NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年08月05日 更新 | 10,125 views

アトピー患者に心ない言葉をかけないで。未だに続くアトピーとの戦い[体験談]

大学生生活、とうとう就職活動の時期を迎えました。ですが、アトピーのせいで私は苦しい思いをしてしまいます。就職活動をする女子学生は基本メイクをして就職活動をするのがマナーですが、アトピーの私はメイクができません。理由があってノーメイクで就職活動をしているのに、企業からは偏見を持たれてしまいます。

屋上から下の様子を見ているロングヘアーの女性出典:Weheartit

「○○ちゃんのが移りそう」「○○ちゃんのアトピーが移るから一緒にプール入りたくない」こんな言葉を幼少期クラスメイトから私は掛けられました。

私はアトピー性皮膚炎だったのです。子供って残酷ですよね、本人が一番気にして苦しんでいるのを簡単に口に出して人を傷つけるんですから。

とにかくかゆい

小学生くらいまではひじや膝の裏側にアトピーができ、赤いぶつぶつで見た目も気持ち悪く、猛烈な痒さからあまり眠れませんでした。

またいつも患部はかさぶたができてははがれるのを繰り返していたため、皮膚がひきつり痛みがある、でもかゆいそんな状態を繰り返していました。

治療をさせない母親

崖の上から壮大な景色を見ている女性出典:Weheartit

「ステロイドは副作用がすごいから使わない」母はとにかくオーガニックなものが良いと妄信していたため、アトピーで苦しんでいる私を皮膚科に連れていくことさえしませんでした。

母はきちんとした知識もないのに現代医療を否定し、私が適切な医療を受ける機会を損ない無駄にアトピーで苦めました。

子育てママさんたちに注意してほしいのが、オーガニックや、自然療法を妄信するのは良くないということです。

子供が適切な医療を受ける機会を損なうのは「虐待」だと思います。

もし今オーガニック製品や、自然派サプリメントで病気が改善すると信じている人がいたら、少し冷静になって下さい。

医薬品、医療機器以外で病気が改善されることはありません。

本当にその製品はお子さんや貴方の体調を改善しますか?悪質な業者のセールストークに騙されていませんか?スーパーや量販店で売られている製品は体に有害だと過剰に思いこんでませんか?

急激にアトピーが悪化した高校時代

鋭い顔をして森の中にいる赤い髪の女性出典:Weheartit

これまで悪化と寛かいを繰り返してきたアトピー性皮膚炎ですが、高校2年生の夏原因不明の悪化が生じてしまい、多感な時期であったため酷く落ち込んでしまいました。

今までは肘と膝の裏側だったのが首や、背中、下着の締め付けのきつい部分にまでアトピー性皮膚炎になってしまったのです。

当時私は高校生だったので自分で皮膚科を受診できたのが唯一幸いでした。

しかしとても苦しかったのがアトピー性皮膚炎が広範囲にできたのでかゆくて何事にも集中できずとても辛い思いをしました。

とくに首の症状が酷く薄い皮膚が突っ張るのがきつかったです。

当時はステロイドで治療していたのですが、治る過程で皮膚がはがれ、それが制服や肩についてフケみたいで、嫌で嫌でしょうがなかったです。

ついに顔にまでできたアトピー性皮膚炎

金箔を顔中に貼り付けている女性出典:Weheartit

大学に進学したころ、高校生のときには校則で禁止されていたメイクもできるようになり楽しみにしていたのですが、本格的にメイクしたいと思っていた矢先、なんか顔の皮膚が突っ張る、赤くなる、皮膚片が剥がれおちる。

そうとうとう顔にアトピー性皮膚炎ができたのです。

加えて、髪を染めようと美容院に行き、心配なのでパッチテストをしてもらうと、すぐに染料を置いた腕の部分がみるみる赤く腫れあがり、かゆくなったのを覚えています。

すぐに皮膚科で薬で処方してもらったのですが、アトピー性皮膚炎に使うステロイドは免疫を抑えるので小さいニキビがポツポツできるようになったのです。

今まで乾燥肌のせいかニキビとは無縁だったので心底がっかりしました。

とくにこめかみにかけてのフェイスラインのニキビが頑固で、治ってはできるの繰り返しです。

しかも、皮膚科でニキビ用の抗菌薬を処方してもらっても全然効かず……いつもフェイスラインは乾燥している割にニキビができる、頬にも小さいニキビができる。

でも薬を塗るのを止めるとアトピー性皮膚炎がが悪化して赤くなったり、かゆかったりして気持ち悪く不快。

この治療のジレンマにとても苦しめられました。

おしゃれを楽しみたい年頃に、メイクも染髪もできないなんてストレスが溜まりました。

ニキビの治療費年間50万円

髪の毛が風になびいて顔が覆われている女性出典:Weheartit

前回の項目で書いたように、治療のジレンマでニキビとアトピー性皮膚炎がが治らない苦しみを何とか解消しようと、ネットサーフィンで見つけた美容皮膚科の治療を受けることを決意しました。

しかし美容皮膚科なので保険が使えず、一回3万円から5万円くらいの金額がかかりました。

また治療方法も針でニキビができる毛穴を刺すので結構痛い!

痛みに慣れるまでいつも涙目で治療に耐えていました。

針を刺した後の毛穴は、分泌物やら血液やらでかさぶたができ、1週間くらいは酷いみた目になるのです。

私はこのニキビ治療にアルバイト代をほとんどつぎ込み約3年くらいニキビ治療にあてました。

メイクしたくても

正面を見つめているぱっちり二重で色白の女性出典:Weheartit

大学生になってメイクしようと手始めにドラッグストアのコスメを一式そろえて化粧をしてみました。

が、乾燥肌なうえにアトピー性皮膚炎で皮膚が剥がれるのでメイクのよれ、ひび割れが酷く、同級生の子と比べても酷いものでした。

最初は化粧下地がもっと潤うものであればいいかな?とかファンデーションをパウダータイプからリキッドタイプにすれば解消されるかな?と色々なプチプラコスメを買いあさっては試し、プチプラが駄目になればデパートのカウンターコスメを買いあさっては試しました。

いつの間にか私のメイクボックスは使わないコスメで溢れかえり、ほとんど使っていないにも関わらず、購入金額の半額以下でオークションで処分しました。

お金もなくなった上に、自分に合うコスメも見つからず途方に暮れていました。

アイメイクでまぶたが炎症をおこし……

海辺に来て強風で髪の毛が乱れている女性出典:Weheartit

どうしてもメイクしたかった私は、アイシャドーにマスカラ、アイラインなどのアイメイクも沢山試しました。

しかしアトピー性皮膚炎でしかも皮膚が薄い私はまぶたを摩擦したせいで、まぶたが赤くはれ、ヒリヒリするようになります。

この症状が出た時は急いでメイクを止め、ひたすら皮膚科でもらった保湿クリームと薬を塗って皮膚のコンディションが改善されるのを待ちました。

また花粉症持ちの私は時々目がかゆくなるのと同時に、まつ毛の生え際がかゆくなり炎症を起こすことがありました。

酷い時には目の周りのまつ毛が生えている部分の粘膜が腫れ、強いかゆみに襲われ、ついにまつ毛か抜け始めたのです

まつ毛の抜けた自分を鏡で見ると、まるでホラー映画に出てくる幽霊さながらの人相です。

付けまつ毛を利用しようものなら、付けまつ毛の接着剤にかぶれ二重がひとえになるくらい瞼が腫れました。

おまけに眉毛にニキビとアトピー性皮膚炎が表れ眉毛も抜けました。

人相がすごく悪くなり、夏で蒸し暑いにも関わらず、コンビニに買い物に行くときでさえ帽子、サングラス、マスクで行っていました。

この症状が悪化すると髪の毛の生え際まで炎症が起き軽く毛が薄くなり酷くショックを受けたのを今でも覚えています。

こんな顔じゃ外に出られない!私は皮膚科を受診する以外は家に引きこもっていました。

暗い部屋に座り込んで一点を見つめている女性出典:Weheartit

就職活動の時期になると、就活メイクの講習があったりと、女性はメイクしていないと非常識な空気です。

そんな中私は、アトピー性皮膚炎のせいでノーメイクで就活をしていました。

合同説明会などで周りの女子学生はメイクしているのに私はノーメイク。

この劣等感や、みじめな気分はもう二度と味わいたくありません。

追い打ちをかけるように、面接では「化粧してないけど何か理由でもあるの?」などの質問をされ、「アトピー性皮膚炎なので化粧が出来ない」旨を伝えると、なんだか奇妙な顔をされたり、変な思想や考えを持っているのではと遠回しに聞かれたり、社会性や、コミュニケーションに問題あるのか、協調性に欠け、頑固な性格をしてるのではと、人格を疑うような質問をされたりしました。

すべての人がアトピー性皮膚炎に理解を持っているとは思いませんが、アトピー性皮膚炎は病気です

病気の人は好きで病気になったわけではありません。

ましてその病気で苦しんでいます。こんなに無神経な質問できるなんて面接官の人格の方がどうかしています。

私は何度も心の中で「私は好きでアトピー性皮膚炎になったわけじゃない!!!」と叫びました。

デリケートな部分もアトピー性皮膚炎に

砂浜を無言で裸足で歩いている女性出典:Weheartit

最近遂にデリケートな部分もアトピー性皮膚炎になりました。

トイレで用たすたびに沁みてとても辛いです。

ティッシュで拭う時もそっとしないと痛みがあり、患部から出てくる分泌液が乾くとかさぶたになり、それが下着を汚します。

生理の時はもっと悲惨です。ナプキンにかぶれたりして、猛烈にかゆく、薬を塗っても血液で流れて?しまうのであまり効きません。

デリケートな部分がかゆいので人前で手でさすったり、掻いたりすることもできず。

フラストレーションがたまります。そればかりか、アトピー性皮膚の炎症が原因で陰毛が抜け落ち、吹き出物もできました。

ステロイドを塗ると免疫が下がるのでニキビはもちろん、酷いとカンジダになったこともあります。

そのたびに婦人科のお世話になり医療費もかかるので経済的に困窮します。

体中アトピー性皮膚炎の色素沈着で

絵の具で汚れている手出典:Weheartit

アトピー性皮膚炎で困ったのが、炎症による色素沈着で皮膚に色ムラがあることです。

顔でさえアトピーの炎症が酷いところ、軽いところで色ムラがありかなりのコンプレックスになっています。

私は化粧品が使えない体質なので体の中から美白しようとビタミンCを摂取したりしましたが、目立った効果もなく体の皮膚がまだらのままです。

現在は美容皮膚科で顔と首のみレーザー治療をして徐々に改善されてはいます。

このレーザー治療はアトピー性皮膚炎にも一定の効果があるので、痒みや炎症も抑えられて快適に過ごせています。

しかし一回5万円から7万円かかるこの治療を続けるのは経済的に厳しいのです。

月に1回、多い時で2回受けるのがやっとです。

公的な補助が少しでもあれば嬉しいのですが、アトピー性皮膚炎は患者数が多いのにも関わらず、あまり重要な疾患として認められていないのが現状です。

日焼け止めを塗れないからしみが

山の上から双眼鏡で見ている女性出典:Weheartit

日焼けって老化の原因や、しみの原因になりますよね。

その上アトピー性皮膚炎は日光を浴びると悪化します。

私は日焼け止めも塗れないので、日傘や、帽子で防いでいます。

なのに同世代と比べてシミ、ソバカスも多く、アトピーの炎症で皮膚はカサカサ。

美容面でこんなに損する病気ってないと思います。

元来私は色白なので、できたシミやソバカスが目立ち、老けている印象がありコンプレックスになっています。

私だっておしゃれを楽しみたいし、スポーツだって楽しみたいのです。

どうしたら治るんだろう

砂浜で花束を貰って喜んでいる金髪の女性出典:Weheartit

アトピー性皮膚炎はあたしの場合、汗をかいても沁みるのでどうしてもプールや、暑い時期は苦手です。

とくに長時間歩いて汗をかくと下着の締めつける部分や、胸のあたりが猛烈にかゆくなり炎症を起こします。

薬を塗って炎症を鎮めることはできますが、体質を変えることはできないのです。

以前DNA診断をした時、アトピー性皮膚炎を起こす遺伝子がいくつが発現していたことがわかりました。

人は生まれ持った遺伝子を書き変えることはできないので諦めるしかないのでしょうか?わたしはずっとこの不快な症状から逃れられないのでしょうか?考えただけでも気が滅入ります。

私はこのアトピー性皮膚炎が原因で恋愛にも積極的になれず、それどころか、剥がれおちる皮膚片がフケのようで不潔なので、彼氏もできたことがありません。

コンディションによっては頭皮にもアトピー性皮膚炎ができるので本当にフケのように見えます。

陰で「あの女は不潔」と言われていたこともありまして。

毎日お風呂に入って、きちん洗濯した衣類を着ているのに、、シャンプーも毎日しているのに。どうしてこんなに苦しまなければならないのでしょうか? 

職場でも不潔と思われているのか、飲み会なやランチで私と一緒に食べてくれる人はいません。

私は見た目は酷いかもしれませんが、きちんと清潔にしているし、アトピー性皮膚炎の治療だって沢山お金を掛けて行っているんです。

周りの人全てに責任があるわけではないかもしれませんがもう少し疾患に配慮してほしいです。

Top image via Weheartit

written by ミクタン

お悩み別人気クリニック

東京

シロノクリニック銀座院

JR有楽町駅より徒歩3分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

横浜

シロノクリニック横浜院

横浜駅直結

詳しく見る

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44101 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ