NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月24日 更新 | 3,632 views

靴箱に消臭スプレーをかけられる程の足の臭さ。誰だって同じと思えたのは……[体験談]

父親譲りの体質で足汗がひどい私は足の臭いにずっと悩まされてきました。自分でも分かるくらいで、小学校のときに男の子に私の靴箱に消臭スプレーをされていることがあったほどです。仕事中も常に足の臭いを気にするようになり、集中できなくなりました。恋愛も積極的になれず…。ひたすら臭いの原因を調べる日々でした。

友人が直接何も言わないのが逆につらかった

サンダルを履いている足元出典:We heart it

汗っかきで靴下がびしょびしょになるくらい足汗がひどく、靴を何度も洗ったり干したりを繰り返しましたが、足の臭いから解放されることはありませんでした。

飲み会に参加する時にお店で靴を脱ぐのがとても億劫で、もの凄い速さで靴箱に入れたり、他の人の靴からは離れたところに置くようにしていました。

足を人に近づけないようにしていましたが、自分でもわかるくらいに臭いので、友人はもっときつく感じているだろうなと思いました。

でも、友人は気を遣ってくれているのか何も言わず素知らぬ振りをするので、それが逆に不安で思わず

「私の足って臭くない?」

と聞いてしまいそうでした。

食事をする場所でそのような発言をするのも良くないかなと思い、さすがに言えませんでしたが、本当につらいコンプレックスでした。

もともと汗っかきの体質もかなり影響し、サンダルで過ごす分には問題ないのですが、それでも足の裏がベタベタになったり、時々、つま先立ちをして乾かさないとなりませんでした。

靴を履こうものなら酷い時は足の裏が汗でしわしわになって、靴も水分で重たくなっていました。

時には、無駄に父を問い詰めたりもしました。

「お父さんの足って臭いよね」

と小さい頃から父の足の臭いをからかうことはありましたが、まさか自分まで臭くなるとは夢にも思わず。

「お父さんのせいで私の足も臭くなった! どうしてくれるの!?」

と無駄に父を責めました。

しかし父は笑って

「遺伝だから仕方ないよ」

と言うだけでした。父は

「人間なんだから、臭いし、汗だってかく」

と当たり前のことしか言わないので解決にはつながりませんでした。

ものすごくショックな出来事

テラスでふせて泣いている女性出典:We heart it

学生の頃、靴箱に行ってみてみたら、同じクラスの男子が私の靴箱に消臭スプレーをかけているところを目撃してしまいました。

お互いに「あ!」と気づいてしまい、私は居ても立っても居られなくなってとっさに

「ごめんね、臭くて」

と謝りました。

その男子は

「いや、こちらこそごめん」

と言ってすぐに去っていきました。

やっぱり私の足や靴ってよっぽど臭いのだなと強く自覚しました。

母親にねだってみましたが靴をいくつも買うことを許してくれませんでした。

上履きもひとつだけしか持たせてくれませんでした。

お金がかかるので仕方のないことではありますが、思春期だったので臭いにはかなり敏感で、精神的につらい時期が続きました。

仕事にも支障が出るように

パソコンで仕事をしている女性出典:We heart it

社会人になってからも職場が自分の足の臭いですごく臭くなっている気がしてたまりませんでした。

どうにかしようと思い、消臭スプレー、消臭クリーム、制汗スプレーなど、スプレーは足に直接するのも靴自体にするのも使用してみました。

靴はローテーションしました。

会社ではパンプスやスニーカーを履いて、スニーカーには中敷きもしました。

酢を入れて足浴もして、靴下も綿物を履くように工夫しました。

薬局で「足の臭いがとれる」と謳っているものを見ては買って試しました。

皮膚科へ行って、足の臭いについて相談しましたが、靴下をこまめにかえるようにとしか言われずガッカリしました。

インターネットで情報を購入して試してみたり、自分としてはありとあらゆる手をつくしているつもりでした。

事務所では足が凄く蒸れるので、外にも履いていけるようなサンダルで過ごしました。

それでも会社の事務所にいるとすごく臭います。

気になって仕事にも集中できなくなりました。

何が原因かもよくわからないままでした。

次第に恋愛にも自信がなくなった

一点を見つめているストレートヘアーの女性出典:We heart it

このままじゃ交際相手からも嫌われるのではないかと不安が常にありました。

足の臭いの原因としてストレスもあるそうですが、そもそも足の臭いがストレスなのに、どうしたらいいかもわからないままの日々で、恋愛にも自信がなくなり、片想いを何年も続けていました。

もしも彼とデートができたらと様々な妄想をしましたが、フローリングに足跡がつくんじゃないかとか、靴を脱いだ瞬間に顔をしかめられるのではないかとか悪い想像ばかりが出てきて、考えることすら嫌になってしまっていました。

足の臭いをとるために色々な物質が配合された石鹸やクリーム、防臭靴下や消臭スプレー、通気性の良い靴を選んでみたり、重曹を使って足をケアしたり。

しかし、どれも一時的には効果があっても持続性に乏しくて、またそのために時間を費やすのもとてもつらかったです。

ちなみに、効果的だったのが靴を毎日変えることと、靴下を5本指ソックスに替えることでした。

でも、5本指ソックスはさすがに人に見られるのは恥ずかしいので実用性に欠けました。

また、靴を毎日変えようにも経済的に厳しく、全てが臭くなってしまうのではといった不安も拭えませんでした。

足の臭いの原因について調べてみた

公園のベンチで読書をしている様子出典:We heart it

通常は足の臭いの原因の大きな要素は汗と角質なのですが、足の裏の汗自体は無臭だそうです。

足の裏の汗を放置して様々な細菌(バクテリア)に分解され、その際に皮脂・垢・角質等も影響し臭いを発するようになるそうです。

すなわち、原因となる足の裏に常在する様々な細菌を取り除くか、細菌の活動を抑えることが何より肝心なのだとわかりました。

洗い過ぎは良くないようなので気を付けることにしました。

面白かったのが、便秘が足の臭いなど体臭に影響を与える可能性がある点でした。

体臭対策にはミョウバン水とか除菌専用スプレーがかなり効果的でした。

素足へのスプレー、靴の中へのスプレーと使い分けています。

外出時にはミョウバン水を素足に付けました。

作り方としては、50~60gの焼ミョウバンを2リットルのペットボトル入れて、水を入れて溶かします。

すぐには溶けないので2日間ほど待ちました。

ちなみにこれは原液ですので、実際に使用する際には10倍に薄めて皮膚につけます。

暑い時期は原液は冷蔵庫へ入れる必要があります。

ちなみに、焼ミョウバンはドラッグストアで売られています。

ミョウバン水の薄め方としては、原液10CCに対して水100CCで希釈します。

これをスプレーボトルに入れて気になる部分にスプレーすることで消臭効果が得られます。

靴も臭ければ帰宅時には必ず靴の中にスプレーします。

出勤時、外出時にもスプレーして履きます。

スプレーをしていても靴は同じ物を毎日履かず、3~4足をローテーションさせること。

飲み会などで靴を脱がなければならない時は事前にトイレなどで足・靴の中へスプレーしていました。

ちなみにこのスプレーはノロウイルスやインフルエンザ、大腸菌やO157、サーズなどいろいろなウイルス、菌類を不活性化やっつける作用もあり、本格的な殺菌・消臭効果を得られました。

下駄箱の臭い消しや押入れ・クローゼットの除菌にも使用出来ます。

食べ物にも気をつけてみた

紙パックのままコーヒーを一気飲みしている女性出典:We heart it

肉系を多く食べていると体臭が臭くなるらしいのでお肉は控えました。

また、乳酸菌を飲んで腸内環境も整えるようにしました。

一見、足のにおいとは関係のなさそうなことではありますが、これがまた自信にも繋がってよかったのです。

もはや少しでも足の臭いが解消されればそれでいいという気持ちが強かったです。

野菜も香りが強いものは避けました。

汗っかきなのですが、老廃物を出すためにも水分はなるべく細目に摂取しました。

また、食べ物のみならず運動も心掛けました。

軽く汗をかく程度にランニングをしてみました。

帰ってから自分の足の臭いに落ち込みましたが、体質改善としては良かったと思います。

靴下の洗濯も工夫してみました

手を組んで考えごとをしている様子出典:We heart it

靴下の臭いをとるには、最初にお湯を使って靴下の足の裏部分に洗濯用の固形石けん(ケイ酸塩入り)をたっぷりつけて泡立ててよく洗ってから洗濯機に入れて洗ってみました。

洗濯用固形石けんで洗ってからなら、他の洗濯物と一緒に洗っても臭いは移りませんでした。

その後、液体ではなくて粉の酸素系漂白剤(「ワイドハイター粉末タイプ」や「カラーブライト」等)を50~60度のお湯1リットルに対して大さじ1杯程溶かした液の中に1~2時間くらい浸け置きしておくと靴下の嫌な臭いが消えました。

本当に様々な方法を試したのですが、しつこくやり過ぎたのか足の裏の皮膚が荒れてしまって何もできない時期もありました。

しかも、場合によっては逆効果となることもあるみたいです。

また、1度に色んな方法を試すとものすごくお金がかかります。

心身共に良いことはないので、過度なケアのし過ぎにはくれぐれも注意してください。

効果があるものが見つかっても2~3日に1回に留めるなど制限を設けた方がよいです。

1番ひどかった時は余程肌に合わなかったのか、足の裏の皮膚がガサガサになり、お風呂に入るとヒリヒリと痛むこともありました。

しばらくしたら皮膚が再生されたのか良くなったのでよかったですが、下手をしたら悪化して皮膚科にいかなければならない状態になっていたのかもしれません。

ある人の言葉に救われた

公園で見つけた花を髪の毛に付けている女性出典:We heart it

ある日、そこまで親しいとも言えない人へ思い切って

「私って足が凄く臭いんだよね」

と言ってみました。

すると、その人は

「みんなそうだよ。誰だって臭いよ」

と言ってくれました。

すぐさま私は

「気を遣ってそう言ってくれているだけでしょ?」

と聞き返しました。

しかし、その人は

「そうではないよ。本当に、みんな自分の足の臭いを気にしているものだよ」

と言いました。

そこでハッとしたのですが、もしかしたら、本当にみんなは自身の足のにおいを気にしていて、たとえ相手の足が臭かったとしても自分の足が臭くないかといったら自信がないので、暗黙の了解としているのかもしれないと気づきました。

足の臭いは自分が気にするほど強くなっていることがわかりました。

何も気にしていない時は足の臭いが気にならず、自分が心配をしている時に強く臭いを感じるようになりました。

「もしかして、気持ちの問題なのかも?」

とやっと気づくことができました。

病は気からではないですが、気にし過ぎても良くないのだなと心を改めることに決めました。

帰宅してすぐに靴を乾かし、足をすぐに洗う習慣は続けましたが、足の臭いについては大きく捉えないことにしました。

寝る時にはアロマを漂わせてみたり、リラックスする時間もなるべく設けるようにしました。

自分の経験をもとに人にアドバイスが出来るようになった

部屋の窓から外を見ている女性たち出典:We heart it

インターネットを見ていると、意外と自分と同じような悩みを抱えている人が多くいることに気づきました。

間接的にではありますが、そのような人達へ自分なりにアドバイスを与えてみたりもするようにしてみました。

自分だけではないと思えるだけでも心強くなるものです。

今思えば、1番問題だったのは、悩みを自分の中で全て抱え込んでしまっていたところかもしれません。

言いづらい悩みではありましたが、勇気をもって人に思い切って聞いてみたらよかったと少し後悔しています。

何年もかけて悩み続けたコンプレックスだったからこそ、その後悔もやや大きいですが、これも深く考えないようにすることにしました。

年齢と共に悩みも移り変わっていくものです

好きな音楽を聴きながらワインを飲んでいる女性出典:We heart it

これまた面白いのが、足の臭いで悩んでいたはずなのに、歳をとればとるほど悩みは移り変わっていって、今ではさほど足の臭いが気にならなくなりました。

むしろ、どうして自分がそこまで深刻に悩んでいたのかすらわからないくらいに悩みは解消されてきました。

もちろん、様々な消臭対策を身に着けたことによる結果もあるとは思います。

コンプレックスは身体だけでなく心の問題でもあるのかもしれません。

また、思春期は特に体臭が強くなることもあるらしいので一過性のものだったのかもしれません。

就職して間もない頃の足の臭いも、まだまだ成長期の延長にあったのかもしれません。

その時その時の悩みはどれも深刻なものですが、時間が経ったら解決する可能性もあることを覚えておいてください。

そして、悩みに囚われず、今やるべきことは何なのかをよく考えて時間を奪われないように気をつけましょう。

written by 斎藤 ゆかり

Top image via Weheartit

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44150 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ