2017年03月07日 更新 | 2,016 views

ダイエットだけではなく引き締め効果も!レーザースタイリングの失敗例や費用

レーザースタイリングは、レーザーで効率的に脂肪を液状化し、代謝によって排出するもの。費用は20万円ほどからです。脂肪除去と同時に引き締め効果も実感できるのがメリット。しかし、効果が出るのに時間を要すので、即効性を求める人には不向きでしょう。また、施術か所が凹凸になってしまったり、黒くなってしまったりするという失敗のリスクも考えられます。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

レーザースタイリングは、FDA(アメリカ合衆国の政府機関、食品医薬品局)も公認している痩身治療法です。

脂肪細胞自体を減少させるのでリバウンドも少なく、ダイエットができるそう。

「ダイエットをしてもなかなか効果を実感できない……」という人におすすめしたい施術で、まずはその効果と仕組みから見ていきましょう。

レーザースタイリングの効果と仕組み

お腹の写真

レーザースタイリングは、脂肪の落としにくい部分もレーザーによって液状化し、サイズダウンを実現する優れた痩身治療法です。

レーザースタイリングの効果

レーザースタイリングは、二の腕・お腹・お尻・太もも・頬・あご下・首など、指でつまめる皮下脂肪がある箇所の部分痩身が可能です。

また、レーザーが真皮層を刺激するので、皮膚の引き締め効果があり、たるみが気にならないのもうれしい特徴でしょう。

レーザースタイリングの仕組み

女性の写真

レーザースタイリングは、体におよそ3~5mmの小さな穴を開けて、そこから細い針を脂肪細胞まで挿入し、特殊なレーザーを直接照射することで脂肪を液状化するものです。

従来の脂肪吸引と異なり、脂肪をドロドロに液状化して排出するため、体への負担が少なく済み、凸凹感のない滑らかな仕上がりに。

液状化した脂肪は、カニューレで吸引するのではなく、人間の代謝機能に任せるのが特徴です。

体に吸収されて、尿や汗といった老廃物として体外に排出されます。

しかし、「早期に効果を出したい」、「顔以外の部位で大きな効果を出したい」、「大量の皮下脂肪を一度で減少させたい」という場合には、液状化した脂肪を吸引することも可能です。

また、レーザースタイリングは、皮膚の引き締め効果も期待できるとされています。

レーザーで皮下脂肪を液状化すると同時に、皮下脂肪層の上にある真皮層がレーザー熱により刺激されます。

その結果、線維芽細胞が活性化しコラーゲンが再構築されるため、たるみを帯びていた皮膚が引き締められるのです。

この皮膚の引き締め効果は、従来の脂肪吸引やベイザーなど、ほかの脂肪除去治療では得ることはできませんでした。

脂肪を除去できると同時に、皮膚の引き締め効果も得られ、一石二鳥の治療法でしょう。

使用する機器の紹介

スマートリポTriPlexの写真
出典:加藤クリニック 麻布www.laserstyling.jp/equipment/

いったい、どのような機器を使ってレーザースタイリングが行われるのでしょうか?

レーザースタイリングを行うことができる最新の機器、「スマートリポTriPlex」を紹介します。

スマートリポTriPlexは、脂肪溶解レーザーの元祖であるイタリアの「スマートリポ」を改良して製造されたもの。

最大の改良点は、レーザー出力の向上にあります。

2種類のレーザー波長をひとつのハンドピースから連続して照射する技術により、スマートリポの約5倍の出力で、安全に素早く脂肪を液状化。

従来の脂肪吸引で使われているスマートリポとはクオリティに大きな差があるのです。

レーザーの特性

レーザーの写真

レーザースタイリングでは、3種類あるレーザー波長を、脂肪層の深さや質、施術箇所によって2種類選択しブレンド照射することで、理想的に効率よく皮下脂肪を液状化します。

レーザー波長1

止血効果が高い1,064nmのレーザー波長です。

照射中および照射後の出血を、限りなく抑えることができるため、体へのダメージが少なく済み、ダウンタイムが短く回復を早めることができるでしょう。

レーザー波長2

脂肪への吸収率とレーザー熱の拡散の高い1,320nmのレーザー波長。

レーザー波長1と組み合わせ、皮膚に近い脂肪層に照射を行い、脂肪の液状化と皮膚の引き締め効果を増長させる効果があります。

レーザー波長3

1,320nmよりも脂肪への吸収率が高い1,440nmのレーザー波長です。

脂肪を液状化するレーザーと共に微細な気泡を発生させる特性あり。

脂肪組織内で気泡がはじけ脂肪細胞壁の破壊を容易にすることで、レーザー光との相乗効果により安全に多くの脂肪細胞を液状化できるでしょう。

レーザー波長1と組み合わせて、脂肪の深い層に照射することで、出血を抑えながら大量の脂肪を効率よく溶かすことが可能です。

このような選択肢があることで、より理想的な痩身ができるようになっているのですね。

どのように使いわけるかは医師と相談して決めてみてください。

スマートリポTriPlexのふたつの安心機能

女性の写真

旧式のスマートリポでは、施術時に火傷をする危険性や、施術後に凸凹ができるなどの問題点がありました。

しかし、最新型のスマートリポTriPlexには、それらを防ぐ機能が搭載されています。

機能1:サーマガイド

サーマガイドとは、体内式の温度センサーのこと。

レーザーの照射中も、常に体内温度を確認することができる機能で、最適な温度管理で必要以上のダメージを防ぎながら、安全に最大限まで脂肪を液状化することが可能です。

設定以上の温度になると照射が自動的に抑制されるため、やけどをする心配などもありません。

機能2:スマートセンス

皮下脂肪にレーザー照射を行う際に、スライドする速さに対応して、治療範囲内を均一にレーザーが当たるように出力を自動的にコントロールする機能です。

当てすぎや当てムラがなくなることで、凸凹感のない美しい仕上がりのためのサポートになるかもしれません。

レーザースタイリングのメリット・デメリット

女性の写真

では、レーザースタイリングのメリットとデメリットを見てみましょう。

レーザースタイリングのメリット

  • 1回の施術で脂肪細胞自体の数を大幅に減らすため効果が期待できる
  • リバウンドしない
  • 無理な吸引をしないので、仕上がりがきれい
  • 顔といった多くの部位の施術が可能
  • 止血効果があり、ダウンタイムが短く回復が早い
  • 皮膚の引き締め効果が期待できる

レーザースタイリングのデメリット

女性の写真
  • メスや麻酔を用いた手術が必要である
  • 効果を得られるまでに時間を要する
  • 日本で行っているクリニックが少ない

1回の施術で効果を得られ、ダウンタイムも短く済むのはとても理想的。

しかし、日本でレーザースタイリングを行っているクリニックは少なく、誰でも気軽に受けられる施術ではないようです。

レーザースタイリングの施術の流れや費用など

医師の写真

ここからは、実際にレーザースタイリングを行うと決めたら気になることについて紹介していきます。

まずは、施術の流れから確認していきましょう。

施術の流れ

1:カウンセリング

治療法のくわしい説明や効果などをしっかり聞いておきましょう。

気になる点はもちろん、自分の理想の体型も伝えて、どの程度の施術が可能なのか医師と相談します。

ここでの医師との意思疎通が、施術結果に如実に反映されるので、後悔のないように遠慮せず聞いておくことをおすすめします。

2:施術

まずは、適切な方法で麻酔を施します。基本的には局部麻酔を施しますが、クリニックによっては静脈麻酔を使うところも。

目立たない箇所を3~5mmほど切り、ファーバーを挿入して皮下脂肪やセルライトに直接レーザーを照射します。

照射時間は、部位や範囲によって異なりますが、短くて10分程度、長いと3時間程度かかると考えておくといいかもしれません。

3:アフターケア

施術後は、施術箇所をサポーターで圧迫し、体の状態が落ち着いたら医師からの説明を受けて帰宅となります。

施術後の生活について

女性の写真

圧迫サポーターは出血予防のため、必ず数日間はつける必要があります。

その後も数か月つけ続けることで、皮膚の凸凹やたるみを減らし、仕上がりを美しくすることができます。

また、術後は皮膚が弱くなっており、こすったり強い刺激を与えたりして皮がむけると、跡が残るかもしれないのでなるべく避けましょう。

抜糸が必要な場合は、術後約1週間で抜糸となります。

また、施術部位によっては、当日からシャワーを浴びることが可能。抜糸後は湯船に浸かることもできます。

効果が期待できるまでの期間

カレンダーの写真

施術直後から細くなってはいきますが、代謝によって脂肪を排出するので、約3~4か月は効果が現れるまでにかかると考えておきましょう。

新陳代謝を高めるために、適度な運動や食事の改善などを心がけるといいかもしれません。

早く効果を実感したい人は、吸引を行うこともできますので検討してみてください。

ダウンタイムの目安

女性の写真

内出血による青あざ・黄ばみが出たり、腫れたりする場合がありますが、数週間で治るとされています。

麻酔が切れると筋肉痛が強くなったような痛みを感じるようです。

施術中の痛みの目安

女性の写真

施術中は麻酔をし、痛みはほとんどありません。

局所麻酔にするか静脈麻酔にするかは医師によって違うため、痛みに不安がある人は事前に相談しておきましょう。

術後の痛みに関しては、薬を処方してもらえる場合があり、これもまた医師と相談してみてください。

費用相場

お金の写真

自由診療となりますので、全額自己負担です。

また、クリニックによって価格設定は異なり、自分が通うクリニックの料金体制を事前に確認することが大切。

レーザースタイリングの費用は、顔だと1か所20~25万円程度、体だと1か所15~40万円程度となっています。

女性料金やモニター料金を設定しているクリニックもあります。

また、クリニックによっては、麻酔費用やカニューレによる脂肪吸引をする場合には、別途料金がかかるところがあるかもしれません。

レーザースタイリングの失敗例

女性の写真

レーザースタイリングで、施術か所が凹凸になってしまったり、黒くなってしまったりすることが。

レーザースタイリングは、日本ではまだまだ症例数の少ない施術法です。

クリニックがモニターを募集して実験している段階といってもいいかもしれません。

せっかく高いお金を支払って、痛い思いをして施術するなら、確かな効果を実感したいもの。

そこで、ポイントとなるのが、自分に合ったクリニックを選ぶことでしょう。

レーザースタイリングの症例写真が見られるサイト

医師の写真

日本では、施術できるクリニックが少ないですが、レーザースタイリングを取り扱っているところを紹介するので参考にしてみてください。

加藤クリニック 麻布

頬・顎下・二の腕など、部位ごとに症例写真が掲載されており、気になる部位のものを簡単に見ることができます。

ケースごとに簡単なコメントも付いているので、どのように変化したのかがわかりやすいのもとても便利。

レーザースタイリングについてもくわしく説明されていて、施術を検討している人は必見でしょう。

あつぎ美容クリニック

症例写真が18ページにわたって掲載されているので、かなり多くの症例を見ることが可能。

上腕+腹部+太ももといったように、数か所を施術した症例写真もあり、複数か所の施術を考えている人は参考にいかがでしょうか。

THE CLINIC 東京

レーザースタイリングNEXTの症例写真となります。

二の腕・ウエスト・太ももの3枚の写真が掲載されており、それぞれにコメントが付けられています。

レーザースタイリングはクリニック選びが重要

女性の写真

1回で効果を得られるレーザースタイリングですが、失敗しないためには、クリニック選びが重要です。

クリニックを選ぶ際には、以下の3つのポイントを意識してみてください。

  1. 使用している機器
  2. 認定医制度の有無
  3. 症例数

自分に合ったクリニックを選び、理想の体を手に入れましょう!

レーザースタイリング単独では効果が十分に期待できない場合が多いです。
そのため、確実に効果を得たい場合は脂肪吸引も併用しましょう。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー