NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月05日 更新 | 2,144 views

医療レーザー脱毛をしたら肌トラブルが! 副作用&アフターケアについて

キルシェクリニック 院長 めかた啓介

この記事は、キルシェクリニック 院長 めかた啓介が監修しています。

医療レーザー脱毛は高い脱毛効果が得られますが、肌の炎症や毛嚢炎、軽いやけどなど副作用が起きるリスクもあります。さらには、産毛が濃くなったり硬くなったりする硬毛化という現象が起こることも。こうした肌トラブルを防ぐためには、医療レーザー脱毛後に施術部位に十分なクーリングや保湿を行い、激しい運動や入浴はしばらく控えましょう。

医療レーザー脱毛を受けたら、肌に赤みが出て治らない……。

医療レーザー脱毛を受けた人のこのような声は少なくありません。

ほかにも、医療レーザー脱毛の副作用には、産毛を濃く硬くするというものも。

ですが、もし副作用が起きたとしても、多くの症状は正しいケアと適切な処置で早く改善することができるとされています。

まずは、医療レーザー脱毛によってどのような肌トラブルが起こり、それらを避けるためには何をすればいいのかを見ていきましょう。

「副作用」という表現について

副作用は、おもに医薬品に対する好ましくない反応に対して使う用語で、「手術の副作用」という表現があまり用いられないように、レーザー脱毛といった医療行為に対しても使用しないのが一般的です。

しかし、医療レーザー脱毛によって起こる合併症のことを副作用だと考えている人が多いため、この記事では「副作用」として扱うことにします。

医療レーザー脱毛による副作用

医療レーザー脱毛で使用するレーザーは、体毛の黒いメラニン色素に反応し、毛根や毛母細胞を破壊。

黒い色にのみ反応するため、肌にやさしく安全性の高い脱毛方法だといわれています。

しかし、強い熱エネルギーを利用しており、副作用のリスクがまったくないわけではなく、医療行為のひとつなので100%安全なものでもありません。

副作用が出てしまった場合でも適切な処置を行い、早期に改善できるよう、具体的にどのような症状があるのかを知っておきましょう。

副作用1:炎症

顔を気にする女性の写真

レーザーを照射した肌が軽い炎症を起こし、赤く腫れてかゆみを伴うことがあります。

これらの症状は、レーザーが強く反応するため、特に色素の濃い毛が密集している箇所に現れやすいのだとか。

肌の炎症は、医療レーザー脱毛によって起こる副作用のなかでもっとも多く、自宅でのアフターケアとして炎症を抑える塗り薬を処方する医療機関がほとんどです。

副作用2:毛嚢炎(もうのうえん)

にきびができた女性の写真

医療レーザー脱毛をした日から数日間の間に、赤い点状のものや、白く膿んだようなものができる人がいるかもしれません。

これは、見た目はニキビと似ているのですが、実は「毛嚢炎」という毛穴が赤く腫れる症状なのです。

できる原因としては、照射するレーザーの熱で皮膚のバリア機能が低下し、毛根を包む毛包が細菌に感染しやすくなることが挙げられます。

また、太い毛が生えている部位は、毛嚢炎が起こりやすいとされています。

もし、症状が出た場合は医師に相談し、必要があるなら薬を処方してもらってください。

副作用3:軽度のやけど

悩む女性の写真

症例数は少ないですが、まれに軽度のやけどを起こす可能性があります。

高い脱毛効果を得るためには、十分なレーザーの熱エネルギーが必要ですが、肌のコンディションや個人差によって過剰に反応することが原因として考えられるでしょう。

特に敏感肌や、もともと色黒の人、日焼けをしていてメラニンが多い人などは、やけどのリスクが高くなります。

しかし、最近は機器や技術が向上したため、痕が残るようなやけどはなく、症状も一時的なものが多くなってきました

副作用4:硬毛化

ショックを受けている女性の写真

硬毛化とは、レーザー照射を受けた部位の産毛が、逆に濃くなったり硬くなったりする副作用。

原因は、レーザーの照射で破壊するべき毛根周囲の細胞を、逆に活性化させることにより起こるのでは、と考えられています。

特にうなじや背中、上腕部など、産毛の多い部位に起こる可能性が高いでしょう。

硬毛化の副作用が出た場合、レーザーの再照射を無料で受けられる保証制度を設けている病院が増えてきています。

医療レーザー脱毛は、医療機関でのみ施術を認められているため、副作用や肌トラブルが起きてもすぐに医師の診察を受けられ、症状に合った薬を処方してもらったり、適切な治療を行ったりしてもらえるでしょう。

また、このような処置に、正しい日常のケアをプラスするだけで、ほとんどの肌トラブルは早く治すことができるとされています。

医療レーザー脱毛の施術後に気をつけたいこと

脚のきれいな女性の写真

医療レーザー脱毛による副作用や肌トラブルをなるべく避けるために、施術後は下記のようなことを行うと良いとされています。

医療レーザー脱毛後のアフターケア

  • 脱毛部位を冷やす。
  • 入浴やアルコール、運動は控える。
  • 日焼け止めを使用し、直射日光を避けて日焼けをしないように注意する。
  • 脱毛部位を清潔に保ち、十分に保湿する。

医療レーザー脱毛を施術した当日は、体に熱がこもっているので、体全体を温める入浴や激しい運動を避け、軽くシャワーを浴びる程度にしましょう

また、施術部位は毛穴が開いた状態のため、もし病院で炎症止めのステロイドを処方されたなら塗るのを忘れずに。

さらに、ワキの脱毛をした人は、制汗剤の使用を1週間ほど避けたほうが安全です。

もし、副作用を起こしてしまった場合でも、多くの症状は日常のケア適切な処置で早期に改善することがほとんどだそう。

肌になんらかのトラブルが起きても、いじったり焦らったりせず、まずは医師に相談してみてください。

医療レーザー脱毛の副作用を感じさせない肌へ

両手を上げている女性の写真

近年では、より安全な施術方法が確立されて、肌トラブルや副作用が起こる可能性が少なくなってきています

施術後のケアは病院でも説明されるので、医師の指示どおりにお手入れをしましょう。

また、副作用を悪化させないためには、肌に異常を感じたらすぐ医師に相談することも大切です。

医療レーザー脱毛の体験レポート公開中!

test

VIOの医療レーザー脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?恥ずかしさは??

女性なら誰しも興味があるVIOの医療脱毛。けどいざVIOの医療脱毛をしよう!

と決意しても「どこで受ければいいの?」「いくらかかるの?」など疑問はつもるばかりです。

そこでVIOの医療脱毛について徹底的に調べた編集部・町田が、医療脱毛専門のリゼクリニックにおじゃまし、実際にVIOの医療脱毛を体験してまいりました!

出典:VIOの医療脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?【体験レポート】

医療レーザー脱毛の費用目安まとめ

キャラクターの画像

※費用は税抜表示です。施術回数や"コース"は各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脇の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 2,770円
湘南美容外科クリニック 3,148円
聖心美容クリニック 8,000円
アリシアクリニック 13,750円
城本クリニック 19,800円

VIO医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,500円
品川美容外科 17,590円
リゼクリニック 41,203円
城本クリニック 43,500円
アリシアクリニック 61,900円

全身の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 55,370円
リゼクリニック 184,259円
アリシアクリニック 288,750円

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43882 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ