2017年03月15日 更新 | 7,208 views

1時間寝ているだけで痩せられる!?クールスカルプティング(ゼルティック)の効果

クールスカルプティング(ゼルティック)は、脂肪を凍らせて脂肪細胞ごと破壊するためリバウンドの心配がない治療法。また、メスや麻酔、注射、薬剤を一切使用しないので、痛みを感じることはなく、ほかの痩身治療に比べて失敗が少ないこともメリット。クールスカルプティング(ゼルティック)の費用は、施術する面積で決まり、手のひら1枚分で5~10万円ほどでしょう。しかし、クリニックによって異なってくるので、事前に確認することが大切です。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

クールスカルプティング(ゼルティック)は、アメリカのハーバード大学で開発された脂肪を凍らせて破壊するという画期的な部分痩せ治療です。

「痩せる」というと、脂肪吸引のような方法が有名ですが、体に傷跡が残るのが嫌でなかなか施術に踏み込めない人が多いかもしれません。

しかし、クールスカルプティング(ゼルティック)は、切ったり注射したりなど体に傷を付けることは一切しないので安心してください。

体に傷を付けず、効果を実感したい人におすすめの治療法です。

目次

クールスカルプティング(ゼルティック)の効果と仕組み

女性の写真

クールスカルプティング(ゼルティック)で得られる効果はどのようなものなのでしょうか?

クールスカルプティング(ゼルティック)の効果

クールスカルプティング(ゼルティック)は、おもに腹部・ウエスト・腰・背中の部分痩せに効果的。

クリニックによっては、加えて太ももの外側と内側、お尻も施術可能です。

施術を受けられる条件は、アプリケーターが装着できる皮下脂肪量および状態であること。

効果としては、施術した部位の10〜20%の脂肪が減少することを確認済です。

また、脂肪細胞自体を破壊するため、リバウンドの心配がないことも魅力的!

もちろん、だからといって暴飲暴食をしていてはリバウンドする可能性はあります。

また、メスや麻酔、注射、薬剤は一切使用しないため失敗することもないでしょう。

クールスカルプティング(ゼルティック)が効果的な仕組み

女性の顔の写真

水が凍る温度が0度なことはご存知ですね。

では、脂肪はどうでしょう?

少しイメージしてみてください。

肉料理を作った後のフライパンや、食べた後のお皿に脂の塊が残っていることはありませんか?

つまり、脂肪は常温の状態で固まり始めるのです。

脂肪が凍るのは約4度だといわれています。

クールスカルプティング(ゼルティック)は、この融点(氷点)の温度差を利用して、脂肪細胞内の脂肪分だけを凍らせ、脂肪細胞を破壊する仕組み。

そして、破壊された脂肪細胞は、およそ1~4か月かけてゆっくりと尿や汗として体外に排出されます。

このようにして、クールスカルプティング(ゼルティック)は、体を切ることも、脂肪を吸い出すこともせずに部分痩せが可能なのです。

クールスカルプティング(ゼルティック)を受ける際の注意

女性の顔の写真

残念ながら、なかにはクールスカルプティング(ゼルティック)を受けられない人がいます。

以下の状態や症状などに当てはまる場合は、必ずクリニックの医師に相談するようにしましょう。

クールスカルプティング(ゼルティック)を受けることができない人

  • 発作性寒冷血色素尿症の人
  • クリオグロブリン血症の人

クールスカルプティング(ゼルティック)を受ける前に事前に相談が必要な人

  • 皮下脂肪層の厚みが2.5㎝未満の人
  • BMI値が極端に高い人
  • 内蔵脂肪蓄積の人
  • 皮膚が極端に硬い人
  • 皮膚が極端にたるんでしまっている人
  • 施術部位に傷や炎症などがある人
  • 寒冷じんましんの人
  • 末梢循環が正常に機能しない部位に施術を希望する人
  • レイノー病の人
  • 妊娠や授乳中の人

クールスカルプティングのメリット・デメリット

脚の写真

クールスカルプティングのメリット・デメリットをしっかり見比べて、自分にとって効果的なのかどうか判断する参考にしてみてください。

クールスカルプティングのメリット

  • メス、麻酔、注射、薬剤は一切使用しないので安心安全
  • 脂肪細胞自体を破壊するため、リバウンドの心配がない
  • 皮膚や血液など脂肪以外には全く影響がない
  • ダウンタイムがなく、直後から通常の生活が可能
  • 1回の施術で効果を実感できる
  • ほかの痩身治療に比べて費用が安い

クールスカルプティングのデメリット

女性の写真
  • 切る痩身治療に比べて、効果を実感しづらい
  • 目に見える効果を実感するためには、数か月かかる
  • 即効性を求める人には不向き

クールスカルプティングの施術の流れ

医師の写真

実際にクールスカルプティングは、どのような手順で施術をするのでしょうか?

なんと、たったの3ステップで施術は完了します。

では、施術内容をくわしく見ていきましょう。

施術の流れ

ステップ1. カウンセリング

医師とのカウンセリングで、気になる部位を相談。

この際、費用面も含めて、自分が気になることは遠慮なく聞いておきましょう。

クールスカルプティングは、安全な施術ですが納得できないまま受けるのはトラブルを招く原因になります。

ステップ2. 脂肪冷却

施術する部位にマーキングをして、専用ジェルパッドを貼り、ハンドピースを装着して吸引。

1時間ほどベッドに横になりながら脂肪細胞を冷却します。

冷却中は、寝るのも良し、雑誌やDVDを観るのも良し。リラックスして過ごしましょう。

ステップ3. 冷却終了

アプリケーターを外し、冷却部をほぐします。

冷却箇所が赤くなりますが、時間が経てば消えるので安心してください。

クールスカルプティングの費用相場

人の写真

クールスカルプティングは、クリニックと施術部分の面積によって費用が異なります。

面積の目安としては、手のひら1枚分が5~10万円ほど、手のひら2枚分が10~20万円ほど

クリニックによって細かい料金設定がされているので、くわしい費用は医師に確認することが大切です。

施術の痛みの目安

女性の写真

施術中に痛みを感じることは、ほとんどありません。

アプリケーターを装着するときに、少し吸引により引っ張られる感覚と冷却による冷たさは感じるでしょう。

しかし、冷却で徐々に感覚が麻痺してくるため、痛みは感じなくなるようです。

ダウンタイムの目安

女性の写真

施術後1~2週間は、冷却部分の赤みや極小の内出血、ピリピリ感などが残るかもしれませんが、しばらく経てば回復します。

しかし、施術後に少しでも違和感を感じる場合は、遠慮なく医師に相談しましょう。

効果が期待できるまでの期間

カレンダーの写真

個人差はありますが、およそ2~4か月で効果を実感することができます。

施術後から約2か月かけて脂肪細胞が体外に排出されていくため、2か月後から効果を感じる人が多いよう。

多くの人は1回の施術で効果を感じていますが、しっかりと効果を得たいのなら、複数回の施術を受けることをおすすめします。

しかし、同じ部位の施術を希望する場合は、前の施術から2か月の間隔を開ける必要があるとされているので医師に確認してみてください。

クールスカルプティングの失敗例

女性の写真

クールスカルプティングは、失敗がほとんどない痩身治療です。

しかし、失敗例を挙げるとすれば以下のようなことでしょうか。

  • 部分痩せが目的のため、ほかの部位とのバランスが想像どおりにいかなかった
  • 効果を実感できなかった

後悔しないよう、カウンセリングでどれほどの効果が期待できるのかをくわしく聞き、了承したうえで施術を受けることが大切です。

クールスカルプティングの症例写真を掲載しているクリニック

クリニックの写真

実際に症例写真を見ることで、自分の施術後の姿を想像しやすくなるのではないでしょうか。

そこで、クールスカルプティングの症例写真を掲載しているクリニックを紹介します。

もちろん個人差はありますが、どれほどの効果を得られるのか参考にしてみてください。

Theoryクリニック

腹部や背中の症例写真が掲載されています。

クールスカルプティングの仕組みを、図を使い分かりやすく説明しており、症例写真とともにクールスカルプティングの効果を実感することができるでしょう。

渋谷セントラルクリニック

多数の症例写真だけでなく体験談も掲載されています。

日本でも数少ない「脚用アプリケーター」を含め、4つのアプリケーターを使い分けて施術しているそうです。

加藤クリニック 麻布

多くの症例写真とその写真の説明を掲載。

さまざまな角度から撮られた写真や、施術前・4か月後・11か月後と経過観察を行うことができる写真など、イメージしやすい工夫がされています。

クールスカルプティングで部分痩せ!

脚の写真

クールスカルプティングは、冷却することで脂肪細胞を破壊し部分痩せを実現します。

ほかの痩身治療に比べて失敗が少なく、費用も安いのは大きなメリット。

しかし、部分痩せを実感できたからといって油断は大敵です。

リバウンドしないよう暴飲暴食は避け、栄養バランスのとれた食事や適度な運動などを心がけ、健康的な生活を送りましょう。

クールスカルプティングは、科学的に効果が証明されており信頼できる痩身治療といえます。
しかし、注意点としては以下の3つがあります。

FDA認可ではない疑似製品による凹みや色素沈着などのトラブル報告がある。
効果には個人差がある。
非常に稀だが、脂肪冷却後に肺高血圧症をきたす可能性がある。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー