NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年12月03日 更新 | 2,232 views

たるみ治療に最適! 切らないフェイスリフト「ウルセラ」の効果とは?

ウルセラは、たるみ治療に効果的な、メスを使わないフェイスリフト術です。肌の深部の筋肉、SMAS筋膜にまで作用し、根本からたるみを解消します。ウルセラではしわの改善やコラーゲンの生成による美肌効果も得られ、さまざまな角度からの若返りが可能になります。ただし、効果が1年ほどしか持たない、などのデメリットもあるので、医師に確認し、理解を深めてから施術に臨むことが大切です。

なかなか解決しない、目じりの小じわや頬のたるみ。朝起きて鏡をみたら冴えない感じで憂鬱になることってありますよね。

化粧水や美容液やクリームを変えてみたけれど、いまいち効果が実感できない.....。

そのたるみや小じわには、もっと手早く、より効果的に解消できるウルセラを取り入れてみるといいかもしれません。

美容医療界では、最新の技術といわれているウルセラ。どのような施術を行い、どれくらいの効果が得られるのかについて、くわしく紹介します。

ウルセラとは?その効果や施術について

ウルセラシステムの施術の写真出典:PRIMAVERA

ウルセラとは、アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる国の機関)の認可を受けているウルセラシステムとよばれる美容医療機器のことで、特殊な超音波エネルギーHIFUを利用し、皮膚のたるみや小じわを改善するアンチエイジング治療のことです。

従来の切開を伴わない施術のため、切らないフェイスリフトと呼ばれることもあります。

また、従来のリフトアップの施術は頬や口元のみにしか施術ができませんでしたが、ウルセラは、目元口元あごなど、広範囲かつ細かな部分にまで対応できるのも特長のひとつです。

さらに、ウルセラには、このような効果が。

SMAS筋膜に作用して、たるみを改善

フェイスリフトには、SMAS筋膜とよばれる皮膚下の筋肉に作用することで効果が得られるといわれています。

特殊な超音波によって、約3.0mmから4.5mmの皮膚深部にまで作用するウルセラは、SMAS筋膜のたんぱく質を熱で凝縮し、真皮層とSMAS層の緩みが引き締め、たるみを改善し、リフトアップを図ることができます。

コラーゲンに作用して、美肌効果も

熱によって、ダメージを受けたSMAS筋膜は、その損傷を治癒するために多量のコラーゲンを生成する、人体の創傷治癒作用と呼ばれる効果があらわれます。

この作用が起こることで、皮膚の厚みや弾力が増し、美肌効果とリフトアップ効果が長く続くといわれています。

ウルセラの副作用やデメリット

NOと手をかざす女性の写真

しわやたるみに効果があるといわれているウルセラ。一方で、こんなデメリットや副作用もあるのだそうです。

長期的な効果を希望する人には向かない

ウルセラの効果持続期間は、約6ヶ月から1年といわれています。

1年経過したら、場合によっては施術を受けなければならないため、長期的な効果を期待する人には、適さないといえるでしょう。

切開を伴わず、気軽に施術ができる反面、ほかのアンチエイジング治療に比べると、たるみの改善効果が劣るともいわれています。

効果の現れ方に個人差がある

「ウルセラは効果がない」「やってみたけれど、あまり効果が実感できない」など、ウルセラ体験者の口コミには、しばしば、ウルセラの効果について批判的な口コミがあります。

ウルセラは、効果のあらわれ方や持続期間に個人差があり、効果があったりなかったりすることもしばしばあるそうです。

効果が期待できないケースとしては、下記のようなものが挙げられます。

  • 治療部位に皮下脂肪が多く、SMAS筋膜に超音波が到達しにくい場合
  • もともとの肌が紫外線によって、光老化とよばれるコラーゲンの変性破壊を起こしていてコラーゲン再生が困難な場合
  • 毛穴の開きなどによる、表皮層のみののたるみが見られる場合

医師の技術力不足による、副作用も

副作用が少ないといわれているウルセラ。しかし、ごく稀に医師による技術力不足によって、起こってしまう副作用があります。

例えば、照射部位が少しずれてしまったり、間違ってしまったりすることで皮膚が凸凹になってしまうこともあるのだそうです。

症状は1か月で治まり、元に戻るといわれていますが、その間は周囲の人の目が気になってしまい、気持ちも沈んでしまいますよね。

クリニックを選ぶときは、周囲の口コミやインターネットを使って、施術経験が豊富な医師を選ぶようにしましょう。

ウルセラがおすすめな人

ウルセラが向いているのは、下記のような希望がある人です。

  • 切開を伴う施術を避けたい人
  • たるみを除去したうえで、肌のハリを実感したい人
  • 毛穴の開きを根本から改善したい人
  • 頬や首、目元、口元などの、顔から首にかけてのたるみやしわを改善したい人
  • 特に目元や目尻が下がり気味で、リフトアップによって改善を図りたい人
  • 周囲の人に気づかれにくいリフトアップを希望する人
  • 引き締まったフェイスラインと小顔を手に入れたい人

ウルセラを行う際の、カウンセリングや施術の流れ

医師と患者のカウンセリングの様子の写真

ウルセラについて、カウンセリングや施術の流れについて紹介します。

予約と受付

施術を受ける前に、受付で現在の肌の悩みや疑問点などを相談し、カウンセリングの予約をとります。

カウンセリング

実際、医師との話し合いを行います。患者の肌質やしわやたるみの状態を把握し、ウルセラ施術に適しているかどうかの判断や、シミュレーションマシンで、施術前と施術後で、どう改善されるかなどの説明を行います。

施術の際の痛みが気になる人は、必ずカウンセリングのときに医師と相談しましょう。

施術開始

希望の部位に、ウルセラシステムを照射します。照射の際、痛みが気になる人は事前に麻酔クリームをぬって施術を行います。施術の所要時間は、およそ30分から40分です。

施術の際には、必ずメイクを落とします。

施術後

施術後は、メイクをしてそのまま帰ることができます。個人差はありますが、この時点では、ほとんど腫れは現れません。

期間と費用

ウルセラの効果持続期間は、約6か月から1年です。長期間の効果を希望する人は、カウンセリング時に医師と相談し、ウルセラ以外の施術やウルセラと併用できる施術も視野に入れたほうがよさそうです。

費用は、部位によって違ってきますが、側頭部やこめかみ、目じり、目の下、頬の治療を行う場合、30万から40万円が相場といわれています。

気軽にできるフェイスリフト、ウルセラを試してみませんか?

周囲に気づかれずに、手軽にできるリフトアップができるウルセラ。

しかし、一度の施術料金はお手頃ではないので、事前にクリニックを調べたり、疑問点を解消したりして、納得したうえでカウンセリングや施術に入ったほうが良さそうですね。

アンチエイジング治療には、さまざまな種類があるので、カウンセリングの際に希望と肌の状態などを考慮したうえで、最良の選択をしていきましょう。

シワ・たるみ治療 ウルセラシステムの費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
聖心美容クリニック 130,000円
シロノクリニック 160,000円

※費用は税抜表示です。施術条件はクリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

フェイスリフト・リフトアップの地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科

東京メトロ銀座一丁目駅3番口すぐ

詳しく見る

大阪

品川美容外科 心斎橋院

心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43840 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ