NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年07月13日 更新 | 652 views

肌のくすみの原因に合わせた施術を!おすすめの治療法7選

疲れた印象を与える肌のくすみのおもな原因には、メラニンの沈着、古い角質層、血行不良、肌の汚れ、肌の乾燥、糖化・カルボニル化があります。家でのケアもできますが、早く確実に効果を出したいならクリニックでの治療がおすすめ。ケミカルピーリング、イオン導入、ライムライト、フォトRF、ジェネシス、ロングパルスヤグレーザー、トレチノイン外用といった原因に合わせた治療法を試してみてはいかがでしょうか?

「透明感のある白い肌が自慢だったのに、いつの間にか肌にくすみが! 」

「コントロールカラーやファンデーションを駆使してもカバーしきれず、なんだか老けて見える自分が悲しい」

このような悩みを持つ人が増えているようです。

確かにくすみのある肌は、老けてやつれた印象を周囲の人に与えてしまうもの。

自分の肌に自信が持てないと、気持ちも下向きになってしまいます。

また、くすみを放置しておくと、さらに肌の状態が悪化する危険性が。

くすみに気づいたら、原因に合ったケアや治療をして、明るさとツヤのある肌を取り戻しましょう!

くすみができる原因は?

くすみができる原因を知る前に、まずは、くすみとシミや色素沈着の違いを紹介します。

自分の肌の状態と照らし合わせて、くすみかどうかを判断してみましょう。

くすみとシミ・色素沈着との違い

女性の写真

くすみ、シミ、色素沈着はどれも、皮膚の中に色素が沈着して起こる症状です。

それらを明確に差別化する医学的な定義はないようですが、おおまかなラインとして次のように分類できるとされています。

  • くすみ:肌がもともと持っている明るさや透明感、ツヤ、ハリがなく、顔全体がよどんだ色になっている状態。
  • シミ:紫外線の影響で、自然発生的に部分的に生じた色素沈着。
  • 色素沈着:肌をいじりすぎたり傷をつけたりすることで、人為的に部分的に生じた色素沈着。

肌がくすむ原因とメカニズム

次に肌にくすみをもたらす原因とメカニズムについて見ていきましょう。

実は、くすみをもたらす原因はひとつではなく、6つもあるのです。

くすみの原因1:メラニン

日光の写真

<メカニズム>

  1. 肌を紫外線が刺激する。
  2. 過剰なメラニンを生成。
  3. メラニンの排出が追いつかず、皮膚の奥にメラニンが蓄積する。
  4. 蓄積したメラニンの影響で肌の色がくすんで見える。

<解説>

紫外線を浴びると皮膚がダメージを受け、メラニンが作られます。

メラニンは、シミやそばかすの原因としても知られていますが、本来は肌を守る役割をするもの。

ターンオーバーが正常に機能していれば、メラニンは自然に排出されていきますが、過剰に作られるとターンオーバーが乱れます。

すると、シミやそばかすのようにはっきりとした形を表すわけではありませんが、黒いメラニンの影響で、肌がよどんでくすんでしまうのです。

くすみの原因2:古い角質

女性の写真

<メカニズム>

  1. 何かしらの事情で肌のターンオーバーが乱れている。
  2. 古い角質が剥がれ落ちない。
  3. 剥がれ落ちない角質が肌に溜まっていく。
  4. 溜まった古い角質で肌全体にくすみが生じる。

<解説>

本来なら、剥がれ落ちていくべき古い角質が肌に溜まり、健康な肌を見えなくしてしまうため、どうしても肌の色は悪く見られるように。

また、ターンオーバーが乱れる原因としては、おもに以下のことが考えられます。

  • 睡眠不足やストレスなどによる生活習慣の乱れ。
  • 肌に合わない化粧品の使用といった間違ったスキンケア。
  • 加齢でターンオーバーのサイクルに変化が出る。

くすみの原因3:血行不良

女性の写真

<メカニズム>

  1. 冷えで全身の血行が悪くなる。
  2. 末端の毛細血管に血液が行き届かなくなる。
  3. 十分な酸素が行き渡らず肌が生気を失う。
  4. 顔色が悪くなり肌全体がくすむ。

<解説>

顔の皮膚は体の末端にあり、毛細血管が張り巡らされていますが、血行が悪いと十分な血液が流れてこないため、血色がなくなり顔色が明るさを失います。

また、血液は、体にとって必要な酸素や栄養素を運ぶはたらきをするもので、不要となった老廃物がリンパの流れにのって排出されていきます。

血行不良は、この両方のはたらきを悪くし、新陳代謝の機能を低下させる原因に。

そのため、肌にくすみが生じてしまうのです。

くすみの原因4:肌の汚れ

女性の写真

<メカニズム>

  1. クレンジングや洗顔をきちんとしない。
  2. 肌に化粧品や皮脂などの汚れが残る。
  3. 残った汚れが毛穴に溜まる。
  4. 毛穴に溜まった汚れが酸化して黒ずむ。
  5. 肌全体をくすんだ色に見せる。

<解説>

肌の汚れが毛穴に溜まって黒ずんだ状態には、例えば「いちご鼻」があります。

そこまで毛穴は目立たないにしても、TゾーンやUゾーンに残った汚れのせいで、肌の色合いが暗くなってしまうかもしれません。

くすみの原因5:肌の乾燥

女性の写真

<メカニズム>

  1. 水分量が不足して肌が乾燥する。
  2. 肌がハリを失い色がよどむ。
  3. ターンオーバーが乱れる。
  4. 肌全体がくすむ。

<解説>

肌の水分量が十分に満たされていると、光が反射して、肌に透明感のある輝きが生まれますが、水分不足だとカサカサしていて、光を反射できません。

すると、くすんだ印象になりがち。

また、乾燥してカサカサした皮膚は、通常のターンオーバーよりも早く角質層を剥がれ落ちてしまうといいます。

すると、十分にでき上がっていない肌が露出することに。

機能が十分でない肌は、紫外線の影響を受けやすく、肌がくすむ原因になるでしょう。

くすみの原因6:「糖化」や「カルボニル化」

女性の写真

<メカニズム>

  1. 甘いものやアルコール、脂肪分を摂りすぎる。
  2. 糖分や脂肪分が体内のタンパク質と結びつく。
  3. 「糖化」や「カルボニル化」が起きる。
  4. 肌が黄色くくすむ。

<解説>

糖化とカルボニル化とは、体内で起こる反応により、肌を黄色くくすませてしまう現象です。

この状態を解消して肌をもとの状態に戻すことは、とても難しいといわれています。

また、肌を黄色くくすませるだけでなく、肌の乾燥、シワやたるみなどももたらす可能性があります。

くすみを放置しておくとさらに悪化!

女性の写真

くすみを放置しておくと、どんどん肌の状態が悪くなり、肌色が黒ずんだり、シミになったりすることも。

また、悪化させると、もとに戻すことがとても難しくなってしまいます。

そのため、早めの対処が肝心でしょう。

肌のくすみへの対処法

女性の写真

肌がくすむ原因から考えると、ピーリングや美白、保湿、血行促進が効果的かもしれません。

これらは、家でできるものですが、家でのお手入れは劇的な変化は望めず、「くすみがきれいになった」と実感するまでには、1年以上かかることも。

そこでおすすめしたいのが、即効性が感じられるクリニックでの「くすみ治療」です。

さまざまな治療法があるので、くわしく見ていきましょう。

クリニックで行われているくすみ治療について

くすみの原因が複数あったように、治療にも複数の方法があります。

自分のくすみの原因や状況、肌のタイプと照らし合わせて合っているものを選びましょう。

ケミカルピーリング

女性の写真

グリコール酸や乳酸、サルチル酸など酸性の薬剤を肌に塗り、化学的に古い角質を剥がす治療法がケミカルピーリングです。

肌のターンオーバーを促し、きれいな肌を蘇らせる効果があります。

ケミカルピーリングで一般的に使われるグリコール酸には、肌のターンオーバーを促し、メラニンを抑制する効果があるそう。

乳酸を使ったピーリングは、肌への刺激がとても穏やかで、肌が弱い人や高齢の人向きです。

メラニンが沈着したくすみに高い効果が期待できます。

メリットとデメリット

手の写真

<効果が期待できるのは?>

  • メラニンが原因のくすみ
  • 古い角質が原因のくすみ
  • 肌の汚れが原因のくすみ
  • 肌の乾燥が原因のくすみ

<メリット>

  • 肌への負担が少なく安心して受けられる。
  • ダウンタイムを気にしなくて済むので気軽に治療できる。

<デメリット>

  • 1回の施術ではあまり効果が出ない。
  • 即効性はない。

ダウンタイムや費用など

所用時間:30~60分程度

ダウンタイム:ほとんどない

費用:目安は顔全体で1回につき6,000~12,000円ほど

個人差はありますが、効果を実感するには、2~3週間に1回の割合でおよそ6~8回の治療をすることが必要なようです。

また、くすみのない肌をキープしたいのなら、その後も約4~6週間ごとに治療を継続することが推奨されています。

イオン導入

女性の写真

イオン導入は、ごく弱い電流(イオン)を皮膚に流すことで、美白効果のあるプラセンタやビタミンC、メラニンの生成を抑制するトラネキサム酸など、肌の回復に効果的な成分を皮膚の奥深くまで浸透させる施術法です。

くすみの原因に合った成分を浸透させることでくすみを改善し、肌にハリとツヤを取り戻すことが期待できます。

新陳代謝を促すので、ケミカルピーリングと組み合わせることでさらに効果が上がるかもしれません。

メリットとデメリット

女性の写真

<効果が期待できるのは?>

  • メラニンが原因のくすみ
  • 古い角質が原因のくすみ
  • 肌の汚れが原因のくすみ
  • 肌の乾燥が原因のくすみ

<メリット>

  • 医療機関でしか使えない高性能の機器でイオン導入ができる。
  • ダウンタイムを気にしなくて済むので気軽に治療できる。

<デメリット>

  • 複数回の施術を必要とするため通院が必要となり、費用がかかる。
  • 誰にでも効果が出るとは言い難い面がある。

ダウンタイムや費用など

所用時間:20~30分程度

ダウンタイム:ほとんどない

費用:導入する成分によって異なるが、目安は1回につき10,000~20,000円ほど

効果を実感するためには週に1回~2回の施術を1か月ほど受けるとよいとされています。浸透させる成分が肌の悩みと合っていないと効果が出ないので、事前に医師とよく相談することが大切です。

ライムライト

女性の写真

日本人医師が開発した日本人の肌に合わせた光治療がライムライトです。

レーザー治療とは異なり、顔全体に波長の広い光を照射して、表皮から真皮層にまでエネルギーを届けます。

そのエネルギーは、表皮層ではターンオーバーを正常にし、真皮層ではメラニンを分解して排出してくれるというもの。

照射する際の痛みもほとんどないので、痛みに弱くて光治療を受けることができなかった人、これまで光治療で効果が得られなかった人にすすめているクリニックも多いようです。

メリットとデメリット

女性の写真

<効果が期待できるのは?>

  • メラニンが原因のくすみ
  • 古い角質が原因のくすみ
  • 肌の乾燥が原因のくすみ

<メリット>

  • 痛みや副作用が少ないので安心して受けられる。
  • 美容医療のなかでは費用があまりかからない。
  • 初めて美容医療を受ける人にもおすすめ。

<デメリット>

  • 複数回の施術を必要とするため通院が必要となり、費用がかかる。
  • 肌の状況によっては複数回の施術でも効果がないこともある。
  • まれに、ほてりや赤みが残ることがある。

ダウンタイムや費用など

所用時間:15~20分程度

ダウンタイム:ほとんどなく、あったとしても当日中に短時間で解消されることが多い

費用:目安は顔全体で1回につき30,000~60,000円程度

効果を感じるためには、2~4週間の間隔で、約3~5回の治療を1クールとして行うことが推奨されています。

フォトRF

女性の写真

フォトRFは、光と高周波のダブルのエネルギーで、肌のトラブルを改善する施術です。

具体的には、光がメラニンの排出を促し、高周波が肌のターンオーバーを正常化しながらコラーゲンを増やすはたらきをします。

肌の内側と外側からきれいにできるため、トータルで美肌を目指す人に人気があるもの。

しかし、妊娠している人や日焼けの度合いの強い人、日光アレルギーのある人は、フォトRFを受けることができません。

また、肌の状態によってはフォトRFが向かない人もいるよう。

そのため、事前に医師のカウンセリングをしっかりと受けることが大切です。

メリットとデメリット

女性の写真

<効果が期待できるのは?>

  • メラニンが原因のくすみ
  • 古い角質が原因のくすみ

<メリット>

  • レーザー治療に比べると痛みもリスクも少ない。
  • 複数の肌の悩みを同時に解消することが可能。

<デメリット>

  • 複数回の施術を必要とするため通院が必要となり、費用がかかる。
  • 人によっては痛みを感じることがある。

ダウンタイムや費用など

所用時間:20~30分程度

ダウンタイム:ほとんどなく、あったとしても当日中に短時間で解消されることが多い

費用:顔全体で1回につき20,000~30,000円ほど

効果を実感するためには、 月に1回程度の施術を5~6回ほど繰り返すことが必要とされています。

ジェネシス

女性の写真

ジェネシスは、ロングパルスNd:YAGレーザーというレーザー治療器を用いた施術法ですが、機器を肌に触れさせずに照射することが可能なものです。

そのぶん、刺激が少なく、皮膚の表皮層近辺にはたらきかけて代謝を促しながら、肌に溜まっている古い角質層を落とすことができます。

また、コラーゲンの活性化も望めるので、肌にハリも蘇るでしょう。

さらに、毛細血管の血行も促すため、目の下のクマといった血行不良が原因のくすみにも効果があるといわれています。

メリットとデメリット

女性の写真

<効果が期待できるのは?>

  • メラニンが原因のくすみ
  • 古い角質が原因のくすみ
  • 血行不良が原因のくすみ

<メリット>

  • 痛みがあまりないので安心して受けられる。
  • ダウンタイムを気にしなくて済むので気軽に治療できる。
  • ほかのレーザー治療に比べると費用が安い。
  • 美容医療初心者でも受けやすい。

<デメリット> 治療を重ねないと効果が出ない。

ダウンタイムや費用など

所用時間:20~30分程度

ダウンタイム:ほとんどない

費用:顔全体で1回につき20,000~30,000円ほど

効果を得るには、2週間~4週間ごとに5回程度の治療が必要とされています。

またその効果を持続するためには、定期的に治療を受けることが望ましいようです。

ロングパルスヤグレーザー

女性の写真

表皮にダメージを与えることなく、真皮の下にレーザーエネルギーを届けることで皮膚の代謝を促し、肌質の改善を目指す施術です。

ヘモグロビンに反応するため、加齢でできた血管腫やくすみ、目の下のクマなど血行不良によるくすみに効果が期待できます。

メリットとデメリット

女性の写真

<効果が期待できるくすみ>

  • メラニンが原因のくすみ
  • 古い角質が原因のくすみ
  • 血行不良が原因のくすみ

<メリット>

  • 痛みをほとんど感じずに治療ができる。
  • ダウンタイムを気にしなくて済むので気軽に治療できる。

<デメリット> 複数回の施術を必要とするため通院が必要となり、費用がかかる

ダウンタイムや費用など

所用時間:30分程度

ダウンタイム:ほとんどなし

費用:顔全体で1回につき20,000~30,000円ほど

治療目的やショット数により費用が変わるので、きちんと確認することが必要です。

また効果を出すためには、1か月以上あけて複数回の治療をすると効果的でしょう。

トレチノインの外用

女性の写真

トレチノインは、以下の3つの効果がある塗り薬です。

  • 肌に残った古い角質を剥がす。
  • 皮脂の過剰な分泌を抑える。
  • 肌の内部でコラーゲンを増やし代謝を高める。

古い角質を取り除くため、メラニンによるくすみ解消にも効果が期待できます。

さらに、メラニンの生成を抑えるはたらきのあるハイドロキノンと併用すると、予防にもつながり効果が倍増。

しかし、トレチノインは、医師の処方でしか使うことができません。

「レチノール」として市販の化粧品に含まれているものもありますが、効果はトレチノインの100分の1程度といわれています。

メリットとデメリット

女性の写真

<効果が期待できるくすみ>

  • メラニンが原因のくすみ
  • 古い角質が原因のくすみ

<メリット>

  • 薬を処方してもらえば家でケアができる。
  • いつものスキンケアにプラスするだけなので手軽。
  • ダウンタイムを気にしなくて済むので気軽に治療できる。

<デメリット>

  • 正しく使用しないとシミになることがある。
  • 強い薬で肌が慣れるまでに少し時間がかかる。
  • 使うためには医師の処方が必要。
  • 妊娠している場合は、使うことができない。

ダウンタイムや費用など

所用時間:家でのケアは数分

ダウンタイム:なし

費用:処方される濃度や量によって異なるが、1か月分(0.1%濃度、約20g)で30,000円前後が目安

医師の決めたサイクルに従って使わないと効果が出ないことがあります。

くすみの原因を知り、正しく治療をして美肌に!

女性の写真

たかがくすみ、されどくすみ。

明るく血色のいい肌色は、好感度が高くなり、自分の気持ちまで明るくします。

肌のくすみに気づいたら放置せずに、ぜひクリニックでの治療を考えてみてくださいね。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45434 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ