NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1025記事

メルマガ登録

2016年11月05日 更新 | 2,381 views

小じわやたるみを引き上げて治療!ウルトラVリフト施術の効果とは?

ウルトラVリフトは、長さ数センチの糸を皮下に埋め込むことでしわやたるみをリフトアップするスレッドリフト施術です。置き鍼効果と肌のリバイタライジング効果は1~2年の間持続します。しかし、重度のしわやたるみのリフトアップには適さない施術です。

顔のしわやたるみは、軽度であれば悩みも軽いというわけではありません。

「小さいしわだけど、これだけは許せない......」「そんなにひどくないたるみだけれど、これさえなければ!」というしわやたるみがある人も多いでしょう。

そんなときに、大掛かりなフェイスリフト手術を受けることなく手軽に悩みを解消できる施術が「ウルトラVリフト」です。

目次

ウルトラVリフトとは

出典:麗ビューティー皮フ科クリニック

ウルトラVリフトは、スレッド(リフトアップ施術で使用する糸のこと)を皮膚に埋め込むことでしわやたるみのリフトアップ効果を得る「スレッドリフト」施術の種類のひとつです。

医療行為において、治療が体へおよぼす物理的影響のことを「侵襲」(しんしゅう)と言います。スレッドリフトの施術の多くは、皮膚を切開して皮膚やその下の組織を引き上げる「フェイスリフト」手術よりは侵襲の度合いが低いものの、ある程度の痛みやダウンタイムをともないます。

そこで、スレッドリフトの侵襲をなるべく低くできないかという観点から、韓国の美容外科医クォン・ハンジン(Kwon Han Jin)医師が開発した施術が「ウルトラVリフト」です。

ウルトラVリフトは、その侵襲の低さで「スレッドリフトの施術は痛くて不快なもの」という従来の概念をくつがえしただけでなく、ダウンタイムの短さから、忙しい毎日のなかでも美の追求をあきらめない韓国のセレブたちの間で人気となりました。

使用するスレッドなどに厳密には違いはあるものの、ウルトラVリフトは「リードファインリフト」とも呼ばれます。また、女性誌「美ST」がこの施術の特集を組んだ際に「術後すぐショッピングに行くことができるほど腫れや内出血が出にくい」という意味で呼んだことから、「ショッピングリフト」としても知られています。

ウルトラVリフトのしくみ

肌のリフトアップ効果を感じている女性の写真

ウルトラVリフトでは、髪の毛よりも細い極細のスレッドがついた特殊な針を皮下に挿入し、針のみを引き抜いてスレッドを皮下に埋め込みます。

数センチという短い長さのスレッドを10本〜100本以上、顔のしわやたるみを引き上げたい部位の皮下に、格子状に埋め込みます。

ウルトラVリフトで使われるスレッド「PDO」とは?

スレッドの材質はポリジオキサン(PDO = Polydioxanoneの略)で、約8か月〜1年かけて体内に分解・吸収されます。PDOは20年以上前から外科手術において縫合用の吸収糸として使用されており、安全性の確立された医療素材です。

体内で溶けてなくなるスレッドを使うスレッドリフトのメリットは、体内に異物がずっと残ることに抵抗を感じる人や、顔への施術であるため「施術が失敗したら怖い」という人の施術への心理的ハードルが下がる点と、同じ施術を繰り返し受けることが可能である点にあります。

ウルトラVリフトの効果

顔に鍼を施している写真

ウルトラVリフトの特徴は、ダウンタイムが短く、施術の効果に即効性があることです。

効果のある部位や症状は、頬や目尻のしわやたるみ、ほうれい線や首のしわの改善、フェイスラインの引き締めによる小顔効果などです。

ウルトラVリフトの効果は、以下の3つに分けられます。

ウルトラVリフトの効果1:経穴(ツボ)の刺激効果と置き鍼効果

針を用いてスレッドを皮下に挿入する際に、顔にある経穴(ツボ)を刺激するため、皮膚の血行を良くし代謝をうながす「美容鍼」の効果が得られます。

さらに、皮下に埋め込まれたスレッドは、体内に吸収され溶けてなくなるまでの約8か月〜1年のあいだ、周辺の組織を刺激し続ける「置き鍼」に似た効果を発揮します。

ウルトラVリフトは鍼灸の概念であるツボ刺激効果と置き鍼効果をスレッドリフト施術に取り入れたもので、東洋と西洋の医学の利点を組み合わせた画期的な治療法と言えます。

ウルトラVリフトの効果2:物理的なリフトアップ効果

ウルトラVリフトで用いるスレッドは長さが数センチと短く、ハッピーリフトやシルエットリフトの施術で用いられるスレッドのようにトゲやコグ(突起)がついていません

このため、ウルトラVリフトでは、スレッドによる物理的なリフトアップ効果は、ほかのスレッドリフト施術に比べやや劣ります。

しかし、スレッドにトゲやコグがないことから生まれるメリットもあります。不自然なまでに強力なリフトアップが起こりにくく、自然な仕上がりが実現できる点がメリットです。

しわやたるみのある部位の皮下に短いスレッドを網目状に埋め込むため、ある程度のリフトアップ効果も得られますが、リフトアップするというよりは皮下にスレッドで足場を作ってたるみを「支える」というイメージに近くなります。

この性質から、ウルトラVリフトは将来のしわやたるみの予防にも効果がある施術といえます。

ウルトラVリフトの効果3:リバイタライジング効果

スレッドが皮下に埋め込まれると、体は「異物が侵入した」と見なし、傷を治すのと同じようにはたらきます。この過程で、スレッドの周辺の血流や細胞の代謝が良くなり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が活発に分泌され始めます。

この結果、施術部位の肌のきめが細かくなったり、肌の張りやみずみずしさが増したりして肌が若返り、この美肌効果が「リバイタライジング効果」と呼ばれます。

リバイタライジング効果は体の自然治癒力を利用するため、効果が実感できるようになるまでに少しのタイムラグがあります。一般的には、施術から1〜2か月経過した頃から実感できるようになります。

コラーゲントンネルが効果を長期間保持

施術後1か月ほど経過した頃から、分泌が活発になっているコラーゲンがスレッドの周囲に繊維状のトンネル「コラーゲントンネル」を作りはじめます。

8か月〜1年経ってスレッドが体内で溶けてしまったあともコラーゲントンネルは残るため、美肌効果やリフトアップ効果は持続します。

このため、個人差はありますが、ウルトラVリフトの施術の効果は1年~2年の間持続すると言われています。

ウルトラVリフトのダウンタイムや副作用

困惑する女性の写真

ウルトラVリフトの施術中は麻酔が効いていて痛くないとしても、施術が怖い場合はどうすれば良いのでしょうか?

また、手軽とはいえ、顔に大量の針を刺す施術。ダウンタイムは本当に短いのでしょうか?

ウルトラVリフト施術にともなう痛み

ウルトラVリフトの施術で使用する針は、美容鍼の施術で使われるような極細のもののため、痛みはさほど感じないでしょう。痛みに弱い人は、麻酔クリームを用いた表面麻酔での施術が可能です。

しかし、顔へ数10本〜100本以上の針を挿入する施術であるため、「怖い」と感じる人には局所麻酔や笑気麻酔の使用が可能な場合があるので、事前に医師に相談すると良いでしょう。

施術後に、施術部位に少々の痛みが出ることがありますが、これは処方される鎮痛剤で対処できる程度です。

ウルトラVリフト施術のダウンタイムと副作用

「ショッピングリフト」という別名の通り、ウルトラVリフト施術のダウンタイムは一般的にはほとんどないか、あってもごくわずかとされています。

しかしダウンタイムの長さには個人差があり、施術部位に腫れやむくみ、内出血が現れてしまう場合もあります。

腫れやむくみはほとんどの場合、数時間で引きます。内出血が起こり、小さな青あざのようなものができてしまった場合は、2〜3日から1週間で消えていきます。

施術当日からメイクができるので、メイクでカバーすれば施術を受けたことが他人に気づかれません。

ウルトラVリフトの施術の流れ

カウンセリングの様子の写真

実際のウルトラVリフトの施術は、以下のような手順で行われます。

1.担当医によるカウンセリング

改善したい症状や肌の状態の診察ののち、ウルトラVリフトが適した施術であると医師が判断した場合は、埋め込むスレッドの本数や埋め込む部位、方向などの施術のデザインを決定します。

2.麻酔

洗顔ののち、施術部位に麻酔クリームを塗り、30分〜1時間待って麻酔が効くのを待ちます。

3.マーキング

麻酔クリームを拭き取ったのち、あらかじめ決定したデザインに沿って施術部位にマーキングします。

4.施術

極細の針で、施術部位にスレッドを埋め込んでいきます。

痛みや内出血を防ぐため、冷却と圧迫止血を行いながら施術します。

施術に要する時間は、施術する範囲や埋め込むスレッドの本数にもよりますが、100本程度では約15分〜30分です。

5.処置後、帰宅

施術部位への消毒や冷却などの処置ののち、その日のうちに帰宅できます。

ウルトラVリフト施術後の経過とアフターケア

皮膚を切開する「フェイスリフト」手術の術後のように安静にする必要はありません。しかし顔に針を刺しているため、熱いお湯での入浴や飲酒、激しい運動などの血行を促進する行為は、腫れの悪化の防止のために施術当日は控えるよう指導されます。

洗顔やメイクについては、施術当日から可能としているクリニックが多いようです。

また、術後約1か月が経過し、スレッドが周辺の組織になじむまでは、顔へのマッサージは控えましょう。

ウルトラVリフト施施術にかかる費用の相場は?

埋め込むスレッドの本数により、料金が異なります。

スレッドの使用本数の目安は、目尻への施術の場合は両側で20本、顔全体への施術では100本ほどとなっています。

顔全体に100本ほどのスレッドを埋め込む場合では、30万~50万円程度が費用の目安となります。

ウルトラVリフトの失敗例

落ちこむ女性の写真

同じ本数のスレッドを埋め込んでも、効果に差があるのはなぜなのでしょうか?また、ほかにどのような失敗例が考えられるのでしょうか。

ここでは、ウルトラVリフトの代表的な失敗例を3つ挙げます。

ウルトラVリフトの失敗例1:効果が見られない

ウルトラVリフトはスレッドで物理的に皮膚を引き上げる施術ではないため、リフトアップ力においては他のスレッドリフト施術に劣ります。

また、人間の持つ治癒力を利用した「リバイタライジング効果」をねらう治療法であるため、どの程度のリバイタライジング効果が得られるかは個人の体質により差が出ます。

リフトアップ効果に不満な場合は、ウルトラVリフトの再施術を受けてスレッドを追加するか、より大きなリフトアップ効果のあるほかのリフトアップ施術を受けることが対処法となります。

ウルトラVリフトの失敗例2:スレッドが皮膚から露出してきた

稀なケースですが、スレッドの先端が皮膚表面から露出してくることがあります。

通常は吸収糸は体内で異物反応を起こしませんが、これは体質に左右されるものです。

この場合は露出しているスレッドを切除するか、抜去することで対処できます。しかし自分で行わず、クリニックで処置してもらうようにしましょう。

ウルトラVリフトの失敗例3:腫れが長期間引かない

施術した部位の腫れが長期間引かない場合は、埋め込んだスレッドの周辺で感染症が起こっている可能性があります。

通常、感染症が起こった場合は感染源を除去することで対処しますが、ウルトラVリフトではとても細いスレッドを大量に埋め込んでいるため、スレッドの除去は難しい手術となります。

このため、感染症が起こった場合にはスレッドを抜去せず、抗生剤の内服や点滴で対処します。

ダウンタイムが取れない人や、本格的なスレッドリフト施術に抵抗がある人に

ウルトラVリフトは、過度なリフトアップ効果を期待しないのであれば、少ない侵襲とダウンタイムで即効性のある効果が得られる施術です。

忙しくて長期のダウンタイムが取れない人や、本格的なスレッドリフト施術に抵抗がある人に向いているといえるでしょう。

理想の自分に近づくためには、施術や料金の手軽さで選ばず、ウルトラVリフトが自分の症状に適した施術であるのかをしっかりと見極めることが大切です。

そのためには、クリニックに行く前に予備知識を蓄え、カウンセリングでしっかりと医師の意見を聞くことが大切といえます。

フェイスリフト・リフトアップの地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科

東京メトロ銀座一丁目駅3番口すぐ

詳しく見る

大阪

品川美容外科 心斎橋院

心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44250 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ