NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年06月10日 更新 | 5,356 views

10年間女をサボってきた私がダイエットの末に恋をした話(2/2)[コラム]

成人病のおそれからダイエットをスタートした私は、まず絶食を試みます。その結果1ヶ月で14キロ痩せましたが、生理が来なくなります。その後、きちんと食事を摂りながら行うダイエットに切り替えました。恋愛のして女性ホルモンが出たおかげでさらに痩せることができ、結果として20キロの減量に成功しました。

こちらは、10年間女をサボってきた私がダイエットの末に恋をした話(1/2)[コラム]の続きです。

1カ月で14キロ減

こう、なんていうか私はせっかちなのかなんなのか…すぐ結果が見えてこないと嫌なのですね。

で、まずTANITAの体重計をAmazonで購入。この体重計おりこうで、体重や体内脂肪だけでなくBMI値、体内年齢も計れてしまうという優れもの。250g単位で表示してくれるのも、ちょこっとでも痩せた感を味わえるので気に入っています。

準備完了で私が始めたのは、絶食。はい、分かっております。どのホームページをみてもやっちゃいけないダイエット方のナンバー1。

ラーメン食いたし

「絶食」と一口にいっても、そうたやすいものではありません。 絶食を始めると、一日中考えるのは食べ物のことばかり。

冷蔵庫を開けては「いや、いかん。食べたらいかん」と一人でぶつぶつ言いながら食べたい気持ちと戦うのです。

食べなくなって3日くらいは「食べたい」というきもちがピークに達したようで、食べたくて仕事も手につかないというほどです。特にラーメンが食べたくなって、お店まで行っては引き返してくるなんて事すらありました。でもね、面白いように体重が減っていくのですよ。これが、また、たまらん。

時には、味噌田楽ですら我慢しました。食べても9キロカロリーしかない蒟蒻ソーメンですら、買ってはおいたものの食べませんでした。

空腹が快感

しばらくすると、今度は空腹が快感になってきました。私は「これまずい?拒食症になる?」と思い始めました。確かに立ちくらみも増えたし…。丸1か月で食べないダイエットは恐怖の色濃く、止めることにしました。

でも痩せましたよ~。

食べないのを徹底して3日で4キロ減そこから更に2週間で6キロ減、残り2週間とちょっとで4キロ減。計14キロ減量できました。が、しかし、止まりました。どんなに食べなくても1キロも落ちません。これぞ聞きしに勝る「停滞期」なのであります。

たべないダイエットは、やはりダメです

食事はバランスよく摂ることが大切です。って、こんなこと誰だって知っています。これで痩せれば誰も苦労なんてしません。とにかく14キロ痩せた時点から、食べなかろうと何だろうと、一向に体重は落ちません。

私は娘にアドバイスをされて、ルナルナというサイトに会員登録しています。そこに、毎月の生理の開始日及び終了日を記入していました。そう、生理が来ないのです。そのせいで、いつまでも月経前症候群である、食欲の増進と眠気ダルさが続いていました。

ルナルナを見ると、ダイエットのところに「ムダ期」と書いてありました。アドバイスのところには「生理の終わりかけから体重が減り始める」とありました。私は、絶食をやめ、ほどほどに食べるようにしました。取りあえず現状維持を目指したのです。

恋せよ乙女、気合だダイエット!

停滞期がすぎて「ヤセ期」にはいっても、私はなかなかダイエットモードに入れませんでした。

「もういっかなぁ」と思い始めていた頃、ともくんが「会いたい」と言ってきたのです。ともくんとは、友達に紹介してもらったメル友。メールと電話のやり取りだけで、もうかれこれ1年が過ぎようとしていました。

彼とは会うことは無いのだろうなぁと思い、また、この距離感が居心地良く感じていました。彼は小さな建設会社を経営しています。私もフリーランスという安定しない職業なせいか、仕事の悩みを話したり励ましあったりしていました。

1年間「会おう」などという話は一度も出ません。私はダイエットや化粧品を買ったことなどもともくんに話していました。

ともくんに会いたい!だけど…。

恋する気分は本当に何と言ったらよいでしょう。忘れていました。こんなトキメキ感。ともくんに恋していたと感じたことは無かったのですが「会いたい」と言われた瞬間から、ともくんは、だたのメル友から、ちょっと気になる男の人に変わりました。

少し前までは、男性が怖くてバスにも電車にも乗れなかった私にしては、「恋する」なんて大逆心です。でも、このままの私を見てともくんはどう思うのだろうか?少しでも痩せて綺麗になりたい。

再び私のダイエット魂はメラメラと音をたてて燃え始めました。

生理後のダイエット

生理後は確かに痩せやすいようです。朝食と昼食をしっかりと食べ、夜は栄養バランスの良い置き換えドリンクにしました。それに加えてタブレットで、不飽和酸油と酵素を飲みました。

また、朝の歯磨きが終わった後にコップ一杯の白湯をガッツリ飲むように心がけました。そうすると、すぐにお腹がキュルルンっとなって、朝からスッキリします。

置きかけドリンクが良かったのか、タブレットが良かったのか、はたまた朝の白湯が効いたのかは分かりませんが、2週間で4キロ減量できました。

お化粧癖をつけて、髪も毎日整えて

女を10年もサボっている私ですから、化粧の方法も忘れてしまっています。美容部員さんに教えて頂いた通りにやってはみるもののうまくいきません。これも、慣れるしかないと思い、とにかく子供たちを送り出したら化粧をするようにしました。

うまくいこうがいくまいが、とにかく毎日続けることが大事だと思い日々顔へのペインティングを続けたのです。

髪も、毎朝ワックスやスプレーを使って整えています。とにかく、女に復帰するにはエネルギーが必要でした。

あれ?の2キロ

再び停滞期がやってきました。今度は、焦ったりしません。現状維持を目指して、食べていました。でも、ある日何故か2キロ減っているのです。「?」と思いつつ色々と調べてみました。ダイエットをしているのだから、減って当たり前かと思ったのですが…。

とあるホームページに女性ホルモンの分泌などの記事が掲載されていました。お化粧をしたり髪を整えたりと女性らしさを欠かさない人は、女性ホルモンも多く分泌されているようです。また、恋をすることも女性ホルモンの分泌を活性化させるそうです。

女性ホルモンが多く分泌されると体は、より女性らしいプロポーションをつくろうとします。そのため、体の線を女性らしくするためのみならず、美肌やバストの張りにも影響するのです。

これに当てはめると、私は恋をしたことや、お化粧、髪を整えるという行為の結果女性ホルモンが今までになく分泌されたと推測できます。そのお蔭で2キロ減ったと考えています。

「ともくん、ありがとう」私は心の底から感謝しました(笑)。

まだまだ続けるダイエット

こうして97キロあった私の体重は、20キロ少なくなりました。でも、身長155cmの私には77キロだって、まだまだ重いんです。

今もダイエットは続けていますが、激しいものは避け日常がダイエット一色にならないように気をつけながら行っています。

娘は、私がダイエットに臨んだり、化粧をすることを「美加さんが、元に戻っていく」と、とても喜んでいます。反面、息子は「ママが違う人になっちゃうみたいで嫌だ。お化粧はやめて」と言います。子供たちの反応は違いますが、ダイエットは、まだまだ続けています。

減量できたお蔭で糖尿病の数値も下がり、高コレステロール値も下がって来ました。肝脂肪も若干ではあるものの変わって来ています。

さて、最後に

「ともくん」とは会ったのかって?

会いましたよ。

恋の行方は、またいつか(笑)。 

written by O2S.Co

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44937 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ