2017年07月26日 更新

しゃくれや受け口を治して小顔を目指す!顎削り術での失敗を防ぐには?

顎削り術には、顎の垂直骨切りや水平骨切り、T字骨切りといった施術方法があります。一般的に効果が大きいといわれていますが、その反面、失敗例も見受けられます。施術のリスクとしては、たるみや引きつれ、感染(化膿)、顔面麻痺など。このようなリスクは、慎重な医師選びや施術の症例写真をよく確認しておくことで、回避できる可能性があります。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

誰もが憧れる小顔

とくに顎は顔のなかでも目立ちやすい部分といえ、大きい顎や長い顎、突出した顎などに悩んでいる人もいるはずです。

理想の小顔を目指すための方法として、「顎削り手術」という小顔整形術があります。

この記事では、顎削り手術のリスクと失敗例について紹介します。

安心して施術を受けられるように、この記事を読んで予備知識を蓄えましょう!

目次

顎削り術の種類

カウンセリングの写真

「顎」は、広い範囲を指した言葉ですが、下顎の先端を医学用語では「オトガイ」といいます。

オトガイの横幅は、女性の平均は35㎜・男性は38㎜程度。

オトガイにおける大きさの基準は、左右の小鼻間から左右の瞳の内側にある縁の間に収まることが望ましいとされています。

理想のオトガイに近づけるための顎削り術には、以下のような施術法の種類があります。

施術法1:顎の垂直骨切り(Vライン形成)

顎の垂直切りは、顎が太い・幅が広いなど、顔幅が気になる人に向いている手術です。

顎の幅を8㎜~15㎜細くすることが可能とされ、顎の横幅が短くなるため、シャープな印象の輪郭を目指すことができます。

具体的な施術法は、顎の骨の中央をカットし、左右の距離を狭める手術を行います。

手術の所要時間は、クリニックによって異なりますが、約3時間ほどかかります。

顎削り手術におけるリスクは、痺れや皮膚のたるみ、顎のシャープさが想定どおりにならないことなどの可能性が考えられます。

施術法2: 顎の水平切り(中抜き)手術

顎の水平切り(中抜き)手術は、顔が長い、顎が長いことが悩みの人に向いている手術です。

また、顎が前へ出ている(しゃくれている)場合にも適応します。

手術を受けることによって、顎の長さを短縮することで、小顔に近づけるといわれています。

手術の所要時間は約1時間半ほどで終わります。

顎の水平切り(中抜き)手術は、痺れやたるみのほか、知覚障害、輪郭が曲がってしまうなどのトラブルが生じる可能性があります。

施術法3:顎のT字骨切り手術

顎をさわる女性の写真

顎のT字骨切り手術は、顎を全体的に小さく、短くしたいという人に向いています。

垂直骨切り手術と水平骨切り手術を同時に行うため、変化が大きい施術です。

水平切りだけでは、顎先が後退するために二重顎のようになってしまう症例でも、すっきりとした顎ラインに仕上がるといわれています。

施術時間は約2時間ほどを要します。

このような手術では、顎の骨が薄くなり過ぎたり、もろくなったりするリスクが起こりうるそうです。

施術法4:下顎骨分節骨切り

下顎骨分節骨切りは、反対咬合(受け口)や顎のしゃくれなど、上顎に対して下顎のほうが前へ出ている場合に行う手術です。

中抜き法やオトガイ形成と同時に行うことが多い施術で、歯も同時に診察する必要があり、歯科医師との連携がとても大切な手術です。

手術の所要時間は、クリニックによっても異なりますが、3時間ほどで終わることがほとんどです。

また、術後に歯の3、5番の間の隙間が目立つようになることがあるため、術後に歯科矯正を行うよう推奨しているクリニックもあります。

施術法5:上顎骨切り

顎をさわる女性の写真

上顎骨切りは、Eラインよりも前に唇が出ていて、歯の治療だけでは修正が難しい場合などに行われ、出っ歯の治療にも適しています。

Eラインとは、鼻先と上唇、下唇、顎先の4点を結んだラインのことで、横顔の輪郭美の基準線とされています

この手術では、顎の後退や、モンキーラインと呼ばれる鼻先と顎を結んだ線よりも前方に口元が出ている状態の改善が期待できます。

手術の所要時間は、クリニックによっても異なりますが、約2時間程度を見ておきましょう。

上顎骨切り術では、3、5番の歯間に隙間が生じることや鼻翼幅が拡大する、上口唇が薄くなり老けた印象になる可能性もあるそうです。

そのほかの顎削り術

顎削りの手術は、ほかにも症状ごとに対応したさまざまな方法があります。

顎削りは、顔の印象に大きな変化が望める施術ですが、体への負担も大きく、後遺症が残ってしまうリスクも考えられます

以上のことを踏まえたうえで、じっくり施術を検討しましょう。

そのほかの顎削り術

  • 「Lefort Ⅰ型骨切り術」:笑うと歯茎が出るガミースマイルを治したい人向け
  • 「下顎枝矢状分割術(SSRO)」:下顎左右非対称をはじめとする顎変形症に
  • 「下顎枝垂直骨切り術 (IVRO)」:下顎骨を後退させるすべての症状に

顎削りの失敗例とその原因3つ

悲しむ女性の写真

顎削り術の術後リスクや、失敗が起きてしまった場合には、一体どのような症状に悩まされるのでしょうか。

実際に手術に失敗してしまったという体験談と原因、その対策などを紹介します。

顎削りの失敗例1:たるみ、引きつれを起こすケース

顎削りをする際は、筋肉などの組織から一度骨を引きはがすために、皮膚がたるんでしまうことがあります。

また、 骨の表面の固い部分をすべて削ってしまうと、露出した骨髄に筋肉が癒着してしまうため、顔が引きつれるケースも

引きつれを起こさないためには、骨の表面の硬い部分を全部なくすことのない程度に削るという医師の絶妙な技術が必要です。

顎削りの失敗例2:感染(化膿)するケース

近年では、抗生剤を点滴するなどして、手術中や術後も細菌の対策が十分に行われています。

しかし、ごく稀ではありますが、なかには傷が化膿してしまうことも。

化膿した場合は細菌が体内に侵入し、高熱が出て痛みやひどい赤みを帯び、手術部分から腐敗臭がすることもあります。

口腔外科では、奥歯に感染病巣があると歯から感染・傷の化膿を起こす危険があるため、一般的な血液検査と感染症の検査を行います。

必要であれば虫歯の治療を行い、それから手術にようやく着手します。それほど感染の可能性には気を配るものであり、その必要があるといえます。

感染症がひどいケースでは、顎の下の皮膚を切開して膿を出し、血が溜まっている場合には手術の不手際が疑われるそうです。

そして、もし何もトラブルが起きていない場合でも、食後はうがい等を徹底して、口腔内を清潔に保つことが大切です。

顎削りの失敗例3:顔面が麻痺するケース

顎削りは、実際に骨を削ったり切ったりするため、顎の骨が弱くなってしまうリスクがあります。

そして、顎削りの失敗による顔面麻痺はもっとも深刻な後遺症です。

神経を傷つけてしまった場合は、顔面麻痺などの副作用が起きるリスクがあり、健康被害といえる症状が続く場合があります。

ほとんどの場合は、術後経過の麻痺は1年以内に回復しますが、なかには感覚が完全に元どおりには戻らないケースも。

後遺症の対処法とは、ステロイド注射を定期的に打ち、マッサージを受けることで凌ぐしかないそうで、精神的な負担は計り知れません。

顎矯正手術後の顔面神経麻痺の発生率は、0.13〜0.67%との報告もあります。
稀ではありますが、ある一定の確率で起きてしまいます。

顎削りで失敗しないために気をつけるポイント4つ

注意する女性の写真

ポイント1.費用の手頃さ・口コミだけで判断しないこと

顎削りの施術は、低費用にひかれて病院を選ばないことが大切です。

顎削りの費用は、120万円前後、別途麻酔費用で5万円ほどかかるのが相場だといわれています。

口コミも十分チェックする必要がありますが、なかには作られた情報もあるということを忘れてはいけません。

ポイント2.頭蓋顎外科医が施術を行うクリニックを選ぶ

顎・顔面骨と頭蓋骨は、解剖学的に一体でどちらも顔面形態の基盤です。

そのため、顎削り術に頭蓋顎外科の知識は欠かせません。

顔には目、耳、鼻、口など重要な器官が集まっており、近くには脳が存在します。

神経の付近を操作されるため麻痺などの可能性もあり、術後の1年以上を見込んだ長きにわたるアフターケアが必要です。

ポイント3.術前検査がしっかりしているクリニックを選ぶ

顎削り術の事前の検査では、各種血液検査や心電図、頭蓋骨X線検査、パノラマ撮影、3D CT検査、胸部X線検査などが行われます。

そして、パノラマ撮影によるオトガイ神経孔とオトガイ神経管の位置の確認が重要となる場合もあります。

医療機械が充実していることは、医療体制や意識において、そのクリニックと医師が信頼できるかどうか判断のポイントになるでしょう。

ポイント4.執刀医が行った症例写真を見せてもらう

その医師が実際に扱った症例写真を見せてもらうことで、その医師の熟練度や実績、医療への姿勢などをうかがい知ることができます。

症例写真をチェックすることは、美的センスやその腕前がわかるだけでなく、お互いの術後のイメージを摺り合わせることも大切です。

顎削り術は大きな効果が目指せるからこそ慎重に

微笑む女性の写真

顎削り術は文字どおり顎を削ることで、効果が期待できる反面、負担が大きくリスクや失敗に対する心配が伴うこともあります。

慎重に検討を重ねることに決して損はありません。

顎削り術で満足のいく結果を得られるように、リスクや失敗例についてもよく把握するしたうえ、じっくり考えてから施術を決断しましょう。

顎削りは、あらゆる美容外科の手術のなかでも大きな手術のひとつです。
そのため、症例数があり経験豊富で信用できる医師を選びましょう。

この記事の監修医:武内大先生のクリニックはこちら

  • 住所新潟県新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
  • アクセスJR新潟駅「万代口」徒歩約2分 京成新潟駅「新潟駅」徒歩約2分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-293-740
  • 予約ネット予約・電話予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック新潟院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

その他の輪郭形成の施術を受けられるクリニック

  • 福岡西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分
  • アウトライン注射6cc23,700円

品川スキンクリニック 福岡院の詳細

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー