NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年12月09日 更新 | 1,085 views

「たるみ毛穴」は肌の老化が原因?今すぐ生活習慣を見直そう

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

この記事は、品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香が監修しています。

たるみ毛穴や帯状毛穴は、肌の老化により肌のハリを保っているコラーゲンやエラスチン、保湿効果があるヒアルロン酸などが減少することで起こるとされています。肌の老化は、加齢や紫外線のダメージ、生活習慣の乱れなどが原因であり、生活習慣を見直すことで改善が期待できるでしょう。

「美魔女」という言葉があるように、女性はいくつになっても、若くてきれいでいられることが可能になりつつあります。

実際、40代になっても年齢を感じさせない、若々しく美しい人が周囲には大勢いますよね。

しかし、若い人のなかには、すでに老けて見える人がいるかもしれません。

どうやら、見た目年齢と実際の年齢は必ずしも一致するわけではないようですが、この差はなぜ生まれるのでしょうか?

老けて見える原因はさまざまですが、肌の衰えによる毛穴の目立ちに悩んでいる人が多く見受けられます。

毛穴のなかでも、たるみ毛穴と呼ばれる、開いて伸びてしまった毛穴は、肌の老化の象徴ともいえる現象です。

たるみ毛穴の原因を知り、ハリのある素肌を目指しましょう。

目次

毛穴の役割

女性の鼻元アップの写真

ニキビや毛穴の開き、黒ずみなど、私たちを困らせることが多い毛穴の悩み。

毛穴は、その名のとおり、体を保護する体毛をつくるための器官ですが、そのほかには、どのような役割があるのでしょうか?

毛穴の役割1:肌の保護

女性の写真

毛穴からは「皮脂」と呼ばれる脂と汗が分泌されますが、それらが混ざりあって「皮脂膜」というクリームになり、肌表面を覆っています。

皮脂膜のはたらきは、肌の水分の蒸発を抑えて乾燥を防ぐだけでなく、外部からの刺激や異物からも肌を守ることです。

毛穴の役割2:デトックス

女性の写真

体内の老廃物や毒素はおもに、便や尿、そして汗とともに体外に排出されますが、毛穴は、汗や皮脂といっしょに体内の老廃物を排出します。

老廃物や毒素が排出される割合は、便が約75%、尿が約20%、そして汗からは約5%といわれており、それほど高い割合ではありませんが、デトックス機能を担う器官として、大切な役割を果たしているといえるでしょう。

毛穴の役割3:体温調節機能

女性の写真

寒いときに毛穴は、収縮して体温を逃がさないようにし、暑いときは毛穴が開いて体温を逃がすことで、体温を一定に保っています。

動物は、体毛により空気の層を作って体温を保持しますが、人間は体毛がほとんどないため、体温をキープする毛穴の役割がとても重要です。

毛穴の種類とその原因

女性の写真

毛穴には、体にとって大切な役割がありますが、さまざまな肌トラブルで悩みが尽きないものなのも事実。

反対にいうと、素肌を美しく保つためには、毛穴がきれいであることは必須だと考えられます。

では、おもな毛穴トラブルと、その原因について見ていきましょう。

詰まり毛穴

文字どおり、毛穴に異物が詰まっている状態のこと。

詰まっている異物の正体は、肌の老廃物である角質や皮脂腺から排出される皮脂、落としきれなかったメイクの粒子などが混ざり合った「角栓」と呼ばれるものです。

角栓は、肌を保護する役割を持ち、誰にも存在していますが、過剰に溜まると肌にダメージを与えます。

鼻の毛穴に多く見られ、増えてくると白くポツポツと目立ち、触るとザラザラすることも。

また、見た目が気になるだけでなく、ニキビや吹出物の原因にもなるため、予防と改善のケアが必要になるでしょう。

予防のために大切なことのひとつは洗顔。肌質に合った洗顔料やクレンジングを使い、やさしくていねいに洗うと効果的かもしれません。

また、肌が乾燥すると、皮脂が過剰に分泌されることから、乾燥を防ぐために保湿ケアをしっかり行うことも、毛穴詰まりの解消と予防につながります。

黒ずみ毛穴

女性の写真

もともと、毛穴は肌の内部に向かって落ちくぼんでいるため、トラブルがなくても黒く見えやすいですが、なかには肌トラブルが原因で、黒ずんで見えることがあります。

黒ずみの原因1:毛穴詰まり

毛穴詰まりの正体である「角栓」は、初めは白い色をしていますが、時間が経つにつれ酸化してブツブツと黒くなり、「黒ずみ毛穴」になります。

さらに、角栓のおもな材料である「角質」はタンパク質であるため、普通のクレンジングや洗顔料では落ちにくい性質をもっています。

ですので、角栓が原因である黒ずみ毛穴を解消するには、酵素洗顔や肌表面を溶かすピーリングなどを行いましょう。

また、自分では落とせない頑固な黒ずみは、美容クリニックで治療するのも解消法のひとつ。

黒ずみの原因2:メラニン色素の沈着

紫外線や摩擦などの刺激が原因で、毛穴付近にメラニン色素が沈着して、黒く見えるようになります。

メラニン色素による黒ずみ毛穴を防ぐためには、UVケアを欠かさず行い、できるだけ紫外線を浴びないようにすること、メラニンの生成を抑えるはたらきのある美白化粧品を使うことなどが挙げられるでしょう。

また、できてしまった黒ずみには、メラニン還元効果のあるビタミンC誘導体ハイドロキノン入りの化粧水やクリームなどを使うことで、薄くすることができるかもしれません。

クレーター毛穴

女性の写真

クレーター毛穴とは、ニキビといったものが原因で、毛穴がくぼんだ状態のこと。

ニキビや吹出物は、思春期の成長ホルモンの増加やストレスなどにより、皮脂が過剰に分泌され発症します。

毛穴の中では、皮脂を栄養としてアクネ菌といった菌が繁殖しますが、過剰に繁殖すると毛穴の中で炎症を起こすとされています。

炎症が真皮にまで達し、真皮のコラーゲン組織が大きなダメージを受けると、ニキビが治っても真皮層はもとどおりにならず、クレーターのような凹凸が残るのです。

予防として、アクネ菌といった雑菌の繁殖を防ぐため、正しい洗顔を続けることが大切。

また、ニキビができてしまったら、自分で治そうとせず、早めに医師の診察を受け治療を受けましょう。

たるみ毛穴

女性の写真

たるみ毛穴とは、肌が弾力やハリを失ってたるんだ結果、毛穴がくぼんで広がった状態のことをいいます。

重力により毛穴が下方に引き伸ばされ、本来は丸い形をしているはずの毛穴が、楕円形に広がるのです。

毛穴が目立つ頬のあたりを、指で上部に引き上げたとき、毛穴が目立たなくなるようなら、それは「たるみ毛穴」といえるとされています。

たるみ毛穴の原因は、ひとことでいうと「肌の老化現象」です。

黒ずみ毛穴や詰まり毛穴など、ほかの毛穴トラブルのおもな原因が、皮脂の過剰分泌やメラニン色素沈着であるのと比べ、「肌の老化」という、まったく違う原因によって起こることが、たるみ毛穴の特徴かもしれません。

帯状毛穴

女性の写真

たるみ毛穴がさらに進み、毛穴どうしがつながったように見えるものを、「帯状毛穴」といいます。

つながった毛穴が肌に溝を作りしわのように見え、これを放置すると、本物のしわができる原因となり、老化を加速するでしょう。

たるみ毛穴と帯状毛穴は、どちらも、「肌の老化」が原因で起こる肌トラブルのひとつ。

皮脂の分泌が多いオイリー肌の人は、普段から毛穴が開きがちであるために、たるみ毛穴や帯状毛穴になりやすく、注意が必要です。

肌がたるんで、たるみ毛穴になるメカニズム

女性の写真

なぜ、肌が老化すると、たるみ毛穴になるのでしょうか?

そのメカニズムについて紹介します。

肌がたるむと毛穴が開く理由

そもそも、肌は、表面の表皮その下にある真皮最下層の皮下組織の3層から成り立つもの。

そのなかでも、真皮には、繊維状のタンパク質であるコラーゲンやエラスチン、保湿効果のあるヒアルロン酸が含まれており、肌のハリや保湿に大切な役割を果たしています。

しかし、肌が老化すると、これらの成分が減少し、肌の弾力が失われることに。

弾力性がある肌は、毛穴をキュッと引き締める力がありますが、弾力がなくなるとこの力が弱くなり、結果として毛穴が開きやすくなるのです。

では、どうして、肌は老化するのでしょうか?

そのおもな原因は、「加齢」、「紫外線」、「生活習慣の乱れ」の3つです。

これらにより、長い間に少しずつ蓄積された肌のダメージが、肌の老化を招き、たるみ毛穴を引き起こすとされています。

肌の老化の原因1:加齢

女性二人の写真

個人差はあるものの、一般的には30代を過ぎると、肌のしわやくすみ、たるみなどの老化現象が始まります。

肌細胞の生まれ変わりであるターンオーバーは、20代では、28日間ほどかかりますが、40代以降になるとその倍の時間がかかるそう。

すると、肌の老廃物やメラニン色素は、うまく排出されずに肌に長くとどまります。

また、代謝機能が衰えてくることにより、肌へ十分な栄養分が行き届かなくなることも。

そのため、肌のハリや弾力を保つコラーゲンをはじめとした美肌成分がうまく産出されなくなり、たるみにつながるのです。

肌の老化の原因2:紫外線

脚の写真

「光老化」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

紫外線が、日焼けを引き起こすことはよく知られていますね。かつては、小麦色に日焼けした肌が健康的といわれ、もてはやされていた時代もありました。

しかし、日焼けにより肌が一時的に黒くなるだけでは済まないのが、紫外線の怖いところ。

今では、長期間に渡り浴び続けた紫外線が、加齢以上に深刻な肌の老化現象を引き起こすことがわかってきました。

この紫外線による老化現象を「光老化」といい、肌の老化原因のおよそ8割以上が、この光老化によるものだといわれています。

では、紫外線が肌に与える影響にはどのようなものがあるのでしょうか?

地上に届く紫外線には、波長の長いUV-A波長の短いUV-Bの2種類があり、それぞれ肌に影響を与えています。

UV-A

  • 波長が長いため、窓の閉まった部屋にも入り、真皮層にまで影響を及ぼす。
  • メラニン色素を増やし、肌を黒くする日焼け(サンタン)を引き起こす。
  • 真皮層のコラーゲンやエラスチンを、破壊もしくは変性させる。
  • 肌は少しずつ弾力を失い、たるみやしわの原因に。

UV-B

  • 波長が短いため、真皮層にまでは届かず、肌表面に影響を与える。
  • メラニン色素を活性化して、肌を赤くする日焼け(サンバーン)を引き起こす。
  • 肌の細胞を損傷させるため、将来的にシミや皮膚がんを起こす原因に。
  • コラーゲンを壊すはたらきのある酵素を活性化し、肌の老化を促す。

肌の老化の原因3:生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れによって起こる老化現象には、増えすぎた活性酸素や栄養不足と血行不良、脂肪分の多い食事、睡眠不足、表情筋の衰えなどが挙げられます。

生活習慣の乱れの原因1:活性酸素

女性の写真

私たちが呼吸により体内に取り込んだ酸素の一部は、体内で「活性酸素」という物質に変化します。

活性酸素は、体内で害となる菌を攻撃しますが、増えすぎると脂質と結合し、細胞を酸化させるはたらきが。

酸化で細胞がさびることにより、肌細胞のコラーゲンが弾力を失い、肌がたるんで、たるみ毛穴となるのです。

また、私たちの体には、増えすぎた活性酸素を体内から取り除く抗酸化力が備わっていますが、その能力は年齢とともに衰える傾向にあります。

活性酸素が増える原因は、加齢のほか、ストレスや喫煙などの生活習慣、そして紫外線によるダメージなどがあるでしょう。

しかし、活性酸素を除去する抗酸化物質を摂取することで、たるみ毛穴が改善される可能性があります。

生活習慣の乱れの原因2:血行不良や栄養不足

女性の写真

血液は体中を流れることで、体の隅々にまで栄養分を運んでいます。

しかし、運動不足による筋力の低下や、冷え性などで血行不良になると、酸素や栄養が十分に体中に行き渡らなくなるため、さまざまな体の不調が起こり得るかもしれません。

たるみ毛穴も、血行不良や栄養不良が原因で起こる現象のひとつ。

肌細胞に栄養分がうまく届けられなくなると、コラーゲンやエラスチンの産出が滞り、肌がたるみ、たるみ毛穴になるのです。

血行を良くするには、適度な運動で筋肉を鍛えることや、体を冷やさないことが大切でしょう。

同様に、偏った食生活により栄養そのものが不足することも、たるみ毛穴の原因に。

炭水化物・脂質・タンパク質の3大栄養素に加え、ビタミンやミネラルが豊富な食事を心がけてみてください。

生活習慣の乱れの原因3:脂の多い食事

ハンバーガーの写真

忙しさのあまり、ハンバーガーやポテト、フライドチキンなど、手軽なファストフードで食事を済ませることはありませんか?

ファストフードは、脂肪分が多く含まれるメニューが中心となっており、たるみ毛穴の原因になりかねません。

脂肪分を多く摂取すると、皮脂が過剰に分泌され、毛穴が皮脂で押し広げられます。

だらりと広がった毛穴が、引き締まった毛穴と比べて重力への抵抗力が劣り、たるみやすいということはイメージできるでしょう。

ファストフードのほか、スナック菓子やチョコレート、脂身の多い肉なども、脂肪分が多い食物。

たるみ毛穴にならないために、普段から食事には気をつかいたいものです。

生活習慣の乱れの原因4:睡眠不足

女性の写真

睡眠不足が、美容に悪い影響を与えることは周知のとおりですが、実は、たるみ毛穴を引き起こす原因にもなるのです。

体の機能を整える「成長ホルモン」は、睡眠中に分泌されます。

しかし、睡眠不足だと成長ホルモンの分泌が滞り、肌のターンオーバーが乱れて、たるみ毛穴のほか、しわやシミ、吹出物など、さまざまな肌トラブルを起こすかもしれません。

とくに大切なのは、寝始めの3時間。

この時間に成長ホルモンが多く分泌されるため、質の良い睡眠をとれるように、環境を整えることが大切です。

生活習慣の乱れの原因5:表情筋を使っていない

女性の写真

表情筋とは、顔の筋肉のことで、目・鼻・口などの顔のパーツとつながっており、まばたきをしたり話したり、喜怒哀楽を表現するときなどに使われます。

「顔の土台」ともいえる表情筋が衰えると、肌や皮下脂肪を支えることができなくなって顔がたるみ、結果としてたるみ毛穴の原因に。

運動不足で筋肉が落ちた体が、メリハリがなく緩んだシルエットになるのと同じですね。

さらに、表情筋が衰えると、血液やリンパの流れも滞るため、たるみだけでなく、顔のむくみにも悩むことに。

筋肉は、使うことで鍛えられ、使わなければ衰えます。

日常生活を振り返って、以下の行動に思い当たることがある人は要注意です。

表情筋が衰える行動

  • あまり笑わない。
  • 口を小さく動かして話す。
  • 無口であまり話をしない。
  • あまり噛まずに食べる。
  • PCを使ってのデスクワークが多い。

PCを使ってのデスクワークが多いと、たるみ毛穴になってしまうのはなぜでしょうか?

PCを使う作業は、知らず知らずのうちに背中を丸めた姿勢、いわゆる「猫背」になることが多いよう。

猫背といった姿勢の悪さも、表情筋を衰えさせる原因といわれています。

表情筋を衰えさせないためには、笑ったり、口を大きく開けて話したり、よく噛んで食べたりなど、日頃の生活習慣の工夫をするだけでなく、顔の筋肉のストレッチを行うことも効果的です。

日常生活を思い返し、たるみ毛穴の原因になることは避けよう

女性の写真

たるみ毛穴の原因は、肌の老化であること、肌が老化するのは加齢だけが原因ではなく、紫外線や睡眠不足など、さまざまな生活習慣が原因となっています。

たるみ毛穴の原因となる生活習慣を見直すことにより、すでにたるみ毛穴になってしまった人も、改善が期待できるでしょう。

紫外線対策を万全にする、抗酸化作用のある食物やサプリメントを摂取する、適度な運動と栄養バランスの良い食事、質の良い十分な睡眠、表情筋をよく使うなどの習慣が、たるみ毛穴の改善につながります。

ぜひ、毛穴が引き締まった、ハリのある素肌を目指してくださいね。

品川スキンクリニック池袋院 院長 神林由香

毛穴のセルフケアで気軽にピーリングなどをされる方は多いですが、ピーリングが効果的なのは、たくさんある毛穴の種類のうちの一部です。

毛穴の種類の診断は難しいので、一度無料カウンセリングを受けてみるのをおすすめいたします。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

毛穴治療

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

肌に優しい毛穴治療

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ