2017年07月26日 更新

医療レーザー脱毛はどれが良い?種類ごとの効果や注意点について

医療レーザー脱毛には、レーザー光そのものの種類だけでおもに、「アレキサンドライ(アレックス)トレーザー」、「ダイオードレーザー」、「YAGレーザー」の3種類があります。また、医療レーザー脱毛機器にも、アレキサンドライトレーザーに分類される「ジェントルレーズ」、ダイオードレーザーに分類される「ライトシェアデュエット」といったさまざまな種類があり、それぞれのレーザー光や、脱毛機器によって、痛みが感じやすい、肌の黒い人でも治療が受けられるといった特徴やメリット、デメリットが異なります。

コスメディカルクリニックシンシア 総院長 又吉秀樹

この記事は、コスメディカルクリニックシンシア 総院長 又吉秀樹先生が監修しています。

脱毛サロンに行くよりも、高い効果が期待できるため、医療レーザー脱毛を受けようと考えている人は多いのではないでしょうか?

しかし、ひと口に医療レーザー脱毛といっても、クリニックによって使用している医療レーザー脱毛機器の種類が異なります。

また、脱毛レーザー機だけでなく、レーザー光そのものにもいくつかの種類があるのです。

もちろん、それぞれのレーザー機器やレーザーの種類によって、特徴やメリットなども異なってきます。

この記事では、医療レーザー脱毛に使用されるレーザー機器と、それぞれに使用されているレーザーの種類の違いや特徴を解説します。

そもそもレーザーとは?

医療レーザー脱毛を受けている女性の写真

私たちが日常受けている太陽の光など通常の光は、さまざまな波長の光によって構成されるのに対して、レーザー光というのは、特定の波長のみを持つ人工的に作り出された光です。

また、レーザー光には以下のような特徴があります。

  • まっすぐ進む
  • 効率よくエネルギーを高めることができる
  • エネルギー量の調整がしやすい

医療レーザ脱毛のメカニズム

レーザーの種類のなかには、脱毛を目的として使用すると血液に多く含まれるヘモグロビンや体内の水分に過剰に反応をしてしまう波長のものや、メラニンに対し過剰に反応をする波長のものがあります。

そしてこれらは、脱毛できる出力を発生させると皮膚周辺にある組織までをも傷つけてしまう可能性を持っています。

そこで、医療レーザー脱毛では、メラニンのエネルギー吸収性を持ち、メラニン色素を多く持つ黒い色におもに反応するレーザー光を採用。

つまり、レーザー光を照射することで、黒色メラニンに光のエネルギーが集中し、その光が吸収されることで熱エネルギーへと変換され、黒色メラニンを多く含む毛や、毛を育てる細胞が焼灼(焼くこと)されて脱毛ができる仕組みです。

医療脱毛理論の基本的な完成はおよそ20年前ですが、10年ほど前より、ソプラノを始めとしたダイオードレーザーを低出力で連続照射することで徐々に毛をための組織を加熱し破壊するという蓄熱式というタイプも登場してきました。

これは、痛みが軽いなどのメリットがあるといわれています。

ただし蓄熱式の脱毛は治療者の力量に結果が大きく依存し、細かい部分は連続照射しづらいという弱点もあります。

そのため、それらを補う手段のあるクリニックを選びましょう。

医療レーザー脱毛の種類と特徴

4種類のメモ用紙の写真

現在、医療レーザー脱毛でおもに使用されているレーザーは、3種類あります。

それでは、それぞれのレーザーについて細かく見ていきましょう!

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーの写真

アレキサンドライトレーザーは、日本人の肌のメラニン量との相性がよく、現在もっともクリニックで採用されている台数が多いレーザーです。

メリット

治療時のレーザー1発あたりの照射範囲がも比較的広く、照射回数が少なく済むだけでなく、照射漏れなどのリスクも少なくなるというメリットがもあります。

また、中空照射といって体に接触しないので、出力の設定さえ間違えなければ治療者の力量に大きく依存せず安定した結果がだしやすい、ゼリー不使用なので時間が早くカラダが冷えにくい、VIOなどのデリケートな部分で他人に触れた機械が自分に触れるというような気分的な不快感が少ないという一面もあります。

デメリット

アレキサンドライトレーザー特有のデメリットというのはあまりありません。

ただし、アレキサンドライトレーザーに分類されるジェントルレーズは広範囲を場合機械がオーバーヒートして中断することがあります。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーの写真

ダイオードレーザーは半導体を用いてつくられるため、波長の変更が可能であるというのが最大の特徴です。

メリット

アレキサンドライトレーザーにくらべて、やや柔軟に日焼けに対応することができるとされます。

また、ソプラノのような蓄熱式脱毛など新しい技術に対応している場合もあるようです。

デメリット

基本的に接触照射なのでジェルが必要です。

このジェル自体の不快感や、塗布が広範囲になるとジェルによる体の冷えなども起こります。

また、治療者の力量が不足している場合でレーザーの接触面が均一に当たっていない場合は浮いた部分が十分な冷却が行われず、やけどにつながりやすいことも。

ライトシェア・デュエットという機器には吸引による接触冷却が実装されていてジェルが不要です。
また、照射範囲も格段に広く圧倒的に早い脱毛が可能。

ただし、狭い部分や骨ばった部分はこの方式は使えないので普通のダイオードレーザー方式となります。

YAGレーザー

レーザー脱毛の治療の様子の写真

YAGレーザーは3種類のレーザーのなかで、もっとも波長が長く、肌の奥まで届くという特徴があります。

メリット

ほかの方式よりもやや肌が黒い人にも適応が可能とされます。

デメリット

レーザーの照射範囲が一般的に小さいので、広範囲には向きません。また、痛みはほかと比べ強いといわれています。

また、導入しているクリニックが少ないといったデメリットもあるようです。

いかにYAGレーザーとはいえ、肌が黒い人は、やけどのリスクが高くレーザー脱毛の適応すらあやしいと考えるべきです。

だからこそ導入しているクリニックが少ないというのが現状です。(脱毛用としてYAGレーザーだけしか用意していないクリニックは殆どありません。)

レーザーのなかでYAGレーザーしか使えない状態なら、皮膚のメラニン色素に依存せず脱毛可能な「針脱毛」を検討するほうが良い場合もあるといえます。

医療レーザー脱毛の機器

脱毛をする写真

医療レーザーには、さまざまな種類のレーザーがあります。以下ではこれらのレーザー脱毛ができる機器を紹介します。

ジェントルレーズ(Gentle LASE)機器

ジェントルレーズは、ロングパルスアレキサンドライトレーザーを用いた、日本国内で現在もっとも導入台数の多い医療レーザー脱毛機器です。

脱毛目的のほかにも、シミ、そばかす、くすみ、ニキビのなどの改善を目的とする美肌治療にも使用されています。

レーザー照射前に冷却ガスを当てながら脱毛をするので、冷却ジェルを塗る必要がないため、ジェルが苦手という人にもおすすめです。

ライトシェアデュエット機器

ライトシェアデュエットの写真
出典:プリモ麻布十番クリニックwww.primo-clinic.jp/dr_blog/1368

ライトシェアデュエットは、脱毛効果も高く、肌への負担も少ないダイオードレーザーを使用した機器です。

大きな照射口で従来の1/3の時間で治療が行えるというのが、ライトシェアデュエットの大きなメリットです。

また照射口に吸引システムを持ち、皮膚をのばし広げた状態でレーザー照射を行うことで痛みを軽減しています。

メディオスターNeXT

従来の毛母細胞を破壊する方法ではなく、発毛に関わる幹細胞である「バルジ領域」を破壊するという新しい理論に基づき開発された最新機器です。

毛をじわじわと加熱し蓄熱式の脱毛方式が採用されているため、痛みが少なく、日焼けした肌や、肌の色が黒い人でも治療が可能という特徴を持ちます。

ジェントルヤグ

ジェントルヤグは、YAGレーザーを使用していて、マイナス26度の冷却空気で皮膚表面を保護しながら照射を行います。

照射深度が1,064nmと、ほかの脱毛用レーザーと比較しても波長が長いため、メラニン吸収率が低く、日焼けした皮膚でも治療を受けることができます。

コスメディカルクリニック シンシアは『ライトシェア・デュエット、ジェントルレーズプロ、ソプラノ、プロウェーブ770』などいろいろな脱毛レーザーを揃えております。

全身脱毛5回セット(顔、VIO除く)が248,000円を始めとして、気になる部分だけをリーズナブルに脱毛するいろいろなプランもご用意しています。

また待合室は完全個室なので他の患者様と同じ部屋で気まずい思いをすることもありません。

それぞれのレーザーの特徴を理解してぴったりな脱毛方法、クリニックを見つけよう!

女性が風船を持っている写真

現在医療レーザー脱毛で使用されているおもな3種類のレーザーには、それぞれメリット・デメリットがあります。

それぞれの種類のメリットとデメリットを理解したうえで、自分に合う機器はどれかをじっくり見極めましょう。

クリニックによっては、複数のレーザー種の機器を部位や肌質により使い分けているところもあります。

治療を受ける前に無料カウンセリングやメール相談を上手に利用して、自分にもっとも合う種類の医療レーザー脱毛を受けましょう。

この記事の監修医:又吉秀樹先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都中央区銀座5-13-19 Duplex 銀座タワー4F
  • アクセス地下鉄 銀座駅 徒歩3分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00-20:00
  • 電話番号03-5550-0567
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

コスメディカルクリニックシンシア銀座院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

医療脱毛・レーザー脱毛の施術を受けられるクリニック

  • 東京新宿駅東口より徒歩3分
  • 全身脱毛5回コース月々13,000円×24回

リゼクリニック 新宿院の詳細

  • 大阪谷町線 東梅田駅から徒歩1分
  • 脇脱毛 1回1,000円

湘南美容外科 大阪駅前院の詳細

  • 福岡西鉄 福岡駅より徒歩2分
  • VIO脱毛5回コース99,800円

リゼクリニック 福岡天神院の詳細

医療レーザー脱毛の施術を受けられるクリニックを探す

  • 四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー