2017年01月12日 更新 | 1,907 views

ハムラ法の失敗談から学ぶ!術後トラブルを防ぐポイントとは?

ハムラ法での術後トラブルは、上まぶたのくぼみ、下まぶたの引きつり、涙袋の変形、傷跡、神経の損傷など。失敗を防ぐためには、クリニックと医師を慎重に選び、不安が残らないように、しっかりと時間をかけてカウンセリングを行うことが大切です。

聖心美容クリニック札幌院院長 前多一彦

この記事は、聖心美容クリニック札幌院院長 前多一彦先生が監修しています。

目の下のたるみや膨らみを解消を目指す、ハムラ法。

ハムラ法の情報を探し始めると、どうしても成功例ばかり目にしてしまうもの。けれど、失敗したときのことを知らなければ、怖くて施術には踏み切れないでしょう。

ハムラ法の施術では、傷痕が気になったり、涙袋の形が変わってしまったりという、失敗のリスクがいくつかあります。

ハムラ法とは?

目の手術の写真

ハムラ法とは、目の下のたるみや膨らみの解消が期待できる施術法。

目の下の皮膚がたるんで膨らみ、黒い影ができて老けて見える……そんな目元の悩みを解消するのに最適な施術法です。

施術は、まず下まぶたの際を切開して、眼窩の下の方ギリギリまで皮膚と眼輪筋を剥離します。そして、余った皮膚や眼輪筋を切除。膨らんでいる眼窩脂肪を下の方のくぼんだ部分に移動させて、下まぶたの際を縫合して終了です。

眼窩脂肪を下方向に移動させることで、膨らんだ部分は凹み、凹んだ部分は膨らむことに。段差のないなめらかな肌になり、黒い影もなくなります。

また、余った皮膚と眼輪筋を切り取って縫合するので、目の下にハリが生まれるというメリットも。

ハムラ法の失敗とリスク

顔に手を当て落ちこむ女性の写真

上まぶたがくぼんだ

上まぶたと下まぶたの脂肪は連動しています。

眼窩脂肪を下に移動させることにより、上まぶたの脂肪が下方向に引っ張られ、まぶたがくぼむ可能性があるのです。

上まぶたがくぼむと、疲れているか、老けているように見られるおそれもあります。

下まぶたが下に引っ張られてしまった

下まぶたが外反する、あかんべーしたような状態になるのは、皮膚や筋肉の引っ張り方が強いことや、傷口が治る過程で硬くなるから。

下まぶたが下に引っ張られると、ドライアイの原因となり、目がゴロゴロするなどのトラブルが起きます。

しかし、皮膚は重力によって少しずつ伸びるので、3か月ほどで改善するといわれています。

それでも治らない場合は、皮膚を多く切除してしまった可能性が。

自然治癒は望めないので、皮膚移植など大掛かりな手術を行う必要性が出てくるかもしれません。

涙袋の形が変わってしまった

涙袋は眼輪筋の膨らみで形成されるため、眼輪筋を切開することで、涙袋が伸びてのっぺりとした印象に。目元にハリがあって若々しい反面、華やかさに欠けて見える*というデメリットもあります。

涙袋の形を変えたくない場合は、結膜側を切開する、裏ハムラ法もおすすめです。

聖心美容クリニック札幌院院長 前多一彦

聖心美容クリニック札幌院院長 前多一彦

私は、眼輪筋を重ね合わせることで、涙袋形成を同時に行っています。

目の下が吊った印象になっている

下まぶたを切開して、余分な皮膚と筋肉を切除するので、目の下が吊ったような印象になることがあります。

笑ったときに目元だけ変化がないので、「目が笑っていない」と言われるかもしれません。

傷痕が気になる

目の下の傷は比較的回復が早く、半年ほどで目立たなくなります。

でも、傷の治り方には個人差があるため、半年以上経っても傷痕が気になるという人も。

医師の技術不足によって、きれいに縫合されず、傷痕が目立ちやすくなるというケースもあります。

神経を傷つけられた

ハムラ法は、顔にメスを入れる施術であるため、顔の神経を傷つける恐れがあります。

もっとも多いのは、目の下から上唇付近の感覚の鈍さ。

人によっては、目の下がピクピクと痙攣することもあるそうです。

ハムラ法での失敗を防ぐポイント

医師と患者のカウンセリングの写真

ハムラ法の失敗を防ぐポイントは、第1に、信頼できるクリニックや医師を選ぶこと。

サイトの口コミ情報をもとにクリニックを探すだけでなく、実際に足を運んでみることが大切です。

室内の雰囲気や、受付の対応などで、クリニックの実態が見えてくるでしょう。

また、担当医師に不満がある場合は、遠慮せずに、医師を変えてもらうことがおすすめです。

医師とのコミュニケーションがうまくいけば、こんなはずじゃなかった……という失敗のリスクを減らすことにつながります。

第2に、カウンセリングのときに、自分の悩みや気持ちを医師にしっかりと伝えること。

こうなりたい!という具体的なイメージを伝えるだけでなく、なりたくないイメージも伝えます。そうすることで、メリット、デメリットの両方を考慮しながら、自分に合った施術を受けることができるでしょう。

第3に、価格に惑わされないこと。

格安を売りにしているクリニックは、処置が雑だったり、麻酔針が太くて痛みが出やすかったりと、トラブルが起きやすいものです。

安い施術には、何かしらの理由があることを気に留めておきましょう。

聖心美容クリニック札幌院院長 前多一彦

聖心美容クリニック札幌院院長 前多一彦

「ハムラ法」と謳っていても、内容は全く違うことも多いようです。事前に希望するDrの症例写真をチェックし、必ず実際にカウンセリングを受けるようにしましょう。

ハムラ法で失敗しないために

微笑む女性の写真

ハムラ法で失敗しないために、しっかりと情報収集して、なりたいイメージを医師に伝えることが大切です。

施術を行うのは医師ですが、受動的ではなく、自ら積極的に関わること。

そうすれば、失敗やリスクを最小限に抑えることができると思います。

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

関連する記事

二重整形を悩んでいる人へ!知っておきたい情報記事まとめ

二重整形をしたくても踏み出せず、悩んでいる人に役立つ情報を一挙にまとめました。「どのような二重になれるのか」「二重施術の基礎情報」「施術を受けた人のブログ」「二重施術の失敗やリスク」「クリニック選びのコツ」など役立つ情報を紹介します。

関連する記事

☆二重整形をするクリニックを選んでいる人、必見!地域別まとめ特集☆

見やすいクリニックまとめ一覧です。埋没法、切開法、口コミで今回はまとめました。近くに気になるクリニックは見つかりましたか?お医者様によって施術法もこだわりがあったりします。ぜひサイトを訪問してみてくださいね。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

71,293 views

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー