NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1033記事

メルマガ登録

2016年09月05日 更新 | 4,712 views

その洗顔法あってる?ニキビ肌を正しく洗うポイント

ニキビを治すに当たって一番重要なのは毎日の洗顔です。正しい洗顔方法を覚え、ニキビの原因菌になる毛穴の詰まりをなくし、ニキビの出来にくい美しい肌を目指しましょう。今回は長年にきびで悩んできた私が、とっておきの洗顔方法をお伝えします。今までの洗顔方法に「ひと手間加える」だけで全く違う洗い上がりとなること間違いなしです。

ニキビ肌を洗顔する!そのまえにまず「顔の毛穴を開く」

ニキビ肌を洗顔する前に、まずやっておく事があります。顔の毛穴を開く事です。毛穴が広げ、穴の中に詰まった汚れを落ちやすくするためです。

顔の毛穴を開くために、これから3つの方法をお教えしたいと思います。

蒸しタオル美容法

蒸しタオルの作り方は簡単です。タオルを隅々まで濡らし、レンジで3分程チンします。それを顔全体に(アゴもわすれずに)押しあてるだけです。(手が熱くなりますので私の場合、新聞紙を手の側にひいてやっています。ご参考までに。)

イオンスチーマーを使う

家電量販店で売っているイオンスチーマーを顔全体に当て毛穴を開きます。

34度前後のお湯で顔を洗う

洗顔するのにいきなり洗顔料を使うのでなく顔全体をお湯で温め、毛穴を開きます。その後洗顔に入ります。

ニキビの洗顔方法

ニキビのお肌は優しく洗わなければなりません。汚れが落ちそうだからといってスクラブ入りのものでゴシゴシ・・・はお肌を傷付ける原因になります。もっちり泡でやさしく洗顔しましょう。

ポイント1. 泡立てネットを使う

泡立てネットはどんなものでもかまいません。100円ショップのものや薬局などで売っているもので、十分もっちりとした泡ができて洗顔に効果的です。

泡立て方は簡単です。まずは泡立てネットを水で十分に濡らし、石鹸や洗顔料をつけ泡立てネットを揉んで泡立てます。もっちりとした泡ができたなと思ったら両手で顔を覆うようにやさしくクルクル回して洗顔しましょう。

鼻やニキビの周りは指で軽く撫でるようにします。これで本当に落ちているのか?と思われがちですが泡の力できちんと洗浄されていますのでご心配なく。

ポイント2. 水で洗い毛穴を引き締める

顔を洗ったら、毛穴を引き締めるために、もう一度水で洗います。これで化粧品やホコリ等を毛穴に入れるのをガードすることができます。

ポイント3. タオルは新しい清潔なものを使う

ここまでやったのにタオルに菌がついていてはなんの意味もありません。洗顔用のタオルは毎日取り換えましょう。

ニキビを洗顔する石鹸の選び方

ここではインターネットに載っているものでなく私が実際使ってみて良かった洗顔用の石鹸だけをご紹介していきます。

ティーツリー石鹸

ティーツリーと言うのはハーブの一種で、非常に殺菌力が高く、石炭酸より13倍もの強力な殺菌消毒力があります。昔では怪我の時の消毒として使われていたものです。

石鹸自体は色々な所から出ていて種類も様々ですがなるべく緑っぽい石鹸を選びましょう。ティーツリーが沢山含まれている証拠です。

藍の石鹸

藍も非常に殺菌力・抗菌力が高く、消臭効果もあります。においの気になる方は顔だけでなく体全体にも使える石鹼です。

プロアクティブRENEWING CLEANSER

プロアクティブの1と書かれた洗顔料です。これには「サリチル酸」という成分が含まれています。サリチル酸は殺菌、角質溶解の働きをします。

しかしスクラブも入っていますので注意なのがゴシゴシ顔にこすりつけてしまう事です。必ず泡立てネットをつかいましょう。

【番外編】AHA石鹼

私が病院に通っていた頃の処置で「ピーリング」というものがありました。

ピーリングというものは薬液によって顔の表面の薄皮を溶かし、古い角質を取り除こうというものです。古い角質が取れれば毛穴もつまりにくくなっていくのです。

それと同じことがリンゴに含まれるAHAという成分で出来てしまうのがこの石鹼の特徴です。

洗顔方法は簡単。泡立てた石鹼を顔に伸ばし3分程そのままにします(この時絶対に目に入らないようにしてください)3分経ったら顔を洗いましょう。

3分間で泡が落ちてくる可能性もありますのでお風呂でやるのがベストと言えます。洗顔が終わったら乾きやすくなるので保湿をしっかりしましょう。(私の場合パックをしていました。)

ニキビをつくらないために注意したいこと

普段からニキビに悩んでいる方は、もしかしたら洗顔の仕方に原因があるかもしれません。

ニキビを作らないためには、しっかりと洗顔方法を改めることが必要です。洗顔時に注意したいことをまとめましたので、これらを頭に入れて洗顔するようにしましょう!

髪の毛が顔にかからないようにする

髪の毛をダラ~っと垂らしていると、洗顔剤が付着してそこから皮膚に移ってニキビの原因になることがあります。

こういった洗い残しを防ぐためにも、カチューシャやヘアバンドを使って髪の毛をアップにしてから洗顔しましょう。

すすぎ残しをなくすことで、ニキビの発生を抑えることができます。髪の毛が短い人も、少しでも髪の毛が顔にかかる場合は注意してくださいね!

また顔だけでなく、お風呂のときに髪の毛や体を洗うときにも注意していただきたいです。

シャンプーの洗い残しは背中のニキビにもつながっていきますから、こちらも十分に注意するようにしましょう。

お風呂に入ったあとに洗顔をすること

洗顔のタイミングというのは、どこがベストなのかイマイチわからないという方が多いでしょう。

帰宅してすぐにさっぱりしたい!メイクから開放されたい!と思って、メイクオフからの洗顔を行ってしまうこともあるかもしれません。

しかし洗顔はできれば先ではなく、お風呂に入ったあとに行うのがニキビを防ぐ上ではもっともいいタイミングなのです。

理想は・・・

クレンジング

髪の毛を洗う

体を洗う

入浴(浴槽につかる)

洗顔

この順番になります。髪の毛を洗ったあとにシャンプーやリンスが身体につくと思いますが、これを体を洗うタイミングでいっしょに流してしまおうという魂胆があります。

体にニキビをできなくするためにも、この順番で全身をきれいにしていきましょう。

洗顔の前に手をきちんと洗う

「どうせ顔を洗うんだから、とくに手を洗っておく必要はない」なんて思っている方はいませんか!?それは大きな間違いです。

手についた雑菌が洗顔剤の中に入り込んでしまう可能性があるので、洗顔前には必ず手をきれいに洗いましょう。

水洗いだけでなく、ハンドソープをしっかり使って洗うのがおすすめです。

固形石鹸の保管方法に気を配って

ポンプ式やチューブの洗顔剤以外に、固形石鹸での洗顔をしている人もいるでしょう。さっぱりとした使い心地で、とくに夏場は固形石鹸で洗うと気持ちがいいです。

さてそんな固形石鹸ですが、できれば脱衣所などの水がかからない場所に保管しておくといいです。湿気が少ない場所を固形石鹸置き場にしましょう。

水気のある場所だと、石鹸に菌が繁殖しやすくなってしまいます。雑菌が増えた石鹸で顔を洗えばニキビができやすくなるのは、当たり前のkとおですよね。

そうならないためにも、固形石鹸は湿度の低いところで保管しておくのがベターになります。

石鹸がヌルヌルしてきたら湿気によって石鹸が溶け出している証拠なので、極力脱衣所に避難させてあげましょう!

朝に洗顔をしない

「朝起きたら顔を洗う」というのは、日本人にとって習慣のようになってしまっているところがありますよね。

しかし朝に洗顔料を使ったガッツリ洗顔をしてしまうと・・・顔の皮脂が必要以上にとれて、ニキビができやすくなることもあるようです。

朝の洗顔は水で軽く洗い流す程度に留めておいてください。目やにをとったりするくらいでOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ニキビ肌の洗顔方法の流れとしては、温めて毛穴を開く→ネットで泡立て顔を洗う→水で毛穴を閉める→清潔なタオルで拭く、です。毎日のケアとなりますのでこの洗顔のステップをよく覚えておきましょう。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

ニキビ・ニキビ跡

詳しく見る

全国

湘南美容外科

ニキビ・くすみ・しわ

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45471 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ