NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年11月24日 更新 | 1,651 views

「老婆」と陰口を言われるほどの老け顔だった。14年間悩み続けた今の私[体験談]

15歳の頃から老け顔に悩み、クラスの中で「老婆」と陰口を叩かれている事にとてもショックを受けてしまいました。それからの学校生活はとても暗いもので、大学ですらご飯を食べる時に友達が一緒だと顔を見られるからという理由でぼっち生活をしていました。ですが、そんな私も就職活動をしなければならず、マスクを外して就職活動に臨みます。

芝生で気持ち良さそうに眠っている女性出典:Weheartit

私は現在29歳の独身女性です。

15歳、高校1年生の頃から私の顔にしわ、たるみ、ほうれい線が出てきました。

14歳、中学生まではそんなに顔の肌トラブルもなかったのです。

ニキビはちょこっと出来るものの、オロナインを塗っていれば数日で治る程度でした。

しかし15歳になった頃から段々と目尻や唇の横に薄っすらと縮緬しわが出来たり、頬がたるみ、鼻の両横には濃いほうれい線が出てくるようになったのでした。

何だか周りのクラスメイトよりも老けている気がする、と思いつつも、どうしたらいいのか解りませんでした。

学校は校則が厳しかったのでメイクは出来ず、この衰えた肌を晒しているのがとても苦痛だったのです。

あだ名は不名誉な「老婆」

やることがベットでごろごろしている女性出典:Weheartit

私は派手な生徒ではなく、どちらかといえば校則をきっちり守ってスカートも膝下、メイクも染髪も全然しない大人しい生徒でした。

派手目なクラスメイトの中には校則を破ってメイクや染髪をする人もおり、そういう人を見ては「私もメイクしたらこの顔を隠せるのかな」と羨んでいたのです。

そこでお小遣いを貯めてファンデや下地クリーム等を買って、初めてメイクしてみました。

しかし下手なりに頑張った結果が、下地クリームやファンデのせいで余計に目立つしわでした。

頬のたるみやほうれい線は、メイクではどうしても隠せなかったので、元のメイクしていない顔より酷くなってしまったのです。

それでも諦めきれずにメイクを練習して、少しはマシになっただろうと思った時にメイクをしたまま出かけてみました。

でも外出先でクラスメイトと遭遇し、その後友人から「○○ちゃん、○○とか○○さんから老婆って陰口言われてるよ」と教えられたのです。

どうやら外出先で会ったクラスメイトが面白おかしくメイクをした私の顔の事を言って、しわやたるみ、ほうれい線の目立つ顔を「老婆みたいだ」と噂したらしいのです。

もう本当にショックで、胸が張り裂けそうな程痛くて堪りませんでした。

老婆と噂されたのはどうやらその時だけのようで、表立っていじめられたりはしなかったです。

けれど、一度でも人からそういう風に笑い者にされると、すっかり人が恐くなってしまいました。

暗黒の高校時代、そしてぼっち大学生時代

ばっさりとボブにイメージチェンジをした女性出典:Weheartit

高校生の時にそんな事があり、それ以来すっかりメイクはしなくなりました。

何か目立った事をしたらまた嫌な事を言われる、そう思ってひっそり生きて行こうと思ったのです。

私に「老婆」と言ったのは派手目な生徒ばかりの目立つグループの人達らしく、そういった人が苦手になってしまいました。

そして写真も大嫌いで、プリクラも写メもビデオも自分の顔が写る物は本当に嫌いになったのです。

大学生になってからも殆どの日をマスクで過ごし、鼻から下を隠していました。

マスクがあればほうれい線もたるみも見えませんし、目尻のしわは前髪で、口元のしわはマスクで隠れているので、気が楽だったのです。

講義では特にマスクを取れと言われる事もなく、友達も作らずにぼっちで過ごしていました。

友達を作ればずっとマスクをしている事を何か聞かれるかもしれない、もし食事へ行けばマスクを外さなければならないからと、それならぼっちでいいと思ったのでした。

でもいつまでもそうやって隠していられません。

就職活動をしなければならない時期がやってきたのです。

就職活動は上手くいきませんでした

下をみながら森の中を歩いている女性出典:Weheartit

多くの学生達と同じく、就職活動は大学3年の頃から始めました。

面接の時は流石にマスクをしていられないので外していましたが、そうすると面接官の目が何だかしわやたるみやほうれい線をじっと見ている気がして、怖くなりました。

相手はただ単に私の目を見ようとしているのだと思います。

しかし、疑心暗鬼になり「ブスだと思われている」、「年齢の割りに老けていると馬鹿にされそう」とネガティブに考えてしまいました。

その結果段々と挙動不審になってしまい、それも合ったからかどこを受けても「お祈り通知」ばかりでした。

大学を卒業しても内定を貰えないままで、卒業後は1か月程、実家の自室に引きこもってしまいました。

両親は別に急がなくてもいい、バイトをすればいいと言ってくれたのですが、バイトをする勇気さえなかったのです。

1か月引きこもっている間に私がしていた事は、しわ、たるみ、ほうれい線をどうやったら無くせるかということでした。

ネットで検索して、そこで舌回し運動が効くとか、顔のリンパマッサージがいいとかなどが出てきて、その日から何となくやり始めたのでした。

でも飽き性な私は4日が限度で、あんまり効果もないからとそれ以降止めてしまいました。

コンビニでバイトをしながら就職先を探す日々

砂浜から夕陽を見つめている女性出典:Weheartit

1か月引きこもっていましたが、大学時代もバイトをしていないので貯金はなく、かといって親からおこずかいを貰う訳にもいかないのでバイトを始めました。

コンビニの夜勤ですが、これなら日勤よりも人に会う事が少ないからと思ったのでした。

バイトは初めてなうえに、コンビニは業務が多くて覚えるのに必死でした。

でも何とか頑張って、お給料を貰えた時は嬉しかったです。

同時に空いた時間で就職先を探していましたが、こちらはあまり上手くいきませんでした。

そうして週に4~5日コンビニで夜勤に入り、友達もいないので休みの日はひたすら就職先を探しては面接という毎日を過ごしました。

この夜勤というのが女性でも入れたのは良かったですが、その代わり勤務時間が夜21時~朝6時までなので、生活が完全に昼夜逆転したのです。

不規則な生活とストレスのせいか、気づけば学生時代よりも更にしわ、たるみやほうれい線は酷くなりました。

それでもマスクで隠して、マスクがある限り大丈夫だと変な自信を持ちながら生活していました。

転機が訪れたのは24歳の時

髪の毛をセットしてショッピングに出かけようとしている女性出典:Weheartit

24歳までずっとコンビニバイトをしながら就職活動をしていましたが、やっと私を採用してくれる会社を見つけました。

小さな印刷会社で、そこの事務正社員として採用されたのです。

事務の仕事は初めてで、こちらも覚える事が沢山あり毎日修羅場でした。

でも同年代の社員はおらず、同じ事務社員も経理も総務さんも上司も、皆殆どが40~50代の男女ばかりだったのです。

のんびりした社風で、家族経営だからか私の事も「○○ちゃん」と子供や孫のように可愛がってくれました。

段々と仕事に慣れて気持ちにも余裕が出てきた頃、貰ったボーナスで何となくエステへ行きました。

職場ではマスクをつける訳にはいかず、しかし社会人のマナーとして毎日メイクをしていたのですが、段々メイクでしわを隠せるようになってきたのです。

しわが見えにくくなれば後は頬のたるみとほうれい線だけで、もしかしてこれも何とかなるんじゃないかと思ったのでした。

そこで丁度家の近くでエステサロンが新規オープンし、キャンペーンでフェイシャルエステ500円といった事をしていたのです。

エステなんて行った事もありませんでしたが、何もしないよりはと思って心に決めて行きました。

同じ境遇だったエステティシャンの方に出会う

紫色の髪の色をした鼻が高くて色白の女性出典:Weheartit

エステティシャンは怖い、プライドが高そう、私みたいな老け顔が行っても嗤われそうと悪いイメージがありました。

しかし意外にもエステティシャンは気さくな方ばかり、そしてカウンセリングの際に老け顔が悩みだと伝えると、「私も以前は同じように悩んでいたんです」と告白されました。

どうやらカウンセリング担当になってくれたエステティシャンの方も、学生の頃からしわやほうれい線が出てきて、それにずっと悩んでいたそうなんです。

でも色々と自己ケアしたりエステへ行く内に、今では実年齢を言うと驚かれる程になったと言っていました。

その人は本当は40代らしいのですが、どう見ても20代後半にしか思えなくて驚きました。

そして「しわは乾燥、たるみは噛む回数が少ないから、ほうれい線はむくみやリンパの流れが悪いせいかもしれません」と教えてもらいました。

どうやら私は酷い乾燥肌で、何もケアしていなかったせいで縮緬しわが出来てしまったのでしょう。

確かに早食いで噛む回数も少なく、そして冷え性なのでむくみやすいのです。

これらに気を付ければきっと悩みはなくなると言われ、希望が持てました。

エステではフェイシャルマッサージをしてもらったのですが、たった30分の施術でほうれい線やたるみがマシになり、しわも目立たなくなっていました。

これはもしかしたら続けていれば、きっと今よりよくなるかもと思ったのです。

舌回し、ガムを噛む、リンパマッサージ等のケアを毎日行いエステへも月1回行きました

海で遊んで夏を満喫している女性出典:Weheartit

その日から毎日、舌回し運動を1日50回以上、デンタルケアガムを空いている時間に噛む、食事は両方の奥歯で1口20~30回以上噛むようにしました。

朝起きた時と夜寝る前に頭を揉んで、耳の辺りや顔、首、鎖骨とリンパの流れを意識してマッサージもしていたのです。

他にはコロコロマッサージを使ったり、顔サウナマスクをつけて汗をかいたり、半身浴をして冷え対策をしました。

月に1度エステへ通ってフェイシャルマッサージを受けました、勿論それ以外にも肌の乾燥対策として、保湿ケアもばっちりしていたのです。

後からよくよく考えて解った事ですが、私のしわは乾燥ケアを怠っていたせいでした。

その頃化粧水を使う事もせず、何もしなくても若いから大丈夫だなんて思っていたのです。

そしてたるみは食事量が増えたり夜更し癖があったせい、昼夜逆転生活のせいだったのでしょう。

ほうれい線も食事量が多く顔が太ったせいや冷え性だからと、仰向けではなく横向きで寝る癖がありそうしてほうれい線が濃くなったのかもしれません。

こうして老け顔になってしまった原因を知り、それをケアしていく事で、少しずつではありますが、確実に良くなっていきました。

29歳の現在は5歳若く見えるまでになりました

景色のいいカフェで友人と楽しそうにしている女性出典:Weheartit

24歳の時からケアを始めて5年程、結構時間がかかりました。

それでも毎日ずっと行ってきたからか、私の顔は年齢を重ねる事に若返っていきました。

例えばしわは27歳の頃にはもう無くなっていましたし、29歳になった今はあの頃よりも肌にハリと潤いがあります。

指で押すと弾くような、そんな瑞々しさもあると自負しています。

そしてたるみは、以前はかなりたるんでいてかなり顔が大きく見えていたのが、キュッと引き締まってフェイスラインが綺麗に出るようになりました。

まるで昔話に出てくる「こぶとり爺さん」のように、両方の頬がかなりたるんでいたのに、それがないだけでかなり顔が小さく見えるようになったのです。

ほうれい線も、ブルドックのようだったのがすっかり薄くなり、多少むくんでいる位では目立たないまでになりました。

このほうれい線がないだけでも、顔がすごく明るく見えます。

高校の卒業アルバムの私と、現在の私とでは、今の私の方が若く見えるなと思います。

ここまで改善出来た事で自身もついたので頑張って高校の同窓会へ行ったのですが、そこで皆から「この中で一番若く見える」とまで言われました。

私も周りを見渡して、同年代の元クラスメイト達よりも若く見えるなと思った程でした。

コンプレックスはどうとでもなります

愛犬の誕生日パーティーをしている様子出典:Weheartit

私は自分の顔が老けている事を自覚した時、世界が終ったような感覚になりました。

人の目が恐い、好きな人が出来ても告白する勇気がない、もっと可愛くなれたらいいのにと、人を羨んでばかりでした。

そうやってコンプレックスにまみれ、でもそのコンプレックスをどうにかしようと思っても、「どうせやってもムダだから」と諦めていたのです。

しかしここまで長年努力して、コンプレックスはどうにか出来るんだと感じました。

私は結構な時間がかかりましたが、毎日ちょっとずつ綺麗になっていく自分の顔を見て、もっと頑張ろうと性格も明るくなれたのです。

積極的、ポジティブ思考になれば、マスクをつけなくても人の目が恐くなくなりましたし、メイクもオシャレも楽しくなりました。

それに好きな人に告白して付き合う事でますます人生が楽しくなっていって、頑張ったら頑張った分だけ結果が返ってくるのだと思ったのです。

今コンプレックスに悩んでいる人は、今一度そのコンプレックスはどうしてそう思うようになったのか思い出してみてください。

もしかすると私のように、頑張ればどうにかなる事かもしれません。

コンプレックスをばねにすれば、毎日がきっと明るくなります。

Top image via Weheartit

written by ココア1224

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

くすみ・しわ

詳しく見る

全国

聖心美容外科

痛くないたるみ治療

詳しく見る

全国

品川美容外科

しわ・ほうれい線

詳しく見る

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46097 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ