NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月26日 更新 | 5,886 views

ほくろを炭酸ガスレーザーで除去する方法。痛みやアフターケアについて

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太が監修しています。

ほくろを除去する方法は、美容外科手処置とレーザーを使う方法のふたつ。レーザーは、おもに炭酸ガスレーザーを使います。炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の、メリット・デメリットや施術できるほくろのタイプ、やり方、伴う痛みなどについて紹介。施術後のトラブルとしては、色素沈着や取り残し、傷痕のへこみなどがあり、アフターケアとして紫外線対策は必ず行いましょう。また、症例写真を載せているクリニックやブログも参考にしてみてください。

「ほくろを取りたい!」と考えたとき、あなたならどうしますか?

ほくろを除去する方法は、「メスを使う美容外科処置」と「レーザーを使う治療」の2種類。

レーザーを使う治療には、シミ取りに使われることの多い「Qスイッチレーザー」でほくろを薄くしていく方法もあります。

しかし、炭酸ガス(CO2)レーザーでほくろの細胞を蒸散させる方法がより主流です。

この記事では、炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の施術内容や特徴、費用や術後の化粧、症例写真や体験談などについてご紹介します。

これを読めば、気になる炭酸ガスレーザーでのほくろ除去のことが一通りわかるはず。

ほくろ除去ができる炭酸ガス(CO2)レーザーとは?

レーザーを受けている写真

レーザーによるほくろ除去治療でもっとも多用されているのが、炭酸ガス(CO2)レーザー

また、レーザーにもさまざまな種類があり、YAGレーザーはに反応しますが、炭酸ガス(CO2)レーザーはに反応します。

人の皮膚(ほくろも含む)には水分が多く含まれており、そこに炭酸ガスレーザー(CO2)を当てると、その部分にが生じて皮膚から削られる蒸散という反応が発生。

その結果、ほくろ細胞も吹き飛ぶのでほくろが除去されるのです。

蒸散しても、周囲の血管は一瞬で固まるので出血の可能性は低いのだとか。

また、炭酸ガスレーザーでは皮膚の表面ちかくの組織しか除去されないので、傷は浅く、治りが早いことが多いようです。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去のメリット・デメリット。デメリットは再発する可能性があること

メリットとデメリットの写真

炭酸ガスレーザーを使用する際の、メリットデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

メリット

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去のメリット

  • 平坦なほくろや他のレーザーでは治療困難な盛り上がったほくろ、色が淡いほくろなど、さまざまなほくろの治療ができる 。
  • 一度の治療で、ある程度のメラニン色素を含めたほくろ全体の除去が可能。
  • 短時間で施術は終わる。
  • ほとんど出血しない。
  • メスを使わないので縫った跡が残らない。
  • メスを使ったほくろ除去では変形してしまう可能性がある部位も、安全に最小限の傷痕で施術できる。

デメリット

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去のデメリット

  • 少しでも悪性の疑いのある場合は施術できない。
  • 切除するわけではないので、再発する可能性がある。
  • 幼少期からあるほくろや青いほくろは根が深いため、複数回の施術が必要になり、完全には取りきれない場合がある。
  • 痛みを和らげるために施術前には麻酔を要する。
  • 施術後は患部をテープで保護したり、紫外線対策をする必要がある。
  • 色素沈着やへこみ跡が起こるかもしれない。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の麻酔と術後の注意に関して医師からのコメントは以下の通りです。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

処置前にキシロカインという局所麻酔の注射をします。
処置後のテープ保護は10日程度ですが、その後も半年程度は処置部位を日焼けしないようにお願いしております。

炭酸ガスレーザーではどのようなほくろが除去できるの?

女性の背中の写真

炭酸ガスレーザー治療ではおもに3つのタイプのほくろを除去することができるといわれています。

一方、炭酸ガスレーザーで除去できないのは、ほくろのように見えるが実はがんであるという可能性のあるものです。

炭酸ガスレーザーで除去できるほくろその1:通常のほくろ

皮膚に埋もれている部分が比較的浅いため、施術も一度で終わることがほとんど

もっとも炭酸ガスレーザーでの施術に向いているタイプです。

炭酸ガスレーザーで除去できるほくろその2:イボのようなほくろ

しっかりと根を張っている場合が多く、一度の施術で一気に取り除くと痕が残るため、数回に分けて炭酸ガスレーザーで除去することが多いとされています。

また、あまりにも根が深かったりほくろが大きかったりする場合には、美容外科処置となるかもしれません。

炭酸ガスレーザーで除去できるほくろその3:皮膚のなかに埋もれているほくろ

皮膚に近ければ炭酸ガスレーザーで一度の施術で完了します。

しかし、奥深くに入り込んでいる場合は、炭酸ガスレーザーで数回の施術、もしくは美容外科処置となるでしょう。

悪性の疑いのあるほくろは炭酸ガスレーザーでは除去できない

ほくろのように見えるが、実はがんであるという可能性がある場合、炭酸ガスレーザーでは除去することができません。

メラノーマや基底細胞がんなどの皮膚がんは悪性のほくろとも呼ばれるほど、ほくろと見た目が似ているもの。

悪性の可能性がある場合は、除去したほくろの検査をする必要があるため、小さなほくろであっても外科手術となります。

悪性の場合には保険適応となりますので、形成外科を受診しましょう。

炭酸ガスレーザのほくろ除去は保険適用あり?

保険証を受け渡している写真

基本的に悪性の疑いのないほくろの除去治療は保険適用外です。

しかし、以下のように生活に支障が出るほくろに関しては保険が適用されるかもしれません。

保険が適用される可能性があるほくろの例

  • 顔を洗うときにひっかかってしまう
  • ひげを剃る時にひっかかって出血してしまう
  • 洋服の着脱するときに邪魔になる
  • 瞬きがしにくい位置にある
  • 視界の邪魔になる

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去施術の流れ

医師と話し合う女性の写真

ほくろ除去は皮膚科形成外科美容外科で行うことができます。

ただし、炭酸ガスレーザーを所有していないクリニックもあるので、事前にチェックしてから受診しましょう。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は以下のような流れで行われます。

<1.診察>

カウンセリングや必要に応じて、そのほくろが悪性でないかの確認、施術日の決定などを行います。

<2.施術>

局所への麻酔後、炭酸ガスレーザーで蒸散させる部分にマーキングを行い、ほくろを蒸散します。

※手順はクリニックによって異なることがあります。

施術時間はおよそ5~10分

ほくろが除去されたら、傷に軟膏を塗りテープで保護します。

<3.術後の診察>

術後の経過の観察を行うクリニックもあります。

このように、おもに3ステップでほくろの除去は完了するでしょう。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去施術の痛み。麻酔はするの?

女性とメガホンの写真

炭酸ガスレーザーによる施術は、痛みを伴うイメージがあり、受けようか迷っている人もいるかもしれません。

麻酔については、炭酸ガスレーザーを照射する前にほくろに局所麻酔を打つことが多いようです。

ただしクリニックによっては、小さいほくろなら麻酔クリームを塗るだけだったり、麻酔をしなかったりとさまざま。

では、実際に炭酸ガスレーザーによるほくろ除去を体験した人の痛みに関する声を紹介します。

ほくろ除去施術の声:1

炭酸ガスレーザーは麻酔をかけられたので、まったく痛くありませんでした。

しかし、麻酔をせずに冷却しただけだと痛かったです。

ほくろ除去施術の声:2

炭酸ガスレーザーでほくろを除去し、痛みは一瞬感じる程度でした。

切除のほうが麻酔をかけるので痛くはないですが、傷の治りは遅いです。

ほくろ除去施術の声:3

麻酔した後、メスで切ってレーザーで焼くだけ。

先ほど施術しましたが、まだズキズキと痛んでいます。

私の場合、保険がきいて、7,000円ほどかかりました。

局所麻酔を打つときに、チクっとした痛みは感じるようですが、麻酔さえ乗り越えれば施術中や術後にほとんど痛みはないよう。

しかし麻酔をせずに施術をすると、レーザー照射中に痛みがあるようですね。

痛みを感じやすい人や痛みが苦手な人は、カウンセリングの際にその旨を伝えておきましょう。

より痛みを感じにくいような麻酔を使用してくれるはずです。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去施術の費用相場

お金の写真

基本的にほくろ除去は保険適用外のため、全額自己負担となります。

生活に支障をきたすほどのほくろだと、保険が適用され自己負担は3割です。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の費用は、クリニックによって大きく違ってきますが、直径1mmにつき3000〜10,000円のことが多いよう。

直径1mmの料金しか設定していないところもあれば、直径2mmや5mmの料金など細かく設定しているところもあります。

また、1年間保証や薬代込みなど付いてくるオプションによっても価格は違ってくるため、気になるクリニックの価格設定を確認してみましょう。

炭酸ガスレーザーでほくろ除去した後のアフターケア。化粧はいつから?

女性の写真

ほくろ除去においてもっとも大切なことは、アフターケアです。

しっかりと先生の指示通りにケアするかどうかが、炭酸ガスレーザーによる傷口の治る早さに影響するかもしれません。

処方された軟膏を塗る

施術当日から入浴や洗顔はしてもいいですが、患部をゴシゴシとこするような刺激は避けてください。

お風呂から上がった後は、クリニックでもらった軟膏を穴が塞がるほどたっぷり塗り、絆創膏や専用テープなどで保護しましょう。

軟膏は、傷がジクジクしなくなるまで塗り続けるといいとされています。

施術後の化粧

メイクは、患部以外ならば術後すぐに、患部は約1週間後からしてOKだそう

患部は、術後1~3日するとかさぶたができ、1~2週間ほどで剥がれます。

紫外線対策

炭酸ガスレーザー施術後の患部は、皮膚がとても薄くなっており、メラニン色素が沈着しやすくなっている状態。

メラニン色素の沈着は、シミをつくる原因になりかねないので、外出するときの紫外線対策はきちんと行いましょう。

ほくろ除去後のトラブル&解決法。跡は残る?

女性の写真

アフターケアをしっかりと行っていてもトラブルは起こるかもしれません。

そこで、どのようなトラブルがあるのかと、その解決法を紹介します。

傷跡の赤みやへこみ

ほくろ除去の直後は、少しジンジンした感覚と赤みを帯びることがありますが、時間が解決してくれることは多いので安心してください。

また、施術後の患部は、炭酸ガスレーザーでほくろを吹き飛ばすため、患部にぽっこりと小さな穴が開いていますが、時間が経つとまわりから肉が盛り上がり、穴は目立たなくなるでしょう。

しかし、大きいほくろや根が深いほくろを除去した場合、へこんだ跡がもとに戻らないことがあります。

ヒアルロン酸を注入してへこみを浅くする方法や、へこんだ傷を切り取って縫い合わせる方法などがあるので、医師と話し合ってみてくださいね。

色素沈着

肌質によっては、炭酸ガスレーザー照射後に色素沈着が起こる場合が。

半年~1年ほどで治まりますが、新たな皮膚を再生する肌のターンオーバーを早めることが有効的です。

取り残し

まれに、ほくろが完全に除去されていないことがありますが、クリニックの保証によって再照射できる可能性があります。

取り残しを見つけたら医師に相談してみましょう。

また、再発した場合も保証期間内なら再照射してもらえるかも。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

直後にはほくろが完全になくても、何ヶ月かしてから再発することも一定の確率であります。

こちらも相談してみると良いでしょう。

ケロイド

施術後に、傷跡がケロイドのように赤く盛り上がるかもしれません。

このような場合には、傷の盛り上がりを平らにする効果があるステロイド注射を打つ方法がありますが、十分な効果が得られるまで、1か月に1回の治療を繰り返す可能性があります。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の症例写真を載せているクリニックサイト

笑顔の写真

実際に症例写真を見ると、とても参考になりますよね。

そこで、炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の症例写真を見ることができるクリニックのサイトを紹介します。

炭酸ガスレーザーの症例写真を見られるサイトその1:美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

さまざまなタイプのほくろ除去の症例写真だけでなく、ほくろ除去の流れも紹介されています。

炭酸ガスレーザーの症例写真を見られるサイトその2:高須クリニック

よくある質問がまとめられています。

疑問を解決できるかも。

炭酸ガスレーザーの症例写真を見られるサイトその3:医療法人社団 清優会 はなふさ皮膚科

施術直後から数か月ごとの経過写真が掲載されています。

炭酸ガスレーザーの跡がどのように薄くなっていくのかがわかりやすくなっています。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の感想を載せているブログ

口の写真

実際に、ほくろ除去をした人の症例写真と感想が載っているブログを紹介します。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の感想が読めるブログその1

施術1日後の傷から定期的に写真を載せています。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の感想が読めるブログその2

形成外科専門医の先生による施術を受けた人のブログ。

施術後、傷痕のへこみが治らず、切除縫合をしたことまで書いてあります。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の感想が読めるブログその3

施術当日から2年後までの経過を、患部の写真とともに掲載しています。

炭酸ガスレーザーでほくろを除去して肌に自信を

明るい写真

炭酸ガスレーザーでのほくろ除去は、再発する可能性があります。

しかし、メスを使って切除してできるような縫い跡が残らなかったり、費用や施術時間の点でより手軽だったりというメリットも。

ほくろの大きさや色、位置によって自分に合った方法を見つけるために、まずはクリニック探しから始めてみてはいかがでしょうか

ほくろ除去(レーザー,電気メス,切除)の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 3,000円
湘南美容外科クリニック 3,749円
品川美容外科 4,860円
聖心美容クリニック 9,800円
城本クリニック 10,000円
水の森美容外科 16,000円

※費用は税抜表示です。施術方法やほくろの大きさは各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

顔のほくろ除去の体験レポート公開中!

test

美容クリニックで顔のほくろ除去やってきた!

顔に無数にあるほくろがずっとコンプレックスだった編集部・町田。

年々増え続けるほくろをなんとかするために、品川美容外科渋谷院でレーザーによるほくろ除去を体験してきました!

ほくろ除去の一部始終や術後経過を、動画と写真つきで余すところなくご紹介。

果たしてほくろはきれいに消えるのでしょうか。

出典:顔のほくろ除去やってきた!| 品川美容外科渋谷院

ほくろ除去(クリームやレーザー)のメリットやデメリット、副作用や口コミを知るなら『ほくろ除去を皮膚科でした人は成功した?失敗した?費用や注意点まとめ』記事がオススメ!

ほくろ除去の地域別人気クリニック

東京

池袋サンシャイン美容外科

JR池袋駅 東口 徒歩5分

詳しく見る

大阪

品川美容外科 心斎橋院

心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ

詳しく見る

福岡

湘南美容外科 福岡院

地下鉄七隈線天神南駅 徒歩1分

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43183 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ