バレずにプチ整形!鼻を小さくする脂肪溶解注射の効果とは?

厚ぼったい鼻の整形なら、脂肪溶解注射がおすすめ。最近の脂肪溶解注射は従来のような腫れもでず、翌日から出勤や登校が可能です。しかし、脂肪溶解注射は脂肪に作用するので、鼻の大きさの原因が骨格にある場合は効果は望めないでしょう。また、劇的な変化を求めるなら、鼻尖縮小などの手術の方が良いでしょう。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太先生が監修しています。

自分の鼻に悩みを感じることはありませんか?以下のように、自分の鼻が大きいと悩んでいる人は少なくないようです。

鼻の悩み1

何回見ても自分の鼻が嫌すぎます。

小鼻が大きくて、低い……。

鼻の悩み2

私の鼻は上向きだから、真っ正面からでも鼻の穴が丸見えで品がないのが悩みです。

そこで、おすすめなのが「脂肪溶解注射」です。脂肪溶解注射は、鼻に注射をして脂肪を減らし鼻をスッキリさせる効果が期待できる施術。

この記事では、鼻の脂肪溶解注射の種類や特徴、費用についてくわしく紹介します。

目次

鼻の脂肪溶解注射の種類

注射の写真

脂肪溶解注射とひとくちにいっても、おもにメソセラピーやリポビーン、BNLS注射、アウトライン注射の4つがあります。

そのなかでも「メソセラピーとリポビーン」と「BNLS注射とアウトライン注射」で得られる効果や副作用が大きく異なるようです。

本来、『メソセラピー』の用語は、薬剤を皮内(皮膚の中)もしくは皮下の浅いところに打つをいいます。
しかし、日本では、ホスファチジルコリンを主成分とした従来の脂肪溶解注射を指して使うが多いです。

メソセラピー・リポビーン

メソセラピーとリポビーンは、従来の脂肪溶解注射です。

メソセラピーのほうが先に日本に導入されており、リポビーンは「より腫れや痛みが少ない」脂肪溶解注射とうたわれて入ってきました。

しかし、実際に効果を見てみるとふたつに大きな違いはなく、むしろ人によってはメソセラピーのほうが効果を実感できることも。

そのため、クリニックによっては、リポビーンを導入していないところもあるようです。

また、一般的にリポビーンは、腫れが治まるのにおよそ2週間かかるといわれています。

メソセラピーとリポビーンのメリット

  • 目に見えて大きな効果を実感できる

メソセラピーとリポビーンのデメリット

  • 治療後、しばらく腫れる
  • 費用が高い
  • 痛みが強い

メソセラピーやリポビーンは、腫れ、痒みが生じるため、鼻を含む顔にはとても使えるものではありませんでした。主に二の腕や太もも、お腹などに使われていました。

BNLS注射・アウトライン注射

BNLS注射・アウトライン注射は、新しいタイプの脂肪溶解注射で、費用が比較的安く治療時間も短いため、近年鼻へ打つ脂肪溶解注射の中ででもっともメジャーなものになってきています。

従来の脂肪溶解注射は、フォスファチジルコンが主成分でしたが、BNLS・アウトライン注射は植物由来の成分がメインとなっており、より腫れの減少を可能しました。

また、BNLS注射・アウトライン注射には、脂肪溶解作用だけでなく、リンパを循環するはたらきや肌を引き締める効果も期待できます。

BNLS・アウトライン注射はセイヨウトチノキやチロシンなどが成分として含まれています。

BNLS注射・アウトライン注射のメリット

  • ほとんど腫れない
  • 費用が比較的安い
  • 痛みはほとんどない

BNLS注射・アウトライン注射のデメリット

  • 体質によっては効果を実感しにくい

ほとんど腫れないというのは、まったく腫れないという訳ではありません。
液体ですので、例えば2 ccのBNLS注射・アウトライン注射を打つと、生理食塩水を2cc打つのと同じ程度の腫れ方はします。
しかしこれは水分による腫れなので、翌日にはほぼなくなっています。

脂肪溶解注射「BNLS注射・アウトライン注射」の特徴

女性が注射を刺される写真

BNLS注射・アウトライン注射は、体質によっては効果を実感しにくいですが、メソセラピーとリポビーンといった従来の脂肪溶解注射では難しかった、鼻先や小鼻、目や口のまわりなど細かい部位の治療もできます。

また、BNLS注射・アウトライン注射は、脂肪を分解する成分を注入して顔の脂肪を溶かし、血流やリンパの流れを良くすることで脂肪と老廃物の排出を促進します。

従来の脂肪溶解注射のネックな部分は、術後に腫れや筋肉痛のような痛みがともなうことでした。また、膜を破壊するDOC(デオキシコール酸)と細胞を小さくするPPC(フォスファチジルコリン)を含みましたが、これらは効果が絶大なぶん腫れが出るというデメリットも。

しかし、BNLS注射・アウトライン注射はこれらの成分が含まれていないため、ダウンタイムや副作用がほとんどありません

※BNLS neoにはDOCが含まれます。

そのため、治療を受けたことをまわりの人に知られる可能性は低く、翌日から会社や学校に行けます。

ほかにも、化粧をしていなくても鼻にハイライトを入れた印象になったり、鼻翼の厚みを薄くすることで小鼻になったりと、BNLS注射の効果を実感する人は多いようです。

しかし、その一方で「期待していたほどの効果はなかった」「まったく効果を得られない」などの意見も見かけます。

BNLS注射・アウトライン注射に限らず、どの治療も体質や肌質、生活スタイルなどが効果の出方に大きく関わっており、なかには効果を得られにくい人もいるでしょう。

また、BNLS注射・アウトライン注射はあくまで、ほかの人に気づかれないほど自然にゆっくり変化する治療であり、劇的な変化は望めないかもしれません。

一度の治療で効果を実感することは難しくても、治療を何回か重ねることで満足のいく結果になる可能性もあり、多くのクリニックでは複数回の治療を受けることをおすすめしています。

BNLS注射・アウトライン注射は、もちろんひとりひとりの体質による個人差はありますが、それ以上に打つ量が重要です。当然、打つ量が多いと効果もわかりやすくなります。

鼻の脂肪溶解注射「BNLS注射・アウトライン注射」にかかる期間

カレンダーの写真

治療終了までかかる期間も、1回の治療で打つ本数や効果の出方によって違いますが、1〜2週間の間隔で3〜5回受ける人が多いそう。

そのため、トータルでは1〜3か月かかると考えられます。

カウンセリングのときに、自分はいつまでに治療を終了させたいのかを伝え、医師とプランを練っていくといいかもしれません。

脂肪溶解注射の効果が得られにくい人の特徴

女性の写真

BNLS注射は、ダウンタウンがほとんどないため翌日から会社や学校にも行くことができ、まわりの人にばれる心配も少ないのがメリット。

そのため、鼻を小さくしたい人の多くは、数ある治療方法のなかからBNLS注射・アウトライン注射を選ぶでしょう。

しかし、BNLS注射・アウトライン注射は全員に効果があるわけではありません。

BNLS注射・アウトライン注射の効果を実感しにくい人には特徴があるのです。

鼻のBNLS注射・アウトライン注射の効果が得られにくい人の特徴

  • 鼻の厚みの原因が、軟骨組織によるものが大きい
  • 鼻の皮膚が硬く厚い(皮下組織ではなく皮膚が厚い)

BNLS注射・アウトライン注射は、脂肪に作用し分解することで鼻を小さくするため、大きさの要因が骨格にある場合にBNLS注射・アウトライン注射をしても改善は見込めません

その場合、骨を削る方法などが適しており、カウンセリングのときに自分に合った治療を医師と確認しておきましょう。

鼻先が厚く丸い、いわゆる団子鼻には、脂肪が多い場合にはBNLS注射・アウトライン注射が効く可能性がありますが、鼻翼軟骨が開いている場合には、そこを糸で縛る治療が必要となります。

鼻の脂肪溶解注射「BNLS注射・アウトライン注射」にかかる費用

女性がお金を持つ写真

鼻のBNLS注射・アウトライン注射の費用は、1本単位で値段が指定されていることが多く、注射1本(1cc)の費用相場は10,000円前後です。

クリニックによって費用は大きく異なり、高いところでは15,000円ほどかかる場合も。

しかし、指定した費用より1,000〜3,000円ほど安く受けられるモニター価格を用意しているクリニックもあり、積極的に利用することをおすすめします。

鼻は細かく分けるといくつか部位があり、BNLS注射・アウトライン注射を打つのはおもに鼻先、鼻翼、鼻筋の3つ。

自分が希望する鼻によって打つ部位や本数が変わるため、医師に自分の考えをしっかり伝え、納得のいく結果にしましょう。

また、全国に展開している大手美容外科のなかでも、BNLS注射・アウトライン注射の治療を取り入れているところとまだ導入されていないところがあるため、自分が通えるクリニックは治療できるのか事前に調べておくことが大切です。

鼻の脂肪溶解注射は自分に合ったものを選んで

女性の写真

「鼻を小さくしたいけど、まわりの人には知られたくない」

「翌日から外に出れるダウンタイムがないものがいい」

このような人には、BNLS注射・アウトライン注射がおすすめ。

自分がなりたい鼻はどのような鼻で、その鼻に近づけるには何の治療が適しているのか、医師とよく相談して治療方法を決め納得のいく結果にしましょう!

日本人を含む東洋人の鼻は白人に比べて、皮膚そのものや皮下組織が厚くて硬い特徴があります。

脂肪溶解注射では、皮下組織を形成する脂肪を減らし、鼻がスッキリする効果が期待できます。

この記事の監修医:石橋正太先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都港区北青山3-11-7 Aoビル10F
  • アクセス東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅「B2出口」徒歩約1分
  • 休診日月に数回不定休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-106-640
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック表参道院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

団子鼻解消・鼻尖縮小の施術を受けられるクリニック

  • 大阪御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分
  • 切らない鼻中隔延長 5本135,000円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • 鼻尖形成(耳介軟骨移植)300,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

鼻尖縮小(団子鼻解消・鼻尖形成)の施術を受けられるクリニックを探す

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー