NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1036記事

メルマガ登録

2016年08月15日 更新 | 2,601 views

「私がモテないのは、小さい胸のせい」そんな思いこみを解消してくれたのは[体験談]

私のコンプレックスは「膨らみのない胸」です。自覚はしていましたが、「無いものはしょうがない」と半ば諦めていました。それに、周りの環境が胸に対して寛容で、貧乳だからと言って悪口を言われる事もなく平穏な学生生活を送っていました。でも、大学に入学すると、制服から私服になり、これまで気にしなかった胸が無いという事実をさらに意識し始めます。

おどける女性出典:Weheartit

胸の大きさが女性としてどうしても、男性にもてる条件の一つになってしまう、と言うのは今も昭和の頃も変わりないように思われます。

正直思春期になっても膨らみの無い胸に悩む女の子は、決して少ないとは言えないでしょう、私もそうでした。

まあ私の場合問題は、自分が胸が小さいことに関して自覚があって無きが如くと言う感じで、結局後を長く引いてしまったのが一番の問題であったかもしれません。

中学生の頃

髪に花を挿した女性出典:Weheartit

当時でも早い子はもう、小学校の高学年でブラジャーが必要になってきていたので、中学生にもなるとそちら系の話が多くなるのは、特に女子校の場合仕方ないことですね。

何しろ男性がいないので、その手の話でも平気で出来てしまうわけなので、逆にコンプレックス持ってる人間には話にも入れずいささか辛い時期でもありました。

まあ胸の大きい子に言わせると、「邪魔」の一言でしたがそれでも、無い方から見ると邪魔だと言いつつも誇らしげに見えたのは被害妄想だったでしょうか。

ありがたいことに受験校だったので、胸の大きさがどうのこうのでいじめが起きたりとかはしませんでしたが、それでも早くブラジャーが必要になって欲しいと思ったものです。

親の方は呑気なもので、下着代がかからないのは結構なことだ、みたいな感じでした。

正直それはそれで、結構辛いものなのですが。

高校生の頃

川沿いにたたずむ女性出典:Weheartit

さすがにもう、ブラジャーは一応必需品と言うか、この年代では胸のあるなしに関わらず一応はレギュラーの下着のうちになっていましたが、何が悲しいかと言えばこれです。

アンダーバストをきっちり絞めていても、ある程度動いたりするとずり上がってきてしまうことでした、凹凸が無いので引っかからなかったんですよね。

胸を抑えたり揺れたりしないようにブラジャーを付けている、胸の豊かなクラスメートに反して、こっちは少しでも胸があるように見せかけるためにブラジャーしてたわけです。

これまたいささか、屈辱的ではあったもののそれでも男性の姿の無い女子高でしたので、冗談に「胸小さいね詰め物する?」みたいなことは言われたものの、また胸が小さいこと自体に対しての男性目線からの実感は無かったわけです。

まあそのおかげで、胸が大きすぎることに対するいじめも、小さすぎることに対するいじめも無かったのが幸いでした。

大学生の頃

スイカを食べる女性出典:Weheartit

さて大学に上がると共学です、世の中にこんなに男性って生息してたんだ、と女子高出身者は最初のうち思っただけで済んでいました。

まだ男女間の意識と言うのに、まるで目が行っていなかったからですね。

がしかし、制服から解放されて私服になると、体形と言うものがこれまでよりずっとはっきりと目に映ってくるもので、自分の胸の貧弱さにはっきりと気が付いたのはこの辺りでした。

胸がふっくらして、でもウエストはほっそりしたクラスメートの姿は、こちらとしてはとてもまぶしく映ったのです。

しかし当時は、豊胸手術などと言うものは無く、もしあったとしても「整形手術なんて普通の女の子のやる事ではない」と一蹴される時代でした。

加えてこちらもまた、そういった考え自体浮かばなかったと言うのも事実です。

当時クラスメートで一番仲の良かった子が、本当に豊かな胸をしていて

「でもさあこれ重いし、ブラの紐は食い込んでくるし、肩凝るのよ」と言ってくれましたので、

「ちょっと触らせて、私無いので感触が知りたい」などとキャアキャアやっていたものです。

正直な話、コンプレックスであることを認めたくないと言うより、気が付いていなかったのかもしれません。

自分なりの美意識はあったので

木に座る女性出典:Weheartit

胸が無い、身体に凹凸が無い

これは私自身の美意識からはちょっと許せないことでした、でも胸は大きくないしパッドを入れるのも詐欺みたいで嫌でした。

で思いついたのが、ウエストを細くすればいいじゃないかと言うこと、出っ張るところが出っ張っていないのなら、引っ込むべきところをもっと引っ込めてしまえと言う感じですね。

スカートのウエストをどんどん締め付けて行って、まるでコルセットのように使ったわけですが、一時ウエストが54cmまで締まりました。

体系としては満足でしたし、友人たちからも細いウエストを羨ましがられたので、その点は自慢できたのですがそれでもやはり、貧弱な胸に対するコンプレックスはしっかり根差していたのでした。

加えてこのウエスト締め付けの欠点は、お腹が出てしまうことです、それが悲しくて結局この手は大学卒業辺りで断念しました。

大学内でのカップル

カップルをハート越しに見た写真出典:Weheartit

大学時代は正直、専門の勉強が出来ることで浮かれていましたので、あまり彼氏が欲しいとか思っていなかったのですが。

それでも2年3年になってくると、次第にカップルが生まれてきました。

こう言っては何ですが、やはり胸の大きい子から彼氏をゲットしていったような気がします。

やはり男って胸の大きい子が好きなんだろうな、とかぼんやりと思ったものです。

でも無い胸を大きく出来る手段も無く、ゴーイングマイウエイを気取っていましたが、それまで授業後は一緒にコーヒー飲みに行ったりしていた女の子たちが、彼と一緒に帰っていくのを見るのは正直ちょっと悲しかったです。

胸がでかけりゃ彼氏が出来る、ってわけでもないやと自分を励ましていたのもこの頃からでした。

男の本音

シャネルのリュックを背負った女性出典:Weheartit

私はまあさっぱりした気性ではあったので、男友達はそこそこ多く彼らも気兼ねなく話せると言うことで、時には私がいても下ネタ話に走ったりもしてました。

仲間扱いは嬉しかったけど、女扱いはしてくれないのが残念だったと言うより、仕方ないかと言う気分でしたがある時喫茶店で。

「やっぱ女の子のふかっとした胸はいいよなあ」彼女もちが目を輝かせて言い、

「そんなにふかふかなのか?」と彼女無しが言い、

「ふかふかと言うよりもちもちじゃない?」と私が言い。

言った私には他意は無かったんですが、男2人が途端に決まり悪そうになって

「ごめん、お前いたんだ」と言われた時の方が傷つきました。

女扱いしないのなら、徹底的にやってよって感じでしたね、

いっそ「いやあ胸無いから忘れてたわ、お前女だったっけ」とでも言ってくれた方がずっと気持ち的に楽でした。

何故私が無い胸のもちもち感を知っていたか、ですか?

Eカップの友人の胸を、触らせてもらっていたからです。

Top image via Weheartit

written by ray-co

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45983 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ