NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年11月05日 更新 | 2,759 views

ダウンタイム知らず♡オーロラ(フォトRF)でシミやくすみのない肌に

オーロラは、フォトRFとも呼ばれる、シミや赤ら顔の改善に効果を発揮する施術です。痛みや赤みはほとんどなく、ダウンタイムがないのも魅力。費用は1回1〜3万円が目安で、肝斑が気になる人はレーザートーニングを併用すると、さらに変化を実感できるでしょう。

「大きくて濃いシミはないんだけど、細かいシミが広範囲にある」「痛みや腫れはなるべく避けたい」というタイプの人におすすめなのが、オーロラ(フォトRF)を用いた治療。

オーロラは日本人のために開発されたと言っても過言ではない施術で、フォトフェイシャルで使われるIPLに、RFと呼ばれるラジオ波を合わせることで、低出力での効果的な治療を実現しています。

そして、オーロラはシミやくすみ、赤ら顔、さらに顔全体の透明感アップなど、肌トラブルの治療だけでなく美肌づくりにも効果が期待できます。

ダウンタイムも気にせずに済むとのことで、お肌の悩みを抱えている人は、すぐにでもオーロラでの治療を始めてみませんか?

オーロラの基礎知識

オーロラという機器の写真出典:オザキクリニック

オーロラとは、正式には「フォトRF」という治療で使用するマシンの名前のことで、一般的にはフォトRFを意味する施術名として浸透しています。

フォトフェイシャルと似た効果が得られる施術ですが、実はオーロラの方が安全で満足度も高いといわわれています。

オーロラは効果が大きいのになぜ安全なの?

オーロラは、フォトフェイシャルで使われるIPLという光にRFというラジオ波をあわせ、日本人に合うように改良された治療です。

IPLとは複数の波長が混ざった光のことで、肌悩みに合わせて波長を変えて全顔に照射し、線維芽細胞を刺激してコラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促して総合的にトラブルをケアすることができます。

IPLはもともとは欧米人向けに開発された技術で、メラニン色素の多い日本人に照射すると健康な肌も傷めてしまうおそれがありました。

これはなぜかというと、長い波長の光が真皮層まで作用するようにと出力を高くすると、その一方で短い波長の光が肌表面で過剰に反応してしまうからです。

そこで、オーロラでは、IPLと肌の深部まで作用するRFというラジオ波を組みあわせた「シナジー効果」によって、低出力で、安全かつ効率的に施術ができるようになり、赤みや腫れなどの副作用を気にせずに済みます

オーロラはどのような症状に適応する?

  • シミやくすみの改善
  • 赤ら顔の改善
  • ハリ感アップによる毛穴の引き締め
  • 脱毛

オーロラに期待できる効果は多岐にわたりますが、特にシミや毛穴の改善のために施術を検討する人が多いようです。

オーロラの施術はどこで受けられる?

オーロラはおもにクリニックで扱われ、医師の管理のもと施術を受けることができます。

そして、万が一照射によって肌トラブルが起きた際にも、クリニックでならすぐに適切な処置を受けられるので安心です。

オーロラの施術を受けられない人、効果を感じにくい人は?

考える女性の写真
  • 極端な日焼けをしている人
  • 妊娠、授乳をしている人
  • 光線過敏症の人
  • 金属アレルギーがある人
  • 光の点滅に反応するてんかんの発作がある人
  • 重度の心臓病がある人
  • 生理中の人
  • 体調が万全でない人
  • アートメイクやタトゥーを入れている人
  • 2週間以内にほかのレーザーでの施術を受けた人
  • 金の糸の施術を受けた人
  • 肝斑がある人

なぜオーロラに金属アレルギーが関係あるの?と思うかもしれませんが、まれにマシンのヘッド部の金属に反応して接触性皮膚炎(かぶれ)を起こしてしまう人がいるそうです。

また、体調不良が大きな肌トラブルへとつながることがあるので、具合の悪いときはもちろん、生理中や睡眠不足のときにも施術を受けるのを控えましょう。

そしてオーロラは肝斑を悪化させるおそれのある施術なので、肝斑がある場合はその部分を避けて照射をしたり、肝斑に効くレーザーを併用したりなどして対処します。

オーロラの適応については自己判断が難しいので、医師の判断を仰ぐのが良いでしょう。

オーロラの施術の流れ

病院の処置室の写真

1:カウンセリング

医師とカウンセリングをし、オーロラが肌悩みに適応するか判断されます。オーロラはアトピーでも受けられるケースがあるため、くわしくは医師に相談してみましょう。

適応が認められた場合には、当日の施術も可能としているクリニックが多いようです。

また、オーロラは、濃いシミや毛穴への効果を実感するには複数回の施術が必要なので、トータルの費用についても忘れずに確認します。

料金はショット数によって変わることもあるのですが、東京のクリニックの相場は1回1〜3万円程度となっています。数千円でのお試しプランを用意しているところもあるので、まずはそちらを受けてみるのも良いでしょう。

2:施術前の用意

メイクをしっかり落として洗顔をし、念のためにコンタクトレンズも外します。

3:冷却ジェルの塗布

冷却ジェルをたっぷり塗布します。これにより照射中の熱感を和らげ、ムラなく光を当てることができます。

さらに、オーロラの熱エネルギーを皮膚内に閉じこめ、効率的な治療を助けます。

4:オーロラの照射

照射中の痛みはほとんどないといわれています。輪ゴムで弾いたような刺激や衝撃を感じることはあるそうですが、不快に感じるほどではありません。

冷却ジェルの塗布も含めて、施術は20〜30分で終了します。

5:洗顔をして終了

冷却ジェルを拭きとり、洗顔をして終了です。すぐにメイクをして帰宅することができます。

もし肌に赤みや熱感がある場合は、氷などでクーリングをしてもらい、早めに鎮静させましょう。

術後の経過

オーロラの施術による痛みや腫れなどのダウンタイムはほぼないといわれますが、オーロラを照射した直後からシミが浮き上がってきて、濃くなったように見えるかもしれません。

ただし、これは正常な炎症反応で、のちにかさぶたのようになり、ぽろぽろとはがれ落ちます。

施術後は肌が過敏になっているため、紫外線対策を行い、洗顔やスキンケアの際には肌をこすらないようにし、たっぷりうるおいを補給しましょう。

オーロラは3週間〜1か月のスパンで、5回程度行うのが効果的ですが、一度の施術でも肌がクリアになったのを実感できるという声が多く聞かれます。

肝斑は、オーロラとほかの施術との併用で改善!

レーザー治療の写真

先述のように、オーロラは肝斑の治療には適していません。

そこで、オーロラと併用することで肝斑を薄くし、複合的な美肌治療ができるレーザーの種類についてもあわせて見ていきましょう。

肝斑には「レーザートーニング」との併用が最適

通常のレーザーは照射範囲内の作用のしかたにムラがあり、中心部のエネルギーが高く、まわりはエネルギーが低いという照射型です。

そして、肝斑には安定したおだやかな光でメラニン色素を破壊する治療が適しているのですが、従来の照射型では中心部のエネルギーが過剰になり、かえって肝斑を悪化させていたのです。

このようなデメリットを払拭するために考えられたのが「レーザートーニング」という治療で、メドライトC6という機器が広く用いられています。

メドライトC6の照射型は「トップハット型」と呼ばれるもので、これにより照射範囲内のエネルギーを均一にすることが可能となりました。

レーザートーニングは通常のシミにも効果があり、さらにしわやたるみの改善にも役立ちます。

オーロラと併用する際は、くわしくは医師の判断によりますが、オーロラ→レーザートーニングという順で行われることが多いようです。

レーザートーニングの施術は10~15分と短時間で終わり、費用は1回1〜2万円が相場で、5回以上の照射が目安となっています。

トラネキサム酸やビタミンCで効果アップ

レーザートーニングの照射後には、シミや肝斑の悪化を防ぐためにトラネキサム酸やビタミンCのイオン導入を勧められることがあります。

イオン導入は、使う美容成分にもよりますが数千円で受けられる施術のため、あわせて行うと良いでしょう。

また、トラネキサム酸やビタミンCは内服薬で摂ることもできるため、希望に合わせて用いてみましょう。内服薬はトラネキサム酸は30日分で1万円程度、ビタミンは30日分で3,000円前後が目安です。

オーロラの症例が見られるクリニックのサイト

オーロラでどのような効果が得られるのかは、症例写真を見るのがもっとも参考になるはず。下記のサイトでは、症例や施術の詳細について書かれていますので、参考にしてみましょう。

オーロラでシミのない美しい肌に

花に囲まれる女性の写真

オーロラは、肌への刺激が少なく、ダウンタイムを気にせずに施術を受けられるのがメリットです。

そのため、長い休暇の前でなくても、気になったときにシミやくすみ、たるみなどのケアができてしまいます。

満足のいく結果を得られるように、信頼できる医師を見つけて、自分のシミはオーロラに適応するのかを確かめてから、施術に臨みましょう。

フォトRFアドバンスの費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川スキンクリニック 9,800円
湘南美容外科クリニック 14,249円
城本クリニック 15,000円
水の森美容外科 22,000円

※費用は税抜表示です。施術回数や部位は各クリニックに寄って異なります

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

シミ治療の体験レポート公開中!

test

フォトシルクプラスとパール美肌でシミ治療してきた!

品川スキンクリニック表参道院で、美白治療のフォトシルクプラスと美肌治療のパール美肌を体験してきました。

1回の施術で、シミをワントーン明るくすることができました。

1回でシミを完全に消すことはできませんが、複数回の施術を重ねることで徐々にうすくなっていきます。

出典:【品川スキンクリニック】フォトシルクプラスとパール美肌で、20歳からのシミ治療

シミ・そばかすの美容医療の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

水の森美容外科 大阪院

谷町線東梅田駅より徒歩4分

詳しく見る

福岡

湘南美容外科クリニック 福岡院

天神南駅より徒歩約1分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45434 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ