NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年08月05日 更新 | 2,239 views

小さい胸だって今では素敵に思える。現状維持でいいと思えた彼との出会い[体験談]

周りの子たちより胸が小さかった私は女性として消極的になりました。高校生の時に水泳部にいた頃、私以外は巨乳が多いせいか陰で私の胸の小ささをバカにされ、ショックで退部してしまいました……。恋愛面もうまくいかず、良い男性と出会えて結ばれても、破局したあとはまた自信をなくして胸を気にする日々を送りました。

森の奥へと進んでいこうとしている女性出典:We heart it

小学校の高学年になると、身体測定やプール、体育の時間がとても憂鬱でした。

1番仲良しの女の子は胸が膨らむのが早くてスポーツブラを付けていて、動くと胸が揺れます。

それがうらやましくて仕方ありませんでした。

私はぺったんこの胸が恥ずかしくて、でもブラも必要なく、行く前から複雑な気持ちだった修学旅行のお風呂の時、自分の胸がダントツで小さく、逃げ出したいくらい恥ずかしかったです。

胸が小さいことで女としても消極的に

重ね着していた服を脱ごうとしている様子出典:We heart it

中学生になると周囲には付き合いだす子も増えだし、あってはならないのですが妊娠騒動まで飛び出し、男子も女子も性に対して興味が出てくる年頃でした。

でも私は自分がみんなより恋愛の対象としてふさわしくないと思い込んでおり、その一端に胸がないというのがおおいに影響していました。

その頃は他の女子の制服の胸のふくらみに、男子以上に気がいっていたようにも思います。

もちろん、性的な意味ではなく、みんな年齢相応に成長していること、私と同じくらいの身長の子でも、私ほどペタンコの胸の子はおらず、小柄だからという言い訳すらなりたたないことに、落ち込む日々でした。

好きな人もいましたが、胸の小さい子なんか好きにはならないなどと、ゆがんだ捉え方をしてしまい、友達どまりで何も言えないまま卒業しました。

そんな私がなぜか水泳部に

水をはったプールと浮き輪出典:We heart it

高校に入るとなぜか体型を気にしているはずの私が水泳部などに入部しました。

これは自分でも痛恨のミスというか、その場のノリでしかなかったのですが、入部すると意外に水泳は楽しく、ペタンコの胸のおかげなのか、タイムも好調だったりと1年間は楽しく活動していました。

でも、好きな人ができてしまいました。

水泳部のマネージャーは巨乳の人が多く、ほぼ全員水泳部内に彼氏がいました。

私の好きな人も巨乳のマネージャーと付き合っており、私の立ち入るスキさえなく、しかも、ある日、誰がスタイルがいいかなどを女子も混じって話しているところに出くわしてしまいました。

水泳部は基本的にスタイルが良い人が多いです。

私も貧乳以外は程よい筋肉もつけることができ、小柄だった身長もそのころには162センチまで伸びていました。

が、ある先輩が、私がいないことをいいことに、私が1番細くて胸がないと言い出しました。

私は更衣室から出られなくなり、誰にも気づかれないままそっと帰りましたが、その時の傷はとても大きく、その場にいた親友だと思いっていた友人が、その話題を面白がるかのようにきゃっきゃとはしゃいでいたことがゆるせず、退部しました。

もともとノリで入ってしまっただけなので、思い入れもなく、やめてからのバイト生活や友達付き合いの楽しさに気づけて後悔はありませんでした。

積極的になれないのは自分の胸のせい

芝生に倒れ込んでいる女性出典:We heart it

大学生になっても彼氏ができませんでした。

コンパなどでいい雰囲気になる人はいました。デートもしました。

でも、AAカップ程度の胸に、必要もないのにしょうがなく巻いているだけのブラを付けるだけでも、こんな体を好きな人に見られたくないとしか思えず、男性とそのような雰囲気になると、恥ずかしさから用事があると帰ろうとしたりとかなり不自然な態度をとってしまうようになりました。

車の中でキスまではするものの、家には呼ばない、ホテルにもいかないという状態は、男性にはつらいものだともわかっていましたが、どうしても胸を見られて嫌いになられるという思い込みがあり、その理由すら恥ずかしくて言えませんでした。

ある日、車の中でキスをしているときに胸を触られました。

私はパットを多めに入れてふくらみが出るようにしていたので、それを知られたくなくてとっさに彼の手を振り払いました。

怒ったような顔もしてしまっていたと思います。

自業自得ですが、その彼とはぎくしゃくして疎遠になりました。

あの時の悲しそうな、何とも言えない顔は忘れられません。

私がもっと素直だったら、ちゃんと本当の理由を打ち明けてでも彼との関係を築けたんだと思います。

自分の勝手で訳もなく拒絶してしまいとても後悔しましたが、それでも私は胸を見せる勇気が出ませんでした。

友人はどんどん経験を済ませており、そういう悩みがあるのかないのかすら聞けず、相談もできずにいました。

胸が小さくても

恋人とキスをしている様子出典:We heart it

胸が小さいことが恋愛に関係ないのかもと思い始めたのは、ある友人たちと旅行に行った時からです。

私と似たり寄ったりのかなり小ぶりな胸の友人が二人、どちらも彼氏が普通に何人もいたことです。

彼女たちは胸の小ささをコンプレックスにも思っておらず、堂々としており、その姿をきっかけに少しだけ前向きになれました。

そして就職して2年ほどたった時、22歳の時ですが、ある先輩の紹介で知り合った人と交際することになり、はじめて抱かれてみたいと思いました。

でも、ものすごく怖かったです。

嫌われるかもしれない、1回だけでも思ってしまうかもしれないと思いました。

少しお酒を飲んでいたこともあり、勢いに任せて彼の家に行き、少しのおしゃべりのあと自然に結ばれたのですが、彼は胸のことに一切触れずにいたので、思い切って私から、こんなに小さくてごめんとだけ言いました。

彼は笑っていましたが、そのあとも交際は続き、仲良くしてくれていたので、自分からも持ち出すことはやめました。

別れとまた出会い

暗い部屋でぼーっとしている女性出典:We heart it

4年付き合ったその彼とは些細なことから別れてしまいましたが、そのお付き合い中で胸の小ささで何かが起きることはなく、私もしばらくは昔ほどの辛さを忘れていました。

ただ、その彼と別れて4年間、全く出会いがなく、再び私の中で

次に出会う人が前の彼のような人とは限らない

という不信感が出てきました。

年齢的にも結婚を意識するころで、周囲には結婚しママになっている人も多くなってきました。

出会いに消極的になっている場合ではないと、積極的に出会いの場に参加はするものの、男性と2人きりになるとまた胸が気になってしまいます。 年齢のせいなのか展開も早くて、すぐに肉体関係を持とうとする人もいました。

開き直って一夜を共にすると、

「ちいさいね~」

と本音を言いう人がいて、ほとんど愛撫されることもなく、自分勝手な行為で終わってしまわれ、その後連絡はなくなりました。

その男性がお付き合いに値しない、思いやりのない人なのだということを頭では十分わかっていながらも、やはり傷は深く、また胸はどうしたら大きくなるのかを考える日々になりました。

胸を大きくする努力

温かい飲み物を飲みながらゆっくりしている女性出典:We heart it

胸は筋肉と脂肪でできているので、筋肉をつけて、良質なたんぱく質を取ることで豊かでふくよかな弾力をもつと、一般的には言われています。

マッサージや筋トレも誰に言われる前から実践していましたが、痩せ型体系の私には脂肪がつかないんです。

水泳部の頃にはほどよい筋肉は付きましたし、お尻やウエストは自信が持てるほど引き締まっていましたが、バストが豊かになることは一切ありませんでした。

高額な補正下着もセットで購入し、暑くても汗だくで胸を寄せてはあげることに必死でした。

バストマッサージにも通いました。

電車を乗り継いでバストマッサージに通っているとき、心のどこかで、私は何やってるんだろと思っていましたが、それでも膨らんだ胸は私の憧れでした。

マッサージを受けると、その場で胸がやわらかく、ふっくらします。

サイズを測ると確かに数センチ大きくなり、ブラのサイズもきつくなり、カップから溢れます。

おススメされるお店のブラのサイズは2カップも上がるので、これを続ければ絶対に大きくなると信じていました。

施術はすべてハンドマッサージで行われ、かなり痛い思いもします。

それがまた効くような気がして通い続けていました。

1回1万円です。

今では自分でもどうかしていたのかもしれないと思います。

でも、遠方だし、仕事をしながら通うにはお金の問題もあり、数週間に1度しか行けず、できれば1週間に1度は来てほしいというお店の要望には答えられませんでした。

そのせいなのか、効果も1日程度しか持続できず、どんどんモチベーションが下がってしまい、次の更新をやめてしまいました。

その時に買った2カップ大きいブラは結局大きくてぶかぶか、パットを入れても使い物にならず、残ったブラを見てはため息が出ていました。

人それぞれ悩みはいろいろある

バスケットボールをして楽しんでいる様子出典:We heart it

それから1年ほどたち、ある年下の男性と知り合いました。

人懐っこくて中世的なその人は私の好みの顔立ちでしたが、年下だったので恋愛対象には考えられず、友達のように親しくしていました。

出会ってすぐにこんなに打ち解けて話せる異性は私には珍しいことで、かわいい弟のような、でもだんだん惹かれていく気持ちもありました。

彼も、私を嫌いではないようなのですが、結婚適齢期の私と真剣に交際するのはきっと引いてしまうだろうと、そういう素振りを見せないようにと気を張っているところもありました。

でも、家が近所だったという共通点もあり、彼の家の近所の美味しい焼き鳥屋に行くことになり、終電近くまで話し込んでしまいました。

私はもちろん帰るつもりだったのですが、彼は泊まって行けばいいとあっさりと言い、私も他の人だったら考えられなかったと思いますが、すんなり泊まることにしました。

そのまま、自然にベットに入ることになるのですが、その時彼が、

「おれ、ちいさいんだよね。」

と言いました。

彼は自分のものが小さいことをとても気にしていて、彼女はいたことはあるものの、ちょっと物足りなさから浮気をされたことがあるそうです。

私はそんなことを言う人は初めてで、どう答えればいいのかも分からなかったのですが、

「私も胸がなくて、色気もなくてごめんね」

と言いました。すると、

「このほくろがかわいいね」

と胸のほくろを褒めてくれました。

その時に、胸の小ささが恥ずかしとかはどうでもよくなり、彼が好きなんだなと実感しました。

これからも加齢と闘いますが

お花畑で花かんむりを作ったりして楽しんでいる女の子出典:We heart it

その彼と5年後に結婚しました。

子どもが3人産まれ、母乳で育てるたびに自分でもおどろくほど素敵なふくらみを手に入れては1年でしぼむことを繰り返し、もう授乳は完全にしなくなった今、小さくて垂れる心配だけはしなくていいのかなと思っていた胸は、どんどん下垂する方向に向かっています。

正直、小さい小さいと嘆きながらも、若くて張りだけはあった昔の胸のほうが、いまより断然素敵でした。

あの頃はそのきれいな体を自分で必要以上に陥れ、嘆き悲しんでいたのだと今ならわかります。

今は一旦パンパンに膨らんではしぼんでを繰り返した、だらしない胸になってしまい、主人はいったいどう思っているのやら、怖くて聞けません。

でも、今も昔も私はずっと胸に悩まされてきたんだなとしみじみ思います。

そのことで臆病になったり、落ち込んだり、ちょっと人生を損した気がします。

だから、これからは胸のことでずーんと落ち込むことはせず、いかにお金をかけずに今の状態をキープしたままいけるか、前向きに考える方向にシフトチェンジしました。

育児の悩み、家計の悩み、若い時には想像もしなかった悩みがたくさんあります。

だから自分の体型のことでばかり悩んでいる時間はすっかり無くなってしまいました。

今思えば、悩んでいる時間を趣味に費やしたり、気の合う仲間とワイワイしたり、時間の使い方はたくさんあったと思います。

小さい時から染み込んでしまった悩みだったせいで、思いが深くてとてもしんどい思いをしました。

私には息子と娘がいて小学校低学年です。

これからたくさんの悩みを抱えると思います。

私と主人の子どもなので、胸も大きくなるか、おちんちんが大きくなるか、正直わかりませんが、同じように悩んでしまうかも知れません。

そんなとき、どうか一言でも私や主人に打ち明けてほしいな、なにか汲み取って気持ちを違う方向にむけてあげる手助けができるといいなと強く思います。

人からしたら些細な悩みでも、一人で思い詰めてしまうと、自分だけが不幸のような感覚に陥るあると経験しました。

傷つくことを言う人がいるとそれに拍車もかかります。

そんな時、私もこうだったよと、同じ目線で話せるような親になりたいです。

そのためには私の胸へのコンプレックスはもう卒業しないといけません。

新しい悩みを受け止めるために、心のスペースを開けておこうと思います。

written by halayuio

Top image via Weheartit

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43676 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ