NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1023記事

メルマガ登録

2016年07月20日 更新 | 846 views

乾燥肌なのにニキビができる?正しいスキンケアでニキビゼロの肌に

乾燥肌によってできるニキビは、皮脂が大量に分泌されることが原因です。 乾燥肌を引き起こす主な原因は毎日の間違ったスキンケアにあります。 簡単にできる正しいスキンケアやクリニックでの治療で乾燥肌を治せばニキビの改善に役立ちます。

「ニキビってオイリー肌の人ができるんじゃないの?」

「肌が乾燥してるのにニキビができた……」 

「そもそも私の肌タイプって一体何だろう……」

ニキビはもともと皮脂が多い人にできると思われやすいですが、乾燥肌の人でもニキビはできるのです。

乾燥肌の人が勘違いしやすいニキビのメカニズムと、正しいスキンケア方法を知っておきましょう。

どうして乾燥肌なのにニキビができるの?

目が濡れている女性の写真出典:we♡it

乾燥肌もオイリー肌も、ニキビの発生メカニズムは同じです。皮脂が毛穴に詰まり、肌が再生されずに不要な皮脂がたまってしまうことで炎症をおこします。

この炎症がニキビで、不要な皮脂のかたまりなのです。

皮脂が少なくカサカサした肌の乾燥肌の人は、どのようにしてニキビができるのでしょうか。

皮脂の大量分泌

肌に含まれる水分は、肌内の栄養分を保つ、バリアのような役割をしています。

水分を保つ肌の表面にすき間が空いて水分が蒸発すると、バリアがなくなるために肌の栄養分が外に出ていってしまうことに.......。

そこで、肌は栄養分を守ろうと水分の代わりに皮脂を大量に分泌するのです。 必要以上に分泌された皮脂は毛穴に詰まり、ニキビになります。

肌が乾燥すればするほど、皮脂が大量分泌されるというわけです。

肌が乾燥する原因はスキンケアにあった!

頭にタオルを巻いてパックをしている女性の写真出典:we♡it

では、どうして肌が乾燥してしまうのでしょうか。

私たちの肌は本来、水分や栄養分を保つようにできています。

不規則な睡眠や食事、精神的ストレスなども肌本来の働きを妨げるため、乾燥肌の原因になりますが、より大きな原因は毎日の間違ったスキンケア方法にあるのです。

自分のスキンケア方法が間違っていないかチェックしてみましょう!

洗顔のしすぎ

ニキビができて、皮脂が毛穴にたまっていることが分かると、1日に何度も洗顔フォームを使って洗顔をする人がいます。1日に3回や4回、力強くゴシゴシ洗顔をしてしまっている人は要注意。

肌の表面を傷つけてしまうため、大事な水分や栄養分まで洗い流してしまうのです。

洗うお湯が熱すぎる

洗顔の際に、40℃以上のお湯で洗っている人は要注意。40℃以上のお湯は毛穴が開きすぎてしまうため、同じく必要以上に水分や栄養分を洗い流してしまいます。

また、毛穴が大きく開くことで毛穴が目立つ原因にもなってしまうのです......。

シャワー洗顔

シャワーの写真出典:we♡it

シャワー洗顔とは、シャワーを直接顔に当てて洗顔をする方法。

シャワーを浴びているついでに……。と、多くの人が思わずやってしまう洗顔方法ではないでしょうか。

シャワーの水圧は顔には強すぎるため、肌の表面を傷つけてしまい、乾燥の原因になってしまうのです。

肌に合わない化粧水を使う

皮脂が毛穴に詰まっているからといって、オイリー肌向けのニキビ用化粧水や乳液を使うのも乾燥ニキビの原因になります。

オイリー肌向けのニキビ用化粧水などは、皮脂の原因となる油分の配合を抑えているため、保湿機能が弱く、余計に肌を乾燥させてしまう原因になるのです。

ピーリングをする

毛穴の皮脂を落とそうと、ピーリングをする人は特に注意。洗顔フォームよりも洗浄力が強く、肌に大きな負担をかけてしまいます。

ピーリングは、 余計な皮脂を落とすことはできますが、多くの場合、健康な肌を保つために必要な皮脂と水分も落としてしまうため、肌を乾燥させるリスクが高まるのです。 その結果、さらに皮脂が分泌するようになり、ニキビを増やす可能性が高まります。

乾燥肌とオイリー肌はどうやって見分ける?

悩んでいる女性の顔出典:we♡it

間違ったスキンケアによって皮脂分泌を増やしてしまうことが分かりましたが、

「肌の乾燥が原因で皮脂が多くなっているのか、もともとオイリー肌で皮脂が多いのか見極められない......」

と悩むひとも多いのではないでしょうか。

効果的にニキビを治すためには、ニキビの原因が乾燥肌なのかオイリー肌なのか、自分の肌を見極めることが重要です。

簡単に見分けることができる方法を2つ紹介します。

洗顔後の肌の状態

洗顔後、化粧水などなにもつけずに10分放置。

10分後、乾燥肌の人は、肌全体がつっぱり、頬や目元・口元がカサカサした感覚に。

オイリー肌の人は、肌全体につっぱりはなく、しっとりとした感覚で顔全体やTゾーン(おでこや鼻、あご)に脂っぽさを感じます。

普段の生活

冷暖房機器を毎日使用している人は、乾燥肌になりやすい生活をしているので気をつけて。冷暖房機は、空気が乾燥するため湿度が低くなります。

肌の水分が蒸発しやすい環境にあるのです。

また、空気が乾燥している冬に、肌のかゆみや痛みを感じる人も乾燥肌の可能性が高いでしょう。

乾燥肌用のためのスキンケア方法

スプレーボトルにお花とオイルが入っている写真出典:we♡it

乾燥肌のニキビを治すスキンケア方法といっても特別なことではありません。毎日積み重ねるごく基本的なスキンケアを、正しい方法でやることが大事なのです。

すぐに改善できる簡単な方法なので、ぜひ試してみましょう。

正しい洗顔

30~32℃のぬるま湯が、肌の汚れも落としつつ、肌のバリア機能を保つことができます。洗顔は、朝夕の多くても2回まで!

朝は洗顔フォームを使わずに、ぬるま湯だけで洗顔をすると肌に負担をかけません。洗顔後は、清潔なタオルで優しく水気をとりましょう。

保湿力の高い化粧水を

オイリー肌向けの皮脂を落とす化粧水や、保湿力の弱いさっぱりとした使い心地の化粧水は、乾燥ニキビには向きません。

保湿力に優れたとろみのある、乾燥肌向けの化粧水と乳液を。また、洗顔後は特に肌が乾燥しやすいので、すぐに保湿することを心がけましょう。

さらに保湿力を高めるスキンケアグッズ

お花に囲まれた女性が横になっている写真出典:we♡it

ここでは、毎日の基本スキンケアにプラスすると、肌の保湿効果をさらに高めることができるスキンケア方法を2つ紹介します。

ただし、正しい方法で使用しないと、さらに肌が乾燥する原因に......。正しい使用方法で、スキンケアアイテムの効果を高めましょう。

保湿パック

肌のバリア機能を保つ成分に似た糖類やアミノ酸配合のパックは、肌に膜をはり乾燥を防いでくれる効果があります。

ただし、パックを使用する際の注意点が1つ。

パックシートに含まれる水分は、ほとんどが水です。そのため、長時間シートをつけたままにすると、シートの水分が蒸発し乾燥してしまうので、逆に肌の水分が奪われてしまうことに……。

パックに記載されている使用時間を守り、パック後には、水分を逃がさないようにクリームなどでしっかり肌にふたをすることで、保湿効果が高まります。

保湿スチーマー

スチーマーは、温かい水蒸気で肌の水分量を高めるため、乾燥した肌を保湿する効果がありますが、正しく使用しないと肌をさらに乾燥させてしまいます。

温かい水蒸気で毛穴が開いている状態なので、スチーマーの使用後に化粧水と乳液で保湿しないと、水分が肌から逃げてしまうのです。

スチーマーで水分を肌に入れた後は、化粧水と乳液で肌にふたをして保湿効果を高めましょう。

スキンケアで治った人の口コミ

洗顔の回数を減らすことで治ります!スキンケアも時には引き算が大事……。

たかが洗顔、されど洗顔です!ぬるま湯で、肌にやさしい洗顔を。

乾燥が原因のニキビは、保湿をしっかりすることが正しいスキンケア方法になります。べたべたと塗るのではなく、浸透させることを意識しましょう!

注意ポイント!保湿のしすぎには気をつけて

女の子がのぞいている写真出典:we♡it

乾燥肌には保湿をすることが大事ですが、保湿をしすぎてしまうことも肌本来の機能にはよくないことなのです……。

保湿はあくまでも、肌本来の水分バランスを保つ補助的手段。乳液やクリームを必要以上に塗り保湿をしすぎてしまうと、肌が自力で水分調整する能力を弱めてしまいます......。

夜は肌が再生する時間なので化粧水、乳液、クリームなどで念入りに保湿を。朝は化粧水をしっかり浸透させることを心がけて、乳液などの油分成分は塗らないほうがいいです。

保湿は、肌が健康になるためのアシストであることを忘れずに!

クリニックでもニキビは治療できる!

聴診器の写真出典:we♡it

「自分で正しいスキンケアをしてみたけど、ニキビが治らない……」

いろいろ試したけれど治らなかったという人、ニキビが治る方法はまだ他にもあります。

専門クリニックでニキビ専門の治療を受けてみるのも1つの手かも。飲み薬や塗り薬など気軽に治療を始めることができます。クリニックでの主な治療法2つを紹介します。

女性ホルモン治療

ニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因になることも。皮脂分泌を増やす男性ホルモンが女性ホルモンよりも多くなると、ニキビができやすくなります。

女性ホルモンは毛穴のつまりを解消する効果があるので、女性ホルモンを多くする治療は有効なニキビ予防になります。

皮膚科でもらえる外用薬

皮膚科では、肌の調子に合わせてニキビ用の塗り薬を処方しています。

専門の医者が肌の状態を見極めて処方するので、ニキビをはやく治すことができるのです。また、保険適用の塗り薬を処方してもらえるので、気軽に試してみましょう。

ニキビゼロの肌を諦めないで

乾燥肌ニキビの根本原因は、肌の乾燥です。肌が乾燥する間違ったスキンケア方法はすぐにやめて、正しいスキンケア方法を試してみましょう。

ただし、スキンケアは肌の補助的手段であることを忘れずに!また、スキンケアでは治らなくても、クリニックでのニキビ治療があります。

「もう一生治らない......」なんて諦めずに、ニキビを治してぷるぷるなお肌になりましょう!

top image viawe heart it

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

ニキビ・ニキビ跡

詳しく見る

全国

湘南美容外科

ニキビ・くすみ・しわ

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44215 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ