2018年07月14日 更新

ヒアルロン酸注入で豊胸してきた♡治療の痛みやダウンタイム、術後経過を徹底レポート!【品川スキンクリニック表参道院】

「きれいなおわん型のな胸が欲しい……」そう切望する女性はくないのでは。今回胸に悩みを抱える女性のひとりが、思い切ってヒアルロン酸注入による豊胸を受けてきました。カウンセリングから治療までを、多くの写真とともに徹底解説。ビフォーアフターは必見です。

品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太

この記事は、品川スキンクリニック表参道院 院長 石橋正太先生が監修しています。

カップ数はあるのに大きく見えない……

胸が離れていて形が悪い……

胸自体は小さくなくても、このような悩みを抱えている人は少なくありません。

NICOLY読者のMさんもこの悩みを抱えているひとり。

水着姿の女性の写真

ーMさん「胸はDカップほどあるのですが、ビキニ姿を見ていただくと分かるとおり谷間がないんです。」

ビキニを着た女性の写真

ーMさん「日本人にありがちな離れ胸。悲しい。」

ビキニを着た外人女性の写真

ーMさん「ここまでとは言わずとも、それなりにボリューム感のある胸になってみたい……。谷間がほしい……。」

というわけで今回、Mさんに豊胸に挑戦していただきました!

品川美容外科のヒアルロン酸豊胸について詳しくみる

目次

ヒアルロン酸豊胸はしこりができる!? 品川スキンクリニックで豊胸カウンセリング

豊胸カウンセリングを受けるため、今回訪れたのは品川スキンクリニック表参道院

クリニックを訪れた女性の写真

表参道駅のB2出口から徒歩1分の立地にあり、かわいらしい内装が女性の心をくすぐります。

カウンセリングルームで待つこと数分、本日の担当医である石橋医師がやってきました。

カウンセリングを行う医師の写真

石橋医師はとても気さくで、患者の悩みを真摯に聞いてくださいます。

石橋医師のブログからも、温厚な人柄が伝わってきます。

さっそく、石橋医師にヒアルロン酸豊胸を受けようか迷っている旨を伝えたうえで、質問していきます。

ーMさん「ヒアルロン酸はしこりになることがあると聞いたんですが、本当ですか?」

ヒアルロン酸は一度の注入ならしこりにはなりにくいでしょう。

しかし、繰り返し入れたり、あまりに大量にヒアルロン酸を入れたりするとしこりが生じるリスクが高まります。

ヒアルロン酸豊胸に失敗してしこりができるのはなぜ?

カウンセリングを受ける患者の写真

ーMさん「「しこりができるメカニズムを教えてください」

ヒアルロン酸が体の中にはいってくると、ヒアルロン酸のまわりに被膜とよばれる膜がつくられます。

この膜に厚みが生じると、しこりになる可能性が高くなります。

とはいえ、通常は適切な量を考慮して注入していくため、そこまでしこりの心配はしなくて良いでしょう。

そして、ヒアルロン酸はもともと関節や眼球に存在する成分のため、安全性が高いのが大きな魅力です。

ーMさん「「おお、それなら安心ですね!」

離れ乳を解消し部分的ボリュームアップならヒアルロン酸豊胸がおすすめ!

続いて、看護婦さん立ち会いのもと、 胸の診察が行われました。

しこりがないかどうかの確認を終え、希望の胸の形を医師に伝えます。

ーMさん「「胸の内側にボリュームをだして、谷間をつくりたいんです!」

胸の診察をする医師の写真

ーMさん「胸の内側をボリュームアップして、三角ビキニもきれいに着こなせる胸が欲しいのです!」

胸のボリューム自体はしっかりあり、全体的なボリュームアップを望んでらっしゃらないとのなのでことで、ヒアルロン酸注入がベストですね。

ヒアルロン酸は細かく注入していくため微調整が可能で、今回のような胸の内側のみに限定してボリュームアップさせるというケースに適しています。

ーMさん「なるほど……!」

そして、治療は別日ということになり、この日はカウンセリングのみでクリニックを後にしました。

品川美容外科のヒアルロン酸豊胸について詳しくみる

副作用や痛みを防ぐ麻酔について当日に質問

ヒアルロン酸豊胸の治療当日。再度品川スキンクリニック表参道院へやってきました。

クリニックを訪れた女性の写真

顔が緊張気味のMさん(笑)。

カウンセリングルームに通され、石橋医師に治療内容を再度ご説明いただきました。

カウンセリングを行う医師の写真

ーMさん「「ヒアルロン酸はどこからいれるのですか?」

ヒアルロン酸は、アンダーバストに2箇所針穴をあけて注入します。また、場合によっては患者さんのお胸の状態やご希望の形に応じて、脇の近くから注入することもあります。

傷口は医療用ボンドでくっつけるため、抜糸の必要はありません。

ーMさん「傷口をつくるとなると、感染症などの心配がないのかな?と思うのですが」

ヒアルロン酸を注入する前に点滴から抗生物質を流し入れます。

また術後も飲み薬の抗生物質を3日間服用していただくので、感染症などのリスクは防げるはずです。

ーMさん「胸が硬くなるのが心配なのですが……」

ヒアルロン酸は乳腺の下にいれます。

胸にボリュームがあるので、胸の脂肪と乳腺がクッションとなり、ヒアルロン酸の硬さが直に伝わることはほとんどありません。

ーMさん「箇所だけぼこっとなってしまうリスクはありますか?」

ヒアルロン酸は、先ほどお話したように希望箇所に細かく注入します。

塊でいれるわけではないので、一箇所だけぼこっとなってしまうリスクは少ないでしょう。

また、ヒアルロン酸は乳腺の下に注入するので、凸凹が皮膚表面に現れる可能性は少ないと考えて良いでしょう。

ヒアルロン酸注入!痛みや傷跡画像を紹介

その後看護師さんに呼ばれ、治療室に移動し治療着にお着替え。

治療着を来て治療台に腰掛ける女性の写真

この時点で不安はマックス。かなり緊張していますね。

看護師から説明を受ける患者の写真

看護師さんに体調やアレルギーの有無を確認され、石橋医師による胸のマーキングが行われました。

マーキングを受ける女性の写真

マーキング終了後、治療台に横たわり点滴を打ちました。

患者に点滴をうつ看護師の写真

笑気麻酔を流すための管を鼻に装着。

患者の体を消毒する看護師の写真

イソジンを使って胸を念入りに消毒をしてもらいます。

医師や看護師さんが随時「ご気分はどうですか?」と確認してくださるので、もし麻酔が足りないと感じたら正直に伝えることが大切です。

意識が朦朧としてきたところで、手術開始。

まずはアンダーバストに局所麻酔を打ち、小さな傷を2箇所あけました。

アンダーバストにあけた傷は、こちらをクリックすると確認できます。閲覧注意画像です。

その穴から注射で乳腺の下に麻酔を施していくのですが……

豊胸手術を行う医師と看護師の写真

乳腺の下に針で麻酔を流す工程は、少し痛かった様子。

笑気麻酔で意識がぼんやりしているとはいえ、痛みは全く感じないわけではないようです。

麻酔を入れ終わったあと、今度は注射針でヒアルロン酸を乳腺の下に注入開始。

ヒアルロン酸豊胸の治療を受ける女性の写真ヒアルロン酸による豊胸手術の写真

左胸も同じ工程で行いました。

ヒアルロン酸豊胸の手術を行う医師の写真

ヒアルロン酸を注入した箇所は、形を整えるためにしっかりマッサージします。

抜糸を行う医師の写真

ヒアルロン酸注入終了後、両方の傷口を医療用ボンドで接着して治療は終了です

両胸合わせてかかった時間は1時間程度でした。

Mさんの場合、左胸に60cc、右胸に80ccのヒアルロン酸を注入しました。

基本的に心臓がある左胸の方がサイズが大きい場合が多く、Mさんも少しだけ左胸の方が大きかったので、左右差をなくすようにヒアルロン酸を入れていただきました。

術後は徐々に笑気麻酔を弱めていき、意識はっきりしたところで治療台から起き上がります。

少し眠そうな様子のMさん。

胸のマッサージを受ける女性の写真

ヒアルロン酸豊胸のアフターケア

ヒアルロン酸の形をしっかりと固定し、しこりをふせぐため、術後も念入りなマッサージが行われました。

看護師から説明を受ける患者の写真

その後看護師さんから抗生物質と鎮痛剤をもらいました。

鎮痛剤は、痛いときだけ飲めばOKとのこと。

また、術後の注意事項についても説明を受けました。

ヒアルロン酸豊胸の注意事項

  • 軽い鈍痛やにぶい感じが1〜2週間ほど続く可能性あり
  • 腫れや内出血は個人差にもよるが、1週間ほどで落ち着く
  • ブラジャーは当日からOKだが、強く締めすぎないよう注意する
  • シャワーは傷口を濡らさなければ当日から可能
  • 入浴は3日後から可能
  • 注入部位は硬い感じがするが、3か月ほどで落ち着く
  • お酒は2〜3日控える
  • 激しいスポーツは3週間控える
  • 胸のマッサージは軽いものは2週間、強めのものは4週間ほど控える

もし万が一術後しこりのように気になる部位があったら、軽く指の腹でもみほぐすと良いとのこと。

品川美容外科のヒアルロン酸豊胸について詳しくみる

ヒアルロン酸豊胸のビフォーアフター

ヒアルロン酸による豊胸術は、わりと早めに変化が現れることが多いとのこと。

Mさんの胸もかなりの変化を遂げました……!

ヒアルロン酸豊胸をした女性のビフォーアフターの写真ヒアルロン酸豊胸をした女性のビフォーアフターの写真

通常、片胸100ccずつで1カップサイズがあがるといわれています。

Mさんの場合、1カップに満たない注入量だったのに、かなり見た目に変化が。

ビキニから胸があふれでている……♡

品川スキンクリニック 美容皮フ科 公式サイトはこちら

ヒアルロン酸豊胸の術後経過(ダウンタイム)

ヒアルロン酸豊胸は手軽なプチ整形ですが、やはり少しはダウンタイムがあります。

ヒアルロン酸豊胸当日から翌日の画像

手術当日は麻酔液の影響で、予想より胸が大きくなると聞いていたので、手術当日はブラジャーではなくユニクロのブラトップを準備。

当日は胸の痛みがあったため、抗生物質と一緒に鎮痛剤も飲んだようです。


手術の翌日は胸にまだ軽い痛みがあったとのことで、締めつけすぎないようにゆるめのブラを着用し、鎮痛剤も引き続き飲んだようです。

Mさんは手術から1日経ったこの日、傷口の保護テープをはがしました。

胸の傷跡の写真

傷跡はこのような感じでアンダーバストに2箇所。

胸の内出血の写真

赤い内出血はまったく見られませんでしたが、少しだけ右胸が黄色くなっていましたが、数日で消えたようです

見た目ではわかりませんが、ヒアルロン酸をいれた部分は硬い感触になっています。

ヒアルロン酸豊胸の3日後〜1週間後の画像

手術から3日経つと、胸の痛みはまったくなくなったと報告がありました。

傷口はかさぶたになっていて少し目立ちますが、人の目に触れる部分でもないので問題なしですね。


手術から1週間後、傷口のかさぶたがはがれていました。

女性の胸の傷跡の写真

うすい点のような跡が残っただけで、いよいよ本当に手術の形跡がなくなってきましたね。

やはり、ヒアルロン酸を注入した箇所はまだ感触が硬めです。

ビーチでビキニを着ている女性の写真

Mさんは、海に遊びにいき水着を着ましたが、誰にも豊胸はバレず、むしろ「形がきれいでうらやましい」と褒められたと喜んでいました。

ヒアルロン酸豊胸1か月後の画像

ヒアルロン酸豊胸から1か月が経ちました。

ヒアルロン酸豊胸の傷跡の写真

まだ傷跡はありますが、かなり薄くなってきており、ほとんど目立ちません。

ヒアルロン酸豊胸のダウンタイムまとめ

  • 痛み…翌日にはひいた
  • 内出血…胸がうっすら黄色くなり、4日ほどで消えた
  • 傷跡…かさぶたが1週間でとれ、うすいほくろのような点がある
  • 胸の感触…触ると少し硬さがある

胸の硬さは3か月ほどで落ち着きやわらかくなるそうです。

品川スキンクリニック 美容皮フ科 公式サイトはこちら

品川美容外科のヒアルロン酸豊胸について詳しくみる

豊胸で胸の悩みを解決できるかも

今回のMさんのように、胸のコンプレックスを豊胸手術で解決することができるかもしれません。

カウンセリングに行ったからといって必ず治療を受けなくてはいけない、というわけではないので、不安を解消して前向きに考えるためにも、一度カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか?

品川スキンクリニック 美容皮フ科 公式サイトはこちら

豊胸・プチ豊胸の施術を受けられるクリニック

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • 脂肪注入による豊胸 150〜200cc380,000円

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院の詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • バッグプロテーゼ725,000〜805,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

ヒアルロン酸注入の施術を受けられるクリニックを探す

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

ピックアップクリニック

サイトメニュー