NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年11月05日 更新 | 3,284 views

メソセラピーで小顔&痩身!脂肪溶解注射のメリット、デメリット

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太が監修しています。

日本で人気の高いメソセラピー、脂肪溶解注射。ダウンタイムなどの体への負担が少ないにもかかわらず、効果が実感しやすいのが魅力で、4週間に1度の施術を5~6回受けると満足感が得やすいそう。費用は1回3万円程度です。仕上がりの左右差や皮膚のたるみ、リバウンドなどのデメリットもあるので注意が必要です。ほかの選択肢として、脂肪吸引、脂肪冷却、超音波痩身、レーザースタイリング、BNLS注射も検討してみても良いでしょう。

全身どこでも部分痩せができる脂肪溶解注射、「メソセラピー」は、小顔になりたいという願望を叶える施術法です。

注射だけの施術にもかかわらず効果が高く、リバウンドしづらく、脂肪吸引と比較して、腫れや痛みが出にくいというメリットがあります。

ただ、効果の現れ方には個人差があり、腫れや痛みが長引いたり、左右差ができたりと、失敗や副作用も。

もし、メソセラピーで失敗しないコツを試しても、効果を感じられなかった人は、別の施術法で痩身を図ると良いかもしれません。

ここから書いてあること

【メソセラピーとは?】

  • 注射器で皮下に薬剤を注入して治療や美容効果を得る施術
  • 大豆などの植物から作られた成分を注射する
  • 痩身施術の中ではかなり安全性の高いもの

溶けた脂肪細胞は自然と体外へ排出される!

メソセラピーとは?

お腹のメソセラピーの施術の写真

メソセラピーとは、注射器で皮下に薬剤を注入し、治療や美容効果を得る施術法の総称です。

日本でメソセラピーといえば、脂肪溶解注射のことを指します。

メソセラピーで痩せる原理は、脂肪溶解注射の主成分であるフォスファチジルコリンが脂肪細胞を破壊するから。壊れた脂肪細胞は、老廃物とともに体外へ排出され、痩身効果を得ることができます。

フォスファチジルコリンは、大豆などの植物から作られた成分で、その安全性から高脂血症の治療に用いられることもあります。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

本来、『メソセラピー』の用語は、薬剤を皮内(皮膚の中)もしくは皮下の浅いところに打つことを言います。しかし、日本では、ホスファチジルコリンを主成分とした従来の脂肪溶解注射を指して使うことが多いです。

ここから書いてあること

【メソセラピーの効果】

  • 体への負担を最小限にして痩せることができる
  • とくに二重あごの改善やアゴを細くするのにおすすめ

【どんなメリットがあるのか?】

  • 切開せず注射だけなのに効果が高い
  • 痩せたいところを狙い撃ちできる
  • 仕上がりがきれいになりやすい
  • 脂肪細胞の数自体を減らすからリバウンドしにくい
  • 注射だけだから腫れや痛みが出にくい
  • 注射だけだから施術時間が短い

メソセラピーの効果やメリット

メソセラピーは体への負担が少なく、手軽に部分痩せができるというメリットがあります。

とくに二重あごや頬を細くするのに適していて、小顔になりたいという願望を叶えてくれる施術です。

切開せず注射だけなのに効果が高い

注射器の写真

メソセラピーは、切開せず注射だけなのに、小顔効果が実感しやすい魅力的な施術です。

フェイスラインは、ダイエットやエステでは痩せにくいところ。脂肪溶解注射は、痩せにくいフェイスラインを、複数回の施術で細く、形よくすることが可能。

フォスファチジルコリンによるメソセラピーの小顔効果は、脂肪細胞が体外に排出される3週間後に現れ、その後は4週間に1度のペースで3~6回ほどの施術を受けることがおすすめ。

整形手術とは異なり、まわりに気づかれずに顔痩せすることができます。

痩せたいところを狙い撃ちできる

メソセラピーは、太ももや二の腕はもちろん、二重あごや頬など、気になるところをピンポイントで細くすることができます。

ですので、ダイエットしたけれど顔だけ痩せなかった、などの顔だけ太って見える人に最適です。

また、メソセラピーは、痩せにくい太ももや二の腕を細くして、美しいボディラインに整えることができます。

ここさえ痩せていればきれいに見えるのに、痩せにくいこのパーツをなんとかできれば……そんな理想を叶えるのが、メソセラピーなのです。

仕上がりがきれいになりやすい

美しいボディの写真

メソセラピーは、仕上がりがきれいになりやすいということで人気があります。

注射器で少量ずつ薬剤を注入するので、顔の形が突然変わったり、痩せすぎたりという失敗が少ないのが特徴。

4週間に1度の脂肪溶解注射をくり返すことで、気になる部分を少しずつ細くし、理想的な小顔になれるでしょう。

脂肪細胞の数自体を減らすからリバウンドしにくい

メソセラピーは、リバウンドしにくいといわれています。それは、脂肪細胞の数自体を減らすからです。

脂肪細胞は、カロリーの摂取量や運動量によって、膨らんだり縮んだりをくり返しています。

よって、脂肪細胞の数は変わらないので、ダイエットに成功したとしても、不摂生によって簡単にリバウンドしてしまうのです。

注射だけだから腫れや痛みが出にくい

メソセラピーの施術は、脂肪吸引と比較して、腫れや痛みが出にくいのがメリットです。

脂肪吸引や整形手術は、メスで皮膚を切開したり、体の組織を抜き取ったりするので、腫れや痛み、内出血が出やすいもの。

それに対して、脂肪溶解注射は、極細の針で薬剤を注入するだけ。腫れや赤みを最小限に抑えて、自然な痩身を実現します。

注射だけだから施術時間が短い

時計を持った女性の写真

メソセラピーは、施術時間が短くて済みます。顔への施術なら、およそ10分で完了

そのため、休日前の仕事帰りなどに気軽に施術を受けられるので、継続しやすいところがポイントです。

ここから書いてあること

【メソセラピーは体のどの部分に注射できるの?】

基本的にはどこに打ってもOK!

脂肪がある場所ならどこでも効果を実感することができる。

痩せにくい場所・セルライトのある場所にメソセラピーをするのがとくにおすすめ。

注射するとたるみの防止にもなるようです。

メソセラピーが適用できる部位

メソセラピーが適用できる部位は、脂肪がある部分ほぼすべて

ダイエットや運動で痩せにくい下半身や二の腕を、数回の施術で細くきれいにすることができます。

メソセラピーが適用できる部位

  • お腹
  • お尻、太ももとの境目
  • 太ももの内側
  • 太ももの外側
  • 膝周り
  • ふくらはぎ~足首
  • 背中
  • 二の腕

メソセラピーは、冷えやすい女性の天敵、セルライトの解消にも役立ちます。

また、脂肪を減らすとともに、たるみを軽減することができるので、若々しい顔、体に整えることが可能です。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

メソセラピーは、腫れ、痒みが生じるため、鼻を含む顔にはとても使えるものではありませんでした。主に二の腕や太もも、お腹などに使われていました。

ここから書いてあること

【メソセラピーがおすすめな人】

頑固なセルライトを除去したい人忙しい人に人気のある施術。

メソセラピーがおすすめな人

考える女性の写真

メソセラピーは、脂肪が気になる人、部分痩せしたい人におすすめの施術です。

とくに、頑固なセルライトを取りたい人や、忙しくてエステや脂肪吸引する時間の取れない人のダイエットを助けます。

  • 周囲に気付かれずに部分痩せしたい人
  • ダイエットで痩せないところを細くしたい人
  • セルライトをなんとかしたい人 
  • ボディラインを整えたい人
  • 脂肪吸引はしたくない人
  • ダウンタイムは短いほうがいい人
  • ダイエットがうまくいかない人

ここから書いてあること

【施術にかかる時間】

→手のひらサイズを施術するのにおよそ10分程度かかります。

【痛みはどれくらい感じるのか?】

→注射器を注入するときに少し痛みが・・・

皮膚の薄い部分には事前に麻酔を打ってくれることが多い!

【効果を実感するまでどれくらいかかる?費用は?】

→2週間に一度の施術で、5~6回目で明確な効果を感じることが多い。費用は3万円前後。

メソセラピーの施術にかかる時間、痛み、費用の相場

たくさんのドル札の写真出典:We Heart It

メソセラピーの施術時間、痛みの度合いや費用の相場は、具体的にはどのようになっているのでしょうか?

メソセラピー施術はどれくらい痛いか、麻酔はするのか

メソセラピーは、注射器を挿入するときと、薬剤を注入するときに、軽い痛みがあります。

肌が敏感なところや皮膚の薄いところは痛みを感じやすいため、局所麻酔や細い注射器を使用してくれるクリニックも。

クリニックによっては、表皮麻酔や局所麻酔など、麻酔の種類が異なることがあるので、事前に確認することが大切です。

1回の施術にかかる時間

メソセラピーの1回の施術時間は、先述のように手のひらサイズの面積で、およそ10分

麻酔を併用する場合、麻酔が効くまで時間がかかり、施術時間とは別におよそ30分の時間が必要となります。

効果が実感できるまでの期間や通院回数

メソセラピーは、脂肪溶解注射によって溶けた脂肪が、老廃物として体外に排出できたときに痩身効果を得ることができます。

溶けた脂肪が体外に排出されるのには時間がかかるため、効果が実感できるのは2~3か月後

また、2週間に1度の施術を、5~6回受けると、目に見える効果を感じることができます。

費用の相場

メソセラピーの費用は、1回およそ3万円

クリニックによっては、主成分フォスファチジルコリン以外にも、美容成分を豊富に配合していることがあります。

そのような場合では、費用が3~6万円と高額になります。

メソセラピーの失敗例や副作用

悲しむ女性の写真

メソセラピーの施術を受ける前に大切なことは、失敗例や副作用を知っておくこと。

そうすれば、もしも脂肪溶解注射で失敗したときに、どう対処すればいいか考えることができます。

また、失敗しない方法を事前に考えておくと、いざというときに慌てずに済むでしょう。

腫れや痛みがひどかった

体への負担が少ないとされるメソセラピーですが、腫れや痛みがひどく現れることがあります。これは、メソセラピーの主成分、フォスファチジルコリンが、脂肪を溶解する際に炎症を起こすためです。

症状は、腫れやむくみ、筋肉痛のような痛みで、痛みとともに内出血する人もいるのだそう。

腫れや痛みが長く続く場合は、施術に失敗した可能性があるので、すみやかにクリニックに相談することがおすすめです。

仕上がりに左右差ができてしまった

メソセラピーによる施術で、仕上がりに左右差ができることがあります。

脂肪溶解注射は、医師の技術を要する施術。左右均等に薬剤を注入しなければ、痩身効果の現れ方に違いが出て、左右のバランスが乱れてしまうのです。

とくに、ほかの部位より左右差が目立ちやすい顔の施術では注意しましょう。

皮膚がたるんで肌が凸凹してしまった

急激なダイエットをすると、皮膚がたるんで肌が凸凹になりますよね。メソセラピーでも同じことが起こります。

その理由は、脂肪溶解注射によって脂肪は縮んでも、伸びた皮膚は縮まないから。

また、均等に薬剤を注入することに失敗すると、縮む脂肪と縮まない脂肪が出てしまいます。その結果、皮膚のたるみが出やすくなり、肌の凸凹が目立つようになるのです。

効果を実感できないことがあり、結果的にコストがかかる

脂肪溶解注射のメソセラピーでの痩身は、効果を実感するまでに時間がかかります。そして、なかには効果を実感できなかったという人も。

実は、1回の施術でメソセラピーを注射することのできる範囲は、とても狭いのです。体への負担を軽くするため、薬剤の量も少なくなっています。

そのため、効果を得られるまでには、複数回注射しなければなりません。

脂肪溶解注射は、1回につき平均3万円で施術可能ですが、注射をくり返すことで、費用が高額になってしまうというデメリットも生じます。

リバウンドしてしまった

メソセラピーで痩身できても、リバウンドしてしまうことがあります。

脂肪溶解注射で縮んだ脂肪は、カロリーを過剰に摂取すると再び膨らんでしまうからです。

また、運動不足になると、燃焼する脂肪が減ります。

メソセラピーの痩身効果を持続させるためには、カロリー摂取に注意して、適度な運動を心がけることが大切です。

ここから書いてあること

【メソセラピーで失敗しないために必要なこと】

  • 値段やランキングサイトを見てクリニックを選ばない
  • 念のためダウンタイムを考えた期間にする
  • カウンセリングで適応や効果、費用を相談する
  • 油断せず節度ある生活を心がける

メソセラピーで失敗しないために必要なこと

PCの写真

メソセラピーの失敗例や副作用を知ると、施術を受けるのが怖くなったかもしれません。

けれど、4つのことを心がければ、メソセラピーで失敗する可能性を減らすことができます。

値段やランキングサイトを見てクリニックを選ばない

クリニックを選ぶ際には、値段やランキングサイトを見て決めないことがおすすめです。

メソセラピーの値段は、クリニックによってさまざま。つい安いクリニックに目が行きがちですが、安いのには理由が必ずあります。

それは、薬剤を薄めたり、効果のない成分を多く入れたりする、という悪質なケースです。

また、ランキングサイトは、クリニックが作っていることが多いもの。勧誘のために良い情報だけを載せている場合があるので、信用しすぎるのは危険かもしれません。

メソセラピーの施術を受けるときは、症例写真を掲載している、実績のあるクリニックを探すことが重要です。

そしてクリニックの情報にしっかりと目を通して、信頼できると思うところを選ぶようにしましょう。

念のためダウンタイムを考えた期間にする

メソセラピーを受けるときは、ダウンタイムを考えた期間にすること。

体への負担が少ない脂肪溶解注射ですが、痛みや腫れが強く出ることがあります。場合によっては、強い副作用で、仕事に行けない……なんていうことも。

メソセラピーの施術を受ける日は、週末や休日がおすすめ。日常生活に支障のない日を選ぶようにしましょう。

カウンセリングで適応や効果、費用を相談する

カウンセリングのときに、希望の部位にメソセラピーが適応するかどうか、効果の現れ方、費用について相談することが大切です。

相談のコツは、どこをどのようにボディメイクしたいのか、自分の意思をはっきりさせてから医師に伝えること。

そうすることで、脂肪溶解注射が適応するかどうか、理想の体型になれるかどうかがわかります。

また、カウンセリングの際に、何回ほどメソセラピーの施術を受ける必要があるか、費用はどの程度か、を確認することも大切。

カウンセリングの対応が不親切なクリニックは、要注意です。

失敗したときや副作用が出たときに対応してくれない、効果が現れないなどのトラブルになる可能性があります。

油断せず節度ある生活を心がける

美しいスタイルを維持するためには、油断せずに節度ある生活を心がけることが大切です。

メソセラピーの痩身効果だけに頼るのではなく、カロリーの摂取や運動不足に気をつけること。

そうすれば、リバウンドを防ぎ、痩身効果を長く保つことができます。

ここから書いてあること

【メソセラピー以外でおすすめの痩身施術!】

  • 脂肪吸引は即効性あり!
  • 脂肪冷却はリバウンドしにくい!
  • 超音波はダウンタイム少なめ!
  • レーザースタイリングはたるみも改善!
  • BNLS注射は副作用が少ない!

効果が感じられなければ別の痩身治療もあり

考える女性の写真

脂肪の量や体質によっては、メソセラピーの効果が感じられないことも。

そんなときは、別の痩身治療を検討してみましょう。

痩身治療には、メジャーな脂肪吸引から、脂肪冷却、超音波痩身、小顔専門のBNLS注射などがあります。

脂肪吸引

脂肪吸引とは、痩せたい部分の脂肪細胞を吸引して、痩身効果を得る施術法。

メソセラピーは痩身効果を感じるまでに時間がかかりますが、脂肪吸引なら、脂肪細胞を吸引してすぐに痩身効果を得ることが可能です。

脂肪吸引の費用は、比較的面積の狭い顔や二の腕、お尻ならおよそ10~40万円。ふくらはぎ、太ももはおよそ15~70万円。もっとも面積の広い、お腹はおよそ20~100万円となっています。

脂肪冷却

脂肪冷却とは、痩せたい部分の脂肪を皮膚の上から冷却し、痩身効果を得る施術法。ポピュラーな脂肪冷却は、クール・スカルプティング(ゼルティック)です。

人間の脂肪細胞は、4度まで冷却すると細胞としての機能を失い、老廃物として体外に排出されます。冷却後、1~3か月で痩身効果を得ることができます。

皮膚は0度、血液やリンパ液は-18度にならなければ傷つかないため、安全に部分痩せすることが可能です。

また、脂肪冷却はリバウンドしにくいので、ダイエットに何度も失敗している人におすすめの施術といえるでしょう。

脂肪冷却の費用は、1部位およそ10万円です。

超音波痩身

超音波痩身とは、超音波によって脂肪細胞を破壊し、老廃物として体外に排出する施術法。

腫れや痛みのあるメソセラピーとは異なり、超音波痩身は腫れや痛みなどのダウンタイムがないというメリットがあります。

脂肪吸引に比べて即効性はやや劣るものの、体への負担が少なく、安全に痩身することが可能です。

ウルトラアクセント

ウルトラアクセントとは、せん断波という超音波を使った施術法。脂肪細胞のみを破壊し、痩身効果を得ます。

テノール(高周波)を併用することで脂肪細胞の排出を促し、肌を引き締める効果が。

費用は、10センチ角でおよそ9,000円です。

キャビテーション

キャビテーションとは、特殊な超音波で脂肪細胞のみを破壊し、痩身効果を得る施術法。

丁寧なリンパマッサージを併用することで、溶けた脂肪を老廃物とともに体外に排出しやすくします。

キャビテーションには、メソセラピーよりもお手頃な価格で、リバウンドのない痩身効果を得ることができるというメリットもあります。

費用は、1部位およそ1~2万円です。

ウルトラシェイプ

ウルトラシェイプとは、特殊な集中式超音波で脂肪細胞を破壊する施術法。

メソセラピーのように、施術する部位を集中的に痩身できるだけでなく、リバウンドがないというメリットが。

ウルトラシェイプの照射前後に、RF(ラジオ波)で脂肪を温めて代謝を促し、たるんだ皮膚を引き締めます。

費用は、1部位およそ10万円です。

ライポソニックス

ライポソニックスとは、HIFU(ハイフ)と呼ばれる高密度焦点式超音波によって脂肪細胞を破壊する施術法です。

複数回施術を受けなければならないメソセラピーに対し、ライポソニックスは1~2回の施術で痩身可能。1度に破壊できる脂肪細胞の量が多いので、短期間で部分痩せすることができます。

費用は、5センチ角でおよそ1.5~3万円です。

レーザースタイリング

レーザースタイリングとは、直径1ミリ以下の針を皮下に刺し、レーザーを照射して脂肪細胞を直接溶解する施術法です。

脂肪溶解注射のように、注射感覚で施術できるにもかかわらず、1度の施術で脂肪細胞を破壊することができます。

また、レーザーの熱エネルギーが余熱となってコラーゲンの生成を促し、たるみを抑制。痩身とアンチエイジングが同時に叶うというメリットがあります。

費用は、部位ごとに異なりますが、およそ15~30万円です。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

レーザーというとお手軽なイメージですが、内出血が必発と思った方がよいです。

BNLS注射

BNLS注射は、顔専用の脂肪溶解注射です。

メソセラピーと同じ効果がありますが、腫れや痛みといった副作用がほとんど起きません。

さらに、小顔効果が現れるまで2~3か月かかるメソセラピーに比べて、BNLS注射は早ければ3日で効果が現れることも。

BNLS注射には、脂肪溶解成分だけでなく、血液やリンパの循環を良くする成分が含まれています。

これにより、破壊された脂肪細胞が体外に排出されやすくなり、短期間で小顔効果を実感することができるのです。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

フォスファチジルコリンを主成分としたメソセラピーは、2年位前までは用いられていました。しかし腫れやかゆみが著しい、効果がでるまで3週間位かかるといった欠点がありました。

ここ最近では、セイヨウトチノキやチロシンなどを用いた薬剤の方が、腫れが出にくく、効果も数日と早いため、こちらの方が用いられるようになってきています。

セイヨウトチノキやチロシンなどを用いた薬剤はクリニックによって用いられる製剤が異なるため、名前が違います。BNLSを用いているクリニックもありますし、当院では顔やせクイックという名称で提供しています。

メソセラピーで部分痩せしよう

脂肪溶解注射、メソセラピーは、気になる二重あごや二の腕など、部分痩せが叶う施術法です。

メリットもデメリットもあるので、自分に合うかどうか吟味して施術を受けることがおすすめです。

また、メソセラピーで効果が出なくても、脂肪吸引や脂肪冷却など、選択肢は豊富にあります。

あきらめずに、バランスのいい美ボディを目指しましょう!

太もも脂肪溶解注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,500円
湘南美容外科クリニック 8,620円
城本クリニック 20,000円
水の森美容外科 20,000円
聖心美容クリニック 26,000円

※費用は税抜表示です。注射1回分(または1本)の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脂肪溶解注射の体験レポート公開中!

test

-2kg?! 脂肪溶解注射「顔やせクイック」であごの脂肪をすっきりさせてみた

あごの下の脂肪が気になるというモニターのみみさんは、今回品川スキンクリニックで、脂肪溶解注射「顔やせクイック」を受けることに。顔やせクイックは注射を打って脂肪の解消をするというものなので、脂肪吸引のようにダウンタイムが短く済み、仕事で休めない人にもおすすめとされる施術です。

出典:[美容整形体験レポート]-2kg?! 脂肪溶解注射「顔やせクイック」であごの脂肪をすっきりさせてみた|品川スキンクリニック 表参道院

【体重公開】1か月弱でウエスト-17.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに

こんにちは、NICOLYモニター4度目のみみです。今回は品川スキンクリニック表参道院の脂肪溶解注射で気になっていた腰の脂肪を解消することに。脂肪溶解注射は脂肪吸引より安全性の高い施術と聞いていましたが、痛みに敏感な私には施術中の痛みがとても心配でした。でも、施術前に笑気麻酔をしたことで痛みを感じずに施術を終えられ、さらに2週間でウエスト-12センチの痩身に成功しました。

出典:[美容整形体験レポート]【体重公開】1か月弱でウエスト-17.5センチ! 腰の脂肪溶解注射で美くびれに|品川スキンクリニック表参道院

お腹への脂肪溶解注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,500円
湘南美容外科クリニック 8,620円
城本クリニック 20,000円
水の森美容外科 20,000円
聖心美容クリニック 26,000円

※費用は税抜表示です。注射1回分(または1本)の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

お腹への脂肪溶解注射の体験レポート公開中!

test

脂肪溶解注射の地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科 銀座院

東京メトロ銀座一丁目駅3番口すぐ

詳しく見る

大阪

品川美容外科 心斎橋院

心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45870 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ