NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年11月24日 更新 | 884 views

過激なダイエットが原因で白髪だらけに……。今私が思う、本当の「健康」[体験談]

女性ならいつまでも若くいたいですし、キレイを保っていたいものですよね。しかし、コンプレックスが原因で自信が持てない上に、しかも「老けて見える」ことほどショックなことはないかも知れません。過剰なダイエットが原因で私は若さを失いました。30代でおばあちゃんに間違われた理由は「白髪」にありました。

顔を隠しながら隙間から見つめている青い瞳の女性出典:We heart it

私は現在50代前半ですが、髪全体が白髪だらけで70代並みです。

定期的に白髪染めをしていますが、少しでもケアを怠ると瞬く間に白髪が目立ち、染めているのがばれてしまいます。

このように度々白髪染めをしたりするのは本当に面倒で厄介で、外見を重視されて人前に出る仕事は極めて不利です。

そこで白髪に悩むようになった30代後半からの様々なエピソードを紹介します。

白髪を意識し始めた30代後半

窓から欲しい服を見つめている女性出典:We heart it

事の始まりは、30代後半ぐらいから白髪が目立ち始めて少しずつ危機感を持つようになりました。

そのころは白髪を見つけるたびに抜いて何とかその場を取り繕っていました。

しかし40代に突入すると白髪が急激に増え始めました。

ある日、昔の友人に久しぶりに会った時の出来事です。

その友人は私の白髪姿を見て、驚きと戸惑いを隠すことができないような表情をしていました。

「どこのおばさんかと思った、昔の姿とは全然違う。20代の時は白髪なんて全くなかったのに。栄養不足もあいまって家庭を持っていろいろと苦労しているのではないか」

と言われてしまいました。

その後その時に撮った写真を見てみると、本当に白髪だらけで、40代に突入したばかりなのにもやは50代半ばぐらいの印象を受けました。

そういえば30代の前半から、その時は知識もなく食べないダイエットを何回も繰り返し、そのツケがまわってきたのかもしれません。

その友人の「栄養不足」という言葉はある程度あてはまる部分もあると思いました。

そして母親には

「お母さんも白髪が出始めたのが45歳ぐらいだったことを考えると、あんたは老化が10年早い」

と言われてしました。

40代に突入するとひと回り以上年上に見られるようになりました。

その原因は白髪も大きいだろうと自覚するようになりました。

さらに白髪が目立ち始めた40代

つまらなさそうにベットで横になって外を見ている女性出典:We heart it

40代半ば以降になると、さらに白髪が目立ち始めました。

いつの間にか全体の半分以上、あるいはほぼ全体が白髪になっていました。

年齢が重ねると白髪が増えるのは誰でも避けることのできない事実なので、仕方がないと割り切っていました。

しかし、ジムに入会した40代半ばに60歳以上ぐらいの年齢に見られたり、両親が健在しているという事実に驚かれたりと悲惨な出来事が多くなりました。

でも私はその時はダイエットに必死で勤しんでいて、徹底したカロリーコントロールとジムでたくさん運動するハードな日常生活に追われていたので、白髪のことをあまり気にしていなかったかもしれません。

それから事の重大さを深く認識していろいろな白髪染めを試すようになりました。

安い白髪染めを買って、お風呂に入ったときに使用したりしました。

しかし、数年ほど白髪対策を行っていましたが、大きな効果は見られませんでした。

それどころか白髪はどんどん加速していくばかりです。

そして48歳の時に、バイクの免許更新に行った時にそこで撮った写真を見てみると、白髪だらけ全然隠せていない事に愕然としました。

まだ40代なのに、60代ぐらいに見られる理由もよりいっそう理解できるようになりました。

ここまでになった原因は自己流の度重なるダイエットも大きかったと思います。

あの時の友人に言われた通り、栄養不足とストレスも大きな原因だったと思います。

新しい白髪染めとの出会い

キャップを後ろに被った小麦肌にやけた女性出典:We heart it

50代に突入して、主人がネットで良い白髪染めを見つけてくれました。

早速それを使用すると白髪がほとんど目立たなくなりました。

一時的ではありますが、白髪をごまかすことができました。

しかし2週間ほどして髪が伸びてくると、生え際に白髪が見え始めて、白髪染めをしていることが周りにばれてしまいます。

頻繁に白髪染めをしなければならないのは面倒で厄介だと思いました。

それでも履歴書や登録書などに写す写真や、人前に出る仕事に携わる時など、一時的に外見を取り繕う必要がある時には、この新しい白髪染めはありがたいです。

白髪染めを怠った悲しい出来事

日がまぶしくて顔を隠している女性出典:We heart it

この白髪染めに出会ってから白髪の問題はある程度までは解決できましたが、根本は白髪だらけという事実は変えることはできません。

忙しくてついつい白髪染めを怠ることもあります。

数か月前も出来事です。

派遣会社経由で、大手のデパートの中でマンション関係のティッシュ配りをしていました。

勤務時間は10時から18時まででした。

ところが昼休みが終わり、午後からの仕事に取り掛かろうとした時、別の人が急遽会社からの要請でその現場に来て私と交代したのです。

私はこの時点で業務終了ということでした。

事の真相を派遣会社に問い合わせると

「理由はわからないが、ただクライアント側から別の人を手配してほしいと朝一番に連絡があった。理由がわかり次第、連絡をする。ただ今日の分の給料は支払う」

とのことでした。

結局そのことについてはその後も一切連絡はなしで、はっきりとした理由は今も謎のままです。

その時、それまで私ともう一人の人と2人で別々の場所の分かれて仕事をしていました。

予定ではその日と翌日と2日連続で一緒に仕事をすることになっていました。

ところが実際は、もう一人の人はすでに携帯のメールに翌日は現場を変更してほしいという連絡が入っていました。

私はもう一人の人に業務終了の通告を受けた旨を話すと、

「私たち2人共に変更を余儀なくされたことを考え、まして早く帰るように言われた理由を教えてくれないとなると、容姿端麗といった外見上の問題もあるかもしれないね」

と言われました。

よく考えてみるとその時、手入れを怠っていて白髪が目立ち始めて印象を悪かったのかもしれません。

屋外での配布ならばさほど影響はなかったかもしれませんが、高級デパートの中だと、外見もある程度重視するという考え方も納得できます。

抽選会などのイベントスタッフは若い人が優先されるのは事実です。

そのように高級デパートでイベント的な要素が強ければ、外見が悪ければイメージダウンになるのは明らかだったのです。

白髪のままの私でも受け入れてくれる会社があった

お気に入りの猿のぬいぐるみ出典:We heart it

実のところ、私はティッシュ配り以外にも、もう一つ倉庫の仕事が中心の派遣会社に登録しています。

その会社は仕事がたくさんあるので、仕事を選ばなければ必ず紹介してもらえます。

私はもう一人の人に

「実はもう一つ倉庫の仕事が中心の派遣会社に登録している。今回こんな事もあったし、週末にいつ入れるか分からない仕事よりも、時間給は安くても確実に入れる仕事に専念するほうが無難かもしれない」

と言いました。

それに対してもう一人の人からは

「今回のことで気を悪くされたことも事実だし、例え給料が少しぐらい安くても確実に仕事があって必要とされているところで働くほうがいいよ」

と言われました。

確かに倉庫の方は外見上のことはほとんど問題にはなりません。

実際、そこの仕事に携わっている人たちも白髪の人たちはたくさんいます。

それを考えると私の居場所は倉庫の仕事なんだな、と思うようになりました。

しかも、たくさん仕事に入る方が会社には喜ばれます。

突然今からでも仕事に入れないか、という電話が度々かかってくるほどです。

今までは、給料も良いし5月の連休前から夏休みぐらいの週末が繁忙期なティッシュ配りの仕事を優先していましたが、外見上問題がある私には不利だし、今回のこともあったので、倉庫の仕事を中心に働いていこうと決めました。

するとそのすぐ直後に、ある倉庫の現場の人から、

「○○さんはとてもまじめに仕事をする、という良い評価を頂いている」

という嬉しい話を聞くことができました。

この話を聞いて週末のティッシュ配りの仕事は一旦やめ、倉庫の仕事の方にシフトを提出するようになりました。

そしてつい先日、倉庫の仕事が中心の派遣会社から

6月の末から7月末にかけてお中元の仕事が忙しくなるので、できるだけ入ってほしい、入れる日を教えてほしい

という連絡が来ました。

私は土曜日もシフトに入れ、白髪だらけの私でも必要としてくれる仕事の方を選ぶことの大切さを考えさせられました。

いつあるか不明で、途中で帰らされるかもしれない不安な仕事よりも、私が必要とされているお中元の仕事を選択してよかったと思いました。

しかもこの時期は普段よりも時間給は高くなります。

今回のお中元、そして年末のお歳暮の仕事は多くの人員が必要で毎年携わることになるので、慣れておいて会社側の信頼感を得ておく必要もあると考えるようになりました。

白髪が多くなった原因を分析

海岸沿いの橋の手すりに座って海を見ている女性出典:We heart it

ある日、友人から白髪染めをしているかどうか聞かれました。 それに対して私は

「もちろん染めているよ。40代の前半から白髪が目立つようになり、今はほとんど全部が白髪で70代並みなのよ」

と答えました。

その人は40代後半で最近になって白髪が出始めて染め始めたと言っていました。

そしてその人の姉は50代半ば近いですが染めていないとのことです。

周りでも同じぐらいの年齢の人がいますが、染めていない人も結構いると聞きました。

その話を聞くと前述したように、母親や40代に突入した時に突然出会った友人に、「白髪が出るのが早すぎる」と言われたことを深刻に受け止めました。

主人は遺伝的な要素も大きいと言いますが、それだけでは片づけることができない事実も多く含まれています。

私の場合はダイエットばかりしていて余念がなく、特に40代半ばからスポーツクラブに通い始めていました。

甘いもの、アルコール、脂っこいものという3つの「あ」のつくものは決して口にせず、主食も米だけにして、パン、麺類を極力口にしないという徹底したルールを貫き通しました。

それに輪をかけるようにエアロビクスなどの有酸素系のレッスンを1日2本受けて、その後にエアロバイクやランニングマシンといった有酸素マシンで汗を流して、ただひたすらカロリーを消費することに没頭していました。

思い返してみるとスポーツクラブに通いだしてから、白髪の増えるスピードが急速に早くなりました。

スポーツクラブに通いだしたころは白髪は全体のほぼ半分ぐらいでしたが、5年もしないうちにたちまち全体が白髪になってしまったのです。

厳密なカロリー制限とハードな運動を何年も続けて、知らず知らずの間にストレスが増大したと思います。

スポーツクラブでの運動は楽しむことよりも、自分を追い込んで自分に厳しくストイックになっていたと思います。

有酸素運動をやりすぎると活性酸素が増大して老化を加速してしまうのです。

特に私の場合は以前から食べないダイエットに加えて、スポーツクラブで自分を追い込みまくっていたので、気持ちの余裕と遊び心がほとんど芽生えなかったのです。

スポーツクラブに入会して最初の3か月で5kgというハイペースで体重が減りました。

この時は気持ちに余裕がないので、日常生活で笑うことはほとんどありませんでした。

過去を悔やんでも仕方がないですが、ダイエットをする前もBMI22少し超えるぐらいでしたし、そこまで過激にダイエットをする必要もなかったのではないかと思いました。

むしろ一番健康で病気になりにくい体重だったと思います。

それでもダイエットをするなら、5kgの減量を1年間かけてゆっくりとしたペースで行って気持ちに余裕を持つべきだったと思います。

このように急激に白髪が増大した大きな原因は、ダイエットに起因するストレスだったかもしれません。

健康を促進するはずのスポーツクラブのはずが、むしろ健康を損ねる事態に陥ったのは大きな落とし穴だったと痛感しました。

まとめ

お花畑で赤い花束を摘んで喜んでいる女性出典:We heart it

このように30代後半から白髪が急激に増え始め、今は髪全体が白髪で年相応に見えないコンプレックスはありますが、今後の対策としては白髪染めをこまめに使う習慣をつけることしかありません。

そしてこれからの人生は、自分に合った仕事をしていこうと思います。

周りの同じ年の人たちはほとんど白髪がない人もいますが、過ぎ去った日々は戻って来ることもなければ、自分は自分、人は人で人と比べてもどうしようもない部分もあります。

今の自分のありのままを受け入れて、年相応に見えるように努力を怠らず、仕事のスキルアップもしていく。

私なりに自信が持てるように頑張っていきたいと思います。

written by ダイエットしたい

Top image via Weheartit

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45501 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ