NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年07月06日 更新 | 576 views

超抗酸化力のトマトの力で美肌になろう!含まれる成分とその作用

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

美肌づくりに効果的なトマトを、1日に朝と夜の2回摂るように心がけましょう。トマトに含まれるリコピン・ビタミンC・ビタミンA・カリウム・モリブデンなどが美肌づくりをサポートするといわれています。また、トマトの食べ方や種類に指定はありませんが、より完熟しており赤い色がしっかりしているものがおすすめ。さらに、油と一緒に摂ると、リコピンの吸収量がアップするため、より大きな効果を得られるかもしれません。

美肌・健康・ダイエットのすべてにうれしい効果をもたらすトマト

夏には肌の大敵である紫外線から守ってくれるだけでなく、傷ついた細胞の回復もサポートし、美肌を保ちます。

では、どのようにトマトを摂ると効果的なのでしょうか?

トマトに含まれている美肌効果のある成分

女性の写真

トマトに含まれている色素成分のリコピンは、高い抗酸化力を持つ成分として広く知られるようになりました。

リコピンは、同じ系統の色素成分であるβカロテンの約2倍、ビタミンEの約100倍の抗酸化力を持っています。

また、トマトにはリコピン以外の抗酸化作用の成分として、ビタミンA・E・Cも含まれており、非常に高い抗酸化力を発揮する食品です。

美肌づくりに効果的なトマトの摂り方

女性の写真

トマトの食べ方は、生でも火をとおしてもOK。

また、ミニトマトでも大きなトマトでも構いません。

しかし、より完熟しており赤い色がしっかりしているもののほうが、リコピンが多く含まれているので、完熟してるものを選ぶようにしましょう。

色だけで判断がつかないときには、より甘い香りがするものを選んでください。

また、油と一緒に摂るとリコピンの吸収量が上がるため、生で食べるにしても火をとおすにしても、油とセットにすると効果的です。

加工品のトマトジュースでも良いですが、非加熱の食塩無添加タイプがおすすめです。

トマトを摂るタイミングは?

トマトの写真

トマトは、1日に朝と夜の2回摂るようにしましょう。

トマトのリコピンが美肌のために肌の細胞へ届くには、摂取してから6〜8時間が必要です。

朝食のときに摂っておくことで、紫外線量がもっとも多くなる日中にタイミング良く肌に届き、肌を守ってくれるだけでなく、午前中に受けたダメージの回復も促します。

また、夜に摂る目的は、肌細胞の修復のため。

夕食に摂ると、夜10時〜2時に起きる肌のゴールデンタイムのときには届いており、肌の修復と生まれ変わりを促進するでしょう。

ですので、トマトで美肌をつくるには、最低でも1日に2回摂ることをおすすめします。

成分ごとの効果

トマトに含まれている具体的な成分と、それが体にもたらすはたらきをくわしく紹介します。

リコピン

女性の写真

トマトに含まれているリコピンは、体内での活性酸素の除去にはたらきます。

特に、紫外線によって肌の細胞で発生した活性酸素の除去に強い効果を発揮。

紫外線といった環境からの刺激は、長期間積み重ねるとシミやしわ、たるみなどの原因になりかねません。

また、リコピンは、シミの原因であるメラニンを作る「チロシナーゼ」という酵素のはたらきを抑制します。

こうして、トマトは美白・美肌づくりやそのキープに役立つのです。

ビタミンC

女性の写真

トマトに含まれているリコピンとビタミンCは、体の基本であり、美肌にとても重要なコラーゲンに関係します。

ビタミンCは、タンパク質と共にコラーゲンを作るための材料として重要ですが、リコピンはその作られたコラーゲンを長持ちさせる効果があります。

しなやかで弾力のあるコラーゲンの良い状態を長く保つことは、ハリのある美肌を長く保つことにつながるでしょう。

ビタミンA

トマトの写真

ビタミンAには、皮膚や粘膜が作られるときに、正常に作られるように調整するはたらきが。

これにより、皮膚や粘膜がキメ細やかに作られるだけでなく、肌のバリア機能も整えられます。

紫外線といった外部からの刺激に強い肌をつくると同時に、感染症にも強い肌や粘膜をつくるでしょう。

本当の美肌には、紫外線から守る強さも必要なのです。

カリウム

トマトの写真

トマトはカリウムが豊富な野菜としても有名です。

カリウムには、体内の余計な水分を尿として排出する作用があります。

「肌の潤いのためには水分が必要なのでは?」と疑問に思うかもしれません。

確かに、適度な水分は必要ですが、あまりにも多すぎる水は体の代謝を悪くする原因に。

自然界では、1か所に留まっている水が段々と濁っていくように、体内でも水の代謝が悪くなると細胞内の水の状態が悪くなります。

こうして、細胞は栄養をうまく取り込めず、老廃物の排出も滞り、だんだん肌の潤いやハリは失われ、たるみやしわができる原因となるのです。

そのため、余分な水はきっちり出す! これは美肌をつくるうえでの大事なポイントです。

モリブデン

女性の写真

トマトに含まれるミネラルで、カリウムに次いで多いのがモリブデン

あまり聞かないミネラルですが、血液を健康な状態に保つのに必要なものです。

血液中の酸素の運搬役であるヘモグロビンを作るミネラルが鉄と銅ですが、このふたつの代謝を調整しているのがモリブデンなのです。

もしも、モリブデンが十分にないとしたら、正常なヘモグロビンの生成ができず、酸素が細胞に運ばれなくなります。

酸素は細胞が活動するために必要不可欠ですし、肌の代謝を行うときにも酸素は必須なので、美肌のためには微量でも疎かにしてはいけないでしょう。

トマトで美肌をつくろう!

トマトの写真

スーパーで気軽に買え、食生活に簡単に足すことができるトマト。

朝に少し摘まんでも、ジュースで摂っても、サラダに加えても美肌効果は得られるでしょう。

内側からの美肌を目指して、おいしくトマトを摂り入れてみてくださいね。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46032 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ