NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 4,921 views

まぶたを切る? 切らない? 眼瞼下垂の治療法

眼瞼下垂はまぶたが垂れ下がり瞳孔にかぶってしまう目の病気。症状の進行具合によって、治療法が変わります。治療法には、まぶたを切開して治療する切開式と、まぶたを切らずに糸でつりあげる埋没式のふたつのパターンがあるんです。いずれにせよ早期発見が負担を軽減するには大切。まぶたや目に違和感を感じた場合は、早めに医師に相談を。

目をつむっている女性

最近、まぶたを重く感じたり、目がやたらと疲れるなんてことはありませんか?

ひょっとすると、それは眼瞼下垂のサインかもしれません。

眼瞼下垂は早期に発見することで、負担を少なく治療のできる病気です。

大きく分けてふたつある眼瞼下垂の治療法を紹介します。

眼瞼下垂とは

パソコンの前で女性が疲れている

眼瞼下垂とは「正面を向いたときにまぶたが垂れ下がり、瞳孔に覆い被さった状態」のこと。

コンタクトレンズの長期間の使用や、パソコンを長時間見つめることなどが原因で起こる目の病気です。

初めは二重の幅が変わったり、左右の目の大きさが変わったりなどといった外見上の変化があらわれます。さらに症状が悪化すると頭痛や肩こり、不眠症を引き起こすことも。

眼瞼下垂の進行度合いには程度がある

眼瞼下垂の進行度合いは、

  • 軽度:上まぶたのふちが角膜と瞳孔の間に架かっている程度
  • 中等度:瞳孔の上半分にかかっている程度
  • 強度:瞳孔の下半分までかかっている程度

の3段階の程度で分けられています。

そして進行度合いによって治療法が変わるんです。

眼瞼下垂の治療

医師がカルテを持っている

眼瞼下垂の治療は、

  • 切開式
  • 埋没式

の2パターンに分けられます。

1.切開式

眼瞼下垂の治療として一般的なのが切開式です。また、切開式は先天性の眼瞼下垂や、重症な場合に用いられます。

また、切開式にはさらに3つの種類が。

①眼瞼挙筋腱膜前転術(がんけんきょきんけんまくぜんてんじゅつ)

眼瞼挙筋腱膜前転術は、まぶたの周りの脂肪をつつむ膜をはがして、上まぶたの軟骨のような板状組織に固定する方法。

簡単に言うと、まぶたを切開して、ゆるんでいる筋肉を縫合することで、まぶたを持ち上げるということです。

②眼瞼挙筋短縮術(がんけんきょきんたんしゅくじゅつ)

眼瞼挙筋短縮術まぶたの裏側にある薄い膜から、まぶたを持ち上げる基本的な筋肉である挙筋腱膜とミュラー筋をまとめてはがし、上まぶたの板状組織に固定する方法。

手順は①眼瞼挙筋腱膜前転術とほとんど同じですが、ゆるみをなおすために使う部位が異なります。

  • ③前頭筋つりあげ術*

前頭筋つり上げ術は、眉毛を動かす筋肉である前頭筋とまぶたをつなぎ、眉毛を持ち上げることでまぶたが開くようにする方法。

特殊な糸を使うこともありますが、太ももの外側やこめかみの筋膜を使ってつり上げることが多いため、「筋膜つり上げ術」とも呼ばれます。

2.埋没式

埋没式は軽度から中度の症状の場合に行うことができる治療法。

切開してまぶたの筋肉を短縮するのではなく、まぶたから針をさして、縫い縮めることでまぶたが持ち上がるようにする方法です。

切開式と埋没式のメリット、デメリット

笑顔としかめっつらのイラストが並んでいる

眼瞼下垂の治療方法、切開式と埋没式にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

切開式のメリットとデメリット

切開式のメリットは、切開するラインを新しい二重のラインにできることと、まぶたの内部を見ながら施術するので失敗が少ないことがあげられます。

デメリットは、一ヶ月ほど目の腫れが続き、完全に回復するまでに数ヶ月かかること。また、一時的な内出血の可能性があることです。

埋没式のメリットとデメリット

一方埋没式のメリットは皮膚を切らないので負担が少なく、内出血や腫れの可能性が低いこと。傷跡も目立たない程度におさまります。

デメリットはまぶたが上がりすぎてしまったり、または上がりきらなかったり、左右差があったりと再手術の可能性があること。また、まぶたの中の違和感や異物感が長続きし、結膜炎などを併発する恐れがあります。

負担は少ないものの失敗したときのリスクが大きいので、切開式で治療を行うのが無難であるという医師の意見も多いようです。

まずは医師に相談を

女性が医師を話している

眼瞼下垂は、放っておくとどんどん症状が悪化し、日常生活に支障をきたす病気です。

眼瞼下垂の治療法は、施設によって異なりますが、いずれにせよ早期に発見することで負担を少なくして治療することができます。

目はかけがえのない大切な器官。だからこそ、些細な異変を軽視せず、早めに医師に相談しましょう。

眼瞼下垂解消 切開法の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川美容外科 275,920円
タウン形成外科クリニック 400,000円
もとび美容外科クリニック 448,000円
聖心美容クリニック 480,000円
東京美容外科 550,000円

※費用は税抜表示です。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

眼瞼下垂の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック

大阪梅田院JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45501 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ