NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 2,585 views

まぶたが重いのは、眼瞼下垂のせい!? 気になる症状と原因

山本クリニック 院長 山本豊

この記事は、山本クリニック 院長 山本豊が監修しています。

まぶたが重く、目が開けにくくなっている状態を、眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。眼瞼下垂は、まぶたが重くなったと感じるほかにも、額のシワが深くなる、頭痛や肩こりがするといった症状としても現れます。また眼瞼下垂は、先天性のものと、後天性のものがありますが、多くの場合は後天性とされます。眼瞼下垂は、自然に治癒することはなく、放置するとさらに悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

まぶたが下がっているのを気にしている女性

ある日、電車の窓に映る自分の顔をふと見たら、左右のまぶたの高さの位置が異なっていました。

普段、鏡を見るときは無意識のうちに「いつもの顔」を作っているらしく、片方のまぶたが下がってきていることにそれまで気づかなかったのです。

まぶたが重く、開きにくくなっている状態は「眼瞼下垂(がんけんかすい)」と呼ばれ、さまざまな症状をともなって現れます。

筆者のように、「自分では症状に気づいていなくても、実は眼瞼下垂になっている」という人は案外多いといわれています。

「そういえば最近まぶたが重い気がするし、肩は常に凝っていて、しょっちゅう頭痛がする……」というような場合は、眼瞼下垂の症状かもしれません。

この記事では、眼瞼下垂のさまざまな症状について解説します。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂のメカニズムの図出典:高須クリニック

眼瞼下垂とは、まぶたが重く、目が開けにくくなっている状態のことをいいます。

上まぶたが開くとき、「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」という筋肉と、「挙筋腱膜(きょきんけんまく)」という膜が動いてまぶたを引き上げます。

この筋肉は、「動眼神経」という、眼球の動きをコントロールする神経の指令で動いていて、これらの筋肉か、神経のどちらか、あるいは筋肉と神経をつなぐ部分に麻痺や異常が起こると、眼瞼下垂の症状が発生するのです。

眼瞼下垂の症状は、まぶたが開きにくいだけではありません。

一見すると、まぶたとは関係がなさそうに思えるさまざまな症状が、実は眼瞼下垂が原因で起こっている場合があります。

眼瞼下垂の症状1: まぶたが重い

自分の目の状態をスマホで確認している女性の写真

「眠くもないのにまぶたが重く感じる」というのは、眼瞼下垂の典型的な症状です。

自覚できるほどまぶたが開きにくいということは、眼瞼挙筋や挙筋腱膜がまぶたを引き上げる力がある程度弱まってきている状態と考えられます。

そのほかにも、以下のような症状があるときは、眼瞼下垂の疑いがあります。

症状のセルフチェック

  • 鏡で自分の顔を見たとき、まぶたがいつもより下がっている感じがする
  • 写真に写っている自分の顔が眠そうに見える
  • 夕方になると目が疲れたり、字が読みにくくなる

眼瞼下垂の症状2: 二重まぶたの幅が広くなる

二重まぶたが過度に広い女性の写真

二重まぶたの幅が広くなったり、以前は二重だったのに多重のまぶたになった場合は、眼瞼下垂の症状がすでに中〜強程度まで進行している可能性があります。

これは、眼瞼挙筋や挙筋腱膜がまぶたを引き上げる力が弱まって、二重の幅が伸びて見えたり、まぶたに以前より大きな負荷がかかっているために、多重まぶたになっていたりすると考えられています。

症状のセルフチェック

  • 二重まぶたの線が2本以上に増えた
  • 二重まぶたがくっきりとしすぎて、不自然に見えるようになった

眼瞼下垂の症状3:三白眼(眼球の下の白目が見える)になる

上を見ている女性の写真

人の目は通常、黒目の左右に白目があります。

しかし、「三白眼(さんぱくがん)」と呼ばれる目の場合は黒目の下の部分にも白目があり、左・右・下の三方に白目が見えてしまう状態になります。

三白眼は先天性のものもありますが、後天的なものの場合、眼瞼下垂が原因のひとつとして考えられており、眼瞼下垂の症状が進行すると、「上直筋」という、眼球を上方向へ回転させるはたらきをする筋肉がまぶたを引っ張り上げようとします。その際、眼球も一緒に引っ張られて、上方向へ回転するのです。

しかし、それでは視線がずれてしまうので、バランスをとるために、今度は「下直筋」という、眼球を下方向へ回転させるはたらきをする筋肉が、眼球を下方向へ引っ張ります。このときに下まぶたも同時に引っ張られるので、黒目の下に見える白目の面積が広くなり、三白眼になってしまいます。

症状のセルフチェック

  • 黒目の位置がほかの人に比べて高い
  • 瞳の上下どちらか、または両方に白目が見える
  • ギョロッとした印象の目をしている

眼瞼下垂の症状4:額のしわが深くなる

おでこのシワにびっくりしている女性の写真

目に見えてまぶたが下がってきていない場合でも、額のしわが深くなってきたときは、眼瞼下垂が進行している場合があります。

眼瞼下垂によってまぶたが開きにくくなると、しっかりと目を開くために、脳はまぶたの代わりに「前頭筋」という額の筋肉を使って目を開けようとします。

これが長期間続くと、額の筋肉が常に緊張しているために額のしわが深くなってきたり、眉毛の位置が以前より上がってきたりするのです。

眼瞼下垂の症状だと気づかないまま、額の筋肉で目を開けることが長年のクセになってしまっているため、額に深いしわが刻まれている人も見られます。

症状のセルフチェック

  • 眉間にシワができた
  • 額のシワが増えた

眼瞼下垂の症状5:頭痛・肩こりが起こる

頭痛に悩んでいる女性の写真

額の「前頭筋」が収縮する際、連動して後頭部や肩の筋肉も動きます。

後頭部にある「後頭筋(こうとうきん)」という筋肉は、額に寄せたしわを戻すときに使われます。この後頭筋が緊張し続けると、頭痛が起こりやすくなります。

また後頭筋は、首から肩、背中の上部にかけて広がっている「僧帽筋(そうぼうきん)」という筋肉とつながっています。

僧帽筋は頭を支えるという重要な役割を持っていますが、前頭筋と後頭筋の酷使によってさらに負担が増えると疲労がたまり、肩こりの原因となるのです。

よって、ひどい頭痛や肩こりが続いている場合は、眼瞼下垂が進行している恐れがあります。

症状のセルフチェック

  • 日常生活に支障はきたさないレベルの頭痛や肩こりがある
  • 病院で診てもらったが、「異常なし」と診断されたことがある

眼瞼下垂の症状6:自律神経失調症

だるくて横になっている女性の写真

眼瞼挙筋は「ミュラー筋」という小さな筋肉とつながっています。このミュラー筋は、自律神経である交感神経が支配しているのです。

自律神経とは

自立神経は、意思とは無関係に自動的にはたらく神経のことで、「交感神経」「副交感神経」の2種類の神経で成り立っています。

交感神経とは

交感神経は、体を活発に活動させたり、緊張やストレスに対処するときにはたらきます。

交感神経が優位になると血管が収縮して心拍数が増え、筋肉が緊張して、緊張やストレスに対処できるように体が準備をします。

副交感神経とは

副交感神経は、睡眠中やリラックスしているときなどに、体を修復させるためにはたらきます。

副交感神経が優位になると血管が広がって心拍がゆっくりになり、筋肉はリラックスして、内臓のはたらきが活発になります。

眼瞼下垂による自律神経失調症とは

自律神経が整っている状態とは、交感神経と副交感神経が必要に応じて自然に切り替わり、両者のバランスが取れている状態のことです。

しかし、眼瞼下垂によりミュラー筋の収縮が増え、交感神経が常に緊張していると、自律神経のバランスが乱れ「自律神経失調症」と呼ばれる状態になります。

症状のセルフチェック

  • 慢性的な疲労感がある
  • めまい動機がする
  • 不眠状態が続いている
  • 冷え性である
  • うつ病を患っている

眼瞼下垂になる理由

Whyと書かれたボードを持っている写真

眼瞼下垂には、先天性のものと、後天性のものがあります。それぞれの原因をしっかりと理解し、自分がどちらのタイプであるか把握できるようにしましょう。

先天性の眼瞼下垂になる理由

先天性の眼瞼下垂は多くの場合、まぶたを上げる眼瞼挙筋の発育不良が原因です。また、眼瞼挙筋を動かす動眼神経に生まれつき障害がある場合もあります。

先天性の場合、片方の目だけに眼瞼下垂が発症することが多いとされています。

後天性の眼瞼下垂になる理由

後天性の眼瞼下垂のほとんどは、「腱膜性(けんまくせい)による眼瞼下垂」です。

「腱膜」は眼瞼挙筋の端にある膜で、 まぶたの内部にある「瞼板(けんばん)」という板のような組織とつながっています。

何らかの理由で腱膜が緩んだり、腱膜と瞼板との結合が外れてしまうとまぶたが持ち上がりにくくなり、眼瞼下垂が起こります。これが、「腱膜性眼瞼下垂」です。

腱膜性眼瞼下垂は、何年も長い時間をかけて、まぶたが少しずつ下がってくるのが特徴とされています。

腱膜がゆるんだり、瞼板との結合が外れる理由

加齢による腱膜のゆるみのほか、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患のため目をこするクセがあったり、過剰なアイメイクを頻繁に繰り返すなど、まぶたに強い刺激を常に与えることで、まぶたの皮膚がゆるんでしまうことがあります。

また、ハードコンタクトレンズの長期使用も原因のひとつであり、硬いレンズがまぶたの裏を常に刺激するため、眼瞼挙筋を弱めると考えられています。

さらに、レンズの装着や取り外しの際にまぶたを強い力で引っ張ることも腱膜がゆるんだり、瞼板との結合が外れてしまう原因になるので、注意が必要です。

腱膜性以外の眼瞼下垂になる理由

白内障や緑内障など、目の手術後に眼瞼下垂が生じることがあります。

また、糖尿病を患っていたり、神経や筋肉に以上が見られる場合なども眼瞼下垂になる原因となります。

このように、腱膜性以外にも、 眼瞼下垂になる要因は多く潜んでいるのです。

眼瞼下垂を放置するとどうなる?

疑問を抱えている女性の写真

眼瞼下垂は多くの場合、症状が何年もかけてゆっくりと進行します。

上述したように肩こりや頭痛、自律神経失調症などのさまざまな症状が現れてきますが、眼瞼下垂の症状だとは気づかなかったり、気づいていてもすぐさま命に関わる症状ではないため、治療せず放置しているケースも多くみられます。

しかし、眼瞼下垂は自然に治癒することはなく、放置していると症状が進行することもあります。

放置すると、まぶたがだんだんしっかりと開かなくなり、ほかの人に眠そうな印象を与えるだけでなく、少しずつ視野も狭まってきてしまいます。

また、急性に起こる眼瞼下垂は脳動脈瘤が原因である場合があり、命に関わってしまうこともあります。

突然まぶたが下がってきた場合は、すぐに受診するようにしてください。

眼瞼下垂の治療はクリニックへ

クリニックの写真

眼瞼下垂は症状の現れ方がさまざまで、一見すると、目とは関係なさそうな症状も多いため、初期の段階で気づくことが難しい病気です。

もしこの記事に記載されている症状に思い当たるところがある人は、眼瞼下垂の可能性を疑ってみてください。そして、早めに専門医の治療を受けるようにしましょう。

眼瞼下垂解消 切開法の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川美容外科 275,920円
タウン形成外科クリニック 400,000円
もとび美容外科クリニック 448,000円
聖心美容クリニック 480,000円
東京美容外科 550,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

眼瞼下垂の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック

大阪梅田院JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45316 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ