NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年07月13日 更新 | 755 views

キノコ類でもっともダイエット向き!舞茸に含まれる成分&はたらき

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

低カロリーなため、ダイエット食材として人気のキノコですが、そのなかでも舞茸がもっとも効果を発揮するといわれています。舞茸に含まれるダイエットに効果的な成分はおもに、MXフラクション、キノコキトサン、ビタミンB2、ナイアシン、不溶性食物繊維の5つ。しかし、不溶性食物繊維を摂りすぎると、下痢や便秘を引き起こすリスクがあるため、舞茸は100gを限度とするよう心がけましょう。また、正しい効果を出すためには、水分補給も忘れずに行うことが大切です。

ダイエットといえば、低カロリーなもの!」と探せば必ず候補に挙がるキノコ類。

舞茸もそのなかのひとつで、食べ慣れていることから選ぶ人も多いでしょう。

そんな舞茸が、キノコのなかでもっともダイエットに向いていることを知っていましたか?

では、どのようなダイエット法なのか見ていきましょう

舞茸ダイエットとは

舞茸の写真

舞茸ダイエットは、置き換えるものでも、舞茸ばかり食べるようなつらいダイエットでもありません。

ダイエットのなかでは珍しい足すダイエットです。

1日に摂る食事のうち、どれか1食に舞茸を50〜100g摂るという簡単なもの。

舞茸ダイエットでダイエットに効くのは、キノコ類で舞茸にのみ含まれている特殊成分のMXフラクション、キノコ類に含まれていて安全性の高いキノコキトサン、糖質と脂質の燃焼効果を高めるビタミンB2ナイアシン、腸内環境を整える豊富な不溶性食物繊維です。

舞茸ダイエットに効く成分

舞茸に含まれている成分のなかで、特にダイエットにはたらきかけるのは先ほど挙げた5つですが、それぞれが具体的にどのような作用をもたらすのか紹介します。

MXフラクション

女性の写真

MXフラクションは、体内に取り込まれると溜め込まれている中性脂肪に作用して、分解を促進しエネルギーとして利用しやすくします。

また、血中の中性脂肪にも作用して、溜め込まれる前に内臓や筋肉で利用しやすいように分解を促進

さらに腸内では、栄養を吸収するための絨毛をぜん動運動によって激しく動かし、脂肪の吸収を抑えるようにはたらくといわれています。

キノコキトサン

キノコの写真

舞茸やそのほかのキノコにも含まれているキノコキトサン

甲殻類の殻に含まれているのは動物性キトサンで、キノコキトサンはその仲間の植物性タイプと考えるとイメージしやすいでしょう。

キノコキトサンは、甲殻類のキトサンのように余分な脂質を吸着するのではなく、胃酸や水に溶けずに腸内で膨張して、小腸の栄養の吸収の入り口である微絨毛の表面を覆いつくします。

そして、脂質の吸収を抑え、そのまま体外へ排出することで脂質の吸収量を抑えます。

これが、舞茸を食前に摂取した場合のはたらき方です。

一方、脂質を多く含む食事の後でキノコキトサンを摂ると、動物性のキトサンのように小腸で吸収される前に包み込み、吸収できない形にして体外へ排出します。

また、サプリメントとしてキトサンを使うダイエットがありますが、動物性のキトサンはおもに甲殻類から取り出します。

その際に、甲殻類のアレルギー物質も同時に抽出され、動物性のキトサンを使うとアレルギー症状が出ることも。

しかし、キノコキトサンはアレルゲン性が弱く、食用のキノコを食べアレルギーを発生することはほとんど確認されていないため、安全性でもすぐれているといえるでしょう

ナイアシン・ビタミンB2

女性の写真

舞茸は100g分で、十分すぎるほどのナイアシンというビタミンを含んでいます。

ナイアシンは、糖質・脂質・タンパク質の分解を促進する補酵素的な役割を持っています。

ナイアシンのはたらきは、全エネルギー生成量の60〜70%に関係しており、ダイエットではエネルギーの消費を高めるのがポイントのひとつ

さらに舞茸には、ビタミンB2も多く含まれていて、糖質と脂質の燃焼に作用します。

つまり舞茸は、糖質と脂質という体の脂肪の原因となるものを燃焼し、消費するようにはたらくのです。

しかも舞茸は、このふたつのビタミンをキノコ類のなかでもトップクラスに含んでおり、よりダイエットに向いている食品とされています。

不溶性食物繊維

舞茸の写真

舞茸に含まれる豊富な不溶性食物繊維

体内では胃酸で溶けずに、腸内で水分を含んで膨らむことで、便量を増やして腸内を刺激するだけでなく、腸のぜん動運動を促し便秘も改善します。

また、体内に溜まった有毒物質のダイオキシンや鉛、ヒ素を吸着して、体外に排出するはたらきが水溶性食物繊維より強いでしょう。

栄養の吸収と不要物の排泄で代謝がより上がり、ダイエット効果へとつながります。

舞茸ダイエットで気をつけたいこと

注意を促す写真

舞茸ダイエットは、食事に足すタイプのダイエット法ですが、食べれば食べるほど効果が出るというものではありません。

舞茸の摂りすぎは、不溶性食物繊維の過剰摂取になります。

不溶性食物繊維は、便量を増やして腸を刺激し、ぜん動運動を促しますが、量が多いと効果が強く出てしまい、下痢を引き起こす可能性が。

また、逆に便量が増えるスピードがぜん動運動よりも早く、まれに便秘になる人もいるそうです。

ですので、舞茸の量は100gを限度としましょう。

また、不溶性食物繊維が正しい効果を発揮するには水分が必要なため、必ず舞茸を摂る前後や摂るときには水分を準備することが大切です。

舞茸を活用してダイエットしよう

女性の足の写真

舞茸ダイエットは、おもに脂質へのはたらきかけが強いもの。

特に、舞茸にのみ含まれているMXフラクションによって、ほかのキノコ類を使うダイエットより強い効果を期待できるでしょう。

水分をしっかり摂ることに気をつけて、色んな食事に舞茸を使ってみてくださいね。

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44554 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ