NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1033記事

メルマガ登録

2016年02月29日 更新 | 2,984 views

洗髪後の手に絡みつく髪の毛…産後の抜け毛はいつまで続く?

悩む人も少なくない産後の抜け毛は、出産前後のホルモンバランスの変化が原因で一時的にひき起こされる自然現象。産後3か月頃ピークを迎え、半年~1年ほどでおさまり、1年半も経てばすっかり元通りになっていることがほとんどです。規則正しい生活、有効な栄養素の摂取、育毛の促進などで、こうした抜け毛の治りを早める効果が期待できます。

私が出産したのは、24歳と25歳の頃……産後の抜け毛に悩んだのは、最初の出産のときでした。

シャンプーした後、自分の手に絡みついた髪の毛を見てはため息を漏らす日々が続きました。

出産を終えたばかりの人で、当時の私と同じように「この状況は一体いつまで続くのだろう……」と不安に感じている人は多いと思います。

今回は私自身の体験談を交えつつ、産後に抜け毛が増える理由や抜け毛が続く期間、抜け毛の治りを早める方法などについてまとめてみました。

この記事に書いてあること

  • 産後の抜け毛が増えるのはなぜ?
  • 産後の抜け毛はいつまで続く?
  • 産後の抜け毛を早く治すには?

私の髪の毛が抜け始めた

天を仰ぐ女性

里帰り出産はしなかったので、1人目を主産して退院後、1週間だけ実家に戻り、その後は主人と二人でアパート暮らしをしていました。

初めての育児に悪戦苦闘しながらも、なんとか授乳の感覚をつかみ始めたのが産後2か月頃。毎日3時間おきの授乳でへとへとでしたが、まだ夜泣きも始まる時期ではなかったので、特に精神的ストレスは感じていませんでした。

そんなある日、髪の毛をシャンプーで洗い流すときに、手のひらに違和感が……何かが、絡みつくような感じがしたのです。

見てみると、私の髪の毛が、何本も指に絡まっていました。私は背中まであるロングヘアーだったので、何本も抜けて、手のひらに絡んでいる髪の毛は大きな衝撃。

「あれ?何でこんなに抜けたのかな?」と、一瞬驚きました。

整髪料でガチガチに固めてアップヘアにするときには、髪の毛が多めに抜けることはあるのですが、その日は整髪料などはつけていなかったからです。

しかし、私は髪の毛の量が多いのが悩みでしたので、「こんなこともあるだろう」と深くは考えていませんでした。

私の髪の毛が抜け続けた

しかし、次の日も、またその次の日も、髪の毛は抜け続けるのでした……。

やがて、「いつまで抜け続けるのだろう」という不安が頭をよぎるようになりました。

髪の毛は、そのまま少しずつ抜続け、抜け毛のピーク時期は、産後3か月目から、4ヵ月目くらいの間でした。

インターネットで「女性 抜け毛」と検索すると、20代の女性の抜け毛の原因は生活習慣の乱れやストレス、整髪料の使い過ぎだという内容の物ばかりが目につきます。

授乳中という事もあり、食生活には気を付けていましたし、自分では大きなストレスも感じていないつもりでした。また、整髪料も、産後はほとんどつけていませんでした。

それなのに、どうして私の髪の毛は毎日抜けていくの? 一体どうすればいいのだろうと悩むようになりました。

抜け毛が止まり、ちゃんと生えてきた!

微笑む女性

どうすればいいのかと悩んだまま、対処方法が分からない日々が続いていました。お風呂に入るたびに、ため息が出ました。

けれども、産後5か月目にさしかかった頃、抜け毛はピタリと止まりました。

本当に、何ひとつ変わったことはしていません。それなのに、突然、抜け毛は終わったのです。悩んでいたのが嘘のように思えました。

抜けた髪の毛がほとんど元に戻る

抜け毛がピタリと止まったからといって、手放しには喜べませんでした。抜け毛が止まったところで、抜けた部分の毛は生えてきていないからです。

育毛関連のサイトを見て、頭皮マッサージをしてみたり、ドライヤーで乾かしすぎないようにと心がけるようになりました。

そして、抜け毛が止まってから3~4か月が過ぎた頃、私の髪の毛はほぼ元通りになりました。

ちょうど産後9か月目に、家族で温泉に出かけたのですが、その時の写真を見ても、抜け毛の面影は全くありませんでした。

産後の抜け毛の原因

それでは、いったいなぜ産後になって一時的に抜け毛の量が急増したのでしょうか?

原因は女性ホルモンの増加!

じつは、産後の女性に抜け毛がみられるのは、ホルモンバランスの変化による自然現象です。

「分娩後脱毛症」や「産後脱毛症」などとも呼ばれるこの症状は、産後の女性の約半数が生じるともいわれていて、決して珍しいものではないそうです。

妊娠中、女性の体内では一時的に女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が増えます。

女性ホルモンには髪の毛を抜けにくくする働きがあるため、妊娠中は髪が抜けにくくなるばかりか、むしろ「髪の毛や体毛が増えて毛深くなった!」という妊婦さんも少なくありません。

それが一転、産後は女性ホルモン量が急激に減少して平常値に戻るため、妊娠中には抜けなかった分まで髪が一気に抜け、一時的に抜け毛が激増してしまうのです。

その他の要因が抜け毛に拍車をかけることも

さらに、産後すぐの頃は出産で落ちた体力の回復と慣れない育児に追われ、どうしても生活が不規則になったり、食事や睡眠も満足に取れなかったり、ストレスを溜め込んだりと、抜け毛のもとであるホルモンバランスが乱れる原因となるようなことが多くなりがちな時期であることも、抜け毛に拍車をかける一因になっているようです。

私の場合、食生活を乱したりストレスを溜め込んだりしないように気を付けていてあれだけ毛が抜けたのですから、もしも食事もろくに摂らずストレスフルな産後生活を送っていたなら、抜け毛の量はさらにとんでもないことになっていたかもしれません。

産後の抜け毛はいつまで続く?

私の場合には産後5か月目にさしかかった頃にひどい抜け毛がおさまり、9か月目には見た目にもすっかり元通りになりましたが、これは回復が早い方なのだそう。

一般に産後の女性は子どもが3か月になる頃に抜け毛のピークを迎え、6か月から12か月あたりで平常通りの抜け毛量に戻り、1歳半になる頃には抜けてしまった箇所に新しい毛が生えてきて元に戻ることが多いといわれているようです。

ひどい抜け毛が1年以上続く場合には、産婦人科で診察を受けましょう。

産後の抜け毛、できるだけ早く治したいなら

産後の抜け毛は放っておいても自然に回復するものですが、できるだけ早く治したいなら、ホルモンバランスを早く正常に戻すため、規則正しい生活、質のいい十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事、そしてストレスを溜めないようにすることが大切。

髪を育てるミネラルやコシと艶を与えてくれるカルシウム、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンや女性ホルモンの分泌を促すビタミンB6やビタミンEなどの栄養素を積極的に摂ることもおすすめします。

……とはいえ、産後の忙しい時期の真っただ中、なかなか自分のことにそこまで気を配っていられないもの。こうした抜け毛対策に有効な栄養素を手早く効率的に摂取できる「育毛サプリメント」なんていうものも市販されているようなので、使用してみるのもいいかもしれません。

頭皮を効率よく洗えるシャンプーや毛根に栄養を補給してくれる育毛剤(ヘアエッセンス)などを使用することで育毛を促進するのも効果的です。

産後の抜け毛は自然な現象、心配する必要はなし!

女の子たち

産後の抜け毛が自然現象であるということを私が知ったのは、つい最近のことです。

友達がかつての自分のように出産後の抜け毛に悩んでいなければ、あの頃の抜け毛の原因も一生知ることのないままだったかもしれません。

とはいえ、産後の抜け毛が自然なことだと分かっても、シャンプーをするたびに手に絡みつく髪の毛のあの感触は、今思い出すだけでもゾッとします。

同じように産後の悩みを抱えている人に伝えたいのは、抜け毛が終わる時期には個人差はあるけれど、いつかちゃんと生えてくるということ。

ですから、私のように心配することはありませんよ。

written by yukapanman1988

まとめ:産後の抜け毛について

産後の抜け毛が増えるのはなぜ?

  • 産後の抜け毛は、出産前後のホルモンバランスの変化による自然現象
  • 妊娠中に増加していた毛を抜けにくくする女性ホルモンの量が出産後に減少することで、妊娠中に抜けるはずだった分まで毛が抜けて一時的に抜け毛の量が増加する
  • 産後、育児に追われる中での生活の乱れやストレスなどもホルモンバランスに影響を与えるため、抜け毛に拍車をかける一因となることも

産後の抜け毛はいつまで続く?

  • 抜け毛のピークは産後3か月頃
  • 産後6か月~1年ほどで抜け毛がおさまることが多い
  • 子どもが1歳半になる頃には見た目もすっかり元通りになっていることがほとんど

産後の抜け毛を早く治すには?

  • ホルモンバランスを乱さないため、なるべく規則正しい生活を送る
  • ミネラルやカルシウムやイソフラボンやビタミンB6、ビタミンE などの栄養素を積極的に摂る
  • 頭皮洗浄力の高いシャンプーや育毛剤などで育毛促進

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45471 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ