NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年11月11日 更新 | 9,463 views

3つの原因別!ベタベタ脇汗を抑える方法まとめ

キルシェクリニック 院長 めかた啓介

この記事は、キルシェクリニック 院長 めかた啓介が監修しています。

脇汗をかく直接的な原因は体温の調節によるものですが、生活習慣、精神的ストレスのふたつも少なからず関係しているのだとか。本来汗は無臭ですが、偏った食生活や運動不足、精神的ストレスによって汗の量が増えたり、臭いが強くなったりします。

女性がストールを肩に軽くかけているようす出典:We♡it

夏は気温が高く、冬は空調が効きすぎてと、通年欠かすことができない脇汗対策。

汗ばんでくると、ニオイや汗じみが気になって、1日に何度も制汗剤を使用しないと不安……と悩む女性は多いもの。

また、人より多量に汗をかいたり、衣類に黄ばみができたりすると、「私っておかしいのかな?」と悩んでしまうことも少なくありません。

そこで今回は、脇汗をかく原因と原因別の脇汗を抑える方法についてくわしく見ていきましょう。

脇汗を増やしてしまう、ふたつの原因とは

汗は体温調節に不可欠なもの。なぜなら、人間は汗をかくことで体内の熱を発散させ、体温を一定に保っているからです。

また、汗を分泌するための器官「汗腺」は体中にありますが、脇の下には汗腺が集中しているため、汗をかきやすくなっています。

しかし、異常なほど脇汗が多い人は、もしかすると普段何気なく行っていることで汗の分泌を促してしまっているのかもしれません。

脇汗の原因1.「生活習慣」

人と比べて汗の量が多いと感じる人は、まず食生活、運動、入浴方法など、生活習慣を見直してみましょう。何気なく習慣にしていることで脇汗が多くなったり、ニオイが強くなったりする原因があるかもしれません。

脇汗の原因2.「精神的なストレス」

汗の主な働きは体温調節ですが、スピーチや面接など、緊張やストレスを感じた時にかく汗は、精神的な影響が原因で「精神性発汗」と呼びます。脇汗のほか、手のひらや足の裏など、局所的に汗をかくのが特徴です。

脇汗を多くかきやすい人の「生活習慣」3つ

生活習慣や健康状態は、汗の質やニオイに大きな影響を与えます。なかでも、汗をかきやすい生活習慣は次の3つです。

1.「偏った食生活」

肉類中心のメニューや、ファーストフードなどの高カロリーで高脂肪の食物は、体温が上昇しやすく汗腺を活発にする作用があります。また、肉類などの動物性タンパク質は、ワキガの原因になる汗腺「アポクリン腺」を刺激し、活発化させるといわれています。

2.「運動不足」

運動をせずに、1日中冷房の効いた部屋で過ごすような生活を続けていると、汗腺の機能が弱まり、ちょっとした温度変化で大量の汗をかいたり、ニオイの強い汗をかいたりします。

3.「冷え性」

低体温や冷え性によって体温が低下すると、防衛本能が働いて熱を発生させるので、手足は冷えているのに脇汗だけ多量にかきます。

「ストレス」による自律神経の乱れが脇汗の原因に

緊張による精神性発汗は誰にでもあるものですが、ちょっとしたことで緊張状態になりやすく、大量の汗をかいてしまう人は、自律神経のバランスが乱れている可能性があります。

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つがバランスをとりながら体のさまざまな機能を調整していますが、精神的ストレス状態が続くと、交感神経が過剰に働き、大量の発汗を促します。

そして、「また汗が出たらどうしよう」という不安がストレスとなり、さらに汗をかいてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。このような状態が頻繁に起こる場合は、精神性多汗症という病気の可能性があります。

「生活習慣が原因」の脇汗を抑える方法

暑い季節には自然に汗をかくもの。生活習慣を見直して、サラサラの汗をかく体質に改善していくことが大切です。

対策1.「入浴や有酸素運動で代謝を高める」

軽めの有酸素運動や入浴で、代謝を高めることが大切。汗をかかないでいると、全身にあるエクリン汗腺の多くが休眠状態となり、脇の汗腺だけが活発になります。

ぬるめのお湯で半身浴をしたり、1日30分程度のウォーキングをしたりして、全身から適度に発汗することを心がけると、新陳代謝や血行が良くなり、脇汗だけをかくといったことが少なくなります。

対策2.「抗酸化作用のあるビタミンCやβカロチンを摂取する」

脇汗のニオイを改善するためには、ビタミンβカロチンを多く含む野菜や穀類を中心とした食事が有効です。

ビタミンやβカロチンには強い抗酸化作用があるため、活性酸素を除去して、ニオイの原因となる脂質の酸化を防ぎます。

βカロチンは緑黄色野菜、ビタミンCはブロッコリー、パプリカなど、ビタミンEはモロヘイヤパセリなどに多く含まれているので、積極的に摂取するようにしましょう。

「精神的ストレスが原因」の脇汗を抑える方法

精神的ストレスによる脇汗を抑えるには、原因となっている緊張や不安を取り除くことが大切です。

副交感神経を活性させて自律神経を整える

過剰な発汗を促す交感神経を鎮静化するには、副交感神経優位にして自律神経を整えると効果的です。副交感神経を活発にする方法は次のようなものが挙げられます。

  • 腹式呼吸をする
  • 笑う、泣くなど素直な感情表現
  • 質の高い睡眠をとる
  • 生活のリズムを整える

他にも、趣味を楽しむ、友人と話す、エステやマッサージに行くなど、リラックスできる方法を見つけておくことがポイント。それでも解決できない深刻なストレスの場合は、心療内科に相談しましょう。

ボツリヌストキシン注射

脇の下にボツリヌストキシンを皮下もしくは皮内に注射することで、交感神経から汗腺に指令を伝達するアセチルコリンの働きを抑える治療法です。

ボトックス注射は、施術範囲に10〜30か所注射をしていきます。数日で効果が現れ、1回の施術で3か月から半年の間、効果が続くといわれます。

すぐに汗が減ったことを実感できるので、汗をかくこと自体がストレスになっている、精神的多汗症の治療に効果的だといわれています。

ワキガを併発している場合の脇汗を抑える方法

ワキガが原因の脇汗は、自力で解決するのは難しい場合もあります。ワキガを病院で治したいと考えている人に、メスを使わないワキガ治療法を2つご紹介します。

治療法1.「溶剤塗付による治療」

脇に塩化アルミニウム水溶液を塗布する、多汗症やワキガの一般的な治療法です。塩化アルミニウムが汗腺をふさいで、汗の分泌やワキガの臭いを抑えることができます。

痛みはありませんが、効果を実感するには数日かかり、肌の弱い人はかゆみや湿疹などの副作用が起こる場合も。市販品もありますが、肌や症状に合わせて濃度を調整してもらえるので、皮膚科で処方してもらうことをおすすめします。

治療法2.「ミラドライ」

ミラドライとは、マイクロ波を照射して汗腺を破壊する治療法です。汗腺そのものをなくしてしまうので、効果が半永久的に続くといわれています。

麻酔をするので、痛みはほとんどなく、手術のように傷跡も残りません。カウンセリングも含めて3~4時間の施術で通院の必要もありませんが、保険適用外の施術なので治療費は30万円以上と高額です。

体質改善で脇汗を抑えていこう

女性が両手を広げて嬉しそうな様子出典:We♡it

脇汗で悩んでいる人は多いと思いますが、あまり神経質になり過ぎても逆効果。

食事に気をつける、ストレスをためないようにする、適度に体を動かして汗をかくなど、日常生活ですぐに取り入れられる対処法を実践して、脇汗を抑える体質に改善していくことが大切です。

病院での治療を希望する人は、無料カウンセリングなどを利用して、十分検討してから自分に合った治療法を見つけましょう。

脇ボトックス注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
東京美容外科 8,000円
城本クリニック 100,000円
湘南美容外科クリニック 12,000円
水の森美容外科 12,000円
聖心美容クリニック 78,000円

※費用は税抜表示です。ボツリヌストキシンの種類や注入量は各クリニックで異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脇ボトックス注射の体験レポート公開中!

test

脇ボトックスで脇汗を撃退してみた!3日で汗とは無縁に!

こんにちは! 私はNICOLY読者のひとりで、今回は脇のボトックス注射のモニターに挑戦しました。術後少し経ってから効果が出てきて、今では外での仕事のときも脇汗がまったく出ないんです……!施術中の痛みも特になく、あっという間に終わりました。

出典:[美容整形体験レポート] 脇ボトックスで脇汗を撃退してみた!3日で汗とは無縁に!品川スキンクリニック 表参道院

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ