NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年05月25日 更新 | 9,824 views

美人のカギは顔のバランス。美容整形で作る「美人黄金比率」

美人になるためには、顔のバランスが大切。各パーツだけでなく顔全体のバランスを考えて整形するのが大切です。美人黄金比は、顔を3つの部分に分けたときの比率が「1:1:1」。顔の美人黄金比率は、主に鼻の整形、唇の整形、あごの整形で整えることができます。

キレイになりたいと願うなら、美容整形に挑戦してみるのも手。

でも、目や鼻といったパーツばかりを整えても、美人には近づけないんです。

実は、美人になるのに必要なのは、顔の黄金比率だったんです。

美人の黄金比率

顔全体が美しく見える黄金比率は、たてのバランスにあります。

美人の黄金比率は「1:1:1」。

「髪の生え際から眉毛の頂点」「眉毛の頂点から鼻のいちばん下の部分」「鼻のいちばん下の部分からあご先まで」のそれぞれの長さが「1:1:1」のバランスになっていると、美人に見えます。

美人の黄金比率を叶える美容整形

美容整形によって、顔のバランスを整え、美人の黄金比率を叶えることができます。

1. 鼻を長くする

海ではしゃぎながらポーズを決めている麦わら帽子をかぶった女性

鼻中隔延長という美容整形を行えば「眉毛の頂点から鼻のいちばん下の部分」の長さを長くすることができます。

ほかのふたつの部分に比べて、「眉毛の頂点から鼻のいちばん下の部分」の長さが短い人にぴったり。

鼻中隔延長は、自分の鼻や耳の後ろ、肋骨付近から軟骨を取り出して鼻の頭に移植。鼻を長くする美容整形です。

鼻が長くなることで、必然的に「眉毛の頂点から鼻のいちばん下の部分」の長さが長くなります。

ちなみに、鼻中隔延長の際に取り出しやすいのは鼻の軟骨。ただ、骨の厚さがうすく、取り出せる量が少ないという欠点があります。

また、耳の後ろの軟骨は、2枚重ねにして適度に厚くすることができ、傷跡もほとんど目立ちません。とはいえ、鼻の長さにはそれほど変化がありません。

肋骨付近の軟骨は、取り出せる軟骨のなかでいちばん大きいので、鼻をかなり長くすることができます。一方、取り出すのが難しく、胸のあたりに傷跡が残ってしまうことも。

一方、鼻の長さを短くする美容整形は、日本ではほとんど行われていません。 ほかの部分の長さを変えたり、メイクで調整したりして、美人の黄金比率を目指しましょう。

2. あごを長くする

セミヌードで仮面を被った金髪ストレートの女性

あごを長くすることで「鼻のいちばん下の部分からあご先」の比率を調整できます。

「鼻のいちばん下の部分からあご先」までが、ほかのふたつの部分に比べて短いようであれば、あごを長くする美容整形が有効です。

プチ整形でなら、あご先へのヒアルロン酸注射、メスを使う整形であれば、あごへのプロテーゼ挿入が選べます。

ヒアルロン酸注射はあご先以外にも、涙袋や鼻、フェイスラインなどのプチ整形でよく使われます。

効果は約2〜3年続くといわれていますが、だんだん体内に吸収されてしまうんです。

一方プロテーゼは、あご先以外に、鼻を高くする隆鼻法によく使われている医療物質です。

効果は大きくヒアルロン酸のように身体に吸収されてしまうこともありませんが、皮膚がうすくなったり、プロテーゼがズレて炎症を起こしたりする恐れがあります。

また、あごに脂肪があったり二重あごになってしまったりしている場合もあごが短く見える原因。

脂肪吸引や脂肪溶解の注射、フェイスリフトなどで顔のバランスを調整して美人の黄金比率を叶えることできます。

3. 鼻の下を短くする

レースで目元を隠している紅色の口紅の女性

また「鼻のいちばん下の部分からあご先」の部分を短くしたいなら、「鼻下短縮術」という手術が有効です。

鼻下短縮術は鼻と唇の間を短くする美容整形です。

実際に長さが変わるわけではありませんが、見た目がかなり変わるので、顔のバランスを整え美人の黄金比率を叶えることが可能に。

鼻下短縮術は画像の赤く囲われている部分を切除し、上に引っ張り上げるように縫合。 鼻から唇の間延びした印象を大きく変えることができます。

4. 唇を厚くする

唇を厚くすることで、顔のバランスを整えることもできます。

実際の長さが変わるわけではありませんが、外見上は美人黄金比率がかなったように。

プチ整形では、ヒアルロン酸注入や脂肪注入をすることで、ぷるぷるでふっくらした厚い唇に変えることができます。

メスを使った唇の整形は、「皮弁形成術」と「真皮脂肪移植(ダーマルファット)」が主な手術方法。

皮弁形成術は上唇の裏に切れ込みをいれてずらし、厚く見えるように縫う美容整形。

真皮脂肪移植(ダーマルファット)は耳の後ろなどの真皮細胞を唇に移植する美容整形です。 どちらも、メスを使った本格的な整形ですが、半永久的に効果が続きます。

左右の比率にも注目してみよう

顔の黄金比も大切ですが、美人が兼ね備えているバランスとして「左右対称」という条件もあります。人というのは生活習慣なども影響して、なかなか左右のパーツが対照になっていることが少ないんだとか。

美人な人というのは、こういった左右対称が崩れていないという絶妙なバランスを持っています。うらやましいですよね。

とくに左右対称が崩れやすい顔の部分としては・・・

  • 左右の目の大きさ
  • 頬骨の高さ
  • 眉毛の形・長さ
  • 口角の上がり具合

こういった点が挙げられます。とくに目というのは左右のアンバランスさが目立つポイント。眉毛も目の上の筋肉に影響を受けて、同じ形になっているということは少ないようです。

ただ顔のバランスというのは、メイクによって整えることができます。詳しいメイクの仕方は後述しますが、少し工夫すれば左右のアンバランスさも解消できて、美人顔に変身することができます!

自分の顔のどこが非対称かわからない、という方は一度カメラで自分の顔を正面から撮ってみるというのもおすすめです。真正面から撮るというのはなかなかないので新鮮かと思います。

顔のどこがバランスを崩しているのか、しっかり把握してからメイクするとまた違った見方ができるようになります。美人の持つバランスをぜひ手にしてくださいね♪

整形美人のカギは美人黄金比率

全身でモデルポーズを決める長髪ウェーブの女性

顔のコンプレックスを解消しようとするとき、特定の部位にばかり目がいってしまって、全体のバランスを考えるのは忘れてしまいがち。

美容整形に踏み切るときは、自分のもとの顔のバランスをたしかめて「1:1:1」の美人黄金比率に近づけるように考えた方がよさそうです。

パーツ別の黄金比とメイクの工夫

顔の黄金比は「1:1:1」とご紹介してきましたが、それぞれの顔のパーツにも黄金比というものが存在します。細かい部分ですが、こういったパーツの比も意識してメイクなどで改善すればまた一歩、美人さんに近づけるはずです!

目の黄金比は「1:2:1」

目というのは白目と黒目に分かれていますが、白目:黒目:白目の割合が1:2:1になっていると美人の黄金比と言われています。

黒目の部分が小さすぎると、やはり美しい顔立ちではなくなってしまうんですね。なので黒目が小さめの方は、カラーコンタクトなどで調整してみましょう!

ただ黒目が大きすぎると不自然で人形のような目つきになってしまいます。ナチュラルさを残したいのであれば、やはり1:2:1という比率は守りましょう。

またまぶたの幅と目の縦幅にも注目したいところです。この二つは1:1、つまりまったく同じ長さであると美人の黄金比となります。

まぶた幅が短過ぎると男性顔に近づきますし、逆に長すぎるとおとぼけ顔になってしまうようです。この比率はメイクで眉毛をかくときに調整してください。

まぶたが広い場合

  • アイラインを太めに描く
  • まゆげを上がりめに描く

まぶたが狭い場合

  • 薄めの色で柔らかく描く
  • まつ毛をしっかり上げるようにする

くちびるにも黄金比が!?

目の黄金比は自然に意識している方が多いようですが、くちびるに黄金比があるというのはあまり知られていないかもしれません。

くちびるの黄金比は、「唇の横幅:唇の縦幅=3:1」というのが基本。縦が長いとおちょぼ口に、横が長いと薄いくちびるになってしまいます。

この3:1という美人の黄金比を目指すためには、リップメイクを工夫しましょう。くちびるの縦の幅の三倍がくちびるの横幅になるように、リップをややオーバーライン気味にひくとGOODです!

美人の黄金比はメイクで作れる!

このように、メイクとちょっとした努力で美人の黄金比というのは作り出せるのです。

ちなみに美人の象徴と言われている「モナ・リザ」は前述した美人の黄金比をすべて兼ね備えているんだとか・・・。昔から多くの人びとに美しいとされてきたモナ・リザには、こういったベースがあったのです。

もともとの顔つきは変えられないかもしれませんが、メイクしだいであなたも黄金比を手に入れることができます。ぜひ黄金比メイクをマスターして、美人顔になりましょう♪

written by nopaso

image via shutterstock

【関連記事】 かわいい系もハーフ系も。整形で手に入れられる4種類の美人顔

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45343 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ