NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年08月30日 更新 | 881 views

眉間の毛穴の治療はクリニックで!セルフケア&おすすめな施術7選

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太が監修しています。

眉間の毛穴の開きや詰まりのセルフケアとしては、正しいスキンケアや生活習慣、適度な運動などがありますが、効果が早く現れるクリニックでの治療がおすすめです。施術メニューは、イオン導入やケミカルピーリング、スポッツピール、カーボンピール、AGNES、フラクセル3、アファームマルチプレックスなどたくさんあるため、医師と相談して自分に合った方法を選びましょう。

毛穴の開きや詰まりはそのままにしておくと、どんどん悪化して黒ずみやニキビの原因になるかもしれません。

特に、人の視線が気になる眉間の毛穴は、早く治したいもの。

セルフケアをしてもなかなか改善しない場合は、間違ったケアをしている可能性があります。

正しいスキンケアの知識を身につけて、ツルツルの眉間を手に入れましょう!

眉間の毛穴が開くまで

眉間の毛穴はどのようにして開くのでしょうか?

眉間の毛穴が開く原因について考えてみましょう。

眉間の毛穴が開く原因

女性の写真

毛穴の開く原因は、以下のようなことが考えられます。

  • 洗顔が十分でなく汚れが詰まっている。
  • 皮脂の過剰分泌や間違ったケア・過剰なケアを行っている。
  • 肌のターンオーバーが乱れている。

では、皮脂の過剰分泌とターンオーバーの乱れは、なぜ起こってしまうのでしょうか?

皮脂の過剰分泌が起きる原因

皮脂が過剰に分泌される原因は、ストレスや生活習慣、高カロリーの食事の摂りすぎなど原因はさまざま。

そのほか、洗顔をしすぎると、保湿が足りなくなり肌が乾燥し、肌を守るために皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

表皮のターンオーバーが滞る原因

肌は、新陳代謝により入れ替わりをしていて、これをターンオーバーといいます。

ターンオーバーの周期は部位により異なりますが、20代だと28日程度。

また、年齢が30~40代になると、新陳代謝の低下により45日程度になるといわれています。

肌のターンオーバーは、生活習慣の乱れやストレス、間違ったスキンケアが原因で滞ってしまうでしょう。

眉間の毛穴開きを解消するスキンケア

毛穴の開きを解消しようとして、過剰なスキンケアや間違ったスキンケアをすると、毛穴の開きはさらにひどくなるかもしれません。

眉間の毛穴の開きを解消する正しいスキンケアの方法を紹介します。

眉間の毛穴開きを解消するスキンケア1:皮脂を取りすぎない

女性の写真

肌は、乾燥するとかえって皮脂を過剰に分泌してしまいます。

洗顔は、1日に朝と晩の2回程度に抑えましょう。

また、洗う水の温度が、熱すぎるのもNG。

ぬるま湯で洗顔して、汚れや皮脂を適度に落とすと毛穴の開きに効果的です。

さらに、あぶらとり紙を1日に何度も使って皮脂を取りすぎることも、毛穴が開く原因に。

皮脂が気になったら、ティッシュで軽く抑える程度にしたほうがいいかもしれません。

眉間の毛穴開きを解消するスキンケア2:水分をたっぷり補う

女性の写真

洗顔後はすぐに、化粧水を少量ずつ手でパッティングしてつけましょう。

その際は、やさしく丁寧にやることを心がけてみてくださいね。

また、強く叩いたり擦ったりすると、肌のトラブルは悪化してしまいます。

コットンを使用する場合も、肌を擦りすぎないように気をつけることが大切です。

たっぷりと化粧水を肌に浸透させることで、美容液や乳液の効果はアップします。

眉間の毛穴開きを解消するスキンケア3:成分にこだわって化粧品を選ぶ

化粧水の写真

開いた毛穴を解消するためには、ビタミンC誘導体が入った化粧水がおすすめ。

それは、肌をふっくらさせ、毛穴をきゅっと引き締めてくれる効果があるからです。

また、たるみ毛穴の解消には、レチノール配合の化粧水やセラミドを配合した美容液が効果的でしょう。

毛穴の開きやたるみを解消する成分が含まれた化粧水や美容液は、たくさん販売されているので、自分の肌に合ったものを選んで取り入れてみてください。

眉間の毛穴を解消するための大事なポイント

眉間の毛穴を解消するため、正しいスキンケアとともに、日々の生活で心がけてほしいことが3つあります。

眉間の毛穴を解消するためのポイント1:生活習慣

女性の写真

肌のためにとスキンケアはしていても、意外と気にしていないのが毎日の生活習慣

睡眠不足やストレスは、自律神経を乱しホルモンバランスを崩れさせ、皮脂を過剰に分泌します。

リラックスして眠るために、夜はシャワーだけで済ませずに半身浴や湯船に浸かり、体を温めるといいかもしれません。

また、眠る前に、香りの良いハーブティを飲んだり、枕もとにアロマオイルを置くこともおすすめします。

肌のゴールデンタイムといわれる22〜2時までの時間帯には、なるべく睡眠をとるようにしましょう。

眉間の毛穴を解消するためのポイント2:食生活

ハンバーガーの写真

インスタント食品や脂質、糖質、刺激物の多い食品を過剰に摂取すると、体内の老廃物や余分な皮脂が排出され、毛穴は詰まってしまいます。

バランスの良い食事をすることも、毛穴トラブルの回避のためには大事なこと。

ビタミン群を多く含む食品は、皮脂をコントロールする効果があります。

進んで取り入れることで、体内からの毛穴ケアが見込まれるかもしれません。

レモンの写真

取り入れたいビタミン

皮脂をコントロールするビタミン群のなかでも、特に積極的に食べたいのが、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC

これらが、多く含まれる食品とおもなはたらきは以下のとおりです。

ビタミンを多く含む食品(得られるおもな効果)

  • ビタミンB1:豚肉、玄米など。(肌荒れ予防やストレスの緩和など。)
  • ビタミンB2:乳製品、納豆など。(新陳代謝を促進する、肌の脂を抑えるなど。)
  • ビタミンC:パプリカ、レモン、果物など。(メラニンの生成の抑制。肌の酸化防止など。)

食品では栄養素を摂れない場合は、サプリメントで効率的に摂取するのもおすすめです。

眉間の毛穴を解消するためのポイント3:適度な運動

女性の写真

適度な運動は、肌の新陳代謝をアップさせます。

1日に20~30分程度のウォーキングや水泳などがおすすめですが、時間がない人は、血行を良くするための軽いストレッチから始めてみてはいかがでしょうか?

軽い運動にもデトックス効果はあり、毛穴のケアにおすすめです。

規則正しい生活習慣・食生活や適度な運動は、肌のためだけでなく健康にも効果的があるので積極的に取り入れましょう。

また、「セルフケアを頑張ったが、なかなか眉間の毛穴が解消しない」という人は、思いきって美容クリニックで治療することも検討してみてください。

クリニックでの眉間の毛穴の治療

施術メニューが豊富で色々な治療を受けることができるため、眉間の毛穴の治療には、美容クリニックで行うことをおすすめします。

しかし、保険が適用されず自由診療となるので注意が必要です。

では、美容クリニックにはどのような治療があるのでしょうか?

治療1:イオン導入

医師の写真

有効成分を含む美容液を肌に塗り、微弱な電流を流すことにより、肌の奥まで美容成分を浸透させます。

肌に塗る美容成分は、症状に合わせて選べますが、特に、ビタミンCの導入は肌の保湿効果をアップさせ、過剰な皮脂の分泌を抑えてくれるので、毛穴の引き締めに効果があるそう。

施術時間は、約10~20分です。

効果を実感するためには、週1~2回、合計5~6回程度の施術が必要かもしれません。

ビタミンCのイオン導入の場合、1回の施術にかかる費用は2,000~9,000円程度です。

治療方法 

イオン導入エッセンスを肌に塗り、イオン導入器をセットし通電させローラーを顔にかけていきます。

デメリットや副作用 

微弱な電力を流すため赤みが出る人がいますが、すぐに解消されるそう。

また、施術中にピリピリする痛みを感じる場合があります。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

イオン導入よりもさまざまな美容成分を導入することができ、かつより効率的に導入することができるエレクトロポレーションも人気です

治療2:ケミカルピーリング

女性の写真

肌に、フルーツ酸やサリチル酸マクロゴールといわれる酸性の薬剤を塗り、古くなった角質や毛穴の詰まり、汚れなどを溶かして除去。

肌のターンオーバーの乱れと、毛穴の黒ずみや開きが改善され、毛穴が引き締まります。

施術にかかる時間は、30~40分程度。

また、施術は、2~3週間に1回行い、全部で6回程度の施術が必要です。

1回の施術にかかる費用は、5,000~15,000円程度です。

治療方法

ケミカルピーリング剤の塗布をし、10分ほどそのままに。

肌の状態をチェックしながら中和剤を塗ることで、ピーリング剤が反応します。

その後は、洗顔をして施術は終了です。

デメリットや副作用

施術後の1、2時間ほどの、洗顔や化粧はNG。

また、顔に赤みが残る場合がありますが、数時間または翌日には解消されます。

施術後は、アフターケアとして保湿とUVケアが必要です。

施術後のケアが十分でない場合、トラブルの原因となるので、しっかりとケアを行いましょう。

治療3:スポッツピール

女性の写真

スポッツピールは、東京都のタカミクリニックで施術されている治療法。

ピーリング剤であるトリクロロ酢酸を、毛穴のひとつひとつに流し込み、肌の再生を促進。

グリコール酸を使うピーリングと比べて、真皮に届き、毛穴を小さくする効果があるといわれています。

施術個所や部分により施術時間は異なりますが、30分~2時間程度でしょう。

施術回数は、1回の施術で効果を感じる人もいますが、1か月に1度、全部で5~10回程度の施術を受ける人が多いとか。

施術にかかる費用は、鼻16,200円ほど、両頬21,600円ほど、鼻・両頬セット32,400円ほどです。

そのほかに、初診料や再診料が必要なところもあります。

治療方法

毛穴のひとつひとつにピーリング剤を流し込み、中和剤を塗ります。

この治療を繰り返した後に、クーリングをして終了です。

デメリットや副作用

施術中に、ちりちりした痛みや熱を感じることが。

薬剤塗布後から肌が白くなりますが、10分~半日ほどでもとの肌色に戻るでしょう。

しかし、その後肌が茶色くなり、施術2日後には毛穴サイズのかさぶたができます。

このかさぶたは、5日程度で剥がれるので安心してくださいね。

治療4:カーボンピール

医師の写真

特殊なカーボンクリームを肌に塗り、レーザーを照射するピーリング治療法です。

カーボンクリームにレーザを照射すると、すぐにクリームは蒸発し、余分な角質や、角栓、汚れを取り除きます。

さらに、熱作用でコラーゲンを再生させ、開いた毛穴を引き締める効果も。

施術にかかる時間は、20~30分程度です。

施術は、2~3週間の期間をあけて4~5回の施術がおすすめ。

費用は、1回の施術に20,000~30,000円程度です。

カーボンピールは、ケミカルピーリングと比較して、肌へのダメージや痛みが少ないといわれています。

また、施術後すぐに化粧をすることができるのもメリットでしょう。

治療方法

施術個所にカーボンクリームを塗ります。

レーザー照射後、洗顔をして終了。

施術後には、浸透力がアップしており、オプションでビタミン導入を行うクリニックもあります。

デメリットや副作用

施術後に肌に赤みが残る場合が。

また、色素沈着を防ぐために、3か月程度は紫外線対策をしっかりしたほうが安心です。

治療5:AGNES(アグネス)

女性の写真

肌の表面には傷をつけずに、真皮へ直接はたらきかける高周波(RF)治療器です。

AGNESは、高周波で過剰な皮脂腺を破壊し、毛穴を収縮。

また、コラーゲンが再生されるため、毛穴やニキビ跡の改善効果も期待できます。

さらに、肌のキメを整えハリが出るかもしれません。

皮脂腺を破壊する治療器ですが、顔の毛穴は約20万個あり、そのなかの数百個が破壊されても肌トラブルにはつながらないとされています。

施術にかかる時間は、30分~1時間程度

1か月おきに3~5回の施術が必要です。

毛穴・ニキビ治療の費用は、眉間・額の施術で60,000~70,000円程度です。

治療方法  

AGNESの施術は、2日間に渡って行われます。

1日目は、表面麻酔の後に毛穴から皮脂を押し出し、高周波を照射します。

照射は、ひとつの毛穴につき中央に2回、毛穴の四方から1回ずつの計6回。

さらに、翌日にメルディングといわれる皮脂腺内の残渣物の圧出をする処置をします。

デメリットや副作用

施術の翌日か翌々日にも通院をし、メルディングといわれる処置が必要です。

施術後、肌に赤みが出る場合がありますが、時間とともに落ち着いていくそう。

また、毛穴が目立ってしまっても、皮膚が再生されると目立たなくなっていくので安心してください。

メルティング後に、腫れが強く出たときは医師に相談しましょう。抗生物質を処方してくれるかもしれません。

治療6:フラクセル3

女性の写真

フラクセル3は、レーザーを点状に照射することで肌のターンオーバーを促進させる治療法です。

レーザーを照射することにより毛穴を収縮させ目立たなくします。

施術の時間は30~40分程度

1か月ごとに3~5回の施術が必要といわれています。

施術にかかる費用は、30,000~50,000円程度です。

治療方法

肌の麻酔後にフラクセル3を照射し、照射後はクーリングをして終了です。

デメリットや副作用

ダウンタイムが10日ほど必要です。

また、施術後1か月程度はUVケアをしっかりと。

肌に刺激を与えない、保湿は十分に行うなど注意が必要でしょう。

治療7:アファームマルチプレックス

医師の写真

アファームマルチプレックスは、フラクショナルレーザーのひとつ。

最大の特徴は、1,440nmと1,320nmのふたつの波長のレーザーを同時に照射することで、肌の入れ替えと皮膚のコラーゲンの作り直しを一度の施術で同時に行えるところだといわれています。

肌の入れ替えにより、毛穴の引き締め効果が期待できます。

ダウンタイムは2日程度かかるそう。

施術にかかる時間は、40分~1時間程度です。

月に1~2度の照射を3~6回行うことで、効果が実感できるといわれています。

1回の施術にかかる費用は、20,000~40,000円程度です。

治療方法

麻酔後にアファームマルチプレックスのレーザー照射を行います。

レーザー照射後はクーリングをして治療は終了です。

デメリットや副作用

麻酔が切れるとひりひりとした痛みを感じることが。

また、施術後2日程度は赤みやほてりを感じるかもしれません。

保湿とUVケアを十分に行うことが大切です。

眉間の毛穴はクリニックで治療をしよう

女性の写真

セルフケアをどんなに頑張っても、眉間の毛穴は開きっぱなし。

このような場合は、多くのメニューがある美容クリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

面倒な手間もなく、セルフケアよりも早く治るかもしれません。

保険外治療になるので費用はかかりますが、信頼のおけるクリニックを見つけられれば、今後の肌トラブルも回避できるでしょう。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

毛穴治療

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

肌に優しい毛穴治療

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45375 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ