NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月24日 更新 | 3,829 views

10年間女をサボってきた私がダイエットの末に恋をした話(1/2)[コラム]

私は155cm、体重97kgです。夫のDVによるPTSDで働くこともできなくなり、多大なストレスを食べることで解消していました。その結果、激太りし、糖尿病予備軍・肝脂肪・高コレステロール値などいくつもの成人病にかかりました。これではまずいと思い、美容室で髪を整え、化粧品を揃え、ダイエット食品を大量に買い込みました。

10年間女をさぼるとこうなる!

私の身長は、155cm。体重は97kg(2015年7月1日現在)ちなみに、10年前の体重は45kg。

ある日、カバンの中身を整理していたら、ポロンと口紅が落ちました。それを何気なく引こうと鏡をのぞき込むと、そこには女を捨てた私の姿が映っていました。

髪は伸ばし放題のロングヘアーに白髪交じり。化粧はナチュラルメイクならぬナチュラルなまま…つまり何もしない。基礎化粧品も底をつき、日焼け止めも塗らずにソバカスは出放題。

私は48歳。10年前は、当たり前だけど38歳でした。

10年前に起きたこと

10年前、夫のDVにより家を追われました。ある日突然機嫌の悪かった夫は暴れだし、ガラス扉をぶち壊し、ちゃぶ台をひっくり返し、ふすまには穴を開け家の中はひっちゃかめっちゃかでした。やりたいだけやると夫は、車でどこかへ出かけたのです。

警察に通報しましたが「今現在、暴れているのでなければ出動できない」と言われ、役所に連絡しても延々「協議中です」との返事が…。

「もし帰って来て、また暴れたらどうしよう」という不安でいっぱいになりました。ハタと気づきました。「キリスト教会の牧師さんなら助けてくれるかもしれない。キリスト教会に電話すると、牧師さんとその奥さんが飛んできてくれました。

牧師さんがちょうど家についた頃、案の定彼が帰ってきました。牧師さんは必至に話をしようと、働きかけてくれましたが、彼は聞く耳をもちません。

住む場所すらない

ガラスが散乱した家には、このまま住むことはできません。僅かばかりの貯金があることで、シェルターにも入れず生活保護も受けられず、市役所を後にしました。

21世紀、この豊かな日本で、私たち親子は住む場所を失い途方に暮れていました。

そんな時です。キリスト教会の牧師さんが「教会でよければ…」と、礼拝堂の屋根裏部屋を提供して下さいました。私たち親子3人は、2か月間、この礼拝堂の屋根裏部屋で生活することになったのです。

心療内科へGO

1年続いた親権をめぐっての調停は不調に終わり、裁判へと持越しになりました。

同時に、私は心療内科へかかることになったのです。「子供たちを取られるのではないか」「このアパートを見つけ出して、また暴れるのではないか」などと思い悩んでは眠れずに、つらい夜を過ごしていました。

また、彼の車は青いメタリックの車でしたから、似たような車をみると汗が出て来て立ちすくむこともあります。

その他にも、漠然と男性が怖いというような症状などに苦しめられ、「暴力によるPTSD」や「心因反応」と診断され、働くこともできなくなってしまいした。

ストレス解消は食べること

調停は1年半にも上り、裁判になることが決まりました。このころから、私は少しずつ太り始めました。

市販の冷凍ピザの上に更にチーズを乗せ、むさぼるように夜中に食べました。食べている時は、裁判のプレッシャーや一人育児のつらさを忘れることができたのです。

睡眠薬を飲んで眠りにつくと、記憶に残っていないほど食べてしまっていることもありました。朝起きると、台所に食べ散らかした後があります。

一度は、料理しなければ食べられるものはないという状態をつくりました。すると、私は深夜に自転車に乗り、コンビニエンスストアに行ってお菓子やお弁当を買っていたのです。

裁判に勝訴!でも

審判が下り、私は子供たちの親権並びに養育権を勝ち取りました。なのに、食べることは辞めることはできませんでした。一人で子育てしていくのは思ったより簡単ではなかったのです。

70キロになった時「ヤバい」とは思いました。でも、食べることが止められません。

その内、体重計にのるのを止め、精神的苦痛からは解放されることを目指して、ただひたすらに食べ続けました。そうこうしている間に髪も伸び始め、化粧をすることもなくなってしまいました。私はできるだけ、鏡を見ないように生活していたのです。

この頃はもう、極力外には出ない…いや出られないようになっていました。

仕上がりは、こんな感じ

そうこうして出来上がった私は、伸びっぱなし白髪交じりのロングヘアー。素っぴんで過ごしたことによる日焼け肌。目の下にはクマとホウレイ線もくっきり。もはや性別は不能。実年齢より老けてみられる48歳でした。

丸10年間女をサボった私は、たまたま引いた口紅のために鏡をのぞき込んでしまったのです。鏡よ鏡…。 「こんなはずじゃなかった!」と思ったときには時すでに遅し。体重は97キロでした。

更に追い打ちをかけられた成人病

ある日「あれ?この咳いつからだったっけ?」と思いました。咳が出始めて少なくとも半月はたっています。でも、他の症状がなかったため、また忙しさにもかまけて病院へ行ってはいませんでした。

「ん?」これは、ちょっとお医者さまに行った方が良さそうだなぁと、近所のクリニックの扉を叩きました。

そこで医師は「ステロイド入りの咳止めを点滴して止めちゃおう」と言い私はそれに従いました。3日間それは行われましたが、咳は止まりません。もちろん、服薬もしています。今度は医師が「う~ん、成人病検査しようか?」と97キロある私の体をジッとみて言いました。

検査の結果、糖尿病予備軍・肝脂肪・高コレステロール値などいくつもの成人病にかかっている、もしくはかかるすんでのところにあると分かりました。

「こりゃ、減量だな」

医師は言いました。「運動はね、その体重でいきなり運動したら膝がまず悪くなってさ、腰にくるんだよ」つまりは、食事療法でなんとかしろという訳です。

もっと自分を大事にしよう

この10年間、一生懸命育児をしてきました。これは本当です。PTAの役員だってやりました。夏休みの宿題にも積極的に関わって、娘は子供科学展や統計グラフコンテストなどで数々の賞を受賞しました。

一生懸命、働いて来ました。これもまた、本当です。子供たちに必要だと思った物には、惜しみなくお金を払いました。

でも、自分を大切に、自分に手をかけて来ただろうか?と考えると答えは「否」です。

育児や仕事を隠れ蓑にして、自分に手をかけずに来ました。手をかけるのが、いつしか面倒になっていたのも本当のところです。 

私は10年間、女をサボっていました。

大枚はたいて、できることから

4年ぶりに美容室へ

とにかく早急になんとかしなくてはいけません。私は、妙に焦りだしました。

まず携帯電話を手に取って、10年前まで行きつけていた美容室へ電話をしました。ずっと担当をしてくれていた美容師さんは、結婚出産を終えちょうど復帰して来たところでした。ラッキーです。さっそく本日中になんとかしてもらいたいと伝え、予約を取りました。

美容室には、カルテが残っており、「10年ぶりの来店ですね」と美容師保坂さんは笑顔で言いました。カット&パーマ&染め(ヘナ)&簡単メイクに私が支払った金額は31、000円でした。

基礎化粧品もないから…。

次に向かったのは、西武百貨店のコスメのコーナー。行ってみたとはいえ、様々なブランドの化粧品が並んでおり、足がすくみました。やはり、大型ドラックストア―のコスメのコーナーで一式調達するかと振り向こうとした瞬間、私の腕をそっと握る人がいました。

資生堂の美容部員さんです。「なにか、お困りになっていらっしゃいますか?」そう尋ねてくれました。地獄に天からクモの糸です。私は、資生堂の美容部員さんにお化粧を施してもらい、少しだけかもしれませんが綺麗になった気がしました。

基礎化粧品からメイク道具一式に私が払った金額は、51、000円です。

ダイエットが始まるぅ

ドラッグストアーに行くと、「お腹の脂肪がなくなる」とか「朝、すっきり」「うんちどっさり」などなどダイエット食品は所狭しと並んでいます。とにかく、効きそうなものを買い物カゴに詰め込みました。私がこの日、ドラッグストアーに支払った金額は28,000円です。

10万円の定期預金。貯めるのはものすごく大変でした。でも、1日でそれを上回るお金を使ってしまいました。

written by O2S.Co

10年間女をサボってきた私(48)がダイエットの末に恋をした話(1/2)[コラム]へ続きます。

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43614 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ