NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年07月16日 更新 | 5,607 views

ヤセスイッチオン! 朝ヨーグルトを食べるメリット3つ

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美が監修しています。

ダイエット食品としてよく名前の挙がるヨーグルト。せっかく食べるなら、効果的な時間に食べてダイエットしたい! それなら、朝ヨーグルトがおすすめです。朝ヨーグルトを食べると健康的にやせることができます。

朝食べるべきか、夜食べるべきか、それが問題だ......。

今、ヨーグルトを「いつ食べるのがいいか」が話題となっています。

一般的には夜食べるのが美容にいいといわれていますが、ダイエット効果がほしいなら断然朝ヨーグルトが効果的!

実は朝ごはんは、ヤセやすい身体をつくるのにとても重要なんです。

1. ダイエット効果のある成分がたっぷり

ヨーグルト

ヨーグルトのダイエット効果でもっとも大きいのは整腸作用。そしてほかにもさまざまなダイエット効果があるんです。

乳酸菌などの菌類

ヨーグルトには、お腹の調子を整える乳酸菌が豊富に含まれています。さらに、種類によってそれぞれ種類の異なる菌も。

乳酸菌をはじめとするさまざまな菌が、腸にはたらきかけおなかの調子を整えてくれます。

それにより、体内の老廃物がスムーズに排出されるのでダイエットに効果的です。

たんぱく質

ダイエットを始めると一番最初に減らしがちなのがお肉の量。すると、たんぱく質が不足してしまうことも。

たんぱく質は筋肉やさまざまなホルモン、脳内伝達物質の原料になっているので、不足すると代謝が悪くなったり、ホルモンバランスが崩れてむくみやすくなったり、体調不良をおこしたりしてダイエット成功を妨げる一因になります。

また、たんぱく質は満腹感を左右する栄養素なので、不足するとなかなか満腹感を得られません。空腹感を我慢しなければならいダイエットでは継続するのは難しいもの。

ヨーグルトにはこのたんぱく質が発酵により吸収しやすい物質で含まれているので、空腹感をあまり感じずにダイエットを続けていくことができます。

ビタミンB2

ヨーグルトには脂質をエネルギーに変えてくれるビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンB2はダイエット中、積極的に摂りたいビタミンのひとつです。

カルシウム

カルシウムはイライラを鎮めて、ダイエット中にストレスで食べ過ぎてしまうのを防いでくれます。

さらに、脂肪の吸収を防ぎ、排出してくれる効果があるんです。

ヨーグルトには、カルシウムとリンが身体に吸収されやすい割合で含まれているので、効率よくカルシウムが摂取できます。

ヨーグルトにはやせるのに効果的な成分がたっぷり含まれています。整腸作用はもちろん、脂肪を代謝したり排出したり、さまざまな面からダイエットにアプローチすることができます。

2. 朝ヨーグルトが一番整腸作用がみこめる

伸びをする女性

ヨーグルトに含まれる菌は胃酸で死んでしまうので、食後の胃酸が薄まったときに食べるのが効果的、という話をよく聞きます。

とはいえ死んでしまった菌にも、腸の善玉菌を増やすはたらきがあるので、ヨーグルトの整腸作用はいつ食べても期待できます。

となると、忙しくてなかなかトイレにいけない昼よりも、大抵の人にとって排泄の習慣のある朝がタイミングとしては一番いいのです。

3. 手軽に朝ごはんを食べられる

ヨーグルトを食べながら本を読む女性

朝は忙しくて、ついつい朝ごはんを抜きがちです。

またダイエット中は食べる量を減らすことだけに注目して、朝ごはんを抜いてしまうことも……。

でも実は、朝ごはんには1日のヤセスイッチをオンにする重要な役割があるんです! ヨーグルトなら、朝ごはんとして手軽に食べることができます。

体温が上がり、代謝が上がる

眠っている間は体温が低下するので、朝起きたときは低体温の状態に。すると、代謝も落ちてしまっています。

朝ごはんをしっかり食べることによって、体温が上がるので代謝を上げることができ、1日の消費カロリーを増やすことができるんです。

朝食ごはんを抜くと次の食事で脂肪をためこんでしまう

人の身体は空腹時間が長ければ長いほど、体脂肪をため込みやすくなってしまいます。また、食事を抜くと、次の食事で血糖値を急激に上げてしまうので、太りやすい体質に。

朝ごはんを抜いた日はなんとなく午前中がだるい……というのは体温が上がりきっていないためだったんですね。

また、朝おなかが空いてなくて朝ごはんが食べられない……というのは前日の夜に食べすぎな証拠。夜の食生活も見直す基準でもあります。

朝ヨーグルトならホットがおすすめ

フルーツとヨーグルト

ヨーグルトは温めて食べると乳酸菌のはたらきがよくなり、カルシウムの吸収率が上がります。

さらに体温の下がった身体を内蔵から温めてくれるので、代謝が上がって一石二鳥です。

60度以上の温度になると乳酸菌が死んでしまうので、少しぬるいかな、と感じるくらいの人肌に温めます。レンジで30秒~1分以下がちょうどいいです。

デザート系レシピ

バナナ、グラノーラやシリアルのトッピングがおすすめ甘味はオリゴ糖やはちみつや黒糖、きな粉などでつけましょう。

おかず系レシピ

オリーブオイルと塩コショウで味付けするとおいしいです。またトマトジュースなどを加えてスープ感覚でも食べられます。

これなら簡単だし、忙しい朝でも手軽に作れそうですね。加える調味料も、オリゴ糖やオリーブオイルなどおなかの調子を整えるものにすればさらにダイエット効果が見込めます。

おいしく健康的にダイエット

小走りをする女性

朝ヨーグルトダイエットは、健康的にやせられるダイエットです。

ヨーグルトは世界五大健康食品のひとつにも選ばれているほど、栄養価の高い食べ物。

朝ごはんを毎日きちんと食べるという習慣が、実は健康を維持するうえで大切な要素。

朝ヨーグルトダイエットで、身体の内側からキレイを目指しましょう。

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ