NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年06月01日 更新 | 2,619 views

梅雨の湿気に負けない! 家とサロンでできる前髪のうねり解消法

梅雨などの湿気が気になる時期には、前髪のうねり対策を。うねりは、髪が水分を吸い込んで起こるものです。ホームケアではトリートメント・乾かし方・アイロンづかい・仕上げのスプレーが重要。サロンでは、前髪の重さを残して短めにし、ストレートパーマをかける、という方法を検討しましょう。

湿気があるときに気になるものといえば、前髪のうねり。

前髪は目に入りやすいところなので、うねりが出だすと落ち着かないですよね。

アイロンを持ち歩くのはひとつの手ですが、うっかり忘れてしまったり、髪にかまっていられなかったり、ということもあるでしょう。

そこで、梅雨を快適に過ごすために、自宅とサロンでの対策を始めてみませんか?

なぜ梅雨の湿気が前髪に影響する?

髪が広がった女性の写真出典:We Heart It

髪が広がる理由1:ダメージ

湿気が多いと髪がうねるのは、髪が大気中の水分を吸ってしまうから。

健康な髪は栄養分や間充物質で満たされ、疎水性(水をはじく)になっているため、外気の影響をあまり受けません。

しかし、ダメージヘアは、キューティクルが不均一にはがれていて、*傷みによってアミノ酸の残り具合も不規則になっています。

その影響で、水分が取り込まれるとムラになって膨張する*ため、うねりが出て広がるとされています。

髪が広がる理由2:髪質

クセ毛には親水性(水となじむ)と疎水性(水をはじく)のものとがあり、親水性だと外気の水分をすぐに取り込んでしまいます。

そして髪の歪んだ断面やダメージによるキューティクルの剥離やアミノ酸に影響され、強くうねり、広がってしまいます。

髪が広がる理由3:妊娠や加齢によるうねり

以前はストレートだったにもかかわらず、妊娠をしてから、あるいは年齢を重ねてから、髪のうねりが現れていませんか?

もしかすると、それは体質の変化が原因かもしれません。

妊娠でも加齢でも、ホルモンバランスの乱れが理由として共通しているのですが、妊娠に関しては、母体の栄養(タンパク質やミネラル)不足も原因ではないかといわれています。

梅雨のうねりが気にならない前髪にする方法【ホームケア編】

ピストル型のドライヤーの写真出典:We Heart It

梅雨のうねりが気にならない前髪にする方法1:トリートメントは入念に

先述のように、前髪のダメージが大きいほど、うねりが出やすくなります。

ですから、トリートメントで髪に油分などの栄養を補い、疎水性に傾けることが大切です。

お風呂のなかはもちろん、ドライヤーやアイロンの前にもアウトバストリートメントをつけ、湿気が入り込む余地のない健康な前髪にしましょう。

アウトバストリートメントは、オイルやクリームを選ぶと前髪につけたときに重くなってしまうため、エマルジョンタイプにしましょう。

さらに、アウトバストリートメントは乾かす前と後の両方につけるのが効果的なのですが、仕上げにつける際にはほんの少しさらっとつける程度にしてください。

〈MILBON(ミルボン) ディーセス エルジューダ エマルジョン〉

ミルボンのディーセス エルジューダ エマルジョンの写真出典:MILBON

MILBON(ミルボン)の「ディーセス エルジューダ エマルジョン」は、人気のアウトバストリートメント。

バオバブオイルが髪をなめらかにし、CMADKというタンパク質がハリを与えます。

ミディアムヘアなら1プッシュを手のひらでよく伸ばし、まず後ろ髪につけてから、手に余った分を前髪につけましょう。

梅雨のうねりが気にならない前髪にする方法2:引っ張りながら乾かし、仕上げは冷風

乾かすときは、前髪を引っ張りながら乾かし、根元から毛先までうねりをしっかり伸ばしましょう。

ななめ前髪の人は、流すのとは逆の方向に乾かすとうねりが和らぎます。

そしてストレートを固定するために、最後に冷風を当てるのを忘れないようにしてください。

ドライヤーで真っすぐに伸ばすのが難しい場合は、160度ほどの中温のアイロンで伸ばします。

自然な丸みをつけたいなら、前髪を頭皮に対して90度に引きだして、そのままアイロンを通すと良いですよ。

梅雨のうねりが気にならない前髪にする方法3:ポイントごとにアイロンづかいを調節する

ななめ前髪の人は、目尻側の髪がピョンとハネやすいのが困ったところ。

そういったお悩みには、ポイント的なアイロンづかいが有効です。

もともとストレートで巻きたいなら、カールアイロンで目頭側にわりとしっかりカールをつけ、目尻側はアイロンを軽く通す程度にします。

そして、クセがあってストレートにしたいなら、ストレートアイロンで目頭側はさっと伸ばし、目尻側のハネやすい部分は不自然でない程度にまっすぐにします。

アイロンしたてはストレートでも、クセ毛の人はしばらく外気に触れているとなじんでくるため、それを見込んで仕上げます。

梅雨のうねりが気にならない前髪にする方法4:前髪をおでこから浮かせる

前髪のうねりは、前髪の内側の体温と湿気が合わさって現れることもあります。ですので、前髪はおかしくない程度に浮かせ、ふんわりさせるのがおすすめです。

根元にボリュームを出したいときは、前髪をいろいろな方向から乾かしたり、アイロンではなくブラシを使い、根元に温風と冷風をあてたりすると良いでしょう。

梅雨のうねりが気にならない前髪にする方法5:ハードスプレーで仕上げる

きれいなうねりのない前髪をつくったら、仕上げにハードスプレーでホールドしましょう。

重くならない質感のハードスプレーやスーパーハードスプレーを、20cmほど離したところからふわっとかけ、うすい膜で覆って湿気から前髪をガードします。

〈Lebel(ルベル)トリエ スプレー 8〉

ルベルのトリエ スプレー 8の写真出典:Lebel

Lebel(ルベル)の「トリエ スプレー 8」は、時間差で固まるため、スプレーした後に手直しができます。

メドウフォームオイルの膜が前髪自然な光沢を与え、セットとツヤ出しがこれ1本でできます。

湿気でうねらない前髪にする方法【サロンでの施術編】

ヘアサロンの写真

梅雨のうねりが気にならない前髪にする方法1:適度な重さを残す

ダメージのあるないに関係なく、軽い前髪は湿気に左右されやすくなります。

前髪は梳くというよりも隙間を作るようにし、適度な重さを残すといいでしょう。

特にななめ前髪の人は、目尻側の髪にはレイヤーや削ぎを入れ過ぎないようにとオーダーしましょう。

梅雨のうねりが気にならない前髪にする方法2:いつもより短めに切る

髪は、短いほどうねりが出にくいという性質があります。

それには髪のうねりの波状が関係するのですが、波状の周期に合わせて切ることで、うねりの気になりにくいストレートやCカールを維持することができます。

短いと髪が浮いてしまうという人は、後でお話するストレートパーマをかけると落ち着きます。

梅雨のうねりが気にならない前髪にする方法3:ストレートパーマや縮毛矯正をかける

最終手段としておすすめなのは、やはりストレートパーマや縮毛矯正。

ただし、縮毛矯正はバージン毛(ダメージのない黒髪)や、よほどクセがない限りは必要ありません。

薬剤としては、縮毛矯正でもソフトに仕上がるものが出ているのですが、「アイロンワークが上手でない技術者にあたった」「薬が強すぎて毛先がチリチリになった」という声が多く聞かれるため、安全策としてストレートパーマをおすすめします。

ストレートパーマは、もともとはパーマを落とす施術なのですが、髪への負担が少なくしっかりクセを伸ばせる薬剤がつくられ、最近では縮毛矯正よりも広く用いられているとか。

特にシステアミン系(コスメ系)のストレートは質感が良く、自然な仕上がりになります。

ただし、アイロンが終わった時点で不自然に真っすぐになっている場合は、仕上がりもおかしくなってしまうことが多いため、「おでこに沿うような丸みをつけてください」と忘れずにオーダーしましょう。

梅雨に負けない、うねりのない前髪に

梅雨の湿気に打ち勝つには、自宅とサロンでのケアがカギを握ります。

さらに、理想的な前髪を手に入れるには、担当の技術者の協力やアドバイスが必要です。カウンセリングの際に悩みを打ち明け、じっくり相談にのってもらうのがgood。

少しだけ手間をかけ工夫して、湿気の多い梅雨を快適に過ごしましょう!

top image via We Heart It

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44937 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ