NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年08月18日 更新 | 1,558 views

オレンジ色の色素が美肌に効く!にんじんを1日1本食べよう

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美が監修しています。

にんじんのオレンジ色の色素である、「βカロテン」は、強い抗酸化作用があり、シミやしわを予防する成分。また、にんじんには、食物繊維やカリウムなど美肌作りをサポートする栄養素が豊富に含まれています。おすすめな調理法は、油を使う炒め物です。美肌作りのために、1日1本食べるようにしましょう。

オレンジ色で細長いのが特徴である、にんじん

実は、毎日食べることで、美肌に欠かせない栄養素が補給できることを知っていましたか?

にんじんのおすすめの摂り方や、美肌効果のある成分を紹介します。

美肌効果バツグン!にんじんの栄養

にんじんには、美肌作りに欠かせない栄養素が豊富に含まれており、毎日食べることで、美肌に近づくことができるかもしれません。

それぞれの栄養素がどのような効果をもたらすのか見ていきましょう。

美肌成分1:抗酸化作用のあるβカロテン

にんじんの写真

体内で作られた活性酸素は、体をどんどん酸化(老化)させてしまうだけでなく、シミやしわの原因にもなります。

この活性酸素をいかに除去するかが、美肌作りのポイント。

にんじんのオレンジ色の色素成分であるβカロテンは、強い抗酸化力があり、体内の活性酸素を除去してくれるため、体が酸化されるのを防ぎ、シミやしわなどの肌トラブルを予防します。

また、βカロテンは、体内で必要なぶんだけビタミンAに変換されるので、「プロビタミンA」と呼ばれることも。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を保護するはたらきがあり、美肌に欠かせない栄養素のひとつです。

サプリメントでのビタミンAの摂取は、過剰症が心配ですが、にんじん由来のβカロテンを摂取していれば、必要なときに必要なぶんだけ、体内でビタミンAに変換されるので安心でしょう。

美肌成分2:むくみ改善のカリウム

女性の写真

カリウムは、体内の水分バランスを整え、むくみを改善するはたらきがあります。

夕方になると、顔や脚がむくみやすいという人は、日頃からカリウムを積極的に摂取することで、予防できるでしょう。

美肌成分3:血行促進のクマリン

血行が良くないと、顔色が悪くなったり、くすみやすくなったりする可能性があります。

にんじんの香り成分の一種であるクマリンには、血行を促進するはたらきがあり、これらの症状を改善してくれるかもしれません。

美肌成分4:食物繊維で便秘を予防

にんじんの写真

「肌は腸を映す鏡」という言葉を知っているでしょうか?

それほど腸と肌は密接に関係していて、腸の中が荒れていると、肌も荒れやすくなります。

急にニキビや吹き出物ができたりするのは、腸の中が荒れていることも原因のひとつ。

逆をいうと、腸をきれいにすることで、肌の状態が改善され、美肌を作れるということです。

食物繊維は、野菜や果物、キノコ、海藻などに含まれますが、野菜のなかでもにんじんといった根菜類に多く含まれており、積極的に摂取してみてくださいね。

にんじんの栄養を丸ごといただく調理法

美肌作りに欠かせないにんじんの栄養を丸ごと摂取するために、調理法を工夫してみましょう。

にんじんは油との相性が良い

料理の写真

にんじんに含まれるβカロテンは、油との相性が良く、油で炒める料理が効果的な調理法です。

また、にんじんの葉にも、βカロテンを始めとした多くの栄養素が含まれており、いっしょに炒めて食べることをおすすめします。

サラダで生のままにんじんを食べる場合には、ノンオイルドレッシングではなく、オイルが入っているドレッシングやオリーブオイルなどと食べると効果的でしょう。

皮はむかなくてもOK

女性の写真

にんじんは、きれいに洗われてから店頭に並びますが、洗われるときに、外側の薄い皮が剥がされています。

実は、普段「皮」だと思ってむいているのは、本来の皮ではないことが多く、皮をむかなくても食べられるのです。

そして、外側ほど栄養成分が豊富なので、丸ごと食べたほうがにんじんの栄養成分をそのまま摂ることができると考えられています。

美肌のために1日1本のにんじんを

にんじんの写真

美肌作りのためには、にんじんを1日1本食べることをおすすめします。

にんじんは、どんな調理法や味付けとも合いますし、ほかの野菜や果物とミキサーにかけてスムージーにしても良いでしょう。

特に、夏は紫外線が強く、体内での活性酸素が増える時期。

ですので、日焼け止めや日傘など外からのケアだけでなく、にんじんを毎日食べて、内側からも抗酸化作用を高め、美肌作りをサポートしましょう。

にんじんでシミやしわのない美肌に

女性の写真

にんじんを毎日食べて、シミやしわの発生を予防し、美肌づくりに取り組みましょう。

インナーケアにより、体の内側から輝くような肌を手にいれられるはずです。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ