NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年05月18日 更新 | 2,511 views

脱毛効果を得たいならフォトフェイシャルと光脱毛、どちらが向いている?

フォトフェイシャルとは、美肌効果やアンチエイジングが期待できる治療法。「IPL」という、光脱毛のレーザーと同じものを使っていますが、出力の強さが違い、フォトフェイシャルは産毛が薄くなる程度の脱毛効果しか得られません。ですので、高い脱毛効果を期待するなら、フォトフェイシャルではなく光脱毛をおすすめします。また、光脱毛のメリット・デメリット、かかる費用や期間などを紹介します。

最先端のスキンケアとして注目されている「フォトフェイシャル

美肌効果だけではなく、脱毛効果もあるといわれます。

では、フォトフェイシャルとはどのような治療法なのか、くわしく見ていきましょう。

フォトフェイシャルとは

脱毛をしている女性の写真

フォトフェイシャルとは、IPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる特殊な光を当てて、肌トラブルを改善する治療法。

「フェイシャル」と聞くと、エステサロンを思い浮かべる人がいるかもしれませんが、フォトフェイシャルは医療機関でしか受けられません。

IPLは、通常のレーザーと異なり波長の幅が広く、顔全体に有効な光だけを当てることができます。

したがって、シミやそばかす、しわなどの肌トラブルを同時に解決でき、コラーゲンを生成している真皮層の細胞を活性化させ、キメ細やかな肌に

またIPLは、通常のレーザーに比べてやさしい光なので、肌へのダメージが少なく施術後のトラブルも起きにくいです。

むしろ、IPLを当てることで肌本来の機能を呼び覚まし、自己再生能力を高める効果が。

肌にハリとツヤを与え、さらにくすみがとれて美肌に近づけるでしょう。

フォトフェイシャルと光脱毛の違い

女性の脚の写真

フォトフェイシャルは、シミやしわなどの肌トラブルの治療に使われるもの。

そのメカニズムは、光脱毛と同じIPLという光を照射し毛根の機能を弱めることなので、フォトフェイシャルと光脱毛の違いはないように見えます。

では、ふたつの違いはどのようなところにあるのでしょうか。

光の出力の強さ

フォトフェイシャルと光脱毛の大きな違いは、照射するレーザー光の出力の強さ

フォトフェイシャルは出力を調整し、弱い光で施術を行うのに対し、光脱毛は強い光で施術を行うため、高い脱毛効果を得ることができるのです。

そのため、フォトフェイシャルをしただけでは、完全な脱毛効果までは期待できないと考えた方がいいかもしれません。

しかし光脱毛には、脱毛効果はもちろん、美肌にする効果もあるといわれています。

そのため、美肌効果と高い脱毛効果を期待するなら、フォトフェイシャルではなく光脱毛のほうが向いているでしょう。

光脱毛について

光脱毛のメリットとデメリット

メリットとデメリットの写真

光脱毛は、毛根のメラニン色素に反応するレーザー光を照射して、毛母細胞にダメージを与えることで脱毛効果を得る方法です。

サロンによっては呼び名が異なり、「フラッシュライト脱毛」と呼ぶことも。

光脱毛は、医療期間で行う医療レーザー脱毛よりも出力が弱いので、肌へのダメージが小さく、痛みも少ないといったメリットがあります。

光脱毛のメリット

  • 医療レーザー脱毛より費用が安い
  • 痛みが少ない
  • 広範囲を一気に脱毛できる
  • 美肌効果がある

光脱毛のデメリット

  • 一生毛が生えてこない永久脱毛ではない
  • 脱毛完了までに時間がかかる
  • 産毛には効果が薄い
  • 日焼けしている肌への施術は難しい

光脱毛にかかる費用

お金の写真

光脱毛にかかる費用は、それぞれのエステサロンで大きく異なってきます

なぜかというと、「全身脱毛」とひとくちにいっても顔の脱毛が含まれてなかったり、ついてくるサービスが違ったりするからです。

光脱毛で、顔全体を1回施術したときにかかる費用はおよそ3,000円〜で、フォトフェイシャルはおよそ3〜5万円かかります。

ですので、一度にに多額の出費が難しい人でも気軽に受けられますね。

光脱毛の施術回数と期間

カレンダーの写真

毛には毛周期というものがあり、毛母細胞が活発で毛が伸びている段階の「成長期」、毛が抜けやすくなっている「退行期」、毛穴に毛がない状態の「休止期」の3つがあります。

光脱毛のレーザーを照射して脱毛効果が期待できるのは、「成長期」の時期の毛に対してのみです。

前の施術のときに、退行期や休止期であった毛が成長期になるのを待ってから、次の施術を行うので、脱毛が完了するまでに複数回の照射が必要になるのです。

また、部位によって毛のサイクルは異なってきますが、おおよそ2〜3か月といったところ。

光脱毛は、レーザーの出力が弱いため、12〜18回ほど通わないと満足感を得ることは難しいとされています。

そのため、脱毛が完了するまでトータルで4〜6年かかるでしょう。

また、光脱毛は一生毛が生えてこない「永久脱毛」ではなく、脱毛が完了した後も毛が生えてくる可能性があります

脱毛効果を得たいならフォトフェイシャルより光脱毛

きれいな女性の写真

フォトフェイシャルは、肌トラブルを複数同時に改善することができ、美肌効果やアンチエイジングに向いています。

しかし、脱毛効果というとそこまで期待はできないもの。

高い脱毛効果を期待するのであれば、光脱毛を施術することをおすすめします。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ