太ももがマイナス9cm!太ももの脂肪吸引してきました【湘南美容外科町田院】

理想の美脚に近づける美容整形、太ももの脂肪吸引。けれどそれなりに高額な費用がかかるし、施術の安全性、痛みや後遺症はないのかとても不安です。そこで今回NICOLY編集部のライターが、湘南美容外科で行われた下半身の脂肪吸引に【完全密着取材】。施術中はもちろん術後の経過も含め、太ももが変貌をとげる様子を追っていきます。

湘南美容外科町田院 院長 名倉俊輔

この記事は、湘南美容外科町田院 院長 名倉俊輔先生が監修しています。

女性の美脚の写真

太もも痩せの効果が期待できる、太ももの脂肪吸引。

太ももの太さに悩む女性にとって、努力せずに細い太ももが手にはいるなんて夢のような話です。

ですが太ももの脂肪吸引はそれなりに高額な費用がかかるし、本当に施術は安全なのか、後遺症はないのかとても不安。

しっかりと実情を把握してから挑戦したいところです。

今回は24歳女性のMさんが、湘南美容外科町田院でお尻、太もも、ふくらはぎの脂肪吸引をうけてきました。

かなり大がかりな施術と術後の経過を、写真つきであますところなく大公開。

目次

今回の担当医師、湘南美容外科町田院の名倉院長

本日の担当医は湘南美容外科町田院の院長をなさられている、名倉先生。

美容外科医の写真

マスクを外す動作がセクシーだったのですかさずパシャリ。てへ

今回行うのは、ベイザー脂肪吸引というもの。

湘南美容外科にはいくつか脂肪吸引の方法がありますが、その中でも評判の脂肪吸引法です。

ベイザー脂肪吸引は従来の脂肪吸引にくらべ、血管や細胞へのダメージが少ないため、出血量が少なく、ダウンタイムが短いのだとか。

これはなぜかというと、ベイザー脂肪吸引では脂肪細胞にしか影響しない特殊な超音波、「ベイザー波」を用いているかららしいです。

また、ベイザー脂肪吸引で使用するカニューレは、通常のカニューレの約2倍の吸引能力を誇っている、という声も。

NICOLY:) 豆知識 カニューレとは?

カニューレとは、脂肪細胞を吸引するパイプ状の医療器具のこと。ドイツ語で「管」を意味する言葉です。

さらにうれしいことに、ベイザーには肌の引き締め効果もあるとされ、術後皮膚のたるみの心配も少ないんです!

そして今までの脂肪吸引は50%、良くて70%程度の皮下脂肪除去率でした。

ですが、ベイザー脂肪吸引はなんと90%の皮下脂肪除去に成功したのだとか。

脂肪吸引するならベイザー!といっても過言ではないのかもしれません。

ベイザー脂肪吸引のすごいところまとめ

  • 腫れやむくみが最小限で済む
  • 出血量が少ない
  • 痛みが少ない
  • 皮膚の引き締め効果が期待できる
  • 皮下脂肪除去率90%との声も
カウンセリングを行う美容外科医の写真

ちなみに脂肪吸引ふくめ美容整形は、美容整形業界に長く身を置いている医師なら安心、というわけではありません。

湘南美容外科町田院 院長 名倉俊輔

湘南美容外科町田院 院長 名倉俊輔

スポーツと同じで、整形手術もしばらくやらなければ腕がなまってしまいます。

担当医師が頻繁に同施術を行っているのかどうか、事前にしっかり確認すればより信頼度が高まると思います。

な、なるほど……!

なんとなく年齢を重ねている医師なら安心だろう、と思っていましたが、そうでもないのかも。

その医師が今も最前線にたって施術を自ら行っているのかどうか、ちゃんと知っておくべきかもしれません。

その点、名倉先生は信頼できます。

なんと湘南美容外科に入職してから5年間で、担当した脂肪吸引の件数は500件を超えるそう。

単純計算でも年間100件の脂肪吸引を行っていることになります。

美容外科医と患者の写真

Mさんと名倉先生で笑顔のツーショット。Mさんは緊張で顔がこわばっていますが。

いや〜、こんなフレンドリーな美容外科医の先生、なかなかいません。

ちなみに脂肪吸引の手術前はいくつか禁止事項があります。

  • 前日の下剤服用、アルコール摂取禁止
  • 6時間前から食事禁止
  • 3時間前から飲み物禁止

これらをしっかり守ってから、Mさんも来院されました。

太ももの脂肪吸引をするため、準備!

脂肪吸引手術までの流れは、以下のとおり。

  1. 施術着に着替え写真撮影、体重測定、サイズ測定
  2. 医師による施術部位へのマーキング
  3. 点滴
  4. 硬膜外麻酔
  5. 尿道カテーテル挿入(施術中はトイレにいくことができないため)
  6. 施術部位の消毒

これらの過程を終えたあと、手術が開始されます。

患者の体を撮影する看護師の写真

Mさんも用意された水着に着替え、写真撮影を行いました。

さまざまな角度から足の写真を撮り、しっかり記録。

患者の足のサイズを測る看護師の写真

もちろんサイズも詳細に測ってゆきました。

施術室にいる患者の写真

その後広い施術室に案内されたMさん。

施術台に横たわる患者と2人の看護師の写真

看護師さん2人がかりで、脂肪吸引の準備を手早く進めてゆきました。

患者に点滴を打つ看護師の写真

そして点滴をぶすり。ぎょえっ

脂肪吸引は水分が失われてしまうので、点滴による水分補給が必須なのです。

ちなみに、今回の施術で痛みを感じるのは点滴をうつときだけらしい!

「脂肪吸引なんてめちゃくちゃ痛いんじゃないか……」と思いがちですが、点滴から感染予防の抗生剤と痛み止め、眠くなる静脈麻酔が流されるので、点滴後に痛みを感じることはほとんどないのだとか。

患者にマーキングを行う美容外科医の写真

その後名倉先生が施術室にやってきて、念入りなマーキングが行われました。

マーキングをした下半身の写真

名倉先生は脂肪が多い箇所はむらさきで円を描くようにマーキング、脂肪が少ない箇所は赤でマーキングしてゆきました。

見てわかるとおり、ふくらはぎの前側はとれる脂肪がほとんどないため、脂肪吸引は行いません。

心電図の電極を患者の体につける看護師の写真

マーキングが終わったらタオルをぬぎ、施術台にごろん。

心電図の電極をつけ、鼻に管を通し笑気麻酔を流してゆきます。

NICOLY:) 豆知識 笑気麻酔とは?

笑気麻酔とは、笑気ガスを吸うことで不安や恐怖を軽減し、リラックス効果をうながす麻酔。施術の痛みを直接ブロックする効果はありませんが、リラックスした気分で施術にのぞめることが多いので、多くの美容外科で取り入れている麻酔です。

患者に麻酔注射を打つ美容外科医の写真

体をエビ反りに丸めた状態で看護師さんに体を固定され、名倉先生が背中に硬膜外麻酔を注入。

硬膜外麻酔は無痛分娩のときなどにも使用される、痛みをとる麻酔です。

このとき、なぜ看護師さんが体を固定していたのかというと、Mさんはこのとき爆睡中。

人は寝ている時無意識に動いてしまうため、看護師さんが体を固定していたんです。

この光景を見ながら私は「うっわ背中に注射とか絶対死ぬほど痛いじゃん……」と思っていたのですが、あとからMさんに聞いたところ、

「全然痛くなかった、というか覚えていない」

状態だったらしい(笑)。

さきほどの点滴から流し込んでいた静脈麻酔がしっかり効いていたよう。

施術台に横たわる患者の写真

その後下半身にイソジンをぬって消毒を施し、尿道カテーテルを挿入し、施術準備は完了しました。

施術室の様子の写真

そしてMさんの右手にあるこの青い機械が、本日大量の脂肪を吸い取ってくださる、ベイザー様でございます。高そう……。

太ももの脂肪吸引開始!

まずは脚裏から脂肪吸引をします。

患者にメスをいれる医師の写真

お尻と太ももの境目2か所、ひざ裏2か所、お尻の真ん中の計5か所に局所麻酔の注射をうち、メスで小さく穴をあけました。

脂肪吸引のための穴をあける場所を図示した写真

この赤い点5か所が、脂肪吸引のための穴をあけた部分。

この穴からカニューレを挿入し、脂肪細胞を吸引していくんです。

麻酔を患者にうつ美容外科医の写真

まずは5か所の穴から、局所麻酔を注入。

なんかすごい麻酔の量ですね。点滴からも麻酔が流れて、背中にも麻酔をうって、脚にも麻酔をうって……。

これから脂肪吸引を行う女性の脚の写真

メスであけた穴を、こうして白いキャップのようなもので固定。

穴が開かないようにするためと、吸引時かなり高温になるカニューレに美容外科医が誤って触れてしまうリスクをなくすためです。

ちなみに脂肪吸引時のカニューレは、沸騰したやかん並みに熱くなるそう。触ったらやけどしちゃいます。

脂肪吸引を行う医師の写真

脂肪吸引開始!

名倉先生、丁寧にかつ大胆にどんどん脂肪をとっていきます。

脂肪吸引を行う医師の写真

Mさん大爆睡(笑)。

ちなみに脂肪吸引中、名倉先生は随時心電図と患者の様子を確認しながら、施術を行っていました。

太もももふくらはぎもお尻も、下半身すべてをあますところなく脂肪吸引してゆきます。

脂肪吸引の様子は、こちらをクリックすると見れます。皮膚にカニューレが挿入されている様子がしっかり写っているので、苦手な人は閲覧注意。

脂肪吸引を行う医師と看護師の写真

常にカニューレを持っていない方の手で、脂肪の減り具合を確認しながらの施術。

こうして手で触れて確認しながら脂肪吸引を行うことで、脂肪のとり残しを防ぎ、術後肌がでこぼこになるリスクを軽減します。

脂肪がとれてゆく様子は、こちらをクリックすると閲覧可能。血が混ざっているので閲覧注意です。

ちなみにこの脂肪、血液や麻酔液もまざっているため、この赤い液体すべてがとれた脂肪というわけではありません。

施術中の動画はこちら。超閲覧注意。

リアルな手術動画です。人体にカニューレが入っています。苦手な人はすっ飛ばしてください。

美容外科医の写真

人の体と真摯に向き合う医師の表情は真剣そのもの。

美容外科医の写真

仕事を真剣にこなす男性の表情っていいですよねえ。じゅるりっ

美容外科医の写真

こんなアングルからもっ。

(そろそろ真面目に取材しますゴメンナサイ)

下半身の裏側の脂肪吸引は、20分ほどで終了しました。

脂肪吸引の傷口の写真

傷口はこんな感じ。

かなり小さめで全然目立ちません。

傷口の縫合をする医師の写真

そのあと5か所の傷口を丁寧に縫合。

消毒される患者の写真

お次は仰向けにひっくり返り、再度念入りに消毒を行いました。

女性患者の写真

腕はこんな感じで固定されています。

もちろんこれは、寝ている間に患者さんが無意識に動くのを防ぐため。

施術中に動いちゃったら危ないですもんね。

脂肪吸引を行う医師の写真

前ももの脂肪吸引開始。

前側で穴をあけたのは太ももの付け根の2か所のみです。

前ももの脂肪吸引の穴をあける場所を図示した写真

この赤い点2か所に穴があきました。

脂肪吸引を行う医師の写真

休むことなく腕を動かす名倉先生。

脂肪吸引はかなりの力仕事なのでは、という印象をうけました。

ちなみにここをクリックすると、皮膚が若干白くなっている様子が見れます(※閲覧注意)。

皮膚が若干白くなっているのは、局所麻酔に血管収縮剤がはいっているためなのだとか。

この血管収縮剤のおかげで施術中の出血が最小限に済んでいるのです!

もうすでに、ところどころ内出血が始まっているようにも見受けられます。

前側は太ももだけ行い、さきほどと同じように傷口を縫合し、施術終了!

太ももの脂肪吸引終了後

脂肪吸引終了後、患者さんが完全に麻酔から回復するまで、しばし休憩タイム。

手術後休む患者の写真

Mさんお目覚め。

ずっと爆睡しており気がついたら終わっていた、という感じだそう。夢までみていたのだとか(笑)。

施術終了後、痛みはまだないものの、脚がしびれている感覚があると言っていました。

今回の脂肪吸引でとれた脂肪の量は、 こちらをクリックすると閲覧可能!血が混ざっているので苦手な人は要注意です。

血液や麻酔液がまざっているため全てが脂肪というわけではありませんが、その量なんと3.5リットルwao!

湘南美容外科町田院 院長 名倉俊輔

湘南美容外科町田院 院長 名倉俊輔

今回は3.5リットルの脂肪がとれましたが、単純に3.5キロ体重が落ちるわけではありません。
ただ、体脂肪率の減少は期待できます。

体脂肪率がとんでもないことになっている私は、その話を聞いてただただうらやましかったです。

その後名倉先生、看護師さん、Mさんの3人で、脂肪を手ににこにこ写真を撮りました。血が大丈夫ならこちらをクリックして見てみてくださいね。

名倉先生も看護師さんも、あんなハードワークをこなしたあとになぜこんな元気なんだ……。

医療従事者さまたちの体力半端ないっす。

脂肪吸引を終えた脚の写真

術後はこんなガードルをはきました。

このガードルの下では、スパッツの上からテープで脚をぐるぐる巻きにし固定しています。

つまりスパッツ→テープ→ガードルの三重固定。

この圧迫固定は術後3日間は外すことができません。

局部部分がボタンでひらくようになっているので、着たままトイレに行けるんです。

もちろん3日後まではシャワーも禁止。

脚をぬらさないようにすれば髪を洗ってもいいのですが、体はふきとりのみで済ますのが無難です。

3日経ったら今度は3〜7日目まで着圧ストッキングを、シャワー時以外24時間着用します。

7日目以降は半日固定でもかまいませんが、2〜3か月は腫れや痛みを早く軽減するためにも、なるべく長時間の着用が望ましいよう。

脂肪吸引はとにかく、術後の圧迫が重要なんですね。

アフターケアの説明を患者にする看護師の写真

その後、看護師さんから術後のダウンタイムについての説明が。

  • デリケートゾーンから足先まで腫れや内出血が生じる
  • 個人差があるが、腫れや内出血は2〜4週間続く
  • 1か月以上脚のつっぱり感、むくみ、かたい感じ、しびれがある
  • つっぱり感や皮膚のにぶい感覚の改善には6か月ほどかかる
  • 傷口の赤みは3か月ほど続き、6〜12か月かけて徐々に目立たなくなる
  • ホルモンバランスがくずれ生理が遅れる可能性があるが、1か月ほどで正常に戻る
  • 手術の影響で一時的に体重の増加が見られるが、じょじょにおさまる

脂肪吸引は大がかりな手術な分、やはりダウンタイムは長めにみとくのが良いのかも。

そして術後の注意事項は以下のとおり。

  • お酒・たばこは1週間禁止
  • 入浴も1週間禁止
  • サウナ・エステ・激しいスポーツは1か月ひかえる
  • 軽めの運動なら2週間目から可能

脂肪吸引をするタイミングは、ダウンタイムや術後の禁止事項をふまえた上で、決めるのが良いかもしれません。

もらった薬の写真

薬もたくさん頂きました。

麻酔がきれ歩けるようになってから、湘南美容外科町田院をあとにしたMさん。

太ももの脂肪吸引から3日後の検診

下半身の脂肪吸引で、3日後検診の際にやることは以下のとおり。

  • 圧迫固定を外して診察
  • 着圧ストッキングをはいて帰宅
脂肪吸引をして3日後の脚の写真

このぐるぐる巻きのテープがとれる3日後検診のこの日。

Mさんに術後の経過をインタビューしてみました。

ーー当日の様子はどんな感じでしたか?

Mさん:町田院をでて家に帰る途中から気持ち悪くなり始めて……結局当日は2、3回吐いてしまいました

ーー「吐いてしまったんですね(驚)。じゃあ全然体も動かない状態でしたか?」

Mさん:体は動くんですけど、気持ち悪くてずっとベッドに横になっていました。食欲もそこまでなかったんですけど、薬を飲むからなんか食べなきゃ、と思ってちょこちょこ食べるようにしていました。

ーー「そうなんですね……。じゃああまり出歩かなかったんですね」

Mさん:この3日間は、コンビニ行くとき以外はずっとベッドの上で過ごしました。ただ、むくみ対策のために枕をふくらはぎの下に置いて、脚を高くキープしたりしていました。

ーー「かなり脚はむくみましたか?」

Mさん:当日はそうでもなかったんですけど、翌日からむくみ始めました。ふだん靴のサイズはSかMなのに、今はLの靴がちょうど良いんです。大きめの靴を持ってきておいてよかったです。

ーー「やっぱり足先までむくむんですね。痛みはどうですか?」

Mさん:強めの筋肉痛っぽい痛みが続いています。

ーー「筋肉痛っぽい痛みだと、階段とかつらくないですか?」

Mさん:階段だけじゃなくて、お風呂場とかのちょっとした段差ですらつらいです。ひざを曲げる動作が痛いので、いすに座るのもかなりゆっくりめです。あとお尻も脂肪吸引しているので、トイレもつらい……。

ーー「そ、それは大変ですね……。シャワーとかもはいれないし……」

Mさん:さすがに3日間髪洗えないのはつらかったので、体を折り曲げて脚がぬれないように工夫して、髪だけは洗っていました。体も、上半身はふきとったりしていました。

やはり脂肪吸引は、術後つらい期間がありますね。

覚悟して挑まないと、ちょっと耐えるのがつらいかも。

圧迫テープを切る看護師の写真

その後看護師さんがやってきて、圧迫固定していたテープをはさみで切ってゆきました。

ちなみに圧迫をはずすと、体の血流が一気に下にさがるため、一時的に気分が悪くなってしまう人がいるそう。

Mさんの場合は気分が悪くなることはありませんでした。

脂肪吸引から3日後の脚の写真

ひざ裏にかなり内出血がでていますが、そこ以外はあまり内出血の症状はでていないよう。

ただかなりむくんでいます。

脚全体がしびれていて、あまり感覚がないと言っていました。

腕に内出血がでている女性の写真

ちなみに腕の点滴を打った箇所にも内出血が。

医師と患者の写真

そして名倉先生がやってきて、脚の検診と体調の確認が行われました。

Mさんの場合少し強めの貧血症状がでていたらしく、鉄剤をしっかり飲むよう言われました。

ちなみに脂肪吸引は出血するので、貧血症状がでるのはいたってふつうのことらしいです。

傷口に絆創膏をはる看護師の写真

その後傷口に絆創膏をはり、術後7日目までシャワー以外24時間着用するストッキングをはきました。

ストッキングの写真

見た目はふつうのストッキングとなんら変わりはないのですが……

ストッキングをはいた女性の写真

はいた感じは、かなりきつめらしい。

ちなみにストッキングをはくとき、脚に刺激が加わるため、痛がっていました(涙)。

痛み止めを追加でもらい、湘南美容外科町田院をあとに。

太ももの脂肪吸引から7日後の検診

  • 傷口の抜糸をする
  • 傷口に保護テープを装着

脂肪吸引から7日後の脚の様子はこちら。

脂肪吸引から7日後の脚の写真

やっぱりまだまだ内出血とむくみがありますね〜。

押すと指の跡が残るくらい。

強い刺激はやっぱりまだまだ痛いらしいです。

内出血している足先の写真

こんな足先まで内出血がひろがっております。

脂肪吸引の傷跡の写真

傷口はこんな感じで、かなり小さめ。

本日この黒い糸を抜糸してゆきます。

医師の検診の写真

まずは名倉先生の検診から。体調の確認をし……

医師による診察の写真

脚の状態を診てゆきました。

まだまだむくんでいますが、経過は良好とのこと!イエイ!

ちなみに先生容赦なく脚を触るため、Mさんすごく痛かったそうです(笑)。

抜糸をする手元の写真

その後抜糸を行いました。ものの数分で全7か所の抜糸完了。

看護師からマッサージの説明を受ける女性の写真

そしてこれから最低でも1か月、できれば3か月行うのが望ましいとされている、マッサージの説明に。

脂肪吸引した箇所がなめらかになるかどうかは、患者がどれだけしっかりマッサージを行うかにかかっているんです。

脂肪吸引をするとどうしても皮膚がでこぼこになってしまうため、マッサージをたくさん行うことが重要。

最初の1〜2週間はかなり痛みを伴いますが、1日3回以上、1回30分程度を目安にマッサージを行うことが望ましいとされています。

マッサージの手順を説明した紙の写真

ちなみに湘南美容外科の看護師さんで脂肪吸引を経験された方は、トイレに行った際などにとにかくもむようにしていたと言っていました。

術後1か月は時間があればとにかくもみほぐすと良いのかも。

その後1か月検診の予約をとり、7日目検診は終了!

太ももの脂肪吸引から1か月後の検診

そして太ももの脂肪吸引からちょうど1か月後。

再び湘南美容外科町田院を訪れ、サイズ計測と写真撮影が行われました。

太ももの1か月経過写真

完成は3か月後と言われているのに、すでに超細くなっています。

脂肪吸引前後の足の比較写真

ビフォーアフターを比較すると、その差は一目瞭然。

特に太ももの変化がすごい……!

太ももの付け根の部分なんて、なんとマイナス9センチです!!!!!

この1か月について、Mさんにいろいろとインタビューをしてみました。

Q. この1か月間、どんなことが不便でしたか?

Mさん:脚に痛みがあったので、あまり長時間歩いたりはできませんでした。

Q. まだ痛みますか?

Mさん:術後の痛みが100だとしたら、今は30くらい。痛い!という感じではありませんが、つっぱっている感覚があります。正座をすると痛むので、まだ正座はできません。

Q. トイレに行く時などは支障はありませんか?

Mさん:2週間目までは座る動作がつらかったので、トイレもつらかったのですが、今は大丈夫です。

Q. 術後のマッサージは、最初は痛みでつらいと聞くのですが……

Mさん:内出血があるうちは、少し押すだけで痛かったので、そこまで強くマッサージはできませんでした。それでも1日3回のマッサージは欠かさないようにし、暇な時もなるべくもむようにしていました。

Q. 内出血や腫れはいつおさまりましたか?

Mさん:内出血はもうまったくないです。おそらく手術から3週間後くらいにはなくなりました。

ただ、まだむくんでいる感じがあるので、腫れはまだ引いていないと思います。今でも動きすぎると、パンパンに腫れます。

Q. 太ももの脂肪吸引を検討している人に、何かアドバイスはありますか?

Mさん:術後は痛みなどがつらいので、おそらく仕事などはそれなりに長期間休みをとった方が良い気がします。私は制服を着る仕事なので内出血が出ている脚をさらせなかった、というのが理由なんですが、結局仕事は1か月休みました。1か月休むのは大げさかもしれませんが、なるべく余裕のある時期に受けた方が良いと思います。

脂肪吸引は大がかりな手術なので、ダウンタイムは長めに見ておいた方が良いかもしれません。

太ももの脂肪吸引から3か月後の検診

脂肪吸引がおおよそ完成するタイミングといわれる、3か月が経ちました。

太ももの脂肪吸引から3か月経った脚の写真

Mさんの太ももは、1か月の検診時よりさらに細くしなやかに!

脂肪吸引前、1か月後、3か月後を比較した写真

脂肪吸引前、術後1か月、術後3か月の太ももを比較してみました。

太ももの外側の出っ張りがなくなり、太ももの内側にはすき間ができています。

自信を持ってスキニーパンツがはけるようになった、というMさん。

もう痛みや違和感はまったくないそうです。

脚の太さに悩むのなら、脂肪吸引を検討してみるのもありかも。

湘南美容外科公式ホームページはこちら

太もものベイザー脂肪吸引についてもっと詳しく!

喜ぶ少女

以上、太もものベイザー脂肪吸引【体験レポート】はいかがでしたか?

施術を受けることでコンプレックスだった太ももに自信が持てるようになったMさんですが、良いことばかりではありません

もちろんその成果は、ダウンタイムアフターケアの苦労や努力あってのこと。

また、避けたいことではありますが脂肪吸引の失敗例についても理解したうえで施術を検討してみてください。

ベイザー脂肪吸引とは

地面に座っている女性

ベイザー脂肪吸引(正式名称:根こそぎとれるVASER脂肪吸引)とは、

湘南美容外科の脂肪吸引の中で

最も多くの脂肪が取れる施術方法(※2016年12月10日現在)

だそうです。心強い…

ベイザーとは、ベイザー波と呼ばれる超音波を出す器械の名称。

そのベイザー波を皮下脂肪層に照射することで、血管や神経を避け脂肪のみの溶解が期待できるようです。

ベイザー脂肪吸引の流れ

ベイザーの脂肪溶解力の高さもさながら、血管などの組織に影響しにくいので出血を抑えられ、術後のダウンタイムも短く済むことが多いのだとか。

また、繊維組織を傷つけず残しておくことができるので、従来ネックとされていた皮膚のたるみが起こりにくく、引き締め効果が感じやすいとされています。

ちなみに誤解されがちですが、脂肪吸引後はたとえ見た目の変化が大きくても体重への影響はほとんどの場合ありません。

脂肪は軽いので、体重が大きく変わってしまうほどの量の脂肪を吸引するのはむしろ危険なことだそうです。

クリニックページで「ベイザー脂肪吸引」を知る

太もものベイザー脂肪吸引の経過とアフターケア

太ももの脂肪吸引を受けると、

新たなセルライトができにくくなる

お尻が上がって見える

太ももの脂肪細胞数が減るので、ほぼ永久的に太りにくくなる

といったメリットがあります。

ダイエットの難しい太ももの内側部分などは人気部位で、施術後のリバウンドしにくさも嬉しい効果です。

しかし脂肪吸引は、施術を受けたら終わりではありません!

口の前でバツ印のカードを持つ女性

その後の仕上がりの美しさに差をつけるのは、適切なアフターケアの有無です。

今回の体験レポートをもとに、おおまかな術後の経過と必要なアフターケアについてまとめてみました。

※日数やケア方法は目安です、検診時の状態などにより多少異なる場合があります。

当日〜3日目

スパッツ→テープ→ガードルの三重圧迫固定

圧迫固定は術後3日間着用。シャワー禁止

3日後検診 圧迫固定を外して診察、着圧ストッキングをはいて帰宅。

3〜7日目

着圧ストッキング着用。シャワー時のみ外してもOK。

7日後検診 傷口の抜糸をする。傷口に保護テープを装着。

7日目以降

着圧ストッキング半日以上固定、なるべく長時間の着用が望ましい。

マッサージ開始、1〜3か月継続。後の仕上がりにが出るのでしっかりと行いましょう。

1か月後検診、3か月後検診 サイズ計測と写真撮影 → ようやく完成!!!

太ももの脂肪吸引、ダウンタイムは?

頬に手をやって悲しそうな女性

一般的に下半身の脂肪吸引は美容整形の中でも、かなり大掛かりになりがちな箇所です。

Mさんも術後、仕事の休みを1か月と余裕を持って取っていました。ある程度のリスクやダウンタイムの辛さは覚悟してから臨んだほうが良いでしょう。

職種によって異なりますが、最低でも3日から2週間程度の休みを取る人が多いようです。

脂肪吸引を行った後のダウンタイムの主な症状として挙げられるのは、

「痛み」「内出血」「むくみ」「しびれ」「かゆみ」です。

どの症状に関しても、経過が順調であれば基本的に2週間〜1か月程で改善してきます。

太ももの脂肪吸引の失敗例とは?

脂肪吸引は、医療技術の進歩によって日々安全性が高められています。

しかし、かなり低い確率でしか起こらないとはいえ失敗例があるのも確かです。

関連する記事

脂肪吸引5つよくある失敗例と術後経過の画像ブログまとめ

脂肪吸引が失敗に終わる原因は、施術上のミスとアフターケアのミスの2つが考えられます。そこには脂肪の吸引のし過ぎや、事前のデザインミスなど医師の技術力不足と、施術を受けた当人の認識不足が関わっています。失敗原因をきちんとつかんで事前に対処すれば、失敗を防げるかも。脂肪吸引の先輩たちに学びましょう!

↑こちらの記事を参考に、脂肪吸引で起こり得る失敗例についても紹介しておきます。

脂肪吸引に失敗した報告は大きく5つのパターンに分けることができます。
1.バランスが不自然になる
2.段差や凹凸ができる
3.皮膚がたるむ
4.お尻がたるむ
5.傷跡が目立つ
あくまで失敗のパターンであって、失敗が多いわけではありません。

出典:ニコリーnicoly.jp/article/837

こういった失敗が起こる最大の原因は、医師の技術不足による脂肪の吸引過多です。

事前に行う医師とのカウンセリングで、症例写真を見たり自分が希望するスタイルを伝えたりしましょう。

カウンセリング時点で医師と美的感覚が合わないと感じた場合や、不信感が残った場合は一度冷静に考えても良いでしょう。

焦ってクリニックに駆け込んでも、施術結果に不満が残ってしまっては本末転倒です

信頼できる医師やクリニックを見つけられるまで、しっかりと吟味することが重要です。

湘南美容外科のカウンセリング予約はこちら

太ももの脂肪吸引費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川美容外科 各377,770円
湘南美容外科クリニック 568,210円
城本クリニック 200,000 ~ 350,000円
聖心美容クリニック 780,000円
東京美容外科 各350,000円
水の森美容外科 780,000円

※費用は税抜表示です。回数や吸引量は各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年12月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

読んでおきたい!脂肪吸引について分かる記事

関連する記事

脂肪吸引の美容整形後の経過写真がみれるブログ13選

運動してもなかなか脂肪が落ちないと悩む女性は多いもの。そこで今回は「脂肪吸引」を考えている人のために、施術後の経過写真が載っている体験者ブログを13個ピックアップしました。二の腕、お腹、背中、臀部、太もも、膝、ふくらはぎ、など様々な部位についてくわしく書かれています。

関連する記事

脂肪吸引の症例写真や体験談がわかるサイトやブログまとめ

脂肪吸引で気になるのは、どれほど細くなるのか、腫れ・痛み・むくみなど。そこで脂肪吸引の症例写真や体験談を見て、自分の施術後の姿をイメージしましょう。今回は、脂肪吸引の症例写真が見られるサイトと、実際に脂肪吸引をした人のブログを紹介します。

関連する記事

【完全版】脂肪吸引の効果や副作用、失敗例やダウンタイム中の腫れの全て

脂肪吸引は皮膚を5ミリほど切開しカニューレという細い管で脂肪を吸い出す方法。部分痩せに効果的です。脂肪細胞の数を減らすため、施術を受けた部位は太りにくくなります。効果を最大限にするためには、圧迫下着の連続着用が大切です。術後3か月ほどで完成します。

NICOLYでは随時、美容整形の体験レポートを公開しています!

美容整形の最新情報をゲットするために NICOLYのLINE@に友だち追加してくださいね。

NICOLYのLINE@でできること

  • おすすめの最新記事のお知らせ
  • 無料のモニター募集(不定期)
  • その他お得情報の配信

NICOLY限定!美容整形をモニター料金で安く受けられちゃう情報もいち早くお知らせします!

脂肪吸引の施術を受けられるクリニック

  • 東京銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分
  • 上、下腹部、ウエスト、腰の脂肪吸引458,000円

水の森美容外科 東京銀座院の詳細

  • 大阪御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分
  • VASER脂肪吸引お腹すっきり(腹+ウエスト+腰)780,000円

湘南美容外科クリニックの詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • お腹3部位脂肪吸引(上腹+下腹+側腹)710,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー