NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年08月25日 更新 | 1,413 views

活性化して整える!ビタミンB1で作る「スッキリ美肌」

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変化させるのがおもな役割で、これにより肌のターンオーバーを助け肌荒れを予防し、美肌づくりをサポートします。さらに、間接的にストレス緩和にも役立ちます。ビタミンB1は熱に弱いため、枝豆などの豆類で摂ると良いでしょう。

高糖質食の食生活の人が多いといわれる現在の日本。特に10代・20代を中心に多く、30代にもなると肌荒れで悩む人も出てきます。

その原因は、ビタミン不足からきている可能性が高いとも。また、疲れやすさやむくみやすい体質も関係しているといわれています。

では、ビタミンB1は、どのように体に作用しているのでしょうか?

美肌のポイントは正常な「ターンオーバー」

肌荒れしている女性

ビタミンB1の基本のはたらきは、体内に入ってきた糖質をエネルギーとしてどんどん使いやすくすること。これにより細胞が活力を得られます。

肌の細胞もエネルギーを得ることで、肌のターンオーバーを正常に行うことができ、いきいきとした美肌の礎をつくることができます。

肌荒れ予防にビタミンB1が良い理由

肌荒れの予防には、糖質をエネルギーとして消費することが重要。

肌のターンオーバーが正常に行われないと古い角質が溜まり、さらに汗や皮脂によって老廃物や汚れが蓄積します。

さらに、空気による酸化や空気中の菌の付着、増殖によっても肌荒れが起こります。しかし、肌のターンオーバーが正常であれば、汗や皮脂を弾くバリア機能が正常にはたらくため、肌が大きなダメージを負うことはありません。

また、ビタミンB1は空気の酸化や菌の栄養になることは少ない、といった特徴もあります。

栄養不足によって美肌が遠のくことに

肌荒れに悩む女性

神経細胞にも糖質が必要で、栄養不足になると末梢神経の働きが鈍くなり、もっとも影響を受けるのが「肌」

末梢神経のはたらきが鈍くなると、毛細血管の縮小から肌細胞の活動量が落ちて肌への栄養が届きにくくなります。さらに、肌のターンオーバーの周期も乱れてしまい、肌荒れの原因に。

また古い肌は透明感やハリがなく、全体的にくすんで暗く見えてしまうことも。早めにビタミンB1を補給しなければ、美肌が遠のいてしまいます。

ストレス解消が美肌につながる

ビタミンB1によって糖質が神経細胞のエネルギーになるので、神経伝達がスムーズに。これは、イライラを解消することにもつながります。

精神的なストレスの原因のひとつは、 神経伝達の滞り。これを解消することで、ストレスが軽減できます。これにより、抗ストレスホルモンであるコルチゾールに使われるビタミンCの節約にも役立ちます。

また、ビタミンCは水溶性のビタミンで、体内の至るところで活性酸素の除去のためにはたらき、肌を酸化から守ります。

くすみ・シミ・ニキビ……美肌を目指すならむくみの解消を

肌荒れに悩む女性

細胞へのエネルギーを生み出すのに必要なビタミンB1。生まれたエネルギーは、肝臓でも使われます。

肝臓は血中タンパク質のアルブミンを合成しており、これにより血液の浸透圧を維持しています。

ビタミンB1が不足すると、糖質からエネルギーをうまく生み出せず、肝臓が正常にはたらかなくなることも。そして、アルブミン不足になり、血液の浸透圧が維持できなくなるのです。

そうなると、血管壁から細胞外に水がしみ出てむくみの原因に。むくみは水の代謝を邪魔し、栄養の循環も悪くしてしまうので、肌荒れの原因となります。

また、むくみが進むと、くすみ・シミ・しわ・ニキビ・吹き出物など、さまざまな肌トラブルを引き起こすことに。美肌のためにも、早めに解消しておきましょう。

ビタミンB1は水に溶けやすく熱にも弱い

ビタミンB1は水溶性のビタミン。つまり水に溶けやすいため、食べて摂取したくても調理の段階で失われやすいのです

「煮る・焼く・蒸す・揚げる」のどの調理でも水が関係しているので、どんどん失われていくことに……。

ビタミンB1はビタミンB群の中でもとくに熱に弱いため、高温で調理するほどその損失率は高くなり、最大で50%にもなります。

どのような食品からビタミンB1を摂れば美肌に近づく?

肌荒れをよくするための食べ物

ビタミンB1の含有量は、肉類では豚肉や内臓類に多く、魚介類ではウナギやフナやコイなどで摂ることができます。

しかし、調理によるビタミンB1の損失は大きく、魚介類の摂取は手軽でないとの理由から、もっともおすすめなのは豆・種実類。「大豆・枝豆・グリンピース」などがいいでしょう。なかでも、特に食べやすいのは枝豆

ビタミンB1が鞘(さや)に包まれた豆の中に含まれているので、損失が少ないうえに手軽に食べることができます。

また、食生活に新たに取り入れても余分なカロリーを増やしにくく、脂質も控えめで体への負担も少ないのが魅力的です。

自分が続けられる方法で、ビタミンB1での美肌づくりを

ビタミンB1を摂取できる食品として豆や種実類をおすすめしましたが、体質的に摂ることができない場合や、苦手な人もいるはず。

ビタミンB1はお肉・魚介・海藻・きのこ類などにも含まれるため、楽しく食べられるものにすると良いでしょう。

つらいと思ったり、苦手意識のあるものではモチベーションの維持が難しくなるので、ストレスなく続けられるものを選んで美肌づくりを楽しんでください。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45753 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ