NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年06月30日 更新 | 1,389 views

温めて&デトックスしてスリムに!生姜紅茶でお手軽ダイエット

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

生姜紅茶ダイエットは、生姜紅茶を1日3〜6飲むだけのダイエット法。生姜に含まれるショウガオールの冷え解消や代謝の改善という効果と、紅茶のカフェインによるむくみ改善や、テアフラビンの糖質の吸収抑制と体脂肪の増加防止の効果に期待ができます。生姜紅茶が飲みにくい場合ははちみつやメープルシロップを入れ、ミネラルやポリフェノールを摂取しましょう。

冷え性の改善や、代謝の良い体になるようにと飲み始めた人も多い生姜紅茶。この生姜紅茶は体を温める健康効果だけでなく、ダイエットでも強力な効果を発揮します。

生姜紅茶のダイエット効果や、おすすの飲み方などについてくわしく見ていきましょう。

生姜は皮ごとが摂ることが大切

生姜の写真

生姜紅茶を作るときに加える生姜は、「皮ごと使うこと」がポイントになります。

生姜の皮には、身よりも多くのジンゲロールという成分が含まれています。

ジンゲロールは熱を加えない状態では胃腸症状を緩和して吐き気を止めたりする効果や末梢の血管を拡張して、手先や足先を温める効果があります。

しかし、本当のダイエット効果は、ジンゲロールに熱を加えて、変化したショウガオールにあります。ショウガオールはジンゲロールより辛みが強く、胃の動きを活発にします。

胃は筋肉の塊であり、さらに胃と腸の動きは連動しているので、ショウガオールは体の中心かつ深部の筋肉の動きを活発にします。

そして冷えが解消され、全身の代謝が改善されるため、ダイエットしやすい体質づくりにつながります。

なぜ紅茶がダイエットに効くの?

紅茶の写真

紅茶がダイエットに効く理由は、カフェインと、紅茶ポリフェノールであるテアフラビンにあります。

カフェインには利尿効果があり、むくみの解消に役立ちます。むくみは細胞が水膨れの状態で、細胞の代謝がうまくいかないので、エネルギー消費の基本である基礎代謝も落ちてしまいます。

さらにカフェインは脂肪分解酵素のリパーゼのなかでも、脂肪細胞内にあるホルモン感受性リパーゼのはたらきを活性化して、体に蓄積されている体脂肪を分解してエネルギーとして消費していくように促します。

またテアフラビンは、糖質の分解を促進するアミラーゼのはたらきを抑制して、糖質の吸収を抑えます。さらにアミラーゼを抑制することで、インスリンの分泌も抑制し、これにより体脂肪の増加を防ぎます。

生姜紅茶ダイエットのやり方

カップで飲みものを飲む女性の写真

生姜紅茶ダイエットは、紅茶にティースプーン1〜2杯の皮ごとすりおろした生姜を加えて、1日3〜6飲むだけのダイエット法です。

飲むタイミングが「朝起きてから」と「入浴前」と決まっていますが、それ以外のルールや制限はありません。

また、生姜紅茶で使う紅茶はどの紅茶でも構いませんが、こだわるのであれば、テアフラビン含有量が他の物より1.5倍から2倍も多いアッサム種のものがおすすめです。

ただし、これはテアフラビンの効果だけに注目した観点なので、アッサム種の濃い味や香りが苦手な人は、続けられるように自分の好きな香りと味の紅茶にしましょう。

生姜紅茶には何かプラスしてもいい?

はちみつの写真

生姜紅茶が飲みにくいときには、はちみつメープルシロップを加えると良いでしょう。

この2種類は糖類の中でもミネラルを多く含んでおり、特にメープルシロップは糖類のなかでもトップクラスのミネラル含有量であり、かつバランスが良いのが特徴です。

はちみつはメープルシロップよりミネラル含有量は低いですが、有機酸のグルコン酸と高濃度の糖と13種類のポリフェノールによって、腸内環境を改善する整腸作用があるので、便通の改善や便秘の予防につながります。

生姜紅茶ダイエットの注意点

注意を促すイラストの写真

まず、生姜紅茶を作るときに生姜は紅茶が熱い段階で入れて、熱を通しましょう。熱が加わらない状態では、ショウガオールがジンゲロールのままとなり、やせやすい体づくりをサポートできません。

ジンゲロールは手足の先の血管を拡張して血流を改善しますが、その効果が長く続くと末端からの放熱量が増えてしまい、結果として体から熱が逃げてしまいます。

また、飲みにくいときにはちみつやメープルシロップをと伝えましたが、量は入れ過ぎないようにし、さらに白砂糖は使わないようにして下さい。

白砂糖は代謝するために多量のビタミンとミネラルを消費します。するとエネルギー産生に必要な分まで消費してしまうので、体の基礎代謝はだんだんと落ちていきます。

さらに白砂糖は血糖値を急激に上げるので、インスリンが大量に分泌され、体脂肪の合成が盛んになり、さらにエネルギー代謝が落ちて基礎代謝も落ちるという悪循環になってしまいます。

生姜紅茶でおいしくダイエット

生姜紅茶ダイエットはダイエットですが、せっかく紅茶を使うのですから味だけでなく、自分の好きな香りも楽しんで、リラックスしながらダイエットしましょう。

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ