NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年06月09日 更新 | 22,555 views

整形なし! アイプチなし! それでも「まぶた筋トレ」で二重になれる

小さい頃から二重に憧れていた私は、どうしても二重になりたいと考えていました。しかし、アイプチは満足に二重を作れず、美容整形には抵抗が。そんな時、思いついたのが「まぶた筋トレ」。一重まぶたなのは、まぶたに脂肪がついていることが原因。そしてまぶたは鍛えられる。それなら「まぶた筋トレ」しちゃえばいいんです。

一重だった私は、二重でぱっちりした目に強い憧れを抱いていました。ちょうど中学生の頃に流行った「アイプチ」も、テープタイプ、ファイバータイプ、ノリタイプとひと通り試しました。けれども、どれも効果はイマイチ。

それから、二重の仕組みを本で調べるようになりました。そして「まぶた筋トレ」を始めることにしたんです。社会人になる頃には、自然な二重になっていました。

ぱっちり目の女の子は、モテる!

小学生の頃、クラスでモテていたのは、ぱっちりとした目が印象的な可愛い女の子。二重でくりくりっとした目は、同性の私から見ても、とても魅力的でした。

私の家は、両親も、妹も、私も、みんな一重です。当時は、整形で一重から二重にできるという事も知りませんでした。そのため、こう思っていました。「遺伝で一重の私は、この先ずっと変わらないのだ」と。

だからこそ、二重には、強い憧れがありました。

アイプチはダメ、整形はイヤ

二重がキレイな姉妹

中学2年生の頃、アイプチが女の子の間で流行しました。最初に流行ったのは、透明なテープ・ファイバータイプをまぶたに貼りつけたり、専用のノリをまぶたに塗って、二重のラインを作るというものです。

私は、同じく一重で悩んでいた友達と一緒に、アイプチの商品を片っ端から試しました。100円均一のものから、2000円くらいするものまで、二人でお小遣いを出し合って買ったのです。

けど、テープ・ファイバータイプは汗で取れてしまいます。ノリタイプは跡が残って汚い仕上がりになるだけではなく、商品によっては肌にかぶれが起きることもありました。ファイバータイプはふとした拍子に取れてしまうなど、結局は満足のいくアイプチには出会えませんでした。

そのため、一重の友達は「18歳になってアルバイトが出来るようになったら、お金をためて整形する」と言うようになりました。しかし、整形に対して抵抗のある私は、なんとかして、整形をしないで二重になれないものかと考えていました。

「まぶた筋トレ」というアイデア

まぶた筋トレで二重を目指す女性

二重について憧れを持つようになってから、新聞や雑誌に掲載されている美容整形記事や、目元のケアの記事に、自然と目が行くように……。自宅近くの図書館で、まぶたに関する本を借りて読んだりもしました。

そこで、私が気づいたことは、次の2つ。

  • 一重まぶたは、まぶたに脂肪がついていることが原因 
  • まぶたの筋肉は鍛えられる

これです。これなんです! 何らかの方法でまぶたの筋肉を鍛えて、まぶたの脂肪をとることが出来れば、一重から二重になれるのではないかと!

まぶたの鍛え方に関しては、アンチエイジング関連の目元ケアの記事を参考にしました。40代以降の女性を対象にしたような雑誌や、美容本には、必ずと言っていいほど『目元のたるみ』を予防するような簡単なトレーニング方法が載っています。中高生にして、アンチエイジングの記事を読んでいた成果です!

これが劇的に効く! という方法はないと思います。経験上、自分に合ったもの、続けやすいものを選んで組み合わせてトレーニングすることが一番だと断言できます。

当時いくつもトレーニング方法を試していたなかで、毎日欠かさなかったのは、こちら。

眉毛を動かさないように目をカッと開き、その状態で5秒、まぶたを閉じて5秒カウント

これを一人の時に、暇さえあればやっていました。

アイプチ?ううんやってないよ

アイプチで二重にした女性

ある日、「あれ、あんた、アイプチでもしてるの?」と、母に言われました。

もちろん、アイプチなんてとっくの昔にやめてしまっています。つまり、地道にやってきた二重トレーニングの効果が目に見えるようになってきたんです! 小さくガッツポーズ、心の中で大きくガッツポーズ!

それからも、「まぶた筋トレ」は、大学生になっても欠かすことはありませんでした。朝起きた時、トイレでひとりになった時、お風呂の時、寝るときなど、暇さえあれば、まぶたを鍛えていました。

そして、大学在学中に、二重まぶたが定着しました。整形も、アイプチも一切していない、自然な二重です。人工的な二重とは違って、左右全く同じ形とはいきませんが、それでも、一重の時から比べると目元はぱっちりして、表情も優しく見えるような気がしました。

筋トレ以外のトレーニング方法

二重筋トレももちろん効果的ですが、それ以外のトレーニング方法もご紹介します。いろいろ試してみて、自分にいちばん合ったものを続けていくのがベストです!

眉を思いっきり持ち上げる

ちょっとした時間を使って、しかも道具など用意しなくてもできる気軽なトレーニングです。顔のストレッチの延長で行ってもらえればと思います。

まずは眉毛を顔の筋肉を使って思いっきり持ち上げます。上まぶたがぷるぷるするぐらい、力いっぱい持ち上げてしまってOKです。

極限まで持ち上げたら、目をつぶってください。こうすることで、まぶたを薄くすることができます。

まぶたを薄くすると、自然に目元の脂肪も落ちていきます。厚ぼったく一重の原因になっていた脂肪を落とすことができれば、二重のラインも形成しやすくなるのです。

非常に効果の高いトレーニングとして、ネットでも話題を呼んでいます。ぜひ試してみてくださいね!

高速まばたき

これもまぶたについている余分な脂肪を落として、まぶたを薄くするトレーニングです。方法は読んで字のごとく、高速でまばたきを何度もする!

一日に何度も行うというよりは、毎日少しずつでもいいので継続してトレーニングしていくというのが大切です。継続することによって、まぶたも二重の形を記憶していきます。

二重を形成するまでに要する時間というのは個人差があります。短くても数か月、中には何年もかけて二重になったという人もいるようです。気長に続けていきましょう!

棒状のもので二重の線をつくる

のっぺりとした一重まぶたに、人工的に二重のラインを入れるというのも効果的な方法です。爪楊枝などでやる人もいるようですが、先端が尖っていて危ないので綿棒がおすすめです。

綿棒でも皮膚を傷つける可能性がゼロというわけではありません。まぶたの皮膚というのは他の体の部位の皮膚に比べて、圧倒的に薄いという特徴があります。

少しでもまぶたの皮膚を保護するために、クリームやマッサージオイルを塗ってからラインをつけていくのがベスト。まぶたの皮膚を保護しながら、しっかり二重に近づいていきましょう!

寝ている間にアイテープ

日中にアイテープやアイプチで二重を人工的に作るのに嫌悪感を抱いている方も少なくはないでしょう。簡単に二重を作れますが、崩れたりする危険性も否定できません。

なにより人工的な二重ですから、見た目が不自然になりがちというのもアイテープなどのデメリットですよね。そんな方は人目に触れない就寝時に、これらのアイテムを使うことをおすすめします。

寝ている時間も二重をつくる貴重な資源。寝る前にアイテープで二重のラインをつけて、あとはそのままいつも通り就寝してください。

二重筋トレやトレーニングと並行して寝ているときにも二重のラインをつくっておけば、その分二重を手に入れられるまでの期間もぐっと短くなります。

スキンケアが終わったあとの柔らかいお肌にアイテープを使えば、さらになじみやすくなります。少し手間かもしれませんが、余力のある人はチャレンジしてみる価値がありますよ!

二重に効果的なツボをご紹介

実は二重を作りやすくするツボも目の周りには存在しているのです!ちょっとした休憩時間や仕事の合間に、このツボを刺激してみてください♪

  • 太陽(たいよう) 眉尻とこめかみの間にあります。若干眉尻寄り。
  • 攅竹(さんちく) 眉頭の下のくぼみにあります。
  • 承泣(しょうきゅう) 瞳の中心の下にあります。

どのツボも、指の腹で円を描くように刺激するのがポイント。痛気持ちいいくらいの強さで留めておきましょう!強くやりすぎると、目の周りの皮膚を痛めてしまします。

「あっ!目いじった?!」うれしい整形疑惑

二重整形が成功した女性

一重から二重にするには、整形しか手段がないと勘違いしている人は多いかもしれません。けど、時間をかければ、整形なんてしなくとも、二重になることは可能です。

ポイントはまぶたの脂肪を筋肉にかえる、ただそれだけ。

私は、子どもを2人出産した今でも、完全な二重まぶたです。完全に定着してからは、まぶたのトレーニングはほとんどしていません。数日に一回、思い出したときに、何度か行う程度です。

小学校や中学校の時の友達と久しぶりに会うと、「あっ!目いじった?!」と言われることもあります。それくらい、しっかりとした二重になれたのです。

整形しようかどうか迷っているのなら、まずは、お金も道具もいらない、まぶたのトレーニングを試してみてください。

written by yukapanman1988

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44591 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ