NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年07月16日 更新 | 1,131 views

タンパク質&ミネラルが豊富なスキムミルクで、お手軽ダイエット

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

牛乳から脂肪分と水分を除いたのがスキムミルク。スキムミルクはダイエットに用いるのがおすすめで、高タンパク&低脂質、ビタミンB群やミネラルを含むのが魅力です。スキムミルクはそのままだとおいしくないので、ヨーグルトやスムージーに入れたり、煮込み料理に入れたりして摂りましょう。

脱脂粉乳と聞くと、「味が良くない」「そもそも飲んだことがない」など、あまり良いイメージがない人も多いでしょう。

では、スキムミルクと言われるとどうでしょうか?ふたつとも同じ物ですが受ける印象は違いますよね。

今のスキムミルクはとてもおいしく作られていて、脱脂粉乳と呼ばれていたころに比べてかなり味と香りが改善されました。

そんなスキムミルクは実はダイエットに最適なのですが、ここでは用い方や効果についてくわしく見ていきましょう。

スキムミルクダイエットの概要とは?

スキムミルクをカップに注ぐ写真

スキムミルクは、脂肪分と水分か除かれている以外はほとんど牛乳と同じ栄養成分で、その代わりにほかの栄養成分が濃縮されています。

このスキムミルクをダイエットに活かすには、スキムミルクを食生活に積極的に取り入れていくことが大切です。

つまり置き換えでもなく、スキムミルク単体だけでもない、今の食生活に「足す」タイプの方法で、ダイエットに向いた体をつくることができます。

スキムミルクにはタンパク質とビタミンB群5種類とミネラル7種類が特に多く含まれており、しかもそれが良いバランスになっているので、ダイエットに最適です。

スキムミルクをダイエットに取り入れたい3つの理由

スリムな女性の写真

スキムミルクをダイエットに取り入れたい理由1:高タンパク質&低脂肪

スキムミルクは牛乳と比べて、100g当たりで脂肪分は約1/4にまでカットされ、タンパク質は10倍にまで濃縮されています。

どのように使ったとしても、脂質はほとんど増えず、タンパク質をどんどん摂ることができるので、筋肉がしっかり作られ基礎代謝の高い体になり、痩せやすい体づくりに役立ちます。

さらに、タンパク質は消化する際にもしっかりとエネルギーを使い、摂った後からもどんどんエネルギーを消費していくので、より痩せやすく、ダイエットが成功しやすくなります。

スキムミルクをダイエットに取り入れたい理由2:燃やす!燃やす!

スキムミルクに含まれている豊富なビタミンB群。

そのなかでも、ビタミンB2とパントテン酸(ビタミンB5)がダイエットで大きなはたらきをします。

ビタミンB2はまず脂質の代謝に関与して、貯め込むのではなく、細胞がはたらくためのエネルギーとして使うように促します。

それと同時に糖質の代謝にも関わり、インスリンの分泌を抑えることで、インスリンによる糖質を脂質に変換して体脂肪として合成する反応をおだやかにします。

そして、糖質にも細胞がエネルギーとして使われるように促すはたらきがあります。

パントテン酸は、この脂質と糖質に関与するビタミンB2のはたらきをサポートする補酵素の材料として使われます。

スキムミルクをダイエットに取り入れたい理由3:ミネラルがダイエットをサポート

スキムミルクには、ダイエットに必要なミネラルが含まれています。それがカルシウムとモリブデンです。

カルシウムは筋肉の正常な動きを保つはたらきがあり、全身の細胞でのエネルギー産生と消費がスムーズに行われるように調整します。

また、カルシウムは神経伝達にも関与し、心筋の運動の調整や胃や腸などの動きの調整にも携わっています。

そして、聞き慣れないのがモリブデンでしょう。これはミネラルのなかでもかなりの微量元素です。

モリブデンは体内では肝臓や腎臓に集中的に存在しており、糖質や脂質の代謝を助ける役目があります。

エネルギーの代謝によって出た不要物を、肝臓では解毒、腎臓ではろ過・尿生成という回路を使って後に体外へ排出します。このときに必要なのがモリブデンです。

モリブデンは体の中でのダイエットの後片付け役という形で活躍してくれるということですね。

スキムミルクのおすすめの摂り方

スキムミルクを飲む様子の写真

スキムミルクは、以前より改良されたとはいえ、はっきり言っておいしいものではありません。

ですので、ヨーグルトやスムージに混ぜたり、煮込み料理などに混ぜたりして使うことをおすすめしています。

おいしくする方法の一例として、ヨーグルトと一緒に食べる場合には、常温(20〜30℃)で約半日置いておくと、スキムミルクとヨーグルトがなじんで食べやすくなり、ヨーグルト中の乳酸菌もスキムミルクに含まれる乳糖によって増えるので、整腸作用が大きくなります。

整腸がスムーズに行われれば、それだけ便通の改善にもなるので、ダイエット効果へとつながります。

スキムミルクを摂るうえでの注意点

スキムミルクは高タンパク質&低脂肪の食品で、ダイエットしやすい体づくりに役立つものです。

しかし、含まれている糖質に、乳糖があることに注意しましょう。

日本人では、多くの人が乳糖不耐症です。牛乳を飲んでお腹の調子を悪くしたことがある人は間違いなく乳糖不耐症です。

これは乳糖に対する酵素のはたらきが弱く、うまく消化できない体質で、乳糖が自分の体質では処理しきれないほど体内に入ってきたときに下痢を起こすのが特徴です。

下痢症状では、水分と同時に体に大切なミネラルも余計に排出してしまいます。

ですので、ダイエットに良いと言っても、スキムミルクの使用は大さじ3杯(約30g)に留めるようにしましょう。

スキムミルクで楽しくダイエット!

スキムミルクはおススメした使い方以外にも、あらゆるところで使うことができます。スキムミルクを多くのレシピがあるのがその証拠です。

自分の生活と体に合った方法で、スキムミルクダイエットを楽しんでみてください。

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ