って、毎日プッシャーでクセづけするのが習慣になりました。

その人のサイトによれば、毎日のクセづけに加えまぶたの運動もすると効果的だそうです。

目をぱっちり開けたまま、まぶたを上に動かすというものです。まぶたの脂肪を減らして二重のラインをつきやすくするというものです。

半信半疑でしたが、何もやらないよりはましだと思い、まぶたの体操を毎日続けていました。

なるべく目を大きく開けるのが良いみたいなので、学校でも目を大きく見開くのがクセになってしまいました。

でもそのおかげか、少しまぶたの脂肪が薄くなったような気がしてきたのです。

アイプチも以前よりも長持ちする日が多くなったような気がしました。

もしかしたら本当に二重になるのではないか、とちょっと期待が膨らみ始めました。

実際左の奥二重が、さらにくっきりしてきたと感じたのです。

しかし右はなかなか変化が見られませんでした。

まつげパーマ

メイクの指導を受けている女性出典:Weheartit

さらに目をぱっちりさせる方法はないかと思っていたとき、まつげパーマを思いつきました。

私のまつげは少なく、さらにしっかり下に向いています。ビューラーでしっかり巻いても、まったくぱっちりならなかったのです。

初めてまつげパーマをしたときには、くるっとお人形さんのようなまつげになって感動したのを覚えています。

まつげパーマも、パーマなのでだんだん取れてきます。

それに薬剤を使っているのでやっぱりまつげにはよくないのです。まつげも抜けやすくなってしまいます。

それでも目元の印象が変わるので、まつげパーマは辞められなくなり、定期的に通うようになりました。

さらにマスカラを重ねづけすれば、アイプチをしていることもばれにくく、アイライナーをうまく使いこなせば結構ぱっちりした目になることがわかりました。

写真で取った自分の顔を見て、高校生のときと比べてみたら、だいぶ印象が変わっていることに気が付きました。

合宿でばれた自分の素顔

光が当たってその先を見つめている女性出典:Weheartit

アイメイクにかかる費用と時間はもったいないと思いませんでした。

かわいくなるためにはお金をかけてもいいと思っていたのです。

オシャレでかわいくなってきたら、友達の輪の中にもどんどん入れるようになりました。

性格も少し明るくなってきました。恋愛も楽しみたいと思うようになりました。

サークルにも入り、行動的になってきました。

大学生のサークル活動は、合宿や演出も頻繁にありました。

合宿では、みんなでお風呂に入ることもありました。

そこではどうしてもメイクはとらなければいけません。

そこでメイクを落としたときに、「目、意外にちっさいんだね」と友達に言われたのですが、わかっていてもやっぱり正直にそう言われるとショックでした。

プチ整形の広告が気になる

部屋で趣味の読書をしている女性出典:Weheartit

そのうちに、毎日アイプチで二重にしてきたところが、軽く赤みを帯びるようになってきたり、痛みを伴ったりするようになりました。

目に負担のかかることをしているのだから当然だろうと思いました。

一度アイプチを中断し、メガネなどでごまかして生活するようになりました。

でもやっぱりぱっちりした目の自分が好き、目がぱっちりしていたらオシャレも旅行ももっと楽しめるのに、という思いは強くなるばかりでした。

まぶたのトレーニングも1年以上続けていました。

そんなとき情報誌の裏によくのっている、「○○美容外科、プチ整形、日帰りOK」というような広告が目につくようになったのです。

二重まぶたにする手術なら、頑張ったら手が出せそうな金額でした。

左右で目の大きさが変わっているのも気になってきました。

本気でプチ整形を考えてみようかな、と思い始めたのです。

強い風が吹いているなか海辺に来ている女性出典:Weheartit

悩みに悩んで、大学を卒業し社会人になってしばらくたったころ、長期休みを利用してプチ整形をすることを決断したのです。

埋没法で、手術は切ったりしないので10分から20分くらいで終わるというものです。

私は手術を受けるまでにいろいろと情報を集めました。

整形しようと思う、話したのは私の一番親しくしている友人にだけです。

家族にはだまっていました。うしろめたさもありましたが、綺麗になりたいという思いのほうが強かったのです。

美容整形外科は3件ほどまわり、手術法、料金、術後のことなど聞きたいことを納得いくまで聞きました。

私が選んだのは、実績もあり、キャンペーンなどを行っていない美容外科です。

10万円くらいでできるところもありましたが、私が行ったところは20万円くらいのところでした。

高い出費でしたが、クリニックの様子が良かったこと、医師がしっかりした経歴を持っているということ、アフターサービスがきちんとしているということなどがそのクリニックに決めた理由です。

手術の日、簡単な手術だとはいえ、目に糸を埋める手術です。

リスクもともなうこともあるでしょう。やっぱりすごく緊張しました。

最初に二重のラインを医師と相談しながらきめていきます。納得がいったら、手術を行います。

手術室に入りました。横になって、先生が「リラックスしてね」と肩をポンとしてくれました。

特に痛みなどはありませんでした。瞼の上で何かいろいろやられているな、という感覚はありました。

手術は無事に終わりました。支払いを済ませたらすぐに帰宅できます。

目を見てびっくり

デートの待ち合わせをしている小麦肌にやけた女性出典:Weheartit

手術のあと、目をみて非常にびっくりしてしまいました。

思った以上に二重のラインがくっきりしすぎて不自然すぎるのです。

手術後の腫れもありました。まるで外国人のような目、明らかに別人です。

このまま人前に出ることなんてできるような状況ではありません。

「手術後は腫れますが次第に引いてきます」と言われたものの、その日一日ずっと不自然な目だったので心配でたまりませんでした。

家族の前で顔は伏せていました。

翌日も腫れはひかない

虹色のアイシャドーをしているまつ毛の長い青い瞳の女性出典:Weheartit

翌日になっても、ぱっちりしすぎる目は変わりません。

心配になって電話したのですが、「しばらくしたら自然になります」というばかり。

もしかしたら失敗?と不安にもなりました。3日後は仕事もあります。

3日目くらいに、少し落ち着いた感じがありました。そして少し安心しました。

でもやっぱり、アイプチの二重とはあきらかに違います。

仕事場でのみんなの反応

海に来て悲しみを思い出し泣き出してしまった女性出典:Weheartit

「どうしたの?その目?!」 やっぱり印象が大きく変わったようです。アイシャドウをしてごまかしたらなんとかなるかなと思ったものの、目があまりにもぱっちりしていたので周りは変化に気が付いてしまいました。

「アイプチ、強力なタイプのを試したんですよ」などとうそをついていましたが、周りにはばれていたかもしれません。

でも、「きれいになったね」と言ってくれる人もいました。驚かれたのは最初のうちだけです。

そのうちぱっちり二重の私にも周りは慣れてきて、何も言われなくなりました。

1か月、2か月とたつころ、私の二重はようやく落ち着いて、自然な感じになってきました。

なんといっても、毎日のメイクが楽で時間に余裕が生まれたのが一番うれしいことでした。

そして、まぶたのトレーニングを意識的にしなくてもよくなりました。

アイライナーがばっちりきまるのもとてもうれしかったです。

いろいろなコスメを買い足し、また髪型もイメチェンし、いままでかけなかったパーマにも挑戦してみました。

なんだか生まれ変わった気がして、いろいろなことに積極的になりました。

いつの間にか自分の暗い性格が明るくなっていました。ポジティブな言葉をよく口にするようになりました。

そして始めたのが「婚活」です。

婚活での男性の反応

友人とカフェに来て話が盛り上がっている女性出典:Weheartit

婚活を始めたのは20代後半くらい。お見合いパーティーや合コン、いろいろな場に出向きましたが、男性の反応も今まで以上に良く、「モテ期」が来たように思いました。

一か月に二人から三人くらいの男性とデートしていたでしょうか。

男性からも「きれいだね」と言われることが多くなりました。

それまではどちらかというと「かわいいね」と言われることのほうが多かったのですが、「きれいだね」と言われるようになると、もっとうれしく思ったのです。

調子に乗ってしまっていたかもしれません。

結婚そして病気

結婚式のヘアーセットをしている女性出典:Weheartit

婚活を努力してきたおかげで私は今の主人と出会い無事に結婚することができました。

*しかし私はしばらくして病気を発症してしまたのです。

*外見も変わって理想のパートナーとも出会って、これからは明るい人生を歩んでいくんだ!と前向きになっていた矢先の出来事です。

それは治療が難しい病気でした。今のところ、対処療法で薬を飲み続けるしかないということでした。妊娠も難しくなるようです。

ショックで目の前は真っ暗。

入院中に、外見がすっかり変わってしまい、つやのある髪の毛、肌もうしなわれ体重は10キロ以上落ちました。

*その時に、外見ばかりこだわっていた過去の自分を反省しました。

*周りには、必死で患者さんにつくす医師、看護師その他の大勢のスタッフがいました。

メイクなんかしていなくても、髪の毛が乱れていても、そして一重まぶたでも・・笑顔で尽くしてくれる看護婦さんたちはとても美しく見えました。

私はこれからは、自分のことばかり考えず、周りの人のことを考えて生きていきたいと思うようになりました。

今病状は落ち着き体重も増え外見は健康な人と変わらないくらいです。

二重のラインは今もしっかりあります。

二重にしたことで前向きに明るくなれましたが、まさか自分が病気になるなんて思っていませんでした。

二重にしたからといって自分の運命がすべて順調にいくとは思わないほうがよいのかもしれません。

自分の顔にコンプレックスがあっても、それを個性ととらえ健康的に、人のために生きることができる人は幸せな人です。

二重になって自分がきれいになったとしても、調子に乗ったら痛い目にあうかもしれまんし、さらにもっと気になるところが出てきて、きりがないかもしれません。

一重だから不幸なのではないし、二重だから幸せだともいえません。

その人の考え方心がけひとつで幸せにいきるかそうでないかがきまるのかもしれません。

Top image via Weheartit

written by いんこさん

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44809 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ