NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年09月21日 更新 | 1,137 views

色素沈着は早めのケアが肝心!クリニックで受けられる治療法とは

色素沈着は、放置するとシミとして定着してしまう恐れがあるので、早めの治療がおすすめです。色素沈着をクリニックで治療する場合、ケミカルピーリングやイオン導入など、さまざまな治療法が受けられます。それぞれの特徴を知り、自分に合った治療法を選びましょう。

「目のまわりや小鼻の横、首筋の色合いが部分的に変わってしまった」

「ビキニライン(股の部分)や脇の下が黒ずんでいて洗っても落ちない」――。

それらの症状は「色素沈着」かもしれません。

色素沈着は放置すると黒ずみが定着してしまう危険性があるので、そうなる前に治療するのが大切です。

色素沈着はセルフケアも可能ですが、 おすすめはクリニックでの治療。

今回は、色素沈着のクリニックでの治療方法について詳しく紹介します。

色素沈着とは?

女性がメモをとっている画像

治療やケアをする際に大切なことは、症状について正しく理解することです。色素沈着の症状について、詳しく見ていきましょう。

色素沈着の症状

色素沈着とは、 外部からの刺激により皮膚が炎症を起こし、肌色が茶色になったり、黒ずんだりする症状をいいます。

外部の刺激というのは、例えば、洗顔やクレンジング、アイメイクを落とす際のこすりすぎ、アトピー性皮膚炎でかゆいところを掻きむしってしまうといったことが当てはまります。

色素沈着の見分け方。シミやくすみとの違いは?

シミやくすみも色素が沈着した症状ですが、一般的には次のように区別されているといってよいでしょう。

色素沈着

肌のこすりすぎや掻きすぎ、あるいは触りすぎによる人為的な刺激で炎症を起こし、部分的に肌色が変わってしまった状態。

シミ

紫外線の影響で、部分的に肌色が変わってしまった状態。

くすみ

肌のツヤやハリが失われ、顔が全体的によどんだ色合いになっている状態。

色素沈着が起きるメカニズム

女性が肌をケアしている画像

続いて、色素沈着が起きるメカニズムをチェックしてみましょう。

こする、掻くなど、人為的な刺激を受けた肌は炎症を起こし、シミやそばかすの原因として知られるメラニンを生成します。

このメラニンは、ターンオーバー(肌が生まれ変わること)が正常に機能していれば、少しずつ皮膚の外側に押し出され、古い角質となってはがれ落ちていくもの。

ところが、炎症が起きた肌は、水分が不足して乾燥してしまいます。すると、 ターンオーバーに乱れが生じ、メラニンが排出されず肌に残ることで色素沈着が起こるのです。

色素沈着は放置せずに治療を!

色素沈着を放置すると、シミとして定着してしまう危険性があります。

シミになってしまうと治療も難しくなるので、その前にケアをすることが大切です。

ケアは自分ですることももちろんできますが、効果を実感するにはかなりの努力と時間が必要。途中で面倒になってしまうこともあるでしょう。

そこで選択肢のひとつとしておすすめしたいのが、 クリニックでの治療です。プロに任せれば、確実に早い効果が得られることでしょう。

クリニックで受けられる色素沈着の治療法をチェックしてみましょう。

クリニックで受けられる色素沈着の治療法

女性が顔に手を当てている画像

色素沈着の治療には、さまざまな方法があります。

基本的には医師のカウンセリングを受けて最適な治療法を提案してもらうのが良いですが、どんな方法があるかを一通り確認しておきましょう。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、グリコール酸、サルチル酸など、酸性の薬剤を肌に塗り、 化学的に古い角質を取り除く治療法です。

ケミカルピーリングによって得られる効果は、使用する薬剤によって異なります。例えば、ケミカルピーリングでよく使われるグリコール酸であれば、肌のターンオーバーを促し、メラニンを抑制する効果が望めます。

事前のカウンセリングで、自分に合った薬剤を選んでもらうとよいでしょう。

メリットとデメリット

<メリット>

  • 肌への負担が少ないので安心して受けられる
  • ダウンタイムを気にしなくてすむ

<デメリット>

  • 1回の施術では効果が見られないことがある

治療について

  • 所要時間……30分~60分程度
  • ダウンタイム……ほとんどない
  • 費用……顔全体で1回につき6,000円~12,000円程度が目安

ケミカルピーリングの効果を実感するためには、 2~3週間に1回の割合で複数回の治療が必要とされています。

また、良い肌の状態を保つためには、その後も4週間~6週間ごとに治療をすることが推奨されています。

イオン導入

ごく弱い電流を皮膚に流し、美白効果のあるプラセンタやビタミンC、メラニンの生成を抑制するトラネキサム酸など、肌に効果的な成分を皮膚の奥深くまで浸透させる治療法がイオン導入です。

新陳代謝を促す効果もあるので、ケミカルピーリングと組み合わせると、さらに効果が上がるようです。

メリットとデメリット

<メリット>

  • クリニックならではの高濃度の美容成分、高性能の機器で治療ができる
  • ダウンタイムを気にしなくてすむので気軽に治療できる

<デメリット>

  • 複数回の施術を必要とするため通院が必要となる
  • 複数回の施術を必要とするため費用がかかる
  • だれにでも効果が出るとは言い難い面がある

治療について

  • 所用時間……20分~30分程度
  • ダウンタイム……ほとんどない
  • 費用……導入する成分によって異なるが1回につき10,000円~20,000円程度が目安

イオン導入の効果を実感するためには 週に1回~2回の施術を1か月ほど受けることが必要なようです。また、浸透させる成分が肌の状態に合っていないと効果を感じにくくなってしまいます。

治療が受けられない可能性のある人

次に該当する人は、イオン導入は受けられないことがあるようです。事前に医師とよく相談をしましょう。

  • 妊娠している人、妊娠の可能性がある人
  • ペースメーカーを入れている人
  • 骨の固定などで金属が体内に入っている人
  • 直前にレーザー治療を受けている人

レーザートーニング

顔にレーザーを当てている女性の画像

レーザートーニングは「メドライトC6」という機器に専用で備わっている照射モードのこと。 低出力のレーザーを肌に当て、メラニンを少しずつ減らして症状の改善を図ります。

色素沈着の治療は、従来のシミ専用のレーザーでは難しいとされてきました。なぜなら、パワーが強すぎてメラニンが活性化し、かえって悪化させる恐れがあるためです。

しかし、低い出力で照射するレーザートーニングは、メラニンを活性化させる心配がありません。

また、出力は低くても均一に照射することができるため、効果は確実といわれています。

メリットとデメリット

<メリット>

  • 低出力なので肌への負担が少なくてすむ
  • 1回当たりの治療時間が短いので施術を受けやすい

<デメリット>

  • 複数回の施術を必要とするため通院が必要となる
  • 複数回の施術を必要とするため費用がかかる

治療について

  • 所用時間……10分~30分程度
  • ダウンタイム……ほとんどない/赤みが残ったとしても数時間~1日程度で解消
  • 費用……色素沈着している部位の大きさにより異なるが1回につき5,000円~20,000円程度が目安

レーザートーニングの効果を実感するためには、 週に1回程度の施術を6回~10回程度受けることが目安となるようです。また、服薬をする場合は、別途費用が必要となります。

治療が受けられない可能性のある人

次に該当する人は、レーザートーニングは受けられないことがあるようです。事前に医師とよく相談をしましょう。

  • 妊娠している人、妊娠の可能性がある人
  • ペースメーカーを入れている人
  • 糖尿病や心臓疾患など、慢性疾患のある人
  • 日焼けの度合いの強い人
  • 骨などに金属を埋め込んでいる人

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは 周囲の皮膚にダメージを与えず、病変を治療することができる機器です。

メラニンへの吸収率が高く、コラーゲンやヘモグロビンへの吸収率が低いので、メラニンだけを効果的に破壊し、周辺の皮膚や血管には損傷を与えずに済みます。

メリットとデメリット

<メリット>

  • 1回でも効果を実感しやすい
  • 周りの肌や組織にダメージがない

<デメリット>

  • 1週間~10日ほど照射部位に顔にテープを貼っておかなければならない
  • 治療後のアフターケアをきちんとする必要がある
  • 一時的に色素沈着が濃くなることがある

治療について

  • 所用時間……5分~10分程度
  • ダウンタイム……1週間~10日
  • 費用……色素沈着している部位の大きさなどクリニックにより異なるが1回につき5,000円~20,000円程度が目安

効果の出方には個人差があります。1回の治療では効果が感じられず、複数回の治療を要するケースも意外と多いようなので、胸に留めておきましょう。

治療が受けられない可能性のある人

次に該当する人は、Qスイッチルビーレーザーは受けられないことがあるようです。事前に医師とよく相談をしましょう。

  • 妊娠している人、妊娠の可能性がある人
  • ペースメーカーを入れている人
  • 糖尿病や心臓疾患など、慢性疾患のある人
  • 日焼けの度合いの強い人
  • 骨などに金属を埋め込んでいる人
  • 肝斑がある人

ダイオードレーザー

女性が脚にレーザーを当てている画像

ダイオードレーザーは半導体を使ったレーザーで、出力を自在に変えられるのが特徴です。

治療する症状に合わせた出力での治療が可能で、腫れや炎症、傷痕の治療に優れた効果を発揮するほか、 血行の改善や新陳代謝の活性化、自己治癒力を高める効果もあります。

レーザーは病変だけに反応するため、周囲の組織へのダメージがなく、安全な治療ができるといわれています。

メリットとデメリット

<メリット>

  • 照射時の痛みがほとんどない
  • 周りの肌へのダメージがない
  • 1回で効果を実感できることもある

<デメリット>

  • しっかりとした効果を得るためには複数回の治療が必要な場合もある

治療について

  • 所用時間……5分~15分程度
  • ダウンタイム……ほとんどない
  • 費用……色素沈着している部位の大きさなどクリニックにより異なるが1回につき5,000円~50,000円程度かかる場合も

ダイオードレーザーの費用は、クリニックによってかなり差があるようです。そのため事前の確認を忘れないようにしましょう。

治療が受けられない可能性のある人

次に該当する人は、ダイオードレーザーは受けられないことがあるようです。事前に医師とよく相談をしましょう。

  • 妊娠している人、妊娠の可能性がある人
  • ペースメーカーを入れている人
  • 糖尿病や心臓疾患など、慢性疾患のある人
  • 日焼けの度合いの強い人
  • 骨などに金属を埋め込んでいる人
  • 肝斑がある人

フォトシルクプラス

フォトシルクプラスは、最新式の光による美肌治療機器です。

同じ光治療器であるフォトフェイシャルよりも高いメラニンの分解能力を持ち、色素沈着の治療に効果を発揮するほか、 シワや肌質、毛穴の改善など、トータルな美肌治療が可能といわれています。

火傷などの危険性が少なく、治療後すぐにメイクも可能とされています。

メリットとデメリット

<メリット>

  • トータルでの美肌治療ができる
  • 火傷の心配がなく安全
  • 痛みがほとんどない

<デメリット>

  • しっかりとした効果を得るためには複数回の治療が必要な場合もある
  • 一時的に色素沈着が濃くなることがある
  • かさぶたができる場合がある

治療について

  • 所用時間……15分~20分程度
  • ダウンタイム……ほとんどない
  • 費用……顔全体で1回につき40,000円~60,000円が目安

フォトシルクプラスは最新式の治療法ということもあり、費用が高めとなっています。治療は 3週間に1回ずつ合計6回程度が望ましいとされているので、治療前にトータルの金額を確認するとよいでしょう。

治療が受けられない可能性のある人

次に該当する人は、フォトシルクプラスは受けられないことがあるようです。事前に医師とよく相談をしましょう。

  • 妊娠している人、妊娠の可能性がある人
  • 肌が光過敏症の人
  • 光の刺激で発作を起こす可能性のある人
  • ペースメーカーを入れている人
  • 糖尿病や心臓疾患など、慢性疾患のある人
  • 日焼けの度合いの強い人
  • 骨などに金属を埋め込んでいる人
  • 肝斑がある人

気になる色素沈着はクリニックで早めの治療を!

女性が寝そべっている画像

色素沈着の治療には、さまざまな方法があります。肌質やライフスタイルなどから、自分にあった方法を探してみてください。

早く治療を開始すれば、それだけ早く色素沈着のないきれいな肌を手に入れることができます。 明るくきれいな肌は、きっと毎日の生活も明るく楽しくしてくれるはずです。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川美容外科

シミ・肝斑

詳しく見る

全国

シロノクリニック

シミ・そばかす

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44101 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ