NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月05日 更新 | 6,459 views

医療レーザー脱毛はどれほど痛い? 痛みの原因や和らげる方法について

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

自分でムダ毛処理をするのはとても面倒だけど、医療レーザー脱毛は痛みが心配!という声は多いよう。実際に医療脱毛をした人の口コミには「場所によっては声が出ないほど痛い!」というの声も多々。でも、なんで医療レーザー脱毛って痛みを伴うんでしょうか?また、痛みを和らげる方法ってあるんでしょうか?実は医療レーザー脱毛が痛いのは、毛根を強いエネルギーで焼いているため、皮膚にも痛みが伝わってしまうから。そんな痛みを和らげるためには、麻酔を使う・保湿をする・痛い部位は避ける・生理中の施術は避けるといった方法を取りましょう。

「効果は高いけど、痛みが……」「場所によっては声が出ないほど痛い!」など、よく聞かれるのが医療レーザー脱毛での痛みのことですよね。

ではなぜ、医療用レーザーによる脱毛は痛みを伴うのでしょうか? また、痛みを和らげる方法はないのでしょうか?

不安を取り除いてから施術を受けられるように、医療レーザー脱毛の痛みについてくわしく知っておきましょう!

医療レーザー脱毛が”痛い”理由

疑問を感じている女性の写真

医療レーザー脱毛の仕組みから生じる痛み

医療レーザー脱毛は、毛の黒い色素に反応するレーザーで、熱を発生させて毛根を破壊することで脱毛効果を出します。

肌自体を熱で焼くわけではありませんが、毛根を熱エネルギーで破壊する際に、周辺の皮膚も痛みを感じてしまいます。

レーザーの種類や機器の違いによる痛み

医療レーザー脱毛の機器は、おもにダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザーなどがあります。

  • ダイオードレーザー……現在多く使われているレーザーで、痛みが少なく、産毛もある程度は脱毛できる点が特徴
  • アレキサンドライトレーザー……1997年に導入された以前は広く使われていたレーザーで、痛みはダイオードレーザーより強いといわれる
  • ロングパルスヤグレーザー……肌の色が濃い薄いに関わらず、脱毛ができるレーザーで、ダイオードレーザーと同程度の痛み

基本的な特徴はこのようなものですが、痛みに関しては、冷却装置があるかないかによって大きく変わってくるようです。

施術部位による痛みの違い

医療レーザー脱毛は、どの部位でも痛みが同じというわけではなく、痛みが強い部位とそうでない部位とがあるようです。

まず、毛が太い部分や、毛が多い部分は痛みを強く感じやすいようです。

上記のように、毛が太い、多い、ということは、それだけレーザーによる熱がたくさん発生するということなので、その分より痛く感じられるのです。

また、毛の太さに関係なく、感覚が敏感な部位は、当然痛みが強くなります。

そのため、顔やデリケートゾーンは痛みを強く感じることが多いようです。

医療レーザー脱毛の痛みを軽減する方法:クリニック編

病院の処置室の写真

医療レーザー脱毛は、熱で毛根を焼くという脱毛の仕組み上、痛みを避けることはできませんが、できるだけ軽減することは可能です。

では、どのような方法で痛みを軽減することができるでしょうか。

麻酔をする→医療レーザー脱毛の仕組みから生じる痛みの軽減

医療レーザー脱毛は、熱で毛根を破壊するため、どうしても痛みがあります。

クリニックによっては、痛みに敏感な人のために麻酔を用意しています。

痛みに弱い人は、カウンセリングの際に、麻酔を使ってもらえるかどうか確認しておきましょう。

適切な機器の選択→レーザーの種類や機器の違いによる痛みの軽減

レーザーを照射する機器によっては、痛みを軽減することが可能です。

レーザーの種類のなかでも、ダイオードレーザーは、肌の色に吸収されにくく、その分ダメージを少なく施術できるとか。

そのため、レーザー機器のなかでも痛みが少ないようです。

ダイオードレーザーの一種であるライトシェアデュエットは、施術部分の皮膚を引っ張り、毛穴を広げることで、メラニンを確実に捉えて照射します。

そのため、従来のレーザーより低い出力で施術でき、その分痛みも軽減できるとか。

また、同じくダイオードレーザーの一種で、ソプラノというレーザー機器があります。

ソプラノは、一般的なレーザーとは痛みの質が違うようです。

普通は、弾かれたようなバチッとした痛みですが、ソプラノの場合は、光を当てている面が、全体的に熱いという感じがするとか。

ですから、鋭い痛みに弱い人は、こちらの機器を選択することもひとつの方法です。

痛い部位は避ける→施術部位の違いによる痛みの軽減

痛みに耐えられない場合は、肌の感覚が敏感な場所や、毛の太い場所は避けるようにしましょう。

感覚が敏感な部位だけ、エステでの光脱毛で施術するという方法もあります。

また、毛が太かったり、多かったりして痛い部位も、脱毛の回数が進んで毛が少なくなるにつれて、痛みが軽減されてくることもあります。

自分でできる、医療レーザー脱毛の痛みを軽減する方法

ボディケアをする女性の写真

痛みを軽減する方法1:保湿をする

乾燥してバリア機能が弱くなった肌は、潤って健康的な肌に比べ、レーザーの痛みを感じやすくなる傾向があります。

そのため、施術前日にしっかり保湿をしておくことで、痛みを軽減できるでしょう。

痛みを軽減する方法2:生理中の施術は避ける

生理中は肌が普段より過敏になっていて、痛みを強く感じる傾向がありますので、避けた方が良いでしょう。

痛みを軽減する方法3:脱毛サロンで先にある程度脱毛しておく

脱毛サロンの光脱毛は、医療レーザー脱毛よりかなり痛みが少ないといわれています。

光脱毛で、ある程度毛の量を減らしてから医療レーザー脱毛を受けると、毛が少なくなった分、痛みも軽減できるでしょう。

医療レーザー脱毛を痛みで断念しないために

医療レーザー脱毛で、痛みをゼロにするのは難しいかもしれません。

けれど、痛みを軽減する方法ならいくつかあるので、痛みに耐えられなくて途中で諦める、ということにならないように工夫してみましょう!

医療レーザー脱毛の体験レポート公開中!

test

VIOの医療レーザー脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?恥ずかしさは??

女性なら誰しも興味があるVIOの医療脱毛。けどいざVIOの医療脱毛をしよう!

と決意しても「どこで受ければいいの?」「いくらかかるの?」など疑問はつもるばかりです。

そこでVIOの医療脱毛について徹底的に調べた編集部・町田が、医療脱毛専門のリゼクリニックにおじゃまし、実際にVIOの医療脱毛を体験してまいりました!

出典:VIOの医療脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?【体験レポート】

医療レーザー脱毛の費用目安まとめ

キャラクターの画像

※費用は税抜表示です。施術回数や"コース"は各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脇の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 2,770円
湘南美容外科クリニック 3,148円
聖心美容クリニック 8,000円
アリシアクリニック 13,750円
城本クリニック 19,800円

VIO医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,500円
品川美容外科 17,590円
リゼクリニック 41,203円
城本クリニック 43,500円
アリシアクリニック 61,900円

全身の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 55,370円
リゼクリニック 184,259円
アリシアクリニック 288,750円

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43235 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ