NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年08月10日 更新 | 2,102 views

失恋とうつは似ている。 立ち直りのプロセス「モーニングワーク」とは?

臨床心理士 東京京橋カウンセリングオフィス

この記事は、臨床心理士 東京京橋カウンセリングオフィスが監修しています。

失恋をすると、さまざまな心身の症状が表れるものです。実は、それらの反応はうつ病の症状とよく似ています。では、失恋による反応と、うつ病との境目はどこにあるのでしょうか?失恋から立ち直るプロセスである「モーニングワーク」の観点から見てみましょう。

失恋すると、とても悲しくて落ち込んでしまうもの。また、やり場の無い怒りがわいてくることもあるかもしれません。

何をしても楽しくないし、食事ものどを通らない。毎夜、失った恋のことが頭から離れず、眠れないなんてことも。

実は、これらの失恋の状態は、全てうつの症状と同じなんです!

失恋とうつは似ている?

女性が窓辺に座っている画像

人は人を愛してしまう生き物。ゆえに、それを失う機会に遭遇することもしばしば。なので、さまざまな心身の症状が出ても、それは正常な反応だといえます。

では、失恋はうつと同じなのでしょうか?失恋するとうつになりやすいのでしょうか?

そうだとも言えますし、違うとも言えます。

うつと失恋のあとの状態との共通点や相違点を考えていきましょう。

失恋から立ち直るときのプロセスは?

女性が悲しそうにしている画像

失恋も含め、人が自分にとって愛着のある人や大切な事柄を失ってしまったとき、立ち直るまでのプロセスというものが存在します。

この立ち直りのプロセスのことを モーニングワークといいます。モーニングワークは大きく分けて次の4つの時期があります。

モーニングワークの4つの時期

  1. 茫然自失の時期
  2. 抗議の時期
  3. 断念の時期
  4. 離脱の時期

それぞれの時期について、詳しく見ていきましょう。

1: 茫然自失の時期

自分がどうしていいかわからない、 パニック状態に陥っている時期です。不安感・恐怖感・無力感・心細さの中でこれからどうすればいいのか必死に模索しています。

2: 抗議の時期

対象を失ってもまだ諦めきれず、その対象に対する愛着が残っている時期です。この時期では失ってしまった人物を、何とか取り戻したいと思って追い求めたり、失ったことを否認したりします。

3: 断念の時期

もう取り戻すことはできないという現実を認める時期。本格的な悲しみとそれに耐えられない抑うつが起きます。

4: 離脱の時期

対象から本当に気持ちが離れていく時期です。精神的にリラックスし、執着心がなくなって新しい対象を発見したり、新たな自己アイデンティティを見つけることができるようになったりします。

失恋による反応とうつ病の境目は?

女性が屋上で座っている画像

このモーニングワークのプロセスを、失恋したときの具体的な反応と照らしあわせて見てみましょう。

愛する人を失うと、最初は不安で心細くなります。(茫然自失の時期)

それでもあきらめられずに、何とか元に戻れないかと相手の人にメールや電話をしたり、時には会いに行ってしまったり。(抗議の時期)

それでも、どうにもならないんだと気づき始め、悲しみに暮れ、落ち込み、時には体調を崩して寝込んでしまいます。(断念の時期)

しかし次第に、愛する人にしか向いていなかったのが、他の楽しみにも目を向けられるようになります。 友人と遊びに出かけたり、好きだったことをはじめたりしながら、やがて次の恋に目が向くようになっていくのです。(離脱の時期)

多少の違いはあっても、このように失恋と向き合ってきた人が多いのではないでしょうか。

このプロセスにかかる時間には個人差がありますが、このプロセスの中で起こってくる 抑うつ感、体調不良、涙が止まらない、何をしても楽しめないといったうつに似た状態は正常な反応であり、自然と収束していきます。

失恋でうつ病を発症することはあるの?

女性が悲しんでいる画像

しかし、なかにはこのプロセスをうまく進めることができずに、途中で止まってしまう人もいます。

失恋による一時的なうつに似た状態は正常なことですが、あまりに長い時間このプロセスに時間をかけると、脳に負担をかけ続けてしまうことになります。

負担によって脳の機能が低下し、神経伝達物質である「セロトニン」や「ノルアドレナリン」が正常に働かなくなると、本当にうつ病を発症してしまうこともあるのです。

失恋を乗り越えるために

女性がハートを持っている画像

ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういうものだよ。

これはシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の中に登場するセリフです。

たしかに正しいような気もしますが、ほどほどに愛するなんて実際には難しいもの。

出会いがある限り、別れも必ずあります。つらい別れを経験するたびに、モーニングワークを行っていく。みんなその繰り返しです。

そのため、 うまくモーニングワークを行うことが、失恋を乗り越えるためには大切だといえます。

日ごろから様々な喜び、楽しみに目を向け、レジリエンス(精神的な回復力)を高めていくように心がけながら、恋愛を楽しんでください。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46138 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ