2017年02月23日 更新 | 6,369 views

寝ているだけで部分痩せが期待できる!?ヴァンキッシュの仕組みと効果

痛みやダウンタイムもほとんどなく、部分痩せを可能にするとされるヴァンキッシュ。体に触れることなく高周波エネルギーを照射して、脂肪細胞のみを溶解します。1回で2cm、4回で5~10cm程度のサイズダウンができるかもしれません。しかし、施術を受けたからと油断して暴飲暴食をすると、効果が現れていないように感じることも。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

ヴァンキッシュとは、機器がまったく体に触れないのに脂肪を死滅させて痩身を実現するとされる、世界初の非接触セレクティブRF(高周波)システムによる温熱式の脂肪溶解マシーンのことです。

施術中に少し温かみを感じるだけで、寝てしまうほど心地良いのに効果を期待できるのがメリット。

メスも麻酔も必要なく、1回の施術で2cmものサイズダウンを望めるヴァンキッシュを紹介します。

ヴァンキッシュの効果と仕組み

お腹の写真

ヴァンキッシュは、どの部位にどのような効果をもたらすのでしょうか?

まずは、ヴァンキッシュの基本情報である「得られるとされる効果」から知っていきましょう。

ヴァンキッシュの効果

ヴァンキッシュは、腹部(前面・側面・背面)と太ももの痩身を行うことができるといわれています。

  • ぽっこりお腹をなんとかしたい
  • むちむちの太ももを引き締めたい

このような悩みを持つ人に、効果的だとされる施術。

一度で広範囲の部分痩せが期待でき、腹部は前面と側面(または背面と側面)を一度に照射するこが可能です。

週1回に30分の治療をおよそ4〜6回行うことで、腹部の場合、1回の施術で平均2~3cm、1か月4回で5~10cmのサイズダウンが期待できるでしょう(効果には個人差があります)。

ヴァンキッシュが効くとされる仕組み

女性の写真

ヴァンキッシュは機器が体に触れないのに、痩身効果を発揮するといわれています。その仕組みを見ていきましょう。

ヴァンキッシュは、1秒間に2,700万回の速さで+と-に入れ替わる多数の電極から、高周波エネルギーを照射します。

この高周波エネルギーは、体の表面から5~15mmにある脂肪細胞のみをピンポイントでとらえることが可能。

どうして脂肪細胞のみをとらえることができるかというと、電気抵抗の差を利用しているからです。

脂肪組織と皮膚や筋肉などの組織は、電気抵抗に差があります。その差を利用して、脂肪細胞のみを選択的に加熱しているのです。

狙った脂肪細胞を43~45℃で30分ほど加熱することで、脂肪細胞はアポトーシス(細胞の自然死)を起こします。

脂肪細胞を小さくするのではなく、脂肪細胞自体を溶解するので、リバウンドしづらいといえるでしょう。

溶解した脂肪細胞は、照射後2週間~1か月後に汗や尿などと一緒に体外へ排出

脂肪のみに選択的に熱を加える高周波なので、周辺の組織にダメージを与えることなく、脂肪細胞を溶解・排出することができます。

ヴァンキッシュを受けることができない人

手の写真

安全確保のため、以下に当てはまる人は施術を受けることができません。

  • 妊娠・授乳中。
  • 稼働中の体内埋め込み式の機器を持っている(ペースメーカー、除細動器、インシュリンポンプなど)。
  • 人工関節といった金属性インプラントがある。
  • 悪性腫瘍、心疾患など重篤な病気である。
  • 糖尿病で傷の治りが悪い、膠原病(こうげんびょう)である。
  • 感染症である。
  • 治療部位に外傷がある。

また、治療中は携帯電話やタブレットPCなど電子機器の使用はNG。

ヴァンキッシュの電磁波が機械に影響する可能性があるので、一切の金属類に触れることを避けるようにしましょう。

ヴァンキッシュのメリットとデメリット

女性の写真

ここで、ヴァンキッシュのメリットとデメリットをまとめてみたので参考にしてくださいね。

ヴァンキッシュのメリット

  • メスや麻酔を使用しない。
  • 痛みやダウンタイムがない。
  • 短時間で広範囲の施術が可能。
  • 脂肪細胞自体を溶解するので、リバウンドをすることが少ないとされる。
  • 引き締め効果も期待できるので、施術後にたるまないとされる。
  • 1回の施術でも効果を実感できるとされる。

ヴァンキッシュのデメリット

女性の写真
  • 吸引する施術に比べて、効果が現われるのに時間を要する。
  • 従来の痩身施術に比べて費用が割高。
  • 1回の施術でも効果は期待できるとされるが、より効果を出すために数回の施術をすすめられることも。
  • 対応している部位が少ない。

すぐに効果を実感しにくいというデメリットはありますが、無痛でダウンタイムもほとんどないのに効果を実感できるのであれば、痛みが心配な人にとっては魅力的ですね。

ヴァンキッシュの施術の流れ

医師の写真

ヴァンキッシュを受ける際に気になるのは、施術の流れやダウンタイム、費用などを紹介します。

施術の流れ

1:カウンセリング

まずはカウンセリングを受けましょう。施術する部位や、仕上がりのバランスなど希望をしっかりと伝えてOK。

医師から施術中の注意事項や、施術後どれほど細くなるかなど、さまざまな説明があります。

気になることは遠慮することなく聞いておくのが、失敗しないコツです。

2:施術

カウンセリングを終えたら、実際にヴァンキッシュを照射していきます。施術部位に正確に高周波エネルギーが照射されるよう、慎重に機器を配置。

施術にかかる時間は30分ほどでしょう。この間、温かさを感じて寝てしまう人もいるようです。

以上で施術は終了です。

なかには、カウンセリングに行った日に施術を受けられるクリニックもあるそう。施術後は痛みもないようで、すぐに歩いて帰ることができるとされています。

1回の施術の効果は、平均2~3cm程度なのだとか。

1回の施術でも効果を得ることができるといわれていますが、より効果を高めるために、通常は週1回30分の照射を4~6回繰り返して、5~10cmのサイズダウンを実現していくようです。

効果が実感できるまでの期間

カレンダーの写真

ヴァンキッシュは人間の代謝機能によって、脂肪を排出するもの。そのため、効果を実感するまでには時間を要します。

個人差はありますが、1回目の施術をしておよそ1か月後から効果が現れ始めるよう。

代謝を高めることで、溶解した脂肪の排出もスピーディーになるので、施術後は水分をしっかりと摂るようにしましょう。

リンパマッサージをするのも効果的なようです。

ダウンタイムの目安

女性の写真

痛みや腫れはないとされているので、周囲の目も気にならないでしょう。日常生活も通常通り可能だそうです。

施術部位に赤みが残ることがありますが、数時間で消えるとされています。しかし、ごくたまに内出血やむくみが起こる場合も。

また、そこまで脂肪がない場合は、筋膜近くに熱がかかることで、軽い筋肉痛のような感覚が数日残るかもしれません。

施術中の痛みの目安

お腹の写真

施術中に痛みを感じることはないとされています。照射中の皮膚表面温度は39~42℃なので、じんわり温かく感じる程度。

痛みをほとんど感じないのに痩身効果が期待できるのは、とても嬉しいことですね。

費用相場

お金の写真

自由診療のため、クリニックによって費用は異なります。1回の施術で1部位3~7万円ほどが相場に。

クリニックによっては、回数を重ねるごとに施術料が割引されたり、回数のパック料金を設定したりしているところも。

自分が通おうと考えているクリニックは、どのように費用を設定しているのかを調べてからカウンセリングに行きましょう。

ヴァンキッシュの失敗例

女性の写真

ヴァンキッシュの効果には個人差があり、効果を感じられないことがあるかもしれません。

しかし、施術は成功していたのに、不摂生で太ってしまい、効果を実感できなかった可能性もあります。

施術をしたことに満足せず、より効果を高めるように努力することが、失敗だと感じない方法でしょう。

ヴァンキッシュの症例写真が見られるサイト

医師の写真

ヴァンキッシュを受ける前に症例写真を見ておくと、施術後の自分の姿を想像する際の参考になるかと考えられます。

そこで、ヴァンキッシュの症例写真が見られるサイトを3つ紹介します。

高須クリニック

2枚の症例写真を見ることができます。

ヴァンキッシュの説明もくわしくされているので、一度目をとおしておくといいかもしれません。

ペルラクリニック神宮前

部位別に多くの症例写真を見ることができます。

何回の施術でどれほどの効果があったかが数値として示されているので、分かりやすく丁寧です。

松田知子皮膚科医院

ウエストの症例写真のみですが、施術前後の体重・BMI・ウエストサイズがそれぞれ記載されています。

2016年4月現在、最新機種であるヴァンキッシュMEを使用している皮膚科です。

ヴァンキッシュを施術した後の生活が重要!

お腹の写真

せっかくヴァンキッシュを施術したのなら、より高い効果を期待したいもの。そのためにも、施術後の生活を気をつけて送りましょう。

ヴァンキッシュはリバウンドしづらい仕組みにはなっていますが、暴飲暴食をしたり、だらだらした生活を送ったりしていては意味がありません。

施術後は代謝を高めるためにも、水分をしっかりと摂る、リンパマッサージをする、適度な運動をするなど、自分にできることを見つけて心がけるようにしてみてください。

科学的に効果が認められている手軽に受けられれる優れた痩身治療です。
しかし、腹部に5回治療を受けて12人中2人が腹囲が減少しなかったという文献もあります。
そのため、効果には個人差あるといえるでしょう。
カウンセリング時に、何回くらいでどの程度効果が期待できるか事前に医師に確認しましょう。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー