NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年05月28日 更新 | 10,319 views

【連載】 2児のママながら体脂肪率15%。健康的な女性らしさを手に入れるために -モチベ編-

こんにちは、dark.bellyです!今回は、ダイエットやトレーニングのモチベーションがいまいち上がらない……と感じる人に、私が行っている気分の上げ方を紹介します。外に出て、人の視線を感じれば、自然と姿勢や顔つきが違ってくるように。また、街中には素敵な人がたくさんいるため、刺激にもなります。そうして、自分のみが持っている「美」を出していきましょう!

こんにちは。

dark.bellyです!

連載4回目の今回は、ボディメイクのモチベーションが上がらないときに、私がやっている気分の上げ方を紹介します。

積極的に外に出る!

女性が犬と戯れる写真

私は、基本的にモチベーションが下がることは少ないのですが、それでも気分が乗らなかったり、気持ちに元気がないときはもちろんあります。

そんなときに行っているのは、「引きこもらずに外に出かける」こと。

私は、常に「人から見られている」ことを意識しています。(実際は誰も見ていないだろうけど)

見られている=美意識が保たれる

と考えていて、姿勢から、顔つきまで違ってくるのです。

このように考えることになったきっかけは、大好きな「ベリーダンス

私は、ベリーダンスを初めてから、人に見られる喜びや魅せる楽しさを知りました。

ベリーダンスのショーが始まる寸前の緊張感や高揚感がずっと頭と体に残っていて、外に出るとその感覚のスイッチが入ります。

ですので、外に出たら自然と背筋がスッと伸びるのです。

自信なさげに歩いているより、よほど美しくきれいに見えますよ。

そして外に出かけると、おしゃれな人やもの、美しい人などがたくさん溢れていて、刺激を受け、やる気が湧いてきます。

家に引きこもっていると、ムダに間食したりしてしまうし、だらしない体つきになりがちです。

もちろん、休息は必要ですがそこもやはりメリハリが大切で、自分のなかでキチンと「◯時になったら動こう!」といった目安をたてること。

常に見られることを意識する

dark.bellyさんの写真

私は、家のリビングにとても大きな鏡を置いています

鏡は、美意識を保つために体重計よりよっぽど必要なもの

私は、数字より、自分の目で見て感じたことや手で触って感じる肉付きなどを重要視していて、なんでも自分で感じたことがすべてだと考えています。

自分で納得し、感じなければ、体のどこをどう鍛えるべきかわからないですし。

ストレッチを行っているときも、鏡を見ながらやることが多いです。

自分の嫌なところにも目を背けず、なんでもよく知ることが大切なのです。

Instagramも私を支えるひとつ

dark.bellyさんの写真

Instagramをやっていらっしゃる女性で、素敵な女性はたくさんおり、日々見ては刺激をもらっています

私もInstagramをやっていますが、写真のネタをわざわざ探したり、考えたりすることが大好きです。

私の家は海に近いので、海に写真を撮りに行ったり、ヘアーアレンジしてみたり、料理を作ってコーディネートしたり……。

ネタづくりをして載せる

投稿したものに、イイネやコメントをもらえることで「もっと美しくなろう!」、「料理のはばを広げよう!」というような、自らのスキルアップや自分磨きのもとになっています。

特に、同じ主婦やお子さんがいる人から、「目標にします」や「素敵ですね」といった言葉をもらえるとさらなる励みに。

初回のコラムに書かせていただいたとおり、私は、「いくつになっても男性にチヤホヤされたい」、「女として見られたい」と考えています。

そのため、男性からの「セクシーですね!」のコメントもすごくうれしいです。

この言葉は、私のモットーである「生涯女でいること」には必要不可欠なもの。

トレーニングをするときに、ただカチカチの体をつくるのではなく、そこに女性特有の「しなやかさ」を出せるように意識して行っています!

ベリーダンスはまさに見られること

dark.bellyさんの写真

「外に出ること」

「Instagramに載せること」

このふたつは、私にとって大きなモチベーションアップにつながっています!

そして、私にとって必要不可欠なモチベーションアップは、やっぱりベリーダンスを続けること

これこそ、見られるものですね。

むしろ、「私を見て!!」と思える素晴らしい時間です。

そのために努力もするし、できなくて悔しい想いもする。

そして、「誰よりも目を引くショーをしたい」といった気持ちから、練習もやる気になるし、鏡に向かって、自分を最大限に引き出す。

こんな楽しいことはないです。笑

素敵な人を羨むだけじゃなくて、自分のやり方で、自分にしか出せない「美」を楽しみながら、これからもボディメイクを追求していきたいです

この記事は2016年6月上旬配信予定の【連載】 2児のママながら体脂肪率15%。健康的な女性らしさを手に入れるためにに続きます。

いち早く連載の更新情報をゲットできる、NICOLY公式のメルマガやLINEをぜひチェックしてください!

NICOLY公式メルマガはこちら

NICOLYのLINEアカウントをフォロー

dark.belly Profile

パートをしながら2人の娘を育てる、ごく普通の主婦。

趣味は料理、ハンドメイド、ベリーダンス、DIYなど多岐にわたる。

10代の頃から下半身太りに悩まされ、無理なダイエットを繰り返しては挫折。

6年前に出会ったベリーダンスを機に健康美に目覚め、さまざまなトレーニングを開始する。

体幹トレーニングや下半身トレーニングを主体とした身体づくりは、多くの女性の支持を集めている。

instagramのフォローはこちらから。

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45082 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ