NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月05日 更新 | 2,168 views

脂肪溶解注射による痩身、メソセラピーの失敗談やトラブル予防策は?

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太が監修しています。

メソセラピーとは、脂肪溶解注射による痩身術です。手軽にできる反面、効果が実感しづらい、左右差が出る、皮膚のたるみ、腫れや痛み、さらにリバウンドなどの失敗例が。トラブルを避けるためには、クリニックを選び、ダウンタイムを考慮しての日取りが大切です。あるいは、脂肪吸引、脂肪冷却、超音波痩身、レーザースタイリングなどの別の手段を選択しても良いでしょう。

注射1本から手軽に施術でき、手軽に自然に痩身できるメソセラピー、脂肪溶解注射。

メスを使わない痩身術ですが、効果が得られるまでに費用がかかる、仕上がりに左右差ができたり凸凹になったりする、腫れや痛みがひどいなどの失敗や副作用も。

施術後に「こんなはずじゃなかった……」と後悔することのないように、メソセラピーの失敗例や、失敗の回避方法をまとめたこの記事を読んでみてください。

ここから書いてあること

【メソセラピーの特徴は・・・】

  • 痩身効果のある脂肪溶解注射
  • 栄養補助食品としても使われるほど安全
  • 周囲に気づかれることなく痩身することが可能

メソセラピーの特徴

メソセラピーによるお腹の脂肪溶解の写真

メソセラピーは、1952年に、フランスのミッシェル・ピストール博士によって開発された、治療法の総称です。注射器で皮下に薬剤を注入し、治療や美容効果を得る施術法のこと。

近年、日本で人気の高まっているメソセラピーは、痩身効果のある脂肪溶解注射です。

脂肪溶解注射とは、薬剤を皮下に注射して、脂肪細胞を破壊して数を減らす施術法です。

メソセラピーで使われる薬剤の主成分は、フォスファチジルコリンというもので、おもに大豆から作られ、栄養補助食品としても使われるほど安全なものです。

フォスファチジルコリンは、脂肪細胞の細胞膜のみを破壊。細胞膜を破壊された脂肪細胞は、ボロボロになって老廃物とともに体外に排出されます。このときに、痩身効果を得ることができるのです。

脂肪細胞が老廃物とともに排出されるには、時間がかかります。

そのため、体への負担が少なく、周囲に気づかれることなく痩身することが可能

また、注射で薬剤を注入するので、部分痩せができるメリットもあります。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

本来、『メソセラピー』の用語は、薬剤を皮内(皮膚の中)もしくは皮下の浅いところに打つことを言います。しかし、日本では、ホスファチジルコリンを主成分とした従来の脂肪溶解注射を指して使うことが多いです。

ここから書いてあること

【メソセラピーの失敗例や副作用】

  • 効果を実感できなかった
  • 仕上がりに左右差ができてしまった
  • 皮膚がたるんで肌が凸凹してしまった
  • 腫れや痛みがひどかった
  • リバウンドしてしまった

メソセラピーの失敗例や副作用

脚の写真

メソセラピーの失敗や副作用は、大きく分けて5つのパターンがあります。

どんな失敗例があるの?これって失敗?と迷ったら、ぜひ目を通してみてください。

効果を実感できなかった

脂肪溶解注射のメソセラピーでの痩身は、効果を実感するまでに時間がかかります。なかには、効果を実感できなかったという人も。

じつは、1回の施術でメソセラピーを注射することのできる範囲は、とても狭いのです。体への負担を軽くするため、薬剤の量も少なくなっています。

そのため、効果を得られるまでには、複数回注射しなければなりません。

脂肪溶解注射1回分は平均3万円で施術可能ですが、注射をくり返すことで、費用が高額になってしまうのです。

また、安易に費用の安いクリニックを選ぶと失敗しやすいもの。

複数回注射しても効果が得られず、出費だけがかさむことになりかねないからです。

仕上がりに左右差ができてしまった

メソセラピーによる施術で、仕上がりに左右差ができることがあります。

脂肪溶解注射は、医師の技術を要する施術。左右均等に薬剤を注入しなければ、痩身効果の現れ方に違いが出て、左右差ができてしまうのです。

とくに顔への施術は要注意で、それは、ほかの部位よりも左右差が目立ってしまうからです。

皮膚がたるんで肌が凸凹してしまった

急激なダイエットをすると、皮膚がたるんで肌が凸凹になりますよね。

メソセラピーでも同じことが起こります。

その理由は、脂肪溶解注射によって脂肪が減っても、伸びた皮膚は縮まないから。

また、均等に薬剤を注入しなければ、脂肪のなくなったところとそうでないところができてしまいます。その結果、皮膚のたるみが出やすくなり、肌の凸凹が目立つようになるのです。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

肌の凸凹は脂肪吸引と比べたら少ないです。

腫れや痛みがひどかった

体への負担が少ないとされるメソセラピーですが、腫れや痛みがひどく現れることがあります。

これは、メソセラピーの主成分、フォスファチジルコリンが、脂肪を溶解する際に炎症を起こすためです。

脂肪溶解注射の副作用は、腫れやむくみ、筋肉痛のような痛みが多いもの。痛みとともに内出血する人もいます。

腫れや痛みが長く続く場合は、施術に失敗した可能性があるので、すみやかにクリニックに相談するのがおすすめです。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

メソセラピーは、腫れ、痒みが生じるため、鼻を含む顔にはとても使えるものではありませんでした。主に二の腕や太もも、お腹などに使われていました。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

フォスファチジルコリンを主成分としたメソセラピーは、2年位前までは用いられていました。しかし腫れやかゆみが著しい、効果がでるまで3週間位かかるといった欠点がありました。

ここ最近では、セイヨウトチノキやチロシンなどを用いた薬剤の方が、腫れが出にくく、効果も数日と早いため、こちらの方が用いられるようになってきています。

セイヨウトチノキやチロシンなどを用いた薬剤はクリニックによって用いられる製剤が異なるため、名前が違います。BNLSを用いているクリニックもありますし、当院では顔やせクイックという名称で提供しています。

リバウンドしてしまった

メソセラピーで痩身できても、リバウンドすることがあります。脂肪溶解注射で脂肪細胞を減らしたにもかかわらず、カロリーを過剰に摂取すると今ある脂肪が再び膨らんでしまうからです。

また、運動不足になると、燃焼する脂肪が減ります。

メソセラピーの痩身効果を持続させるためには、カロリー摂取に注意して、適度な運動を心がけることが大切です。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

レーザーというとお手軽なイメージですが、内出血が必発と思った方がよいです。

ここから書いてあること

【メソセラピーで失敗しないために必要なこと】

  1. 値段やランキングサイトを見てクリニックを選ばない
  2. カウンセリングで適応や効果、費用を相談する
  3. 念のためダウンタイムを考えた期間にする
  4. 油断せず節度ある生活を心がける

メソセラピーで失敗しないために必要なこと

注意を促すイラストの写真

メソセラピーで失敗しないために必要なことは、おもに4つ。

施術を受ける前に知っておけば、失敗を避けることができるでしょう。

値段やランキングサイトを見てクリニックを選ばない

クリニックを選ぶ際には、値段やランキングサイトを見て決めないことがおすすめです。

できるだけ値段の安いクリニックを選びたくなるものですが、安いのには理由が必ずあります。薬剤を薄めて注入したり、痩身効果の少ない成分を混ぜていたりすることがあるかもしれません。

また、ランキングサイトは、クリニックが作ってい可能性も考えられます。勧誘のために良い情報だけを載せている場合があるので、信用できるかどうかは怪しいところです。

いいクリニックを選ぶコツは、脂肪溶解注射の実績があり、症例写真を掲載しているクリニックを探すこと。

そしてクリニックの情報にしっかりと目を通して、信頼できると思うところを選ぶようにしましょう。

カウンセリングで適応や効果、費用を相談する

カウンセリングのときに、希望の部位にメソセラピーが適応するかどうか、効果の現れ方、費用について相談することが大切です。

そのためには、まずどこをどれくらい細くしたいのか、自分の意思をはっきりさせること。そうすることで、カウンセリングのときに、痩身の希望を伝えやすくなります。

次に、痩身を希望する部位に脂肪溶解注射が適応するかどうか、医師に確認すること。痩身範囲が広すぎたり、脂肪の量が多すぎると、効果が現れにくいことがあるからです。

最後に、痩身の効果を得るためには、どれくらいメソセラピーの施術を受ける必要があるか、費用の総額を確認することをおすすめします。

カウンセリングの対応が雑なクリニックは、要注意。

失敗したときや副作用が出たときに対応してくれない、効果が現れないなどのトラブルになる可能性があります。

念のためダウンタイムを考えた期間にする

メソセラピーを受けるときは、ダウンタイムを考えた期間にすること。

脂肪溶解注射は、体への負担が少ない施術ですが、痛みや腫れが強く出ることがあります。場合によっては、強い副作用で、外出できないことも。

メソセラピーの施術を受ける日を休日にするなど、仕事や日常生活に支障のないようにすることがおすすめです。

油断せず節度ある生活を心がける

美しいスタイルを維持するためには、油断せずに節度ある生活を心がけることが大切です。

メソセラピーの痩身効果だけに頼るのではなく、カロリーの摂取や運動不足に気をつけること。

そうすることで、脂肪溶解注射の効果を最大限に引き出すことができるうえ、痩身効果を長く保つことができます。

ここから書いてあること

【それでも失敗してしまったら】

  • まずは施術を受けたクリニックで相談
  • 納得がいかないようであれば他のクリニックで施術を受けなおす
  • メソセラピー以外の痩身治療も考えてみる

それでも失敗してしまったら

医師と患者のカウンセリングの写真

メソセラピーで失敗しないように気をつけていても、クリニックでの対応が原因で、失敗してしまうことがあります。

そういうときは、まずは施術を受けたクリニックに相談すること。

施術を受けたクリニックに相談したけれど、納得のいく対応をしてもらえない、信用できない場合は、他院に行くことがおすすめです。

新しいクリニックでは、過去に受けた施術内容と失敗を説明すること。その失敗に対してどのような対応をしてくれるのか確認し、納得してから施術を受けるようにしましょう。

それでも希望する痩身効果が得られないときは、メソセラピー以外の痩身治療も考えてみることがおすすめです。

ここから書いてあること

【効果が得られなければ別の痩身治療もあり】

  • 脂肪吸引
  • 脂肪冷却
  • レーザースタイリング
  • 超音波痩身

(ウルトラアクセント、キャビテーション、ウルトラシェイプ、ライポソニックス)

効果が得られなければ別の痩身治療もあり

考える女性の写真

メソセラピーで痩身効果が得られなければ、別の痩身治療を受けることがおすすめです。

痩身治療には、脂肪吸引や脂肪冷却、超音波痩身、レーザースタイリングなどがあります。

脂肪吸引

脂肪吸引とは、痩せたい部分の脂肪細胞を吸引して、痩身効果を得る施術法です。

メソセラピーが痩身効果を感じるまでに時間がかかるのに対し、脂肪吸引は脂肪細胞を吸引してすぐに、確実に痩身効果を得ることができるとされています。

脂肪吸引の費用は、施術する部位や吸引する脂肪量、施術方法によって異なります。

脂肪吸引の費用

  • 顔 20~40万円
  • 二の腕 10~40万円
  • お腹 20~100万円
  • ふくらはぎ 30~50万円
  • 太もも 15~70万円
  • お尻 15~40万円

脂肪冷却

脂肪冷却とは、痩せたい部分の脂肪を皮膚の上から冷却し、痩身効果を得る施術法です。ポピュラーな脂肪冷却は、クール・スカルプティング(ゼルティック)と呼びます。

人間の脂肪細胞は、4度で細胞としての機能を失います。脂肪冷却によって機能を失った脂肪細胞は、1~3か月かけて老廃物として体外に排出され痩身効果を得ることができます。

皮膚は0度、血液やリンパ液はマイナス18度にならなければ傷つかないため、希望する部位を安全に細くすることができるというメリットが。

また、リバウンドしやすいメソセラピーに対し、脂肪冷却はリバウンドしにくいといわれるため、ダイエットに何度も失敗している人におすすめの施術といえるでしょう。

脂肪冷却の費用は、1部位およそ10万円で施術することができます。

超音波痩身

超音波痩身とは、超音波によって脂肪細胞を破壊し、老廃物として体外に排出させて痩身効果を得る施術法です。

腫れや痛みといったダウンタイムのあるメソセラピーとは異なり、超音波痩身はダウンタイムがないというメリットがあります。

脂肪吸引に比べて即効性はやや劣るものの、体への負担が少なく、安全に痩身することが可能です。

ウルトラアクセント

ウルトラアクセントとは、せん断波という超音波を使用することで、脂肪細胞のみを破壊し、痩身効果を得る施術法。

脂肪細胞を破壊した後は、テノール(高周波)を照射することで脂肪細胞の排出を促し、肌を引き締めます。

費用は、10センチ角でおよそ9,000円です。

キャビテーション

キャビテーションとは、特殊な超音波を使用することで、脂肪細胞のみを破壊し、痩身効果を得る施術法。

超音波照射後、丁寧なリンパマッサージを行い、溶けた脂肪を老廃物とともに体外に排出します。

キャビテーションは、メソセラピーよりも安い価格で、リバウンドの可能性が低い痩身効果を得ることができるというメリットが。

費用は、1部位およそ1~2万円です。

ウルトラシェイプ

ウルトラシェイプとは、特殊な集中式超音波で脂肪細胞を破壊する施術法。

メソセラピーのように、施術する部位を集中的に痩身できるだけでなく、リバウンドが少ないというメリットが。

ウルトラシェイプの照射前後に、RF(ラジオ波)で脂肪を温めて代謝を促し、たるんだ皮膚を引き締めます。

費用は、1部位およそ10万円です。

ライポソニックス

ライポソニックスとは、HIFU(ハイフ)と呼ばれる高密度焦点式超音波によって脂肪細胞を破壊する施術法です。

複数回施術を受けなければならないメソセラピーに対し、ライポソニックスは1~2回の施術で痩身効果を得ることができます。

一度に破壊できる脂肪細胞の量が多いため、短期間で部分痩せすることが可能なのです。

費用は、5センチ角でおよそ1.5~3万円。です

レーザースタイリング

レーザースタイリングとは、直径1ミリ以下の針先を皮下に刺し、レーザーを照射して脂肪細胞を直接溶解する施術法です。

脂肪溶解注射のように、注射感覚で施術できるにもかかわらず、*一度の施術で脂肪細胞を破壊することが可能といわれます。

また、レーザーの熱エネルギーが余熱となってコラーゲンの生成を促します。たるんだ肌を引き締めることができ、痩身とアンチエイジングが同時に叶うというメリットが。

費用は、部位ごとに異なりますが、およそ15~30万円となっています。

メソセラピーで失敗しないために

自然のなかで微笑む女性の写真

脂肪溶解注射のメソセラピーで失敗しないために、信頼できるクリニックを選び、しっかりとカウンセリングを行うことが大切。

メソセラピーで失敗した、効果が現れなかった、という人は、脂肪吸引や脂肪冷却や超音波痩身、さらにレーザースタイリングの施術を視野に入れると良いでしょう。

太もも脂肪溶解注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,500円
湘南美容外科クリニック 8,620円
城本クリニック 20,000円
水の森美容外科 20,000円
聖心美容クリニック 26,000円

※費用は税抜表示です。注射1回分(または1本)の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脂肪溶解注射の体験レポート公開中!

test

-2kg?! 脂肪溶解注射「顔やせクイック」であごの脂肪をすっきりさせてみた

あごの下の脂肪が気になるというモニターのみみさんは、今回品川スキンクリニックで、脂肪溶解注射「顔やせクイック」を受けることに。顔やせクイックは注射を打って脂肪の解消をするというものなので、脂肪吸引のようにダウンタイムが短く済み、仕事で休めない人にもおすすめとされる施術です。

出典:[美容整形体験レポート]-2kg?! 脂肪溶解注射「顔やせクイック」であごの脂肪をすっきりさせてみた|品川スキンクリニック 表参道院

【体重公開】1か月弱でウエスト-17.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに

こんにちは、NICOLYモニター4度目のみみです。今回は品川スキンクリニック表参道院の脂肪溶解注射で気になっていた腰の脂肪を解消することに。脂肪溶解注射は脂肪吸引より安全性の高い施術と聞いていましたが、痛みに敏感な私には施術中の痛みがとても心配でした。でも、施術前に笑気麻酔をしたことで痛みを感じずに施術を終えられ、さらに2週間でウエスト-12センチの痩身に成功しました。

出典:[美容整形体験レポート]【体重公開】1か月弱でウエスト-17.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに|品川スキンクリニック表参道院

お腹への脂肪溶解注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,500円
湘南美容外科クリニック 8,620円
城本クリニック 20,000円
水の森美容外科 20,000円
聖心美容クリニック 26,000円

※費用は税抜表示です。注射1回分(または1本)の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

お腹への脂肪溶解注射の体験レポート公開中!

test

脂肪溶解注射の地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科 銀座院

東京メトロ銀座一丁目駅3番口すぐ

詳しく見る

大阪

品川美容外科 心斎橋院

心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43509 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ