NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年12月03日 更新 | 1,466 views

二の腕の脂肪吸引の効果から成功のコツ、副作用や失敗まで全部教えます。

湘南美容外科渋谷院 院長 奥村智子

この記事は、湘南美容外科渋谷院 院長 奥村智子が監修しています。

二の腕の脂肪吸引では、脂肪細胞の数自体を減らしてしまうため、リバウンドがありません。しかし、肌の不自然な凸凹やたるみが生じる、吸引の痕が残る、そもそも効果が感じられないなどの失敗例があります。また、施術後には痛み、感覚の麻痺、内出血などの副作用が起こるかもしれません。トラブルを回避するには、信頼できる医師を見つけ、カウンセリングをていねいに行い、クリニックの指示どおりにアフターケアを行うことが大切です。

夏が近づくと気になるのが、袖から出た二の腕の太さ。

ダイエットをしたり、筋トレしたり、マッサージをしたりしても思うような効果が出ず……

なんと女性の4割が二の腕の太さが気になるという調査結果もあります。

確実に効果が出ると言われる脂肪吸引ですが、失敗も怖い。

そんな人に向けて、二の腕の脂肪吸引についての効果から成功するコツまでをまとめました。

脂肪吸引とは

脂肪吸引のメカニズム出典:気になる!美容整形ランキング

脂肪吸引とは、カニューレと呼ばれる吸引管を使って、細くしたい部分の脂肪細胞を直接吸引して細くする方法です。

脂肪吸引では、脂肪細胞自体を吸入してしまうため、リバウンドがないのが最大の魅力です。

通常のダイエットでは難しい、永続的な部分痩せが可能な施術です。

脂肪吸引の効果が得られる理由(原理)

疑問を感じている女性の写真

脂肪の特徴を理解しよう!

ダイエットをしてもなかなか二の腕が痩せないという経験をしたり、悩んだりしたことはありませんか。

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があるというのはご存知だと思いますが、その特徴には違いがあります。

内臓脂肪は、腸間膜についた脂肪や内臓そのものについている脂肪、そして筋肉に入り込むようにして存在する脂肪組織のことを指します。

加齢になどにより筋肉が弱ると、脂肪組織が置換し肥大してきます。

内臓脂肪は血流のよい場所に存在することもあり、食事制限や、有酸素運動を取り入れることで比較的落としやすい脂肪だといわれています。

それに対し皮下脂肪は、皮膚のすぐ下にたまってしまう脂肪です。

内臓脂肪はいわゆる普通預金のようなもので、余ったときは貯めて、使いたいときに使うことができる脂肪です。

それに対し皮下脂肪は貯めることはできるけれども、使いたいときに簡単には使うことができない定期預金のような脂肪なのです。

湘南美容外科渋谷院 院長 奥村智子

皮下脂肪はたまるとセルライトとして一層痩せづらくなります。

ダイエットで二の腕の部分痩せができないのはなぜ?

ダイエットをするとき、食事制限や筋トレ、有酸素運動などを取り入れることが多いでしょう。

特に夏が近づいてくると露出が高まる二の腕を細くしたいという思いで、ダンベルを手にしたことはありませんか?

「ダイエットの効果が出てきたな」というころ、きつい筋トレをしたにも関わらず、ほかの部位よりも二の腕のプルプルが取れていないことも。

実は通常のダイエットでは部分やせというのはできないのです。

ダイエットで食事制限と運動を取り入れた場合、体の中ではまんべんなく蓄積された脂肪を分解してエネルギーへと変換していきます。

なので腹筋をしたからお腹の脂肪、ダンベルで腕の筋トレをしたから腕の脂肪……というかたちで消費されるわけではないのです。

ではなぜ、「部分痩せが可能」と言われる部位があるのでしょうか。矛盾を感じますよね。

皮下脂肪のつきやすい部分というのは、比較的筋肉の少ない部位(二の腕やおしり)や、熱を逃したくない部位(体幹部)だといわれています。

ダイエットで食事制限と運動を同時に行った場合、お腹まわりは腹筋トレーニングなど比較的筋肉を刺激しやすいうえに、筋肉が発達することで熱が発生し冷えを改善します。

この相乗効果でダイエットにより脂肪が減り、筋肉が付いたことで引き締め効果が得られ、一見「部分痩せ」したように感じるのです。

それに対し二の腕は、上腕上側(上腕二頭筋)は日常生活でもよく使われる筋肉なのですが、上腕下側(上腕三頭筋)は意識的に動かさない限りほとんど使われていない筋肉です。

そのため腕には上側よりも下側に脂肪がつきやすく、筋肉を使いにくいため脂肪が落ちにくく、引き締めにくい部位なのです。

脂肪吸引は二の腕の部分痩せが可能な唯一の方法

脂肪吸引は、皮膚のすぐ下に蓄積した皮下脂肪を直接体外へ吸い出すことで、痩身効果を得る施術法です。

既に肥大化してしまった皮下脂肪を吸い出すことで、脂肪細胞の絶対量を減らすことができます。

痩せている人、そうでない人でも脂肪細胞を体に備えています。

数は人により多い人、少ない人はありますが、多い人でも痩せている、少ない人でもぽっちゃりしているということもあります。

痩せる、太るというのは体内の脂肪細胞がどれだけ肥大化しているかということなのです。

脂肪吸引では、肥大化した脂肪細胞を吸い出すことで、その部位に存在する脂肪細胞そのものを減らすため減量効果が得られるのです。

また一旦吸引されて減った脂肪細胞がまた体内でつくられることはないので、ダイエットにつきもののリバウンドの心配もありません

二の腕の脂肪吸引のメリット

ハートのロリポップを持つ女性の写真

確実に細くなり、リバウンドがない

脂肪吸引では、皮下脂肪を物理的に吸引してしまうので、確実に二の腕を細くすることができます。

また、リバウンドとは、ダイエットをして小さくなった脂肪細胞が再び肥大化することですが、脂肪吸引ではその名のとおり皮下脂肪を物理的に吸引して絶対量を減らすので、リバウンドの心配がありません

ただし注意しなければならないのが、太ってしまうと脂肪吸引をしていない他の部位に脂肪がついてしまいます。

脂肪吸引の効果をより効果的にするためには、施術を受けたときよりも体重を増やさない(減らした脂肪細胞を増やさない)ことが大切ということですね。

湘南美容外科渋谷院 院長 奥村智子

脂肪吸引はボディーバランスを変える手術です。

女性らしい華奢なイメージになる

二の腕に脂肪が蓄積されてくると、肩が張ったようなボディラインになってきます。

これでは肩からひじにかけてガッチリとしたイメージになってしまい、女性らしさから遠のいてしまいます。

この外に張ったラインをまっすぐにするだけで女性らしい華奢なイメージをつくることができます

腕の出た洋服を着たときも、パツパツの袖周りに余裕ができ、きれいに着こなすことができます。

細くなりやすくなる

脂肪細胞を物理的に吸引するため、二の腕に残る脂肪細胞の量は施術前よりも確実に減り、この状態が通常の量となります。

例えば、もともとの脂肪細胞のが10あったとします。

脂肪吸引により5割吸引すると、単純に考えた場合、もとの半分の細さになります。

前項でダイエットを実行した場合、体中の脂肪細胞はまんべんなく減る(小さくなる)と話しました。

ダイエットが成功してもとの1割の減量に成功したとすると、胃脂肪吸引前後で減量効果に倍近い差が出る*ことが期待できます。

すると、10あった脂肪細胞が脂肪吸引により半分になり、半分になった脂肪細胞が更に小さくなるという相乗効果が生まれます。

湘南美容外科渋谷院 院長 奥村智子

太ってしまった場合でも吸引部はあまり太らず、痩せた場合には吸引部は痩せやすくなります。

二の腕の脂肪吸引のデメリット

手を前に出して制止するようなジェスチャーをする女性の写真

表面に不自然なでこぼこができてしまう

脂肪吸引後にでこぼこができてしまう原因でもっとも多いのが医師の技量不足で、これにより下記のような不具合が生じます。

  • 均一に吸引することができなかった
  • 必要以上に吸引してしまった
  • 浅い層を吸引してしまった

万が一でこぼこできてしまった場合には脂肪注入の施術により補正することも可能ですが、満足の行く自然な仕上がりにするのはとても難しいといわれます。

このようなことが起こらないようにも、契約前の事前カウンセリングや、インターネットの口コミなどを利用して、慎重にクリニックや医師選びをしましょう。

皮膚がたるんでしまう

必要以上に吸引しすぎてしまうと、かえって皮膚をたるませてしまう原因となってしまう場合があります。

吸引後脂肪細胞が減った状態でもハリのある皮膚を保持するために、必要十分な吸引量を計画できる信頼できる医師のもとで施術を受けることがよいでしょう。

また施術後の圧迫が不十分な場合にも、たるみが生じてしまうことがあります。

施術後は脂肪細胞が急激に減るため、いわゆる皮膚の下はすかすかな状態です。

脂肪吸引の後には、たるみを防止して状態が回復する手助けをするために、圧迫サポーターなどを用いて外部からの圧迫を行います。

術後の痛みやだるさで圧迫サポーターを着用することが大変かもしれませんが、期待どおりの結果を得るためにも必ず着用するようにしましょう。

もしたるみができてしまった場合はたるみを除去する外科手術を受けることも可能ですが、気軽に受けることができる施術ではないため、できるかぎりたるみができないように防止策を講じるようにしましょう。

湘南美容外科渋谷院 院長 奥村智子

脂肪吸引後は仕上がりをよくするために圧迫とマッサージが重要です。

施術跡が目立つ

カニューレを挿入した部位にポツンという直径3mm(使用する機器により異なります)ほどの傷跡が残ります。

通常であれば時間と共に薄くなりますが、体質によってケロイド化することがあります。

日常生活のなかで、つくってしまった切り傷や擦り傷がすっきりと治る人と、傷跡として残ってしまう人がいます。

前者の場合は比較的傷跡目立たなくなりますが、後者の場合だとケロイド化する確率が上がります。

完全に傷跡がなくなることはないため目立ちにくい場所から施術を行いますが、体質的にケロイド化しやすいと心当たりのある方は事前に担当医と相談をしたほうが良いかもしれません。

効果が得られない

脂肪吸引は皮下脂肪を物理的に吸引する施術法です。

当然のことながら皮下脂肪が少ない場合、吸引しても十分な効果を感じることができません

また、すべての脂肪細胞を吸引することはできません。

脂肪吸引に対する過剰な期待は危険です。あらかじめ今の自分の状態で施術を受けた場合の効果について、医師から説明を受けると良いでしょう。

さらに、この効果への満足度の低さは、十分な吸引ができていなかった、施術デザインが効果的なデザインではなかったときなどにも感じることがあります。

吸引が不十分であった場合は、再吸引を受けることができることもあるので、クリニックに相談したほうが良いでしょう。

デザインについては、施術前に十分なカウンセリングを受けることで、トラブルを回避することができるはずです。

二の腕脂肪吸引はこのような人におすすめ!

複数の腕の写真
  • 皮下脂肪が多い人
  • 部分やせがしたい人
  • 即効性がほしい人

脂肪吸引は皮下脂肪を吸引する施術ですから、皮下脂肪が多い人にはぴったりな施術法だともいえます。

特に全体のバランスと比較をして、二の腕だけが太めという人にはおすすめです。

また脂肪を物理的に吸引するので、施術後のダウンタイムを経れば細くなった状態を手に入れることができます。

ダイエットをしたけれども二の腕の皮下脂肪をなかなか落とすことができず、でもすぐに効果を得たいと思っている人は検討してもよいかもしれませんね。

二の腕の脂肪吸引の施術についての詳細

病院の受付の写真

脂肪吸引のおもな術式

脂肪吸引の施術の種類をまとめた表の写真

脂肪吸引には多くの術式があり、術式により使用する機器が異なります。

術式により下記のような違いがありますが、基本的には同じです。

  • 脂肪を溶解しながら吸引する
  • 脂肪を溶解してから吸引する

希望どおりの結果を得るためには最新の機器を導入しているクリニックを選ぶべきか、優れた技術を持つ医師がいるクリニックを選ぶべきか悩むところですが、どちらか悩んだ場合は、優れた技術を持つ医師を優先した方がいいです。

優れた医師がいて、最新の機器を導入しているクリニックを選ぶということが最善なのですが、すべての条件を備えたクリニックを探しだすのは至難の業です。

そこで、ホームページなどで症例数や症例の写真をチェックして、自分の求めているイメージと比較をしてみると良いでしょう。

湘南美容外科渋谷院 院長 奥村智子

脂肪吸引は医師の技術が一番大事です。安全に受けるためには最低でも50症例は行っている医師がいいと思います。

施術の流れ

二の腕脂肪吸引の施術の流れをまとめます。

  1. 術前カウンセリングで施術の最終確認を行います。
  2. 静脈麻酔を導入し、寝ている状態にします。(全身麻酔よりも浅い麻酔です。)
  3. 脂肪吸引を行う場所をマーキングし、どこをどれくらい吸引するかを明確にします。
  4. カニューレを挿入する場所にマーキングを行います。カニューレを挿入するための切開を行うため傷が残るので多くのクリニックの場合、もともとしわの多いひじを選ぶことが多いですが、カウンセリングのときに確認しておくと良いでしょう。
  5. 切開部に局部麻酔を行い、切開します。
  6. 脂肪を薬剤で溶解する施術の場合は、薬剤を注入し脂肪を溶解します。
  7. カニューレを挿入し脂肪を吸引します。

以上がおもな施術の流れですが、細かい部分では術式やクリニックによって異なるので、カウンセリングのときに説明を受けるようにしましょう。

施術時間の目安

施術方法やクリニックによっても異なりますが、おおよそ1~2時間程度で終わります。

麻酔や痛みについて

施術の流れで説明しましたが、クリニックによっては局所麻酔のみで施術を行うクリニックもあります。

注入するチューメセントの総量は両腕で約1リットル(予定吸引量の約1.5倍)になります。

そのため、意識のある状態での施術は負担が少ないとは言いがたいでしょう。

施術を受けるクリニックで、どのような麻酔を行うかということは必ず事前に確認をするようにしましょう。

費用相場

両腕で30万円ほどであることが主流のようです。

クリニックによって料金の差がありますが、施術料金の中に含まれる内容をしっかりと確認することが必要です。

  • 施術範囲(腕だけなのか、肩まで含まれているのか)
  • 初診料金、診察代(抜糸含む)が含まれているか
  • 麻酔料金が含まれているか
  • 処方箋、投薬費用が含まれているか

特に両腕という表記だけの場合、二の腕の下側(上腕三頭筋側、ふりそで側)のみだったというトラブルもあります。

提示されている料金で施術を受けることができる範囲については、問い合わせやカウンセリングの際にくわしく確認しましょう。

二の腕の脂肪吸引の術後経過やダウンタイム

二の腕の脂肪吸引 施術後の痛み出典:医師が教えるキレイの教科書

施術当日は脂肪吸引を受けた部位まわりに痛みが生じることが多いので、鎮痛剤を上手に使いながら安静にしているほうが良いでしょう。

翌日からは軽いデスクワーク程度は可能ですが、3日ほど安静にしている方が安心です。

施術後1週間まで:痛み

脂肪吸引を受けた部位周辺に鈍い痛みが残ります。

クリニックから鎮痛剤が処方されますが、ロキソニンをはじめとしたOTC医薬品でも対応が可能な痛みです。

通常1週間程度で軽快しますが、これには個人差があり、腕を押されるのがつらくて満員電車に乗るのが怖くなるという人もいるようです。

施術後2週間まで:内出血

強制的に脂肪を吸い出すときに傷つけた血管により内出血が高確率で生じます。

内出血は2週間ほどで薄くなってきますが、紫色から赤色にそして黄色く変色ししばらく残りますので、ひじ下まで隠れる程度の袖の服を着用したほうが無難です。

施術後3週間まで:むくみ

個人差はありますが腕全体にむくみが出ます。

むくみは、脂肪を吸引したことで腕全体の水分代謝のバランスが崩れたことにより生じるものです。

クリニックから、むくみを解消するストレッチやマッサージについての説明があるはずですので、気長に無理のない範囲でコツコツと続けましょう。

なお、マッサージを始めるタイミングについては、クリニックの指示に従ってください。

施術後2か月後まで:感覚が鈍くなる/しびれを感じる

感覚の鈍化やしびれは約半数の人に起こります。

原因が施術後の拘縮によるものであれば問題ありません。

クリニックから指導されるマッサージやストレッチを気長に続けましょう。

6か月以上感覚の鈍りやしびれが続く場合、神経損傷などの可能性もあるので、施術を受けたクリニックに相談しましょう。

施術後3週間から2か月:拘縮

拘縮(こうしゅく)とは、脂肪吸引した部位の皮膚が硬くなったり、でこぼこしたりする状態のことをいいます。

脂肪吸引をした場所はそれまで脂肪があった場所がスカスカになってしまうため、状態を戻そうと修復機能が働いたことにより生じます。

一時的に腕が動かしづらく感じたり、皮膚が固くなったり、表面がでこぼこしたりしますが、マッサージやストレッチを気長に続けましょう。特にマッサージは効果的です。

施術直後から:傷跡

カニューレを挿入するために切開した部位に傷跡が残ります。

少しずつ薄くなっていきますが、体質によりケロイド化する場合もあります。

二の腕の脂肪吸引の失敗例

ショックを受ける女性の写真

しびれとつっぱり感が治らない

脂肪吸引をしたときに、カニューレによって神経を傷つけてしまったことにより神経損傷を起こしてしまう場合があります。

この場合、現在ではビタミンB12剤を服用することで損傷を受けた神経の回復を待つしかありません。

医師の技量によるところが多いので、クリニックを選ぶ際に施術を受ける医師の症例数や症例などを確認すると良いかもしれません。

万が一このようなことが起こった場合の対応について、あらかじめクリニックに確認しておくとさらに安心できるでしょう。

※ビタミンB12は神経細胞内の核質やたんぱく質を合成、修復するはたらきがあります。

強いたるみが出てしまう

脂肪を過剰に吸引してしまうと、肌のハリを保つために必要な脂肪までもを吸引してしまうため、肌がたるんでしまいます。

吸引する脂肪の量の塩梅は、施術を行う医師の技量と経験に左右されます。

かえって腕が太くなってしまった

おそらく施術を受けた部位が細くなっていないのではなく、背中~肩~腕にかけてのバランスが崩れてしまったため、脂肪吸引されていない部位の太さが強調されてしまい、このように感じるのだと考えられます。

肘付近ばかりを吸入してしまうと全体のバランスが崩れ返って太い印象になってしまいます。

ふりそで部分だけではなく、二の腕の付け根、肩も含めた全体のバランスを考えた施術を受けると良いでしょう。

二の腕の脂肪吸引で失敗しないための方法

カウンセリングの様子の写真

カウンセリングをしっかりと受ける

事前のカウンセリングをしっかりと受けることで、トラブルを回避することができる場合もあります。

  • 施術を行う医師の症例数や症例(写真)を聞く、見る
  • 脂肪吸引に対する医師の考えを聞く
  • 自分にとってどのような施術がマッチするか尋ねる

脂肪吸引は医師の技量で結果が決まるといっても過言ではありません。

多くのことを質問すると嫌がられてしまうかも……と心配してしまい、言われるがままにとなってしまう人も少なくはないのでしょうか。

しかし、ここは臆することなく、疑問や不安に思っていることを医師にぶつけないといけません。

また、そうしたときに、嫌な顔をせずに親身になって答えてくれる、提案してくれるような医師を選ぶと良いでしょう。

起こりうるリスクを理解する

すぐに効果が現れて、部分痩せが可能な気軽なダイエット法と捉えられがちな脂肪吸引ですが、実はリスクも伴っているということを理解する必要があります。

それまで体内にあった脂肪を強制的に溶解し、吸引するのですからリクスがないとは言い切れません

すぐに効果が現れるとはいっても、ダウンタイムを考慮すると二の腕の脂肪吸引が完了し、完成するまでには3か月~半年ぐらいの時間が必要となります。

その間に発生する可能性のある副作用などのリスクもきちんと理解することが必要です。

クリニックの指示に従う

施術がうまくいったとしても、施術後のケアを怠ってしまうと結果的に失敗につながってしまうこともあります。

施術後のケアは医師ではなく、施術を受けた本人の管理の範疇です。

マッサージやストレッチを始めるタイミングや、方法、頻度、圧迫下着・サポーターの着用など、施術後のケアは最終的にトラブルなく美しく仕上げるためにもとても重要なことです。

キレイな二の腕を手に入れるためには事前の調査が必要

脂肪吸引は症例も増え、最近では失敗も少なく安全に行うことができるようになり、施術を受けた人の多くは満足の行く結果を得ています。

しかし、少なからず施術後の後遺症に悩まされている人もいるのが実情です。

失敗しないためにも信頼できる医師を選び、施術後のケアはしっかりと行うようにしましょう。

部位別の脂肪吸引の料金目安(顔・二の腕・お腹・太もも)

キャラクターの画像

※費用は税抜表示です。回数や吸引量は各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

顔の脂肪吸引の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 72,220円
湘南美容外科クリニック 114,370円
城本クリニック 200,000~円
聖心美容クリニック 250,000円
水の森美容外科 270,000円
東京美容外科 300,000円

顔の脂肪吸引の体験レポート公開中!

顔の脂肪吸引してきました!

顔の脂肪吸引は、顔の脂肪に悩む女性にとって救世主になりえます。今回は顔の脂肪に悩むNICOLY読者のまる子さんが、湘南美容外科クリニック表参道院で顔の脂肪吸引を体験してきました。カウンセリングと施術はもちろん、術後経過についても詳しく説明。顔の脂肪吸引は、思ったより手軽で身近な手術かもしれません。

出典:顔の脂肪吸引の全容大公開【湘南美容外科クリニック表参道院】

二の腕の脂肪吸引の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 64,810円
湘南美容外科クリニック 114,370円
城本クリニック 200,000~円
聖心美容クリニック 250,000円
東京美容外科 300,000円
水の森美容外科 350,000円

二の腕の脂肪吸引の体験レポート公開中!

二の腕の脂肪吸引してきた!

二の腕の脂肪吸引をしてきた編集部・まこと。長年のコンプレックスだったぶるんぶるんの二の腕は、果たして脂肪吸引で改善されるのでしょうか。品川美容外科渋谷院での二の腕の脂肪吸引の様子を、余すところなく一挙公開。施術の様子はもちろん痛みや当日の注意事項、経過まで全てさらけ出します。

出典:二の腕の脂肪吸引してきた! 【品川美容外科渋谷院】

お腹の脂肪吸引の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 83,330円
湘南美容外科クリニック 107,250円
城本クリニック 200,000~円
聖心美容クリニック 250,000円
東京美容外科 350,000円
水の森美容外科 390,000円

太ももの脂肪吸引の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 83,330円
湘南美容外科クリニック 127,499円
城本クリニック 200,000~円
聖心美容クリニック 250,000円
東京美容外科 350,000円
水の森美容外科 420,000円

太もも脂肪吸引の体験レポート公開中!

取れた脂肪の量は4リットル。太ももの脂肪吸引をしてきました!

太ももの脂肪吸引は、美容整形の中でもかなり大がかり。痩身効果が期待できるけど、その分リスクやダウンタイムは覚悟しなければなりません。また、脂肪吸引は医師の技量が大きく出来を左右します。そこで20代の女性が水の森美容外科で受けた脂肪吸引の様子を、一挙大公開。カウンセリングや施術はもちろん、術後の経過も詳細に記録しました。「手作業」の脂肪吸引にこだわる水の森美容外科、その圧巻の術式とは。

出典:取れた脂肪の量は4リットル。太ももの脂肪吸引をしてきました【水の森美容外科】

太ももがマイナス9cm!太ももの脂肪吸引してきました

理想の美脚が手にはいるかもしれない美容整形、太ももの脂肪吸引。けれどそれなりに高額な費用がかかるし、本当に施術は安全なのか、後遺症はないのかとても不安です。そこで今回NICOLY編集部のライターが、湘南美容外科で行われた下半身の脂肪吸引に完全密着取材。施術中はもちろん術後の経過も含め、太ももが変貌をとげる様子を追ってゆきます。

出典:太ももがマイナス9cm!太ももの脂肪吸引してきました【湘南美容外科町田院】

脂肪吸引の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック

御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43882 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ